フリーザーバッグ(保存用バッグ)のおすすめ6選!スライダーつきも

フリーザーバッグ(保存用バッグ)のおすすめ6選!スライダーつきも

食材や料理を保存しておくときに使う保存容器に、フリーザーバッグ(保存用バッグ)があります。100均などで安く購入することもでき、電子レンジや湯煎も可能なタイプも売り出されています。購入するときには、コスパが良いかや、解凍方法、使い回しができるか、なども気になるポイントです。今回は、保存用バッグの選び方をご紹介します。おすすめ商品では、ジップロックや、特大のもの、かわいいタイプの商品もご紹介しています。

食べ物の保存・冷凍にはフリーザーバッグを!

食べ物の保存・冷凍にはフリーザーバッグを!

出典:Amazon.co.jp

カレーなどの汁物を冷凍したいときに、何に入れたら良いのかわからない、という経験はありませんか?保存用バッグは、肉や魚の保存にはもちろん、水分がもれないので、カレーなどの汁物も省スペースで保存することができます。冷凍保存をするときに便利で、そのままレンジ解凍できるものも多いことが特徴です。タッパーウェアなどに入れると場所を取ってしまい、あまり多くのものを冷凍できないですが、フリーザーバッグなら最低限のスペースしかとりません。基本的には使い捨てですが、ラップなどで包んで食材を入れることで、使い回しなど再利用ができるものもあります。

フリーザーバッグ(保存用バッグ)の選び方

フリーザーバッグを選ぶときはいくつか確認しておきたいポイントがあります。少しでも使い勝手が良いものを購入できるように、どんなところに注意しておけば良いのかを知っておきましょう。

使いやすい大きさを選ぶ

使いやすい大きさを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

フリーザーバッグは大小様々な大きさのものが販売されています。S・M・Lなどサイズごとに分かれている商品が多いようです。フリーザーバッグに入れるものの大きさや容量などによって決めると良いでしょう。

お風呂でのスマホにはS・SSサイズ

調味料の保存や、1回分のおかずを保存するときはSサイズがおすすめです。ただし、Sサイズは小さいので、一般的なご家庭ではさほど用途がないとも言われています。Sサイズを食品以外に使う方法として多いのが、入浴時のスマホを水から守る用途です。ぴったり入るので、袋の余った部分が邪魔になることもありません。

使い勝手の良さならMサイズ

Mサイズはもっとも使いやすいサイズかもしれません。肉や魚などはもちろん、スープやカレーなどを一人分に分けて保存することもできます。食品以外の用途にも使いやすく、小物の収納や、アウトドアの際のおしぼりなどを入れるときにもちょうど良い大きさです。

葉物野菜の保存にはLサイズ

葉物野菜はできるだけつぶさずに保存しておきたいものです。そんなときにはLサイズのフリーザーバッグがおすすめです。葉をふわっとさせた状態で保存することができます。食品以外に使うのであれば、旅行のときの洋服を入れたり、洗濯ものを入れて持って帰ってくるときでしょう。衣類を入れるにはちょうど良いサイズという口コミも多いです。

マチのあり・なしを選ぶ

フリーザーバッグには、袋の底にマチがあるものとないものがあります。カレーやスープなど汁物に使うのであれば、マチはあった方が良いでしょう。他にも野菜など幅があった方が入れやすいものにもマチありがおすすめです。肉や魚などを、中の空気を抜いて保存したいと場合は、マチなしの方が使いやすいかもしれません。マチがあるとその分空気を抜くときに手間がかかります。

レンジ・湯煎可能かどうか

レンジ・湯煎可能かどうか

フリーザーバッグは、レンジや湯煎での解凍ができるものが便利です。レンジや湯煎での解凍ができない素材で作られているフリーザーバッグだと、中身が凍った状態で出し、別の容器に移して解凍しなくてはいけません。手間がかかりますし、冷凍されたものを袋から出すのは大変です。もしくは自然解凍をすることになります。

レンジ解凍=加熱OKではない

レンジ解凍可能なフリーザーバッグであっても、加熱ができるということではありません。電子レンジは分子に働きかけますが、加熱は直接熱を加えます。耐熱温度や解凍方法などを良く読んで安全に使いましょう。

湯煎は鍋肌に注意

湯煎が可能なフリーザーバッグでも、熱湯が入った鍋などにそのまま入れると、鍋肌にバッグが触れて破れてしまう原因にもなります。鍋の中にざるやボウルを入れて、その中で湯煎すると良さそうです。

何枚入かを確認

フリーザーバッグは数枚~数十枚入ったものまであります。魚専用など用途が限られているものほど、入っている枚数は少ない傾向にあるようです。一方で、食材を選ばずに使えるフリーザーバッグはやや多めに入っています。おうちでのフリーザーバッグを使う頻度によって、枚数を決めると良いでしょう。あまり使わない、もしくはこれから使いたいがどれくらい使うかわからない、という方は15枚前後のものを購入しておくと良さそうです。

