有機ELテレビのおすすめ6選【2020年版】

有機ELテレビのおすすめ6選【2020年版】

「有機ELテレビ」は薄型で高画質なテレビとして人気があります。他のテレビと比較して価格が高いことが欠点ですが、映像のきれいさにこだわる方におすすめです。壁掛けタイプもあり、お部屋を広く使うこともできます。今回は有機ELテレビの選び方や、液晶テレビとの違い、人気メーカーであるパナソニックやソニー、LGなどのおすすめ商品をご紹介します。また「寿命や焼き付きは大丈夫?」といった疑問についても併せてお答えします。

有機ELテレビのメリット・デメリット

有機ELテレビには、その「薄さ」以外にも様々なメリットがあります。特に黒色の発色がよく、「黒つぶれ」を極限まで抑えて映像がくっきりとすること、そして動画の動きがなめらかなので映画やスポーツ、ゲームにも向いていること、消費電力が少ないためとてもエコなことなどが挙げられます。

一方で有機ELテレビの欠点として挙げられるのは、価格が高いことです。日本では2016年に流通し始めたばかりなので、価格の高さはまだ購入する際に悩む点になるでしょう。また、有機ELテレビの開発当初の2006年ごろは有機物の寿命が短く長時間の使用が困難なことが挙げられていました。さらに、当初懸念されていた焼き付きについても、一般家庭での使用については心配ないと言われています。

有機ELテレビの選び方

サイズは視聴距離で選ぶ

サイズは視聴距離で選ぶ

2018年現在、有機ELテレビのサイズは、55インチ、65インチ、77インチの三種類があります。一般的に、テレビの視聴距離は「テレビの高さの3倍の距離から見る」のが適していると言われていますので、部屋の広さや普段見る距離感を想定し、2m程度なら55インチ程度、2.5m程度なら65インチなどと考えると良いでしょう。世界的なテレビ市場の動向は大型に向かっているため、開発コストの観点から小さいサイズのものは今後も展開されない可能性が高いようです。

チューナーの数で選ぶ

チューナーは、テレビの電波を受信することで映像を映し出す装置のことを言います。もともと、1つのテレビに1つのチューナーが付いていることが当たり前でしたが、最近では1つのテレビに複数のチューナーが搭載されていることも多いです。3つのチューナーを搭載していれば、あるテレビ番組を視聴しながら2つの番組を同時に録画することができます。

HDRへの対応

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、明るさの幅を従来よりも広げる技術のことです。HDRによって、暗い部分と明るい部分の階調に幅があり、潰れたり飛びやすい映像をくっきりと肉眼に近い状態で表現することができます。

倍速駆動機能

倍速駆動機能は、映像の速さをきれいに映し出すための機能を指します。現在の液晶テレビは、1秒間に60コマの画像を映しそれをつなぐことで映像にしていきます。倍速駆動機能が搭載されていると、その60コマの間に新たなコマを作って挿入しています。その結果、より滑らかな映像となるのです。

画面分割機能

画面分割機能は、その名の通りひとつのテレビで2つの映像を同時に楽しめる機能のことを言います。これは韓国のLGの有機ELテレビで採用されていることが多いですが、日本ではこの楽しみ方をする方があまりいないので、搭載されていなくても困らない機能かもしれません。

録画機能

録画機能

有機ELテレビは、最近の液晶テレビと同じくテレビに搭載されているUSB端子に外付けのハードディスクを接続することで録画をします。主流の外付けハードディスクは、3TBの容量のものを1万円ほどで購入することができます。これで750時間程度の録画が可能です。

ネット接続機能

有機ELテレビを有線やWi-Fiでインターネットに接続できる機能が搭載されていると、動画ストリーミングサービスやウェブサイトの閲覧に使えて便利です。簡単に操作できるよう、テレビ用のスティック端末やスティックPCをテレビに接続して使用することもできます。

有機ELテレビのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ソニーの有機ELテレビです。ソニーの史上最高画質モデルである「Z9Dシリーズ」に搭載された高品質な4Kプロセッサーで、黒の締まりや光の表現力を高めてくれます。HDR信号に対応しており、映像本来の明るさやコントラスト、鮮やかなカラーを再現してくれます。また、その薄さでまるで映像だけが浮いているような感覚を楽しめ、壁掛けも叶います。

この商品の特徴

ソニーの有機ELテレビです。ソニーの史上最高画質モデルである「Z9Dシリーズ」に搭載された高品質な4Kプロセッサーで、黒の締まりや光の表現力を高めてくれます。HDR信号に対応しており、映像本来の明るさやコントラスト、鮮やかなカラーを再現してくれます。また、その薄さでまるで映像だけが浮いているような感覚を楽しめ、壁掛けも叶います。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

幅広い階調をしっかりと発色し、細かな描写まで高いクオリティで表現してくれる有機ELテレビです。また、Android TVに対応しているので、リモコンに話しかけることによってテレビ放送、録画番組、ネット動画のコンテンツを簡単に検索することができます。音響面でも、画面自体を振動させて高音質を作り出す「アコースティック サーフェス」を搭載しており、映像と音が一体となるリアルな映像体験を可能にします。

この商品の特徴

幅広い階調をしっかりと発色し、細かな描写まで高いクオリティで表現してくれる有機ELテレビです。また、Android TVに対応しているので、リモコンに話しかけることによってテレビ放送、録画番組、ネット動画のコンテンツを簡単に検索することができます。音響面でも、画面自体を振動させて高音質を作り出す「アコースティック サーフェス」を搭載しており、映像と音が一体となるリアルな映像体験を可能にします。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

LGの有機ELテレビは、テレビの各因素が自ら発光しているため、鮮明な色彩表現が楽しめます。一般的な液晶テレビでは表現できなかった色彩を大きく超え、映像本来が持つ質感や空気感なども表現してくれます。電気信号を与えなければ自らが光を放つことなく、「漆黒」が再現可能になります。曲面のディスプレイという有機ELテレビの特徴を活かし、映画館のような臨場感のあふれる映像を満喫することができます。

この商品の特徴

LGの有機ELテレビは、テレビの各因素が自ら発光しているため、鮮明な色彩表現が楽しめます。一般的な液晶テレビでは表現できなかった色彩を大きく超え、映像本来が持つ質感や空気感なども表現してくれます。電気信号を与えなければ自らが光を放つことなく、「漆黒」が再現可能になります。曲面のディスプレイという有機ELテレビの特徴を活かし、映画館のような臨場感のあふれる映像を満喫することができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

55インチと有機ELテレビの中で最もコンパクトで、値段もお求めやすい設定の製品です。Dolby Atmosに対応しているため、迫力ある音響を実現しています。4KでHDRにも対応しており、有機ELテレビの最大の特徴である細緻な映像表現も追求されています。

この商品の特徴

55インチと有機ELテレビの中で最もコンパクトで、値段もお求めやすい設定の製品です。Dolby Atmosに対応しているため、迫力ある音響を実現しています。4KでHDRにも対応しており、有機ELテレビの最大の特徴である細緻な映像表現も追求されています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

55Vと大型の有機EL、4K対応テレビです。深みのある色彩とコントラストの忠実な再現は、ビエラの4Kならではです。もちろん、映像美だけでなく、音質にもこだわりがあり、臨場感ある迫力の低音を実現する「ダイナミックサウンドシステム」が搭載されています。見る番組によってサウンドモードを選ぶこともできます。あると嬉しい機能がたくさんついているので、高機能なモデルのテレビが欲しい方にぴったりです。

この商品の特徴

55Vと大型の有機EL、4K対応テレビです。深みのある色彩とコントラストの忠実な再現は、ビエラの4Kならではです。もちろん、映像美だけでなく、音質にもこだわりがあり、臨場感ある迫力の低音を実現する「ダイナミックサウンドシステム」が搭載されています。見る番組によってサウンドモードを選ぶこともできます。あると嬉しい機能がたくさんついているので、高機能なモデルのテレビが欲しい方にぴったりです。

この商品の特徴

東芝の有機ELテレビです。重厚感のあるクリアな高品質を再現してくれます。新開発の映像処理エンジンにより、有機ELテレビの表現力が引き出されます。価格は少し高めですが、より高く濃密な「黒」や「きらめき」がより映像世界の奥深くへ誘ってくれます。

この商品の特徴

東芝の有機ELテレビです。重厚感のあるクリアな高品質を再現してくれます。新開発の映像処理エンジンにより、有機ELテレビの表現力が引き出されます。価格は少し高めですが、より高く濃密な「黒」や「きらめき」がより映像世界の奥深くへ誘ってくれます。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー