キッチンラップの選び方&おすすめ4選【食品の保存に!】

キッチンラップは食品の保存やレンジでの調理の際に使用するアイテムです。材質によって、密着度や切れ味の良さなどが変わってきます。今回はキッチンラップの基礎知識と選び方、旭化成のサランラップやクレハのクレラップ、たくさん使える業務用ラップなどのおすすめ商品をご紹介します。

キッチンラップの種類と特徴

キッチンラップは食品の乾燥や臭い移りを防いだり、レンジで食材を温めたいとき、お皿の上にのせて洗い物を減らしたいときなどに使われます。食品の保存に使用する場合は、食材に応じてラップの材質を選ぶとより便利に使うことができます。サイズも豊富なので、使用頻度の高いお皿に合わせて持っておくと便利です。その他にも切れ味の良いラップや安心な素材で作られた商品もあります。

キッチンラップの選び方

スーパーやホームセンターはもちろん、ネットやドラッグストアなどいつでも手軽に購入することができるキッチンラップですが、売り場にはたくさんの種類があるので迷ってしまいますよね。そこでキッチンラップを選ぶときにチェックしたいポイントをまとめていきます。

材質

ポリエチレン

ポリエチレンラップは、「無添加ラップ」とも呼ばれます。安全な成分からできており、ラップが熱で溶けてしまっても体に害はありません。他のタイプに比べて粘着力が弱いことがデメリットです。

ポリ塩化ビニリデン

耐熱性に優れ、密着度も高いことが特徴です。食材の臭い移りをおさえたいときや、食器への密着度を重視する場合におすすめです。また、ラップにハリがあるほど切れ味が良いので、切れ味を重視したい場合はポリ塩化ビニリデン素材のラップがおすすめです。

塩化ビニル樹脂

収縮性があり、ほど良い密着性と臭いをおさえる効果があります。

安全性

ラップには一般的に金属製のカッターが付いていますが、子どもが手伝いなどで触る可能性がある場合は、紙製のカッターがおすすめです。

キッチンラップの主なメーカー

旭化成

旭化成株式会社は、繊維事業・ケミカル事業・エレクトロニクス事業において、高度な技術でさまざまな商品を開発するメーカーです。とくにキッチン用品の定番であるサランラップのほかにクッキングシートやジップロックなどがあります。

クレハ

化学製品、樹脂製品、建設関連製品など、機能性の高い製品を取り扱うメーカーです。ハムやマヨネーズ等の業務用食品包装材料から家庭用の調理シートや保存容器など、幅広い定番商品があります。

キッチンラップのおすすめ4選

まとめ

いかがでしたか?使いやすく、目的に合ったキッチンラップを選んで家事の効率アップしていきましょう!

おすすめ記事