ジッパーの種類をチェック

フリーザーバッグのジッパーにはいくつか種類があります。中に入れるものの性質によってジッパーを選ぶと良いでしょう。

お菓子などは一重ジッパー

100均などでも購入できるフリーザーバッグは、安くてかわいいものが多いのですが、ジッパーが一重のものが多いようです。ジッパーが一重のものはお菓子や乾物などを入れるときに使えます。スパーなどでも購入でき、安くてかわいいものも多いようです。

汁物や生ものは二重以上のジッパーが安心

中身が出てくると困る汁物や、肉・魚などは二重以上のジッパーがおすすめです。二重以上のものであれば、ジッパーの太さがあるものも多いので、しっかりと密封することができます。特に魚などは水分や臭いが気になる方も多いので、厳重なジッパーがついているものがおすすめです。

好きなデザインを選ぼう

好きなデザインを選ぼう

出典:Amazon.co.jp

フリーザーバッグの多くは、透明で中身が見えるようにデザインされています。外側に日付や中に入っているものの名前を書ける場所もあるものが人気です。また、キャラクターのイラストが入ったものや、かわいい模様が入ったものも多く販売されています。子どもがいるご家庭や、お裾分けのときに使うのであれば、デザイン性があるものが喜ばれそうですね。ただし、模様が入りすぎていると、中身が見えにくかったり、日付などを書きにくかったりすることもあります。

フリーザーバッグ(保存用バッグ)のおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値850円(税込)
4.55(146件)

この商品の特徴

食品の酸化を防ぎ、抜群の新鮮度を保つ保存用バックです。最大の特徴として、バックの底の隅が丸くなっていることで、ごみがたまりにくいことです。そうすることで、格段に洗いやすくなります。何度使ってもバックの効果は変わらないため、非常に家計にも優しい商品です。さらに、バックの大きさは、小さなサイズの物から、大きな野菜も入る特大サイズまで揃っているので、様々な場面で活躍が期待できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

食品の酸化を防ぎ、抜群の新鮮度を保つ保存用バックです。最大の特徴として、バックの底の隅が丸くなっていることで、ごみがたまりにくいことです。そうすることで、格段に洗いやすくなります。何度使ってもバックの効果は変わらないため、非常に家計にも優しい商品です。さらに、バックの大きさは、小さなサイズの物から、大きな野菜も入る特大サイズまで揃っているので、様々な場面で活躍が期待できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,580円(税込)
4.40(168件)

この商品の特徴

196mm×177mmサイズの保存用バックです。冷凍保存、電子レンジ解凍にも使えます。湯煎には対応していません。ジッパーは二重になっているので、カレーなどの汁物にも安心して使えます。保存用バックのサイズに迷っている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

196mm×177mmサイズの保存用バックです。冷凍保存、電子レンジ解凍にも使えます。湯煎には対応していません。ジッパーは二重になっているので、カレーなどの汁物にも安心して使えます。保存用バックのサイズに迷っている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値197円(税込)
4.60(18件)

この商品の特徴

275mm×120mmサイズの保存用バックです。アルミシートを使っているので、魚やパンなどの冷凍におすすめです。電子レンジ解凍には対応していませんが、湯煎であれば可能です。においを閉じ込めておきたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

275mm×120mmサイズの保存用バックです。アルミシートを使っているので、魚やパンなどの冷凍におすすめです。電子レンジ解凍には対応していませんが、湯煎であれば可能です。においを閉じ込めておきたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値152円(税込)
4.47(31件)

この商品の特徴

23.5mm×44mmのマチ付き保存用バックです。横長で浅いつくりなので、中身の出し入れが簡単です。魚や肉などの保存の他にも、日用品を入れて旅行に持っていったりするときにも使えそうです。無駄のない設計でコンパクトに収納できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

23.5mm×44mmのマチ付き保存用バックです。横長で浅いつくりなので、中身の出し入れが簡単です。魚や肉などの保存の他にも、日用品を入れて旅行に持っていったりするときにも使えそうです。無駄のない設計でコンパクトに収納できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値315円(税込)
4.80(12件)

この商品の特徴

子どもにも大人にも人気のひつじのショーンの保存用バックです。MサイズとSサイズがセットで入っているので、用途に合わせて使うことができます。ジッパーが二重になっているので、お弁当などにも使えそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

子どもにも大人にも人気のひつじのショーンの保存用バックです。MサイズとSサイズがセットで入っているので、用途に合わせて使うことができます。ジッパーが二重になっているので、お弁当などにも使えそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値457円(税込)
4.35(40件)

この商品の特徴

273mm×268mmの特大サイズ、189mm×177mmのMサイズ、127mm×177mmのSサイズがセットになっています。用途に合わせて選んで使えるのでコスパが良さそうです。どのサイズも少しずつ使いたいという方には特におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

273mm×268mmの特大サイズ、189mm×177mmのMサイズ、127mm×177mmのSサイズがセットになっています。用途に合わせて選んで使えるのでコスパが良さそうです。どのサイズも少しずつ使いたいという方には特におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

フリーザーバッグ(保存用バッグ)のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー