ハイドレーションのおすすめ15選!専用ザック付きも
出典:Amazon.co.jp

ハイドレーションのおすすめ15選!専用ザック付きも

ハイドレーションとは、登山やランニング時などにチューブを使って水分補給をするための給水システムです。ハイドレーションパック、ハイドレーションシステムとも呼ばれています。リュックやバックパックに取り付け、固定したチューブから水を飲む仕組みで、トレランやサバゲー、マウンテンバイクで走りながらでも使えます。キャリアタイプのものや、ベストタイプ、ポーチタイプ、ミリタリータイプ、保冷タイプ、ペットボトルを使うタイプなど、様々な種類があります。今回は、ハイドレーションの選び方と、モンベル、サロモン、プラティパス、オスプレーのおすすめ商品、ハイドレーションの洗い方について紹介します。

まずはハイドレーションのおすすめ商品をチェック

ハイドレーションとは

ハイドレーションとは

出典:Amazon.co.jp

ハイドレーションは、フィルム状のパックに吸引チューブが取り付けられ、チューブの先端から水を飲む給水システムです。本体をバックパックなどに入れ、チューブの飲み口を肩の近くに固定し、先から水を吸います。両手で持つ必要があるペットボトルや水筒とは異なり、登山やランニング時に動きながらでも片手で水分補給できるのがポイントです。

ハイドレーションを使うメリット・デメリット

メリット:動きながら水分補給ができる

メリット:動きながら水分補給ができる

出典:Amazon.co.jp

ハイドレーションを使うメリットは、立ち止まらず、口にくわえるだけで飲めることです。ボトルの蓋を回したり、バックパックを開けるわずらわしさもありません。コンパクトに収納できるものが多いので、荷物がかさばりがちなアウトドアシーンにも便利です。

デメリット:ゴムのにおいが水にうつる

ハイドレーションのデメリットは、水にゴムのにおいがうつってしまうことです。水にゴムのにおいがうつらないような工夫を施している商品もあるのでチェックしておきましょう。また、洗い残しがあったりきちんと乾ききっていないと、カビが発生する可能性もあるので、使用後は毎回手入れが必要です。

ハイドレーションの選び方

タイプで選ぶ

リザーバー・チューブのセットは用途や装備にあわせて容量を選ぶ

リザーバー・チューブのセットは用途や装備にあわせて容量を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ハイドレーションは、水を入れるリザーバーとチューブのセットが主流です。ハイドレーションを入れる専用のポケットが付いているバックパックとセットで使います。容量やサイズが豊富なので、用途や装備にあわせて選べます。なお、チューブを胸元に固定しておく留め具と、携帯用の入れ物は別途用意が必要です。

専用ザック付きは個別に揃える必要がない

専用ザック付きは個別に揃える必要がない

出典:Amazon.co.jp

専用ザック付きのハイドレーションは、収納場所を考える必要がなく、チューブを固定するパーツなども付いているのがメリットです。あまり大きなものは入れられないので、ランニングやサイクリングなど、軽装で行えるスポーツのときにおすすめです。夜間での使用を考えている方は、ザックに反射テープがついているかどうかも確認しましょう。

チューブ単品は劣化した際の交換用

チューブ単品は劣化した際の交換用

出典:Amazon.co.jp

チューブ単品のハイドレーションは、劣化したものと交換するために販売されています。なかには、ペットボトルの飲み口に付けるだけで使えるタイプもあり、ハイドレーションを用意せずにすぐ使えます。古くなったチューブを使っていると、汚れやすくなったり亀裂が入る可能性もあるので、定期的に取り替えるようにしましょう。

リザーバーの容量で選ぶ

1Lは日帰り向け

1Lは日帰り向け

出典:Amazon.co.jp

容量が1Lのハイドレーションは、日帰りでの使用に向いています。重量が軽いので、ランニングやサバゲーなど、激しい動きをするアクティビティーでの持ち歩きにも便利です。またボトルでの水分補給をメインにし、ハイドレーションをサブ用にするという使い方もおすすめです。

2Lは宿泊が必要な場合にも対応しやすい

2Lは宿泊が必要な場合にも対応しやすい

出典:Amazon.co.jp

容量が2Lのハイドレーションは、宿泊が必要なときにも十分な量の水を運べます。また、登山やトレイルランニング、マウンテンバイクなど、頻繁に水分補給する激しめのアクティビティにも向いています。日帰りのときは少なめ、泊まりの場合は多めなど、目的にあわせて入れる水量を調整できるのもメリットです。

3Lは給水ポイントが少ない場合におすすめ

3Lは給水ポイントが少ない場合におすすめ

出典:Amazon.co.jp

容量が3Lのハイドレーションは、道中に給水ポイントが少ない場所や、外での連泊が続く際に便利です。また真夏のイベントなどで、こまめに水分補充ができないときにも役立ちます。3Lの水分を背負うとかなり重みを感じるので、長い時間持ち運べる体力があるかどうかも考慮しましょう。

飲み口の形状で選ぶ

噛んで吸うタイプ

噛んで吸うタイプ

出典:Amazon.co.jp

チューブを噛んで吸うタイプのハイドレーションは、少しずつ飲むことができるので、飲みすぎを防ぎ、水分の補給量をコントロールしやすいのがメリットです。ハイドレーションは入れられる水分量が決まっているため、飲みすぎて空になってしまうのが不安な方におすすめです。

噛むだけで水が出るタイプ

噛むだけで水が出るタイプ

出典:Amazon.co.jp

噛むだけで水が出るタイプのハイドレーションは、吸う必要がないので、登山やランニングの終盤で疲れているときにも楽に水分補給ができます。チューブを外して水を体にかけ、火照ったからだを冷やすのにも便利です。吸うタイプに比べて補給量を調節しにくいので、不安な方は定期的に水の残量を確認しておきましょう。

収納のしやすさもチェック

収納のしやすさもチェック

出典:Amazon.co.jp

ハイドレーションは、飲み切った後に折りたためると薄くコンパクトになるため、バッグのスペースを取らずに収納できます。水筒やペットボトルに比べると荷物が少なく済むので、登山など、荷物が多くなりがちなアクティビティーへの持ち運びに便利です。

手入れのしやすさもチェック

手入れのしやすさもチェック

出典:Amazon.co.jp

ハイドレーションは、口が大きく開くタイプ、裏返せるタイプだと中が洗いやすく、手が届きにくい底や角を清潔に保てます。両面をしっかり乾かすことができ、カビや雑菌の繫殖を防げます。耐熱性が高いタイプは、殺菌のための煮沸も可能です。また、飲み口を覆う防塵(ぼうじん)カバー付きのタイプは、手の汚れや地面への付着を防げて衛生的です。

【チューブ・リザーバーセット】ハイドレーションのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

参考価格5,000円

冷凍庫に入れて凍せることが可能

本体内側は凹凸がなくなめらかで、汚れが付着しにくいつくりのハイドレーションです。高品質な樹脂素材は無臭のため、においが水にうつることはほとんどありません。耐寒性が高く、凍らせて保冷剤としても使えます。シリコン素材の飲み口にはキャップが付いており、岩場や植物の多い場所で汚れるのを防げるのもポイントです。

容量
3.0L
素材
ポリエチレン
重量
220g
サイズ
‎幅10×奥行5×高さ5cm

冷凍庫に入れて凍せることが可能

本体内側は凹凸がなくなめらかで、汚れが付着しにくいつくりのハイドレーションです。高品質な樹脂素材は無臭のため、においが水にうつることはほとんどありません。耐寒性が高く、凍らせて保冷剤としても使えます。シリコン素材の飲み口にはキャップが付いており、岩場や植物の多い場所で汚れるのを防げるのもポイントです。

容量
3.0L
素材
ポリエチレン
重量
220g
サイズ
‎幅10×奥行5×高さ5cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格4,877円

3D設計で素早くしっかりと乾かせる

本体が立体的になるよう設計され、内側がくっつかず、速乾性の高いハイドレーションです。乾燥時間を早めることでバクテリアの増殖を抑制し、清潔に使用できます。また、チューブとパックのつなぎ目にハンガーが収納されており、逆さにして干せるのもポイントです。においや雑菌など、衛生面が心配な方におすすめです。

容量
10L
素材
メタロセンPEフィルム
重量
272.16g
サイズ
‎幅18×奥行6×高さ34cm

3D設計で素早くしっかりと乾かせる

本体が立体的になるよう設計され、内側がくっつかず、速乾性の高いハイドレーションです。乾燥時間を早めることでバクテリアの増殖を抑制し、清潔に使用できます。また、チューブとパックのつなぎ目にハンガーが収納されており、逆さにして干せるのもポイントです。においや雑菌など、衛生面が心配な方におすすめです。

容量
10L
素材
メタロセンPEフィルム
重量
272.16g
サイズ
‎幅18×奥行6×高さ34cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格7,040円

チューブの取り外しが簡単で手入れがしやすい

チューブと本体との脱着が簡単にでき、お手入れがしやすいハイドレーションです。チューブは素早く取り外せるので、トレイルランニングなどで火照った体を冷やすのにも便利です。キャップが付いているため飲み口をカバーでき、土や砂などの汚れが付くのが気になる方にもおすすめです。

容量
2.0 L
素材
メーカー記載なし
重量
175 g
サイズ
メーカー記載なし

チューブの取り外しが簡単で手入れがしやすい

チューブと本体との脱着が簡単にでき、お手入れがしやすいハイドレーションです。チューブは素早く取り外せるので、トレイルランニングなどで火照った体を冷やすのにも便利です。キャップが付いているため飲み口をカバーでき、土や砂などの汚れが付くのが気になる方にもおすすめです。

容量
2.0 L
素材
メーカー記載なし
重量
175 g
サイズ
メーカー記載なし

出典:Amazon.co.jp

参考価格5,830円

カビ・バクテリアの付着を抑制する銀イオンを採用

外側に耐久性のあるフィルム、内側に無味のフィルムを使用したハイドレーションです。衝撃に強く、ハイドレーションを使うときに気になるにおいを感じません。また、銀イオンがカビやバクテリアに付着して活動を抑制させ、内部の汚れを防止します。太めのチューブにより水の流量が多くなるつくりなので、給水にあまり時間の取れないマウンテンバイクやトレイルランニング中などに便利です。

容量
1.5L
素材
本体:PE・PU/ドリンキングチューブ:PU/バイトバルブ:シリコン
重量
160g
サイズ
‎幅21×高さ33cm

カビ・バクテリアの付着を抑制する銀イオンを採用

外側に耐久性のあるフィルム、内側に無味のフィルムを使用したハイドレーションです。衝撃に強く、ハイドレーションを使うときに気になるにおいを感じません。また、銀イオンがカビやバクテリアに付着して活動を抑制させ、内部の汚れを防止します。太めのチューブにより水の流量が多くなるつくりなので、給水にあまり時間の取れないマウンテンバイクやトレイルランニング中などに便利です。

容量
1.5L
素材
本体:PE・PU/ドリンキングチューブ:PU/バイトバルブ:シリコン
重量
160g
サイズ
‎幅21×高さ33cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格7,370円

たっぷり水を入れられる3L容量

カビや細菌の増殖を抑え、においが付きにくいフィルムを採用したハイドレーションです。容量はたっぷり入る3Lタイプなので、宿泊が必要な登山をするときにも安心です。プラスチック製のフレームが形状を保つため安定性があり、動いていても水の揺れが気になりません。本体を垂直にして持ちやすいようハンドルが付いており、スムーズに水の出し入れができるのもポイントです。

容量
2.5L
素材
メーカー記載なし
重量
358g
サイズ
メーカー記載なし

たっぷり水を入れられる3L容量

カビや細菌の増殖を抑え、においが付きにくいフィルムを採用したハイドレーションです。容量はたっぷり入る3Lタイプなので、宿泊が必要な登山をするときにも安心です。プラスチック製のフレームが形状を保つため安定性があり、動いていても水の揺れが気になりません。本体を垂直にして持ちやすいようハンドルが付いており、スムーズに水の出し入れができるのもポイントです。

容量
2.5L
素材
メーカー記載なし
重量
358g
サイズ
メーカー記載なし

参考価格3,410円

リザーブ・チューブ共に嫌なにおいが付きにくい素材を使用

抗菌剤がフィルムに練り込まれ、汚れやにおいが残りにくいハイドレーションです。本体を丸めて収納できるので、なるべく荷物を少なくしたい登山のときに便利です。スライドロックバーを取っ手部分に差し込むと、口を大きく広げた状態を保てるため、乾燥にかかる時間を短縮できます。本体からチューブが外れても水漏れしないため、荷物の多いバックパックでの持ち運びも安心です。

容量
2.0L
素材
飲み口:シリコーンゴム, ポリプロピレン/スライドロック部分:ポリカーボネート
重量
160g
サイズ
‎幅20×高さ37.2cm

リザーブ・チューブ共に嫌なにおいが付きにくい素材を使用

抗菌剤がフィルムに練り込まれ、汚れやにおいが残りにくいハイドレーションです。本体を丸めて収納できるので、なるべく荷物を少なくしたい登山のときに便利です。スライドロックバーを取っ手部分に差し込むと、口を大きく広げた状態を保てるため、乾燥にかかる時間を短縮できます。本体からチューブが外れても水漏れしないため、荷物の多いバックパックでの持ち運びも安心です。

容量
2.0L
素材
飲み口:シリコーンゴム, ポリプロピレン/スライドロック部分:ポリカーボネート
重量
160g
サイズ
‎幅20×高さ37.2cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格5,280円

スライドロック式で注水や手入れが楽にできる

チューブとリザーバーがセットになったハイドレーションです。開口部が大きいため簡単に水を入れることができ、洗いやすく乾きやすいのでお手入れも簡単です。リザーバーの中央に隔壁があり、水を入れても中央部分が膨らみ過ぎないザックにフィットしやすい設計です。

容量
2.0L
素材
内側:ポリエチレン/外側:ポリウレタン/バイトバルブ:シリコン/ドリキングチューブ:ポリウレタン
重量
160g
サイズ
‎幅20×高さ39.5cm

スライドロック式で注水や手入れが楽にできる

チューブとリザーバーがセットになったハイドレーションです。開口部が大きいため簡単に水を入れることができ、洗いやすく乾きやすいのでお手入れも簡単です。リザーバーの中央に隔壁があり、水を入れても中央部分が膨らみ過ぎないザックにフィットしやすい設計です。

容量
2.0L
素材
内側:ポリエチレン/外側:ポリウレタン/バイトバルブ:シリコン/ドリキングチューブ:ポリウレタン
重量
160g
サイズ
‎幅20×高さ39.5cm

【専用ザック付き】ハイドレーションのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

参考価格4,335円

仕切り付きでリザーバーと荷物を分けて収納できる

リザーバーとチューブ、ザックが一体になったハイドレーションバッグです。ザックは体にしっかりと密着するので安定性があります。リュックの内部にはリザーバーを固定する装置がついており、他の荷物と分けて入れることができます。また、肩紐の長さが調節可能で身長の高さに関係なく使うことができます。

容量
リュック:12L/水筒3L
素材
ナイロン
重量
860g
サイズ
幅21×奥行12×高さ50cm

仕切り付きでリザーバーと荷物を分けて収納できる

リザーバーとチューブ、ザックが一体になったハイドレーションバッグです。ザックは体にしっかりと密着するので安定性があります。リュックの内部にはリザーバーを固定する装置がついており、他の荷物と分けて入れることができます。また、肩紐の長さが調節可能で身長の高さに関係なく使うことができます。

容量
リュック:12L/水筒3L
素材
ナイロン
重量
860g
サイズ
幅21×奥行12×高さ50cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格11,500円

小型・軽量な必要性低減の物を入れられるつくりが特徴

必要最低限の収納ができる、軽量なハイドレーションバッグです。ハイドレーションの容量は1.5Lで、2時間ほどのマウンテンバイク走行に使いやすいサイズです。調節可能なチェストベルトつきなので、体が激しく揺れてもぴったりフィットします。水はザック外側に装備されたキャップ部分からも補充でき、口が大きいので氷を入れたい方にもおすすめです。

容量
1.5L
素材
メーカー記載なし
重量
150g
サイズ
幅21.5×奥行10×高さ32cm

小型・軽量な必要性低減の物を入れられるつくりが特徴

必要最低限の収納ができる、軽量なハイドレーションバッグです。ハイドレーションの容量は1.5Lで、2時間ほどのマウンテンバイク走行に使いやすいサイズです。調節可能なチェストベルトつきなので、体が激しく揺れてもぴったりフィットします。水はザック外側に装備されたキャップ部分からも補充でき、口が大きいので氷を入れたい方にもおすすめです。

容量
1.5L
素材
メーカー記載なし
重量
150g
サイズ
幅21.5×奥行10×高さ32cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格11,000円

光を反射するリフレクティブ加工で夜間も安心

フィット感が高く、安定した背負い心地を実現するハイドレーションバッグです。前面の肩付近に本体をセットできるため、スムーズに水分補給ができます。12L分の収納スペースがあり、レインコートや手袋などの持ち運びにも便利です。光を反射する加工が施されているので、夜間に使いたいという方にも安心です。

容量
12L
素材
ナイロン
重量
350g
サイズ
縦45×横22×マチ18cm

光を反射するリフレクティブ加工で夜間も安心

フィット感が高く、安定した背負い心地を実現するハイドレーションバッグです。前面の肩付近に本体をセットできるため、スムーズに水分補給ができます。12L分の収納スペースがあり、レインコートや手袋などの持ち運びにも便利です。光を反射する加工が施されているので、夜間に使いたいという方にも安心です。

容量
12L
素材
ナイロン
重量
350g
サイズ
縦45×横22×マチ18cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格7,400円

サバゲーにもおすすめのミリタリーデザイン

2.5Lのパックが付属したハイドレーション専用ザックです。ショルダーストラップは取り外しができ、用途にあわせて使いやすいのが特徴です。チェストストラップ付いており、揺れないようしっかり留められます。ミリタリーデザインなので、周りの風景と一体化しやすく、サバイバルゲームで使用したい方にもおすすめです。

容量
2.5L
素材
ナイロン
重量
667g
サイズ
‎幅21×奥行6×高さ41cm

サバゲーにもおすすめのミリタリーデザイン

2.5Lのパックが付属したハイドレーション専用ザックです。ショルダーストラップは取り外しができ、用途にあわせて使いやすいのが特徴です。チェストストラップ付いており、揺れないようしっかり留められます。ミリタリーデザインなので、周りの風景と一体化しやすく、サバイバルゲームで使用したい方にもおすすめです。

容量
2.5L
素材
ナイロン
重量
667g
サイズ
‎幅21×奥行6×高さ41cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格9,255円

身体にぴったりとフィット!安定感があり息苦しさもなし

500mlのソフトボトルが2本付属した、ベスト型のハイドレーションバッグです。ベストの前面にボトルが入れられるので、出し入れがスムーズに行えます。ポケットが最小限の収納スペースとなっており、なるべく軽装にしたいランニングなどに向いています。通気性の高いメッシュ素材なので、蒸れが気になる方にもおすすめです。

容量
4.0L
素材
ポリエステル
重量
204g
サイズ
メーカー記載なし

身体にぴったりとフィット!安定感があり息苦しさもなし

500mlのソフトボトルが2本付属した、ベスト型のハイドレーションバッグです。ベストの前面にボトルが入れられるので、出し入れがスムーズに行えます。ポケットが最小限の収納スペースとなっており、なるべく軽装にしたいランニングなどに向いています。通気性の高いメッシュ素材なので、蒸れが気になる方にもおすすめです。

容量
4.0L
素材
ポリエステル
重量
204g
サイズ
メーカー記載なし

出典:Amazon.co.jp

参考価格7,001円

エアメッシュ素材採用で暑い日も快適に使える

コンパクトな自転車用のハイドレーションバッグです。付属の1.5Lのハイドレーションに加え、2.5Lの収納スペースがあります。ハイドレーションは耐久性が高く、マウンテンバイクのような強い衝撃を受けるアクティビティでも安心です。バック裏面には通気性の高いエアメッシュ素材を採用し、蒸れずに快適に使えます。

容量
1.5L
素材
‎18.5 x 28 x 15.5 cm; 310 g
重量
310g
サイズ
‎幅18.5×奥行28×高さ15.5cm

エアメッシュ素材採用で暑い日も快適に使える

コンパクトな自転車用のハイドレーションバッグです。付属の1.5Lのハイドレーションに加え、2.5Lの収納スペースがあります。ハイドレーションは耐久性が高く、マウンテンバイクのような強い衝撃を受けるアクティビティでも安心です。バック裏面には通気性の高いエアメッシュ素材を採用し、蒸れずに快適に使えます。

容量
1.5L
素材
‎18.5 x 28 x 15.5 cm; 310 g
重量
310g
サイズ
‎幅18.5×奥行28×高さ15.5cm

【チューブ単品】ハイドレーションのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,845円

リザーバーのほかペットボトルにも装着可能

リザーバーに装着して使用する、チューブタイプのハイドレーションです。リザーバー以外にも、市販のペットボトルにも装着して使うことができます。分解して煮沸消毒が可能なうえ、飲み口にキャップが付いているため衛生面でも安心です。

容量
メーカー記載なし
素材
キャップ:PP/チューブ:エラストマー/クリップ:PC
重量
メーカー記載なし
サイズ
アウターチューブ:75cm/インナーチューブ:34cm

リザーバーのほかペットボトルにも装着可能

リザーバーに装着して使用する、チューブタイプのハイドレーションです。リザーバー以外にも、市販のペットボトルにも装着して使うことができます。分解して煮沸消毒が可能なうえ、飲み口にキャップが付いているため衛生面でも安心です。

容量
メーカー記載なし
素材
キャップ:PP/チューブ:エラストマー/クリップ:PC
重量
メーカー記載なし
サイズ
アウターチューブ:75cm/インナーチューブ:34cm

出典:Amazon.co.jp

参考価格3,960円

保冷カバー付きでチューブ内の温度上昇を防ぐ

保冷カバーが装備されたハイドレーション用チューブです。キャメルバックが販売する、クイックリンクシステム採用のハイドレーションに装着できます。チューブ内の水温上昇を防ぐ保冷カバーがついているため、夏場でも快適な水分補給が可能です。

容量
メーカー記載なし
素材
メーカー記載なし
重量
160g
サイズ
メーカー記載なし

保冷カバー付きでチューブ内の温度上昇を防ぐ

保冷カバーが装備されたハイドレーション用チューブです。キャメルバックが販売する、クイックリンクシステム採用のハイドレーションに装着できます。チューブ内の水温上昇を防ぐ保冷カバーがついているため、夏場でも快適な水分補給が可能です。

容量
メーカー記載なし
素材
メーカー記載なし
重量
160g
サイズ
メーカー記載なし

ハイドレーションの洗い方

ハイドレーションは、そのまま放置しておくとカビや雑菌が繁殖し、においの元になります。使用後は必ず洗浄するようにしましょう。

  1. リリースボタンを押して、チューブから本体を抜く
  2. パックの口を開け、中を柔らかいスポンジで洗う
  3. 洗った後は口を開いてよく乾燥させる(チューブを巻いて隙間をつくっておくと乾かしやすくなる)

また、ゴムのにおいが気になる場合は、レモンの汁を水の混ぜてチューブを通すと緩和されます。

ハイドレーションをお手入れする際の注意点

  • 水以外の飲料の色が残らないよう、飲み口部分を分解し、チューブブラシキットや洗浄タブレットなどを使ってすみずみまで洗い流す
  • リザーバー本体にカビが発生しないよう、しっかりと奥まで開いて乾燥させる
  • 漂白剤は塩素系を使うと金属部分のサビの原因になるため、酸素系のものを使用する

チューブ内などを完全に乾燥させるのは困難なため、フリーズ対応している商品の場合は冷凍庫で保存するのもおすすめです。

ハイドレーションのおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

SOURCE Reservoirs ワイドパック 2.0Lイワタニ・プリムス SOURCE Reservoirs ワイドパック 2.0L

冷凍庫に入れて凍せることが可能

バックパック 3Dハイドロリザーバー オプティックブルーグレゴリー バックパック 3Dハイドロリザーバー オプティックブルー

3D設計で素早くしっかりと乾かせる

ストリーマー 2.0L トランスパレントイワタニ・プリムス ドイター ストリーマー 2.0L トランスパレント

チューブの取り外しが簡単で手入れがしやすい

ビッグジップ EVO マルチプラティパス ビッグジップ EVO マルチ

カビ・バクテリアの付着を抑制する銀イオンを採用

レザヴォア 3L クリアオスプレー レザヴォア 3L クリア

たっぷり水を入れられる3L容量

トレールウォーターパック グレイシャーモンベル トレールウォーターパック グレイシャー

リザーブ・チューブ共に嫌なにおいが付きにくい素材を使用

ビッグジップLPプラティパス ビッグジップLP

スライドロック式で注水や手入れが楽にできる

ランニングリュック ブラックジーフォーフリー ランニングリュック ブラック

仕切り付きでリザーバーと荷物を分けて収納できる

ハイドレーションバッグ ラピスブルー/アトミックブルーキャメルバック ハイドレーションバッグ ラピスブルー/アトミックブルー

小型・軽量な必要性低減の物を入れられるつくりが特徴

ハイドレーションバック Agile Nocturne ブラックアメアスポーツ サロモン ハイドレーションバック Agile Nocturne ブラック

光を反射するリフレクティブ加工で夜間も安心

ハイドレーションキャリア HCB ODコンドル・アウトドア ハイドレーションキャリア HCB OD

サバゲーにもおすすめのミリタリーデザイン

ハイドレーションバック ADV HYDRA VEST 4 FIERY REDアメアスポーツ サロモン ハイドレーションバック ADV HYDRA VEST 4 FIERY RED

身体にぴったりとフィット!安定感があり息苦しさもなし

自転車用ハイドレーションバッグ REPACK LR4 カモフラージュキャメルバック 自転車用ハイドレーションバッグ REPACK LR4 カモフラージュ

エアメッシュ素材採用で暑い日も快適に使える

ハイドレーションチューブエバニュー ハイドレーションチューブ

リザーバーのほかペットボトルにも装着可能

クラックス サーモダイレクターホースキャメルバック クラックス サーモダイレクターホース

保冷カバー付きでチューブ内の温度上昇を防ぐ

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。

ハイドレーションの売れ筋ランキングもチェック

ハイドレーションのAmazon・Yahoo!ショッピングの最新売れ筋ランキング情報は、以下のリンクから確認することができます。

※本記事に掲載している商品は、JANコードをもとに各ECサイトが提供するAPIを使用して価格表示やリンク生成をしております。各ECサイトにて価格変動がある場合や価格情報に誤りがある場合、本記事内の価格も同様の内容が表示されてしまうため、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーをご確認ください。

※記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部がHEIMに還元されることがあります。

※本記事内の商品情報は、HEIM編集部の調査結果に基づいたものになります。

この記事の修正依頼を送る

人気記事

Amazonブラックフライデー
Amazonブラックフライデー