ゲイター(登山用スパッツ)のおすすめ10選!ゴアテックス素材も
出典:Amazon.co.jp

ゲイター(登山用スパッツ)のおすすめ10選!ゴアテックス素材も

ゲイターとは、登山やトレランの際に必要なスパッツのことです。ゲイターをつける意味はあるのか、代用は効くのかなど、疑問に思う方もいると思います。今回はそんな疑問を解消するゲイターの必要性や使い方、付け方をお教えします。また、レディースからメンズまで使用できるタイプや防水タイプ、モンベルやゴアテックスといった人気ブランドのおすすめゲイターもご紹介します。

雨水や小石から足を守る

雨水や小石から足を守る

出典:Amazon.co.jp

登山の際に足場の悪い山道を歩いていると、水や小石、泥などが靴の中に入ってきてしまうことがあります。また、冬の登山では雪が入ってきて足が冷えてしまう、などのことも起きやすくなります。そんなときに活躍するのが登山スパッツ、ゲイターです。ゲイターを着用すると、体温の低下防止、不快感やストレスの軽減にもつながります。ゲイターを穿いて、雨水や小石などから足を守りましょう。

ゲイターは登山に必要?

ゲイターは登山に必要?

出典:Amazon.co.jp

そもそもゲイターは必要ないのでは、という方もいるかと思いますが、ゲイターは登山時の必須アイテムです。靴に小石が入って足を怪我してしまったり、水や雪で足が冷えてしまうと、不快であるのはもちろんのこと、体調不良の原因にもなりかねません。ゲイターは、安全に登山を行うために非常に重要なアイテムなのです。

ゲイターの選び方

ゲイターの長さを決めよう

コンパクトさ重視のショートタイプ

ショートタイプは丈が短くコンパクトであるため、違和感なく着用することができます。しかしながら、水が入ってきてしまう可能性があるため、登山の際にはこの後に紹介するロングタイプがおすすめです。小石や枝から足を守りたいだけであればコンパクトなショートタイプでも十分でしょう。

足全体を守るロングタイプ

ロングタイプは足全体を覆うことができるため、水や小石から足を守るのに適しています。特に日本の山道は丈の長い草木が多いため、ショートタイプであると足を守りきれないことがあります。また、雪道を歩く際にも、ロングタイプであれば雪の侵入を防ぐことができます。基本的にはロングタイプの登山スパッツ、ゲイターがおすすめです。

通気性・防水性・耐久性をチェック

ゲイターを選ぶ際には素材選びが重要です。登山中は汗をかくため、ゲイター内は湿気がこもり蒸れやすくなります。そこでおすすめなのが、ゲイター上部がゴアテックス素材になっているタイプです。通気性があるため蒸れづらく、外部の小石や水の侵入を防ぐ防水性、耐久性もあります。また、ナイロン素材のものは耐久性に優れているため、険しい山道での使用におすすめです。用途に合わせた素材選びをしましょう。

動きやすさも重視しよう

ゲイター選びの際には、重量も意識したいポイントです。比較的登りやすい登山道の際は動きやすさを重視した、軽量タイプのものがおすすめです。重たいタイプだと歩きづらく、足に負担がかかることもあります。一方で、険しい山道を歩く際は多少重量があっても、丈夫で機能性に優れたものを選ぶようにしましょう。

着脱のしやすさも確認

着脱のしやすさも確認

出典:Amazon.co.jp

ゲイターの着脱は、一般的にマジックテープかジッパーが主流です。冬場の登山では、厚手のグローブをはめていても開閉しやすいマジックテープタイプがおすすめです。一方で、ジッパータイプは雨水の侵入を防ぐには最適です。また開閉部の位置についてですが、古いモデルでは後ろについているものが多くあります。前方についていた方がより着脱がしやすいため、ゲイターの着脱に慣れていない方は、前方に開閉部がついているものがおすすめです。

ずれ防止つきがおすすめ

ゲイターには、靴に固定してずれを防ぐストラップが付いています。このストラップの材質選びも重要になってきます。しっかりとしたストラップは耐久性に優れている一方で、靴底に段差ができてしまい歩きづらく感じます。一方、細めのストラップだと歩き易い代わりに耐久性が弱いという特徴があります。登山の難易度に合わせてゲイターのストラップを選びましょう。

自分に合ったサイズ選びを

ゲイターは長さの他に、S、M、Lといったサイズ展開があります。小さいサイズを選んでしまうと、ブーツ周辺がきつくなってしまいます。反対に大きいサイズを選んでしまうと足が引っかかりやすくなってしまいます。そのため、サイズ選びは非常に重要です。ひとつ気をつけたいポイントが、夏と冬で装備が全く異なるということです。夏の格好に合わせて選ぶと、冬の装備ではきつく感じることもあるため注意してください。

ゲイターの使い方

ゲイターを買ったものの着用方法がわからない方のために、ゲイターのつけ方をご紹介します。まずはゲイターの左右を確認します。基本的にゲイターの内側に表示されているので確認しましょう。左右がわかったら、ジッパーやマジックテープを外し、足に取り付けます。取り付ける際はジッパーやマジックテープを前で止めた後に、180度後ろに回すと付けやすくおすすめです。付属のゴムをつけた後、前についている金具を靴紐にかけます。最後に晴れている際はスパッツをパンツの外に出し、雨の際はスパッツの上にパンツを被せれば、着用完了です。正しくゲイターを着用して登山を楽しみましょう。

ゲイターのおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

参考価格965円

Lixadaのナイロン製のゲイターです。ナイロンが使用されているため、防水、撥水性に優れており、泥や雨水も弾いてくれます。また調節可能なゴムで子供から大人まで使用できます。色はオレンジ、グリーン、ブラック、ブルーの4色で、それぞれショート丈とロング丈があります。用途や登山の際のファッションに合わせて好きなモデルを選べます。

Lixadaのナイロン製のゲイターです。ナイロンが使用されているため、防水、撥水性に優れており、泥や雨水も弾いてくれます。また調節可能なゴムで子供から大人まで使用できます。色はオレンジ、グリーン、ブラック、ブルーの4色で、それぞれショート丈とロング丈があります。用途や登山の際のファッションに合わせて好きなモデルを選べます。

出典:Amazon.co.jp

参考価格3,100円

ISUKAのナイロン製の防水透湿機能付きショートスパッツです。ショートスパッツと言っても、通常より少し長めのデザインのため、夏の雪渓やガレ場などでの使用に最適です。内側には滑り止めの素材が縫い付けられているため、落ちてきづらいのもポイントです。軽めのナイロン素材でできており、収納ケースも付属しているため、持ち運びも簡単に行えます。

ISUKAのナイロン製の防水透湿機能付きショートスパッツです。ショートスパッツと言っても、通常より少し長めのデザインのため、夏の雪渓やガレ場などでの使用に最適です。内側には滑り止めの素材が縫い付けられているため、落ちてきづらいのもポイントです。軽めのナイロン素材でできており、収納ケースも付属しているため、持ち運びも簡単に行えます。

出典:Amazon.co.jp

参考価格4,317円

THE NORTH FACEのハイベントショートゲイターです。防水透湿素材ハイベントを使用しており、雨や泥除けはもちろんの事、体から発する汗や水蒸気も排出し、ムレを防ぎます。前脛部の止水ファスナーにフラップをつけることで、防水性をさらに高めています。靴底をホールドするストラップには樹脂製のものを使用しており、柔らかいトレッキングシューズにも使いやすい商品です。

THE NORTH FACEのハイベントショートゲイターです。防水透湿素材ハイベントを使用しており、雨や泥除けはもちろんの事、体から発する汗や水蒸気も排出し、ムレを防ぎます。前脛部の止水ファスナーにフラップをつけることで、防水性をさらに高めています。靴底をホールドするストラップには樹脂製のものを使用しており、柔らかいトレッキングシューズにも使いやすい商品です。

出典:Amazon.co.jp

参考価格6,450円

Mountain Hardwareのゲイターです。伸縮性があるため、快適に使用可能です。また、適度なフィット感とブラックのカラーで、シンプルに着こなすことができます。かかと部分のロゴは反射材ペイントを使用しており、視認性も抜群です。ゲイター固定用のストラップは取り外し可能なため、シーンに合わせて使い分けるのがおすすめです。

Mountain Hardwareのゲイターです。伸縮性があるため、快適に使用可能です。また、適度なフィット感とブラックのカラーで、シンプルに着こなすことができます。かかと部分のロゴは反射材ペイントを使用しており、視認性も抜群です。ゲイター固定用のストラップは取り外し可能なため、シーンに合わせて使い分けるのがおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

参考価格2,904円

足首をしっかり保護するショートタイプのゲイターです。コンパクトサイズで、靴に簡単に装着できます。砂や小石の侵入するのを防ぐので、靴の中に異物が入るストレスを感じずに登山を楽しめます。黒に白いロゴのシンプルなデザインで、靴下や靴などのフットウェアとコーディネートしやすいこともメリットです。

足首をしっかり保護するショートタイプのゲイターです。コンパクトサイズで、靴に簡単に装着できます。砂や小石の侵入するのを防ぐので、靴の中に異物が入るストレスを感じずに登山を楽しめます。黒に白いロゴのシンプルなデザインで、靴下や靴などのフットウェアとコーディネートしやすいこともメリットです。

出典:Amazon.co.jp

参考価格2,280円

マジックテープが前面にあり、着脱しやすいロングタイプのゲイターです。高密度ナイロンを使用した丈夫なモデルなので、砂利道や悪路など、歩きにくい場所でも安心して使えます。また、透湿と防水にも優れているため、雨上がりの道や雪道を歩いても、水が染み込みにくいこともメリットです。持ち運びやすい収納袋もセットになっています。

マジックテープが前面にあり、着脱しやすいロングタイプのゲイターです。高密度ナイロンを使用した丈夫なモデルなので、砂利道や悪路など、歩きにくい場所でも安心して使えます。また、透湿と防水にも優れているため、雨上がりの道や雪道を歩いても、水が染み込みにくいこともメリットです。持ち運びやすい収納袋もセットになっています。

出典:Amazon.co.jp

価格情報がありません

軽登山やトレッキング、雪の中での作業にも適したロングタイプのゲイターです。耐久性と耐水性のある素材でつくられており、石や土埃だけでなく雪などが靴に入ることも防げます。ゲイターの上部は3層のナイロンを使用し、蒸れにくく軽い履き心地です。反対に下部は厚手のナイロンを使用した丈夫なつくりです。バックルが大きめで、着脱しやすいこともメリットです。

軽登山やトレッキング、雪の中での作業にも適したロングタイプのゲイターです。耐久性と耐水性のある素材でつくられており、石や土埃だけでなく雪などが靴に入ることも防げます。ゲイターの上部は3層のナイロンを使用し、蒸れにくく軽い履き心地です。反対に下部は厚手のナイロンを使用した丈夫なつくりです。バックルが大きめで、着脱しやすいこともメリットです。

参考価格4,840円

コンパクトで装着しやすいロングタイプのゲイターです。優れた透湿防水性を持つゴアテックス素材を使用していることが特徴で、雨や風をしっかり防ぎます。軽量なので歩くときに負担になりにくく、持ち運びやすいこともメリットです。夏山から積雪時期の登山まで、幅広く使用できるものが良い方にもおすすめです。

コンパクトで装着しやすいロングタイプのゲイターです。優れた透湿防水性を持つゴアテックス素材を使用していることが特徴で、雨や風をしっかり防ぎます。軽量なので歩くときに負担になりにくく、持ち運びやすいこともメリットです。夏山から積雪時期の登山まで、幅広く使用できるものが良い方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

参考価格5,500円

前面にジッパーとマジックテープが付いた着脱しやすいロングタイプのゲイターです。ダブルジッパーで上下両方から開閉できるため、スパッツを脱ぐことなく、靴紐の締め直しができます。上部には、丈夫なゴムコ-ドとストッパ-が付いていて微調整もできるため、締め付け過ぎによる圧迫感やストレスを感じにくいです。

前面にジッパーとマジックテープが付いた着脱しやすいロングタイプのゲイターです。ダブルジッパーで上下両方から開閉できるため、スパッツを脱ぐことなく、靴紐の締め直しができます。上部には、丈夫なゴムコ-ドとストッパ-が付いていて微調整もできるため、締め付け過ぎによる圧迫感やストレスを感じにくいです。

出典:Amazon.co.jp

参考価格14,850円

雪山などの厳しい環境下でも優れた防護機能を発揮するロングタイプのゲイターです。フロントジッパーで開閉しやすく、ストレッチ性があるため足に快適にフィットします。防水性と透湿性もあるため、水が侵入しにくいこともメリットです。汚れにくく、強度もあるため、険しい山道で使用したい方にもおすすめです。

雪山などの厳しい環境下でも優れた防護機能を発揮するロングタイプのゲイターです。フロントジッパーで開閉しやすく、ストレッチ性があるため足に快適にフィットします。防水性と透湿性もあるため、水が侵入しにくいこともメリットです。汚れにくく、強度もあるため、険しい山道で使用したい方にもおすすめです。

ゲイター(登山用スパッツ)のおすすめ商品比較表

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。

※本記事に掲載している商品は、JANコードをもとに各ECサイトが提供するAPIを使用して価格表示やリンク生成をしております。各ECサイトにて価格変動がある場合や価格情報に誤りがある場合、本記事内の価格も同様の内容が表示されてしまうため、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーをご確認ください。

※記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部がHEIMに還元されることがあります。

※本記事内の商品情報は、HEIM編集部の調査結果に基づいたものになります。

この記事の修正依頼を送る

人気記事