裁断機のおすすめ5選&選び方【自炊に便利なコンパクトタイプも】

裁断機のおすすめ5選&選び方【自炊に便利なコンパクトタイプも】

小学校のプリントや名刺づくりなど、業務用として使われている「裁断機」ですが、価格が安いものは家庭用として使われていることもあります。本を裁断してスキャンし、電子書籍化する「自炊」のために購入する方が多くいます。A3〜A4に対応したものが一般的で、中には電動で紙を裁断するものもあります。今回は裁断機の選び方や使い方のコツ、おすすめ商品をご紹介します。

裁断機とは

裁断機とは

出典:Amazon.co.jp

その名の通り「紙の裁断」をする機械です。10枚、20枚といった量を一度に裁断することができるのが特徴で、学校などでプリントを作る際にも使用されています。A4・A3といったサイズの用紙を裁断するものが一般的です。

また、持っている本を電子書籍化する「自炊」にも活躍します。裁断せずに自炊する方法もありますが、ページの境目が見づらくなってしまったりとデメリットも多いです。自炊にぴったりの書籍サイズに特化した裁断機もあり、自炊のために購入する方もいます。

裁断機を選ぶポイント

対応サイズをチェック

A4サイズ対応やA3サイズ対応など裁断機によって対応している用紙サイズが異なりますので、自分がよく使うサイズや裁断機で裁断したい用紙サイズのものを選ぶことが大切です。また裁断前だけではなく、裁断後のサイズも確認しておくとさらに安心して使用することが可能です。

裁断できる枚数を確認する

一度に裁断できる枚数は機種によって決まっています。自炊などで何枚も裁断しなければならない場合は、なるべく裁断可能枚数の多いものを選びましょう。上限以上の枚数を切ろうとすると、機械が壊れてしまうことがあります。

コンパクトサイズは収納が簡単

「裁断機」と聞くと大型の機械を想像する方もいるかもしれませんが、実はコンパクトな裁断機も多く販売されており、中には折りたたんで収納することが可能な裁断機もあります。また片手に持って裁断するさらに小さな裁断機もあり、それほど大量に裁断しないという方は大きさで選ぶのもおすすめです。

失敗なく切れる工夫がされているか

失敗なく切れる工夫がされているか

出典:Amazon.co.jp

大切な資料や本を裁断するときなど、切る場所がずれてしまうと文字が読めなくなったり、きれいにまとめることができなくなります。失敗なく切るための工夫としては、赤外線で刃が入る場所を教えてくれるガイドや、台にラインが引いてあるものなどがあります。

用途にあわせた専用裁断機もある

「〜用」といった裁断機もあります。例えば、名刺用の裁断機はA4サイズの紙を自動で名刺サイズにカットしてくれます。職場での使用はもちろん、フリーランスの方などは自宅で簡単に名刺を作成することができます。

お手入れのしやすさもポイント

長く使っていると、刃が切れにくくなってきます。替刃が別で売られているか、簡単に手に入るかをあらかじめ確認しておきましょう。また自分で刃を研いだり、専門店で研いでもらって続けて使うことができるものもあります。長く愛用したい場合は、お手入れのしやすさもポイントです。

最初は安いものからでOK

自炊用や名刺用などは2万円~3万円と少し手が出しにくい価格となっていますが、一般用紙用の裁断機でシンプルな機能のものなら1,000円代と比較的安い価格で購入が可能です。手軽に使用したいという方はまずは低価格なものからスタートし、高価格・高機能の裁断機へとステップアップするのもおすすめです。

裁断機の上手な使い方

裁断機の上手な使い方

裁断機は上手に使えばとても便利な道具ですが、コツを掴むまでは失敗してしまうこともあります。

一回の裁断枚数を少なくする

「A4サイズ10枚まで対応」という裁断機で10枚切ろうとして失敗してしまった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。裁断機でうまく裁断するコツの1番大切で簡単な部分が、「紙の枚数を減らす」ということです。お急ぎではない場合、その裁断機の対応枚数の半分ほどを目安として、少しずつ裁断するときれいに裁断することが可能です。

体重を利用する

紙を裁断する際、最後の部分はどうしても刃の力が分散してしまいきれいに切れなくなってしまうこともあります。そんな事態を防ぐためのコツは「体重を利用する」ことです。裁断時に手の力だけではなく、しっかりと体重をかけて裁断することで、力が逃げず最後まできれいに切ることができます。

裁断機のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ディスクカッターと呼ばれる、シンプルな機能をもった裁断機です。本体自体が軽量なのでどこでも簡単に持ち運ぶことができます。コンパクトなサイズながら紙だけではなく、ビニールやボール紙などいくつもの種類を裁断することができるので、様々なシーンで大活躍する商品です。

この商品の特徴

ディスクカッターと呼ばれる、シンプルな機能をもった裁断機です。本体自体が軽量なのでどこでも簡単に持ち運ぶことができます。コンパクトなサイズながら紙だけではなく、ビニールやボール紙などいくつもの種類を裁断することができるので、様々なシーンで大活躍する商品です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

用紙のサイズに合わせたメモリがあり、見やすく簡単に裁断することができる裁断機です。刃は1枚で3面使うことができるので、1本で長く使用することが可能です。世界初となるWゲージを搭載しており、往復動作だけでコピー用紙20枚まで裁断できるという便利な商品です。

この商品の特徴

用紙のサイズに合わせたメモリがあり、見やすく簡単に裁断することができる裁断機です。刃は1枚で3面使うことができるので、1本で長く使用することが可能です。世界初となるWゲージを搭載しており、往復動作だけでコピー用紙20枚まで裁断できるという便利な商品です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

パワーアシストがついており、女性でも約1/4の力で楽に裁断することができる裁断機です。対応枚数もA4用紙60枚と多く、裁断回数を減らし手間を省きたいとお考えの方にもぴったりの商品です。刃に手が触れることのない設計となっているので、ケガの心配も少なく安心して使用できます。

この商品の特徴

パワーアシストがついており、女性でも約1/4の力で楽に裁断することができる裁断機です。対応枚数もA4用紙60枚と多く、裁断回数を減らし手間を省きたいとお考えの方にもぴったりの商品です。刃に手が触れることのない設計となっているので、ケガの心配も少なく安心して使用できます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

その名の通り「自炊」にぴったりの機能を持つ裁断機です。18mmまでの書籍を裁断することができるので、これから自分の本の電子化に挑戦するという方にもおすすめです。またこの商品の最大の特徴が「折りたたみ可能」という点です。本体自体を折りたたんで収納することができ、なんと17cmの隙間さえあれば収納できます。場所を取らず持ち運びも簡単な裁断機は、使い勝手抜群です。

この商品の特徴

その名の通り「自炊」にぴったりの機能を持つ裁断機です。18mmまでの書籍を裁断することができるので、これから自分の本の電子化に挑戦するという方にもおすすめです。またこの商品の最大の特徴が「折りたたみ可能」という点です。本体自体を折りたたんで収納することができ、なんと17cmの隙間さえあれば収納できます。場所を取らず持ち運びも簡単な裁断機は、使い勝手抜群です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

A4用紙を電動・自動で名刺サイズにカットしてくれる裁断機です。一般用紙用の裁断機とは使い勝手が異なりますが、名刺をよく利用するという方にはぴったりです。また友人同士やサークル活動などで交換する名刺を作成したいとお考えの方にもおすすめです。

この商品の特徴

A4用紙を電動・自動で名刺サイズにカットしてくれる裁断機です。一般用紙用の裁断機とは使い勝手が異なりますが、名刺をよく利用するという方にはぴったりです。また友人同士やサークル活動などで交換する名刺を作成したいとお考えの方にもおすすめです。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー