猫用ウェットフードのおすすめ13選!総合栄養食タイプも

猫用ウェットフードのおすすめ13選!総合栄養食タイプも

猫用ウェットフードは、水分が多く含まれているキャットフードです。柔らかく食べやすいので、子猫の離乳食や高齢猫の餌におすすめです。毎日の食事として与えられる総合栄養食タイプや、素材の形が見えるフレークタイプ、薬を混ぜて与えるのにも便利なペースト状のパテタイプ、容器の処理が簡単なパウチ包装のものなど様々な商品があります。今回は、猫用ウェットフードの選び方と、おすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

猫用ウェットフードの魅力

猫用ウェットフードの魅力

種類が豊富

猫用のウェットフードは、ドライフードに比べ種類が多いことが特徴です。用途によって、おやつやご褒美に向いているものと、主食として与えられるものに分けられ、形状にもフレーク、パテ、スープなどの種類があります。多様な製品の中から、愛猫の好みやウェットフードをあげる目的に合わせて選ぶことができます。

嗜好性が高い

水分量が多く、素材の味や香りも感じやすいウェットフードは、カリカリとした食感のドライフードに比べて、嗜好性が高いです。ドライフードをあまり食べない猫でも、ウェットフードなら食べてくれる場合があります。ウェットフードは、食欲のない猫や、体調を崩した猫などにも、おいしく食べてもらえるのが特徴です。

ご褒美にもなる

嗜好性が高いウェットフードは、猫のご褒美として与えることもできます。爪切りや歯磨きなどの訓練をしたあとや、1日中お留守番をした後、大きな雷に耐えた後など、猫が何かを頑張った後にあげると喜んでくれるでしょう。普段から猫が餌を食べる様子を観察し、食いつきの良いお気に入りを用意しておくと、とっておきのご褒美として活用することができます。

猫用ウェットフードの選び方

主食かおやつかにあわせて選ぶ

主食にするなら総合栄養食

ウェットフードを、ドライフードのトッピングやおやつとしてではなく、単体で食事として与える場合には、必ず総合栄養食タイプのものを選びましょう。総合栄養食と認定されたキャットフードには、猫の成長や健康維持のために十分な栄養素が含まれています。総合栄養食タイプのウェットフードと水をきちんと摂取していれば、栄養不足になったり、栄養が偏る心配がありません。主食としてウェットフードを食べさせる場合には、パッケージを良く確認し、「総合栄養食」と書かれた製品を選ぶよう注意しましょう。

おやつにするなら好みの味のもの

おやつにするなら好みの味のもの

出典:Amazon.co.jp

おやつやご褒美として食べさせるのなら、栄養面は気にせずに愛猫のお気に入りのウェットフードを選びましょう。ただ、おやつは本来必要のない食事なので、あげすぎると栄養過多による肥満になる可能性があります。また嗜好性の高いおやつに慣れた猫が、栄養を考えた食事を食べなくなってしまうというケースもあるので、ウェットフードをおやつとして与える場合には、全体の食事量の20%以下を目安に、量を抑えるようにしましょう。

フードの形状で選ぶ

素材の味が残るフレークタイプ

素材の味が残るフレークタイプ

出典:Amazon.co.jp

フレークタイプのウェットフードは、人間が食べるツナ缶のツナのような形状をしています。主に魚を主原料としたウェットフードに多く、食感があるので満足度もアップします。ドライフードのトッピングにしたり、おやつとして与えるのにおすすめです。総合栄養食ではない製品も多いので、食事として与えたい場合には、しっかりと表記を確認しましょう。

汎用性の高いパテタイプ

汎用性の高いパテタイプ

出典:Amazon.co.jp

パテタイプはムースのような形状で、総合栄養食に多いタイプです。そのまま食べるだけでなく、ドライフードと混ぜても、ミルクで柔らかくすることもできる汎用性の高さも魅力のひとつです。パテの中に薬を仕込んで食べさせることもできます。ミルクを加えてスープ状にすることで、歯が弱い高齢の猫や、離乳食を食べ始めたばかりの子猫にも食べさせることができます。

水分補給にもなるスープタイプ

水分補給にもなるスープタイプ

出典:Amazon.co.jp

ウェットフードの中でも、もっとも水分が多いのがスープタイプです。水分補給のためにおやつとして与えたり、ドライフードを中に入れて柔らかくして食べさせたりすることもできます。フレークタイプやパテタイプは缶入りの製品が多いですが、スープタイプはパウチ状の製品が多いので、容器の処理も簡単です。

原材料で選ぶ

主原料が肉か魚のものは猫が気に入りやすい

主原料が肉か魚のものは猫が気に入りやすい

猫はもともと肉食動物なので、鶏肉やマグロ、サーモンなどを主原料とした製品を選びましょう。猫によって、肉と魚どちらが好みかは異なるので、はじめはどちらも試して様子を見てみましょう。鶏肉、マグロ、サーモンなど、何の肉を使用しているのか分かりやすい製品がおすすめです。原材料に「ミートミール」とだけ記載されている場合がありますが、ミートミールとは哺乳類の乾燥肉を粉末にしたもので、詳しい原材料の特定ができません。

グレインフリーは栄養バランスやお腹の具合にあわせて選ぶ

猫用ウェットフードには、肉食動物に近いとされる猫に合わせて、雑穀を使用せずにつくったグレインフリーの製品もあります。ただ、猫用ウェットフードに含まれた雑穀類を、猫が消化できないというわけではありません。雑穀類に対してアレルギーがない猫には、雑穀類が加わった餌を与えることで、栄養のバランスが整いやすくなるメリットもあります。グレインフリーについては、自分が納得できる製品を選ぶと良いでしょう。

合成添加物不使用のものがおすすめ

猫の健康を守るためには、人間と同じように、できるだけ合成添加物不使用の製品を選びましょう。ウェットフードは水分が多く劣化しやすいので、保存料などが多く含まれている場合があります。合成添加物のBHA・BHT・エトキシキンは酸化防止剤として有名ですが、発がん性が疑われています。販売されているウェットフードに含まれる合成添加物は、規定の分量以下ではありますが、できる限りビタミンCやビタミンEなど、天然の酸化防止剤を使ったものを選ぶほうが安心です。

猫の年齢に合わせて選ぶ

生後3~4週間目には離乳食

生後3~4週間目には離乳食

生後3~4週間が経過した子猫は、そろそろ歯が生えてくる時期です。歯が生えてきたらミルクを卒業し、離乳食を与えましょう。成長期の子猫に与える離乳食には、栄養が多いタイプの製品がおすすめです。ペースト状になっている離乳食用のウェットフードを、ミルクと混ぜてスープ状にして与えることから始めます。成長に従って徐々にミルクの量を減らし、硬さを調節しましょう。

老猫には食べやすいシニア用

老猫には食べやすいシニア用

出典:Amazon.co.jp

老猫にはシニア用のウェットフードがおすすめです。歯が弱い猫には舐めて食べられるスープ状や、食べやすいゼリー仕立ての製品などがおすすめです。フードの形状の違いのほかにも、腎臓の健康に配慮した製品などもあります。食欲はあるけれど薬を飲んでくれないという猫には、薬を仕込みやすいパテタイプがおすすめです。

妊娠・授乳中は栄養価の高いもの

妊娠・授乳中の母猫には、母猫自身の栄養だけではなく、子猫の分の栄養も必要となります。普段の食事の1.5~2倍の栄養が必要となるため、高たんぱくで消化吸収に優れたウェットフードを与えるよう心がけましょう。また、母猫のウェットフードに添加物が入っていると、子猫にも影響を与えることがあります。妊娠・授乳中だけでも、無添加のウェットフードに変えられるとより安心です。

猫用ウェットフードのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

食事から水分が取れるキャットフードです。カップ式になっているため、そのまま食べさせてあげることができます。まぐろを中心とした味がセットになっているため、普段のキャットフードに合わせてあげるのもいいかもしれません。

食事から水分が取れるキャットフードです。カップ式になっているため、そのまま食べさせてあげることができます。まぐろを中心とした味がセットになっているため、普段のキャットフードに合わせてあげるのもいいかもしれません。

出典:Amazon.co.jp

35gと食べきりサイズのウェットフードです。厳選されたまぐろにささみやかつおだしが加えられており、ご褒美などの特別なときにおすすめです。キャットフードにも贅沢感を加えたい方におすすめです。

35gと食べきりサイズのウェットフードです。厳選されたまぐろにささみやかつおだしが加えられており、ご褒美などの特別なときにおすすめです。キャットフードにも贅沢感を加えたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

魚介や鶏肉を使ったコンソメ仕立てのスープです。水分補給用として使えるタイプを探している方におすすめです。総合栄養食と一緒にあげることで、美味しく水分補給をすることができます。固いのが苦手な猫は、ドライフードを柔らかくしてから食べさせてあげるのもおすすめです。

魚介や鶏肉を使ったコンソメ仕立てのスープです。水分補給用として使えるタイプを探している方におすすめです。総合栄養食と一緒にあげることで、美味しく水分補給をすることができます。固いのが苦手な猫は、ドライフードを柔らかくしてから食べさせてあげるのもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

厳選された鯛を使ったウェットフードです。大きめにカットされており、素材本来の味を楽しむことができます。かつおなどの魚介類をたっぷりと使った濃厚なソースが味わえるのもポイントです。魚介好きの猫を飼っている方におすすめです。

厳選された鯛を使ったウェットフードです。大きめにカットされており、素材本来の味を楽しむことができます。かつおなどの魚介類をたっぷりと使った濃厚なソースが味わえるのもポイントです。魚介好きの猫を飼っている方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

まぐろやかつおなどの魚介類を使ったウェットフードです。液体のソースではなくジュレタイプになっているため、体調が悪いときでも食べやすくなっています。そのまま与えるだけでなく、普段のキャットフードに混ぜてあげるのもおすすめです。

まぐろやかつおなどの魚介類を使ったウェットフードです。液体のソースではなくジュレタイプになっているため、体調が悪いときでも食べやすくなっています。そのまま与えるだけでなく、普段のキャットフードに混ぜてあげるのもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

腎臓病の猫用に向けたキャットフードです。フィッシュテイストになっており、開ける前に軽く揉んであげることで食べやすくなります。療養中の猫に与える食事を探している方におすすめです。

腎臓病の猫用に向けたキャットフードです。フィッシュテイストになっており、開ける前に軽く揉んであげることで食べやすくなります。療養中の猫に与える食事を探している方におすすめです。

総合栄養食の猫用ウェットフードのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

柔らかくほぐした肉や魚を使ったウェットフードです。隠し味として、ほうれん草やトマトが入ったゼリーが加えられています。野菜が苦手な猫でも細かくなっているため食べやすくなっています。総合栄養食なので、食べるだけで、マルチビタミンやミネラルなどの栄養素の摂取も可能です。

柔らかくほぐした肉や魚を使ったウェットフードです。隠し味として、ほうれん草やトマトが入ったゼリーが加えられています。野菜が苦手な猫でも細かくなっているため食べやすくなっています。総合栄養食なので、食べるだけで、マルチビタミンやミネラルなどの栄養素の摂取も可能です。

出典:Amazon.co.jp

柔らかくほぐしたツナをゼリーで包んだウェットフードです。ベースで使われている肉や魚も柔らかくなっているため、シニアの猫でも食べやすくなっています。成猫には、成長に必要な栄養素を取ることもできるため、普段の食事としてもおすすめです。

柔らかくほぐしたツナをゼリーで包んだウェットフードです。ベースで使われている肉や魚も柔らかくなっているため、シニアの猫でも食べやすくなっています。成猫には、成長に必要な栄養素を取ることもできるため、普段の食事としてもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

猫の成長に必要な栄養素を含んだキャットフードです。総合栄養食として、そのまま与えて食べさせてあげることができます。厳選されたマグロや舌平目に特製のダシを加えたジェリータイプになっています。食事を食べるのが難しい子猫から成猫にもおすすめです。

猫の成長に必要な栄養素を含んだキャットフードです。総合栄養食として、そのまま与えて食べさせてあげることができます。厳選されたマグロや舌平目に特製のダシを加えたジェリータイプになっています。食事を食べるのが難しい子猫から成猫にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

メインの素材にツナを使ったキャットフードです。トマトとしっかり絡むことで濃厚な甘味・酸味を味わえます。あらほぐし仕立てになっているため、素材本来の味を楽しみながら食事ができます。アレンジ料理として使うのもおすすめです。

メインの素材にツナを使ったキャットフードです。トマトとしっかり絡むことで濃厚な甘味・酸味を味わえます。あらほぐし仕立てになっているため、素材本来の味を楽しみながら食事ができます。アレンジ料理として使うのもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

マグロ・かつおをベースに鶏肉をミックスしたキャットフードです。キャットフードに含まれている「a-i ペプチド」は、猫の緊張や不安を和らげ、心の健康を手助けしてくれます。ゼリー状で食べやすくなっているのも嬉しいポイントです。

マグロ・かつおをベースに鶏肉をミックスしたキャットフードです。キャットフードに含まれている「a-i ペプチド」は、猫の緊張や不安を和らげ、心の健康を手助けしてくれます。ゼリー状で食べやすくなっているのも嬉しいポイントです。

出典:Amazon.co.jp

ミャウミャウの、キャットフードです。生後12ヵ月までの子猫を飼っている方におすすめです。骨を強くするカルシウム・脳の健康を維持するDHAが配合されており、子猫の成長を支えてくれます。食べやすいフレークサイズになっているのも嬉しいポイントです。

ミャウミャウの、キャットフードです。生後12ヵ月までの子猫を飼っている方におすすめです。骨を強くするカルシウム・脳の健康を維持するDHAが配合されており、子猫の成長を支えてくれます。食べやすいフレークサイズになっているのも嬉しいポイントです。

出典:Amazon.co.jp

グレインフリーのウェットフードです。たっぷりと肉が使用されており肉食の猫におすすめです。量も多くない食べきりサイズになっており、成長のために必要な栄養もバランスよく摂取することができます。パックになっていますが、時間が経ってもできたての香りが楽しめるのもポイントです。

グレインフリーのウェットフードです。たっぷりと肉が使用されており肉食の猫におすすめです。量も多くない食べきりサイズになっており、成長のために必要な栄養もバランスよく摂取することができます。パックになっていますが、時間が経ってもできたての香りが楽しめるのもポイントです。

猫用食器もチェック

猫用の食器の選び方やおすすめ商品を紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

猫用ウェットフードのおすすめ商品比較表

商品画像
金のだし カップ まぐろバラエティパック
モンプチ プチリュクスパウチ まぐろのささみ添え
モンプチ ピュアスープ 魚介とチキンのコンソメ風
シーバ (Sheba) デリ 成猫用 お魚のほぐし身に鯛添え
銀のスプーン 三ツ星ジュレ
キャットフード 腎臓サポート
我慢できない隠し味ゼリー 成猫用
やわらかグリル ゼリー仕立て ツナ 高齢猫用(11歳以上)
カルカンパウチ 1歳から まぐろと舌平目
モンプチ ツナのグリル トマト入り
ミャウミャウ (MiawMiaw) ジューシー とりももほぐしみ
ジューシー 子ねこ用 ほろほろチキン 70g
デイリーディッシュ ターキー グルメ仕立てのパテタイプ
メーカーいなばペットフードネスレ日本ネスレ日本マース ジャパンユニ・チャームロイヤルカナンネスレ日本ネスレ日本ネスレ日本ネスレ日本アイシアアイシアマース ジャパン
商品名金のだし カップ まぐろバラエティパックモンプチ プチリュクスパウチ まぐろのささみ添えモンプチ ピュアスープ 魚介とチキンのコンソメ風シーバ (Sheba) デリ 成猫用 お魚のほぐし身に鯛添え銀のスプーン 三ツ星ジュレキャットフード 腎臓サポート我慢できない隠し味ゼリー 成猫用やわらかグリル ゼリー仕立て ツナ 高齢猫用(11歳以上)カルカンパウチ 1歳から まぐろと舌平目モンプチ ツナのグリル トマト入りミャウミャウ (MiawMiaw) ジューシー とりももほぐしみジューシー 子ねこ用 ほろほろチキン 70gデイリーディッシュ ターキー グルメ仕立てのパテタイプ
最安値
楽天市場799円(税込)
楽天市場840円(税込)
楽天市場728円(税込)
価格情報がありません
価格情報がありません
楽天市場147円(税込)
価格情報がありません
価格情報がありません
Amazon482円(税込)
Amazon1,581円(税込)
Amazon725円(税込)
Amazon727円(税込)
Amazon1,873円(税込)
販売サイト
この記事の修正依頼を送る

関連記事