刈込鋏のおすすめ10選!庭や植木の手入れに

刈込鋏のおすすめ10選!庭や植木の手入れに

刈り込みバサミは、庭や植木の手入れの際におすすめのアイテムです。いくつかの種類があり、広範囲には両手刈込鋏が、狭い範囲や手直しには片手刈込鋏がおすすめです。でも、使い方やどのように研ぐのかなどの手入れ方法が気になる方もいらっしゃるでしょう。今回は刈込ばさみの選び方や、切れない場合の手入れや調整方法、研ぎ方、使い方をご紹介します。おすすめ商品では、手打ちで高品質を誇る岡恒ブランドの鋏や、その他人気の刈込鋏を紹介します。

庭の植木をきれいに整えたい

庭の植木をきれいに整えたい

気になりながらも手入れができず、庭の植木が伸び放題という方も多いのではないでしょうか。業者を呼ぶほどではないし、家にあるはさみではどうやって整えたら良いかわからないときもありますよね。

そんな方におすすめしたいのが刈込鋏です。刈込鋏があれば一度に広範囲の枝葉を刈ることができるので、植木や生垣の形を簡単に整えることができます。両手刈込鋏、片手刈込鋏などいくつかの種類の中から、自分の庭に最適な刈込鋏を選んで庭をきれいに整えましょう。

刈込鋏の種類

刈込鋏は3種類に分けることができます。用途によって最適なものを選ぶことで、スムーズに作業ができます。

庭木の形を整える両手刈込鋏

庭木の形を整える両手刈込鋏

出典:Amazon.co.jp

両手で柄を持ち刈込を行う刈込鋏を、両手刈込鋏と言います。刃の長さは様々で、左手は固定したまま、右手に持った柄を開閉することで刈込を行います。生垣や庭木などを刈込む際に便利です。太い枝を切るための刈込鋏ではなく、先端の比較的細身の枝や葉を刈ることで全体の形を整えます。

植木や狭い範囲に最適な片手刈込鋏

植木や狭い範囲に最適な片手刈込鋏

出典:Amazon.co.jp

両手刈込鋏は両手で扱うことに対し、片手刈込鋏は文字通り片手で鋏を扱って刈込みを行います。両手刈込鋏に比べるとかなりコンパクトなサイズなので、植木の手入れやちょっとした手直しに、また両手刈込鋏では入り込めない狭い範囲の手入れに最適です。片手で手軽に使えるため、片手刈込鋏をメインで使う方もいるようですが、この方法だと刈込みにかなりの時間がかかってしまいます。メインは両手刈込鋏を使用して、片手刈込鋏はあくまでも補助的に使用することをおすすめします。

太い枝を切るなら剪定刃つき刈込鋏

両手刈込鋏も片手刈込鋏も、基本的には細い枝や葉を切るための鋏です。太い枝を切りたい場合は、剪定刃つきの刈込鋏や太枝に対応した刈込鋏を使用しましょう。

最大40mmの枝を切ることができる

剪定能力は商品説明やパッケージに表示されているので、枝の太さに適したものを選びます。刈込鋏と剪定鋏が兼用になったタイプでは、約15mmの太さの枝を切ることができるので、鋏を持ち替えることなくスムーズに作業できます。太枝に対応したものだと、40mmの枝を切ることができるものもあります。

刈込鋏の選び方

用途に合ったタイプを選ぶ

生垣や背の低い木には両手刈込鋏

生け垣や背の低い木の形を整えるなら、両手刈込鋏がおすすめです。刃の長さは150~165mm程度で、ある程度の範囲の細い枝や葉を一気に刈込むことができます。細めの枝や葉は刃の先を使って刈込み、少し太めの枝は刃の奥を使って刈込みます。一般的な両手刈込鋏の場合、約5mmまでの枝なら問題なく刈込むことができます。

広い面積を刈込むなら長刃の両手刈込鋏

広範囲を一気に刈込むのなら、刃が長いタイプの両手刈込鋏がおすすめです。刃が長い分、一度の刈込みで広範囲の枝葉を切り落とすことができます。プロも好んで使用するタイプです。ただし刃が長い分扱いずらく、初心者の場合は上手に使いこなせないかもしれません。まずは普通刃からスタートし、充分に使いこなせるようになってから長刃にチャレンジしましょう。

枝を切るなら太枝タイプ

一般的な刈込鋏は、約5mm程度の太さまでしか切ることはできません。それ以上の太さの枝を切るなら、太枝に対応した刈込鋏が必要となります。商品によって剪定能力が異なるので、切りたい枝の太さに合った鋏を選びましょう。

刃渡りで選ぶ

刃渡りで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

刈込鋏は、刃渡りによって使い勝手が異なります。初めて使う場合や一般家庭での使用なら、刃の長さが150~165mmの普通刃がおすすめです。刈込鋏の扱いに慣れてきた方や、一度に広い面積を刈込たい方は長刃がいいでしょう。長刃はプロ仕様のものも多く、刃が薄く軽量化されており、切れ味も鋭くなります。切断面がきれいになるので、枝が傷みにくいというメリットもあります。

刃先の素材で切れ味が変わる

鋭い切れ味の銅製

銅製の刈込鋏は切れ味がよく、シャープな使用感です。正しく手入れをすれば耐久性にもすぐれており、長く使い続けることができます。ただし水分や塩分に弱く、汚れが付着したままだとサビの原因になります。切れ味が落ちたら鋏を研ぐなどのメンテナンスを行います。もし手入れが苦手だけれど銅製の刈込鋏が使いたいという方は、替刃式の刈込鋏を選びましょう。

手入れが簡単なステンレス製

ステンレス製はサビに強く、軽量で扱いやすいというメリットがあります。銅製に比べて切れ味が劣るという意見もあるので、気をつけてください。たまにしか使用しない方やこまめなメンテナンスが面倒だという方には、手入れが簡単なステンレス製がおすすめです。

扱いやすい重さかチェック

購入前に刈込鋏の重さも確認しておきましょう。特にサイズが大きい両手刈込鋏の場合、重量があると扱いずらく上手に刈込むことができません。刃の長さや柄の素材によって重さは異なります。柄が木製のものだと1kgを超えることもありますが、柄がアルミ製のものは比較的軽く、500gを切る商品もあります。

ケースつきやロックつきなど安全性で選ぶ

ケースつきやロックつきなど安全性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

枝や葉を切ることができる鋏なので、扱いには充分に注意が必要です。使用しないときは専用ケースに入れておくことで、万が一棚から落ちたり子どもが触ったりしても安心です。また、ロックを解除しなければ鋏が開かない、ハンドルに落下防止のガードがついている、ハンドルに滑りにくい加工が施されているなど、安全性の高い刈込鋏もあります。万が一の事故を防ぐためにも、安全機能がついた刈込鋏がおすすめです。

刈込鋏の使い方

両手刈込鋏の使い方

鋏の柄をそれぞれ左右の手で持ちます。左手は動かさずに固定し、右手は柄を軽く握り左右に動かすようにして刈込みます。先端の細い枝や葉は鋏の先を使って刈込み、5mmまでの太めの枝は刃の奥を使って刈込みます。5mm以上の太さの枝を刈込む場合は、太枝に対応した刈込鋏を使用します。無理して太い枝を切ると、刃こぼれや刃が曲がる原因になります。

片手刈込鋏の使い方

通常のハサミのように、片手でハンドルを握って使用します。使い始めは、細い枝を数回切り、慣らしてからの使用がおすすめです。広範囲を刈込むのではなく、あくまでも両手刈込鋏が入れない狭い場所や、ちょっとした手直しに使用します。

刈込鋏の研ぎ方

研ぎ石と刃物用油、メガネレンチを準備します。

STEP1:刈込鋏のネジを外す

メガネレンチを使って、刈込鋏のネジを外して分解します。

STEP2:小刀を研ぐ

刃が斜めになっている、小刀と呼ばれる部分を研ぎます。手前から奥に押し出すように、刃の分厚い方から薄い方に向かって研ぎます。このとき、鋏の裏側を研がないように注意しましょう。裏側を研ぐと、刃こぼれや切れ味が悪くなる原因になります。

STEP3:カエリを取る

小刀を研ぐと、刃にカエリと呼ばれるバリのようなものができます。カエリを取るために、研いだ刃の反対側から20~30度の角度で研ぐ、裏押し作業を行います。

SETP4:刃物用油を塗る

鋏の全体とネジ部分に、潤滑油として刃物用油を塗ります。元通り組み合わせて、お手入れ完了です。

両手刈込鋏のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

最安値5,598円(税込)
4.30(12件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値5,330円(税込)
5.00(5件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値864円(税込)
4.00(98件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,812円(税込)
4.30(333件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,057円(税込)
4.10(80件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

片手刈込鋏のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

最安値6,795円(税込)
4.60(3件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値3,856円(税込)
3.30(12件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値4,061円(税込)
3.40(8件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値966円(税込)

この商品の特徴

お庭の花木類のお手入れにおすすめの剪定ばさみです。切断能力は刃の根元を使用すると生木5mmが切断できます。すぱっとした切れ味で扱いやすくなっています。ハンドル部はアルミでできており、重量も194gと軽量で女性でも楽に剪定作業ができます。1つご家庭用においておくと、お庭のお手入れに重宝します。シルバーのデザインもシンプルでおしゃれです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

お庭の花木類のお手入れにおすすめの剪定ばさみです。切断能力は刃の根元を使用すると生木5mmが切断できます。すぱっとした切れ味で扱いやすくなっています。ハンドル部はアルミでできており、重量も194gと軽量で女性でも楽に剪定作業ができます。1つご家庭用においておくと、お庭のお手入れに重宝します。シルバーのデザインもシンプルでおしゃれです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値8,486円(税込)

この商品の特徴

植木刈り込み、剪定におすすめの刈り込みばさみです。グリップには本革が巻いてある高級仕様です。専門職人が1つ1つ丁寧に巻いているに、手にしっかりとフィットする「握り心地です。長く使うと皮の色も変化し味のある色合いになっていきます。両刃なので新芽や若葉の柔らかい葉もよく切れます。刃の裏側は透いてあり、シャープな切れ味です。根切りや盆栽用としての使用もおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

植木刈り込み、剪定におすすめの刈り込みばさみです。グリップには本革が巻いてある高級仕様です。専門職人が1つ1つ丁寧に巻いているに、手にしっかりとフィットする「握り心地です。長く使うと皮の色も変化し味のある色合いになっていきます。両刃なので新芽や若葉の柔らかい葉もよく切れます。刃の裏側は透いてあり、シャープな切れ味です。根切りや盆栽用としての使用もおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー