パイオニア製のスピーカーおすすめ3選【2020年版】

パイオニア製のスピーカーおすすめ3選【2020年版】

スピーカーの中でも、ロングセラー商品や復刻版など、根強い人気を誇るのがパイオニア製のスピーカーです。パイオニアのスピーカーは、独自の技術を駆使したコンパクトなブックシェルフ型や、ハイレゾ音源対応タイプの他、カースピーカーなどの幅広いラインナップがあります。ブルートゥースが使えるタイプや、ホームシアターにおすすめのもの、低音や重低音が得意なものなどもあります。今回は、音質も良くインテリアにもおすすめな、パイオニア製スピーカーの特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介します。

音質が良くてインテリアにもなるスピーカーが欲しい

音質が良くてインテリアにもなるスピーカーが欲しい

音楽を聞いたり、映画を見るときには、スピーカーがあるとより音質の良い音を楽しむことができます。せっかく購入するなら、お部屋のインテリアにもなるようなおしゃれなものを購入したいですよね。でも、音質の良さとおしゃれさを両立するのは難しいのでは?と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

音質が良く、おしゃれなスピーカーが欲しい方におすすめなのがパイオニアのスピーカーです。パイオニアのスピーカーは、音の良さはもちろん、樽材を使用したようなおしゃれな商品もあります。

パイオニアのスピーカーの特徴

音の広がりと臨場感を楽しめる

パイオニアは、世界初の「バーチカルツインスピーカー」を始め、数多くの最先端商品を生み出してきました。現在でも、「ハイレゾ対応スピーカー」など時代のニーズに合わせて進化を続けています。そんなパイオニア製スピーカーに共通する特徴は、豊かな音場と、臨場感ある音源が味わえることです。例えばバーチカルツインシリーズでは、360℃に拡散する性質がある「音」を、理想の球面波状(点音源)に拡散させる「バーチカルツイン方式」が開発されました。

高級感あふれるおしゃれなデザイン

高級感あふれるおしゃれなデザイン

出典:Amazon.co.jp

パイオニア製スピーカーは、「エンクロージャー」と呼ばれる、箱の部分にも特徴があります。高級感があり、おしゃれなデザインのものが多く発売されています。レトロな見た目の「バーチカルツインシリーズ」には、ウイスキー作りに何十年も使用された樽材を採用しています。他にも天然木を使用したものもあります。「ハイレゾ対応スピーカー」には、黒光沢のピアノフィニッシュ調仕上げを採用し、シックな高級感を演出しています。

パイオニアのスピーカーの選び方

機能性と設置環境でサイズを選ぼう

パイオニアのスピーカーは、形によって3つのタイプに分けることができます。それぞれの機能性やどこに置いたら良いのかを考えて、お部屋に合ったタイプを選んでみましょう。

大きいサイズで高性能なフロア型

大きいサイズで高性能なフロア型

出典:Amazon.co.jp

「フロア型」は、サイズが大きく床に直接置くタイプです。低音の再現力が高く、臨場感ある音源を実現できます。本体が大きいので、ライブなどの広い空間での大音量再生にもおすすめです。パイオニア製では、「バーチカルツインシリーズ」などがフロア型です。置き場所のスペースは必要ですが、本格的で迫力ある音源を楽しみたい方におすすめのサイズです。

本棚に入るサイズのブックシェルフ型

本棚に入るサイズのブックシェルフ型

出典:Amazon.co.jp

「ブックシェルフ型」本棚に入るサイズで、幅20cm×高さ30cmくらいまでの長方形型のタイプです。部屋の中で、コンパクトに設置したい方におすすめです。抜けのある高音や立体感のある音源再生が得意です。パイオニア製では「S-CN301-LR」がこのタイプで、通常のブックシェルフ型が苦手な中音域もクリアな再生を実現しています。

省スペースで性能も高いトールボーイ型

省スペースで性能も高いトールボーイ型

出典:Amazon.co.jp

「トールボーイ型」は、フロア型を縦長の形状にしたタイプです。フロア型の性能を備えながらも置き場所のスペースを取らないので、フロア型に代わる商品としても人気があります。パイオニア製では「S-LM2シリーズ」がこのタイプです。

ユニット数も確認する

ユニットとは、スピーカーの音が出る部分のことです。スピーカーは、ユニット数によって実現する音域が決まります。ユニット1つのものを「フルレンジ」と呼び、それ以上のユニット数のものは「マルチウェイ」と呼ばれます。ユニット数が多いほど、よりリアルなワイドレンジ音源を再生できます。

音のバランスが良く聴きやすい!フルレンジスピーカー

ユニットが1つだけ内蔵されたものを「フルレンジスピーカー」と呼びます。フルレンジ(低音~高音)を1つのユニットでカバーします。ユニットには、音声信号で振動するコーン(振動板)が内蔵されています。フルレンジスピーカーの場合、各音域によって異なる場所のコーンを振動させることで、1つのユニットで同時にフルレンジ(低音~高音)を再現しています。ユニットが1つなので、全音域のバランスが良く聴きやすいです。

高・低音にメリハリがでる!2wayスピーカー

「高音用ユニット(トゥイーター)」と、「低音用ユニット(ウーファー)」の2種類を使うスピーカーです。高音・低音が、それぞれの専用ユニットによってリアルに再現されるので、高・低音にメリハリがでます。

高・中・低音がリアルに響く!3wayスピーカー

「高音用ユニット(トゥイーター)」「中音用ユニット(ミッドレンジ)」「低音用ユニット(ウーファー)」の3種類のユニットを使うスピーカーです。高音・中音・低音の3つの専用ユニットを使うので、フルレンジタイプよりもリアルな音源を実現することができます。

より迫力のある音源が楽しめる!3way4スピーカー

3wayスピーカーにもう1つ「低音用ユニット(ウーファー)」をプラスして、4つのユニットを使うスピーカーです。音楽の土台となる低音のユニットをプラスすることで、より迫力のある音源を実現できます。

ch数が多いと臨場感が高まる

聴く人の周りに、複数のスピーカーを取り囲むように配置することで、「サラウンド効果」という、立体的に音に包まれるような効果を演出することができます。各スピーカーからは違った音源が再生されますが、その再生される音源数のことを「ch(チャンネル)数」と呼びます。スピーカーのch数には「5.1ch」「3.1ch」「2.1ch」の3種類があります。音源数が多いと、その分臨場感も高まります。

5.1ch

5.1ch

出典:Amazon.co.jp

5.1chとは、「センタースピーカー(聴く人の正面)」「フロントスピーカー(センターから左右に30度の場所に計2台)」「サラウンドスピーカー(センターから左右に110度の場所に計2台)」の計5台にプラスして「サブウーハー」を設置します。「センタースピーカー」では映画のセリフなどがクリアに聴こえ、「サラウンドスピーカー」で後方から聞こえる音を再現します。そして、「サブウーハー(0.1ch)」で超低音を再現します。5.1chでは計6台のスピーカーで、全方向からの臨場感あふれるサラウンドを楽しむことができます。

3.1ch

3.1ch

出典:Amazon.co.jp

3.1chでは、「センタースピーカー」「フロントスピーカー(左右計2台)」と「サブウーハー」を設置します。「サラウンドスピーカー」は配置しませんが、「バーチャルサラウンド」搭載モデルなら、フロントスピーカーが後方からのサウンドをバーチャルでつくり出せます。

2.1ch

2.1ch

出典:Amazon.co.jp

2.1chでは、「フロントスピーカー(左右計2台)」と「サブウーハー」を設置します。このタイプでは、後方からのサウンドもセンターからのサウンドも「バーチャルサラウンド」でつくり出すのが一般的です。

ハイレゾ音源を楽しむならハイレゾ対応スピーカーを

ハイレゾ音源とは、CDよりも高音質で原音に近い音源のことです。ハイレゾ音源では、CDでは再現できない音の繊細さや奥行きなどを再現できます。社団法人日本オーディオ協会(JAS)では、「ハイレゾ音源は、PCM規格の24bit/96kHz以上」と定義しています。「ハイレゾ対応スピーカー」とは、そのハイレゾ音源で定義される周波数以上の信号処理が可能なスピーカーです。ハイレゾ対応スピーカーではハイレゾ音源を忠実に再現することができます。

パイオニア製のスピーカーおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値22,980円(税込)

この商品の特徴

インテリアとしてもマッチしやすいコンパクトでスリムな「トールボーイスピーカー」です。エンクロージャーの後方をラウンドフォルム状にすることで、周波数の乱れを軽減し自然で理想的な音場の広がりを実現しています。高音・低音のリアルさを実現する2wayタイプです。「ウーファー(低音ユニット)」には、ノイズを抑える高強度な「グラスファイバーコーン」が採用し、「トゥイーター(高音ユニット)」は、より広帯域を実現しています。同シリーズで組み合わせて5.1chシステムにもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

インテリアとしてもマッチしやすいコンパクトでスリムな「トールボーイスピーカー」です。エンクロージャーの後方をラウンドフォルム状にすることで、周波数の乱れを軽減し自然で理想的な音場の広がりを実現しています。高音・低音のリアルさを実現する2wayタイプです。「ウーファー(低音ユニット)」には、ノイズを抑える高強度な「グラスファイバーコーン」が採用し、「トゥイーター(高音ユニット)」は、より広帯域を実現しています。同シリーズで組み合わせて5.1chシステムにもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値17,500円(税込)

この商品の特徴

臨場感あるハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめの、パイオニア製「ハイレゾ対応スピーカー」です。高解像度のハイレゾ音源を存分に生かすために、音源を忠実に再生できる高品質のスピーカーネットワークが搭載されています。また、低音担当ユニットであるウーファーには、不要な音の反響を抑えて解像度の高い音を実現する「グラスファイバー振動板」を採用しています。ハイレゾならではの、迫力と臨場感ある音源が楽しめます。ピアノフィニッシュ調のエンクロージャーが、見た目にも高級感を演出するおすすめ商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

臨場感あるハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめの、パイオニア製「ハイレゾ対応スピーカー」です。高解像度のハイレゾ音源を存分に生かすために、音源を忠実に再生できる高品質のスピーカーネットワークが搭載されています。また、低音担当ユニットであるウーファーには、不要な音の反響を抑えて解像度の高い音を実現する「グラスファイバー振動板」を採用しています。ハイレゾならではの、迫力と臨場感ある音源が楽しめます。ピアノフィニッシュ調のエンクロージャーが、見た目にも高級感を演出するおすすめ商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値27,800円(税込)

この商品の特徴

コンパクトなのに高性能な2wayタイプのブックシェルフ型スピーカーです。エンクロージャーにはデザイン性の高い天然木が使用されています。ブックシェルフ型が得意とする「高音」はよりワイドレンジに、「中音」の表現力を高め、苦手な「低音」は音の濁りを抑えています。バランスの良い再生力で、豊かなハイレゾ音源の再生も可能です。スピーカーシステムの中では安い価格帯ながらも、必要な機能を備えているコスパの良い商品です。初めてオーディオシステムを購入する方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コンパクトなのに高性能な2wayタイプのブックシェルフ型スピーカーです。エンクロージャーにはデザイン性の高い天然木が使用されています。ブックシェルフ型が得意とする「高音」はよりワイドレンジに、「中音」の表現力を高め、苦手な「低音」は音の濁りを抑えています。バランスの良い再生力で、豊かなハイレゾ音源の再生も可能です。スピーカーシステムの中では安い価格帯ながらも、必要な機能を備えているコスパの良い商品です。初めてオーディオシステムを購入する方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー