ニスのおすすめ10選!水性・油性・水性ウレタンニスはどれを選ぶ?

ニスのおすすめ10選!水性・油性・水性ウレタンニスはどれを選ぶ?

木材や紙粘土、樹脂粘土でつくった作品を保護する効果があるのが「ニス」です。水性や油性、水性ウレタンニスといくつかの種類があり、ツヤあり、ツヤなし、刷毛で塗るタイプとスプレータイプなど塗り方も商品によって異なります。さらに、屋外で使用したほうがよいものなど、身体への影響が懸念されるものもあります。今回はニスの選び方や、重ね塗りなどを含めたニスの塗り方、おすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

木材に汚れが付くのを防ぎたい!

木材に汚れが付くのを防ぎたい!

時間をかけて丁寧につくり上げた作品が、汚れてしまうのは悲しいですよね。そんな大事な作品に汚れを付きにくくするアイテムが「ニス」です。小学生の図工の授業で作品の仕上げに、ニスを塗ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。木材の他にも、紙粘土で作った作品などに使用することもできます。

ニスを使うメリット

木材を保護し長持ちさせる

ニスを塗ることで、木材をコーティングするように保護してくれます。木材は自然のものなので、何もしない状態の場合、家の中にある湿気や虫、カビなどの影響を受けてしまいます。例えば引き出しを作った場合、サイズもしっかりと図って作り上げても、湿気の影響で徐々に歪みが生じ、スムーズに引き出せなくなる可能性があります。そこでニスを使うことで、木材を湿気から守り、引き出しを作ったときと同じ状態に保ってくれます。

耐久性が高くメンテナンスがいらない

ニスは簡単に説明すると、薄いプラスチックで木材を保護してくれるようなものです。最初にニスを塗る段階で丁寧に研磨し、きれいに仕上げることで、基本的にその後の塗り直しが必要ありません。

ニスの選び方

種類で選ぶ

ニスは大きく分けて3種類あります。水性アクリルニス、水性ウレタンニス、油性ニスです。この3種類を使い分けて、作品の種類ごとに塗っていきます。

工芸品向けの水性ニス

工芸品向けの水性ニス

出典:Amazon.co.jp

水性ニスはアクリルを使用しています。乾いた後はどこか優しさのある少し柔らかい手触りに仕上がります。強度のことを考えると、テーブルなどの普段実用的に使う家具などには向きません。水性ニスは塗った後に毎日使うものではない、工芸品などに塗るのがおすすめです。仕上げに塗って水性ニスの特性を活かす使い方をしてみましょう。

実用品向けの水性ウレタンニス

実用品向けの水性ウレタンニス

出典:Amazon.co.jp

今までニスを使ったことがない方でも塗りやすく、水性ウレタンニスは耐久性もあり、毎日使うようなテーブルなどの作品に塗るのがおすすめです。しっかりと強度がある膜でコーティングできるので、水性ニスには向かない実用品に塗ってみましょう。食品衛生法の基準を満たした水性ウレタンニスであれば、食器などに塗ることができます。おしゃれな無垢材向けの水性ウレタンニスもあります。

屋外用にも使える油性ニス

屋外用にも使える油性ニス

出典:Amazon.co.jp

水性ウレタンニスよりも強度があるニスが、油性ニスです。木材の防腐や破水効果も高くなるなど、耐久性を高めてくれるので、屋外の木の部分に塗るのがおすすめです。紫外線吸収剤を一緒に混ぜて使うことで、日焼けするのを防いでくれる効果がプラスされます。しかし、油性ニスは匂いが強いので屋内での作業には気をつけましょう。乾燥にも時間がかかってしまうので、余裕を持って作業に取りかかる必要があります。

塗り方には2種類ある

塗り方には2種類ある

出典:Amazon.co.jp

ニスを塗る方法にも種類があります。ハケを使ってニスを塗る場合は、ゆっくりと丁寧に薄く塗っていくと仕上がりがきれいになります。一方、速乾タイプは粘度が高い商品が多く、ゆっくり塗ると見た目も悪くなるので、素早く何度か重ねて塗りましょう。スプレータイプは薄く何度も重ねて塗っていくことがポイントです。気候に左右されるため、湿度が高すぎない35%~70%の場所で塗りましょう。

ツヤあり・ツヤなしで選ぶ

ツヤあり・ツヤなしで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

好みが分かれますが、ツヤが出るニスと、ツヤ消しのニスがあります。ツヤを出すには丁寧な研磨が必要になるので、少し手間がかかり、コツが必要です。反射して輝く仕上がりはついつい眺めてしまうほどきれいです。一方、ツヤ消しのニスは味のあるおしゃれな仕上がりになります。ツヤ消しニスも何度か重ねて塗ることで、耐久性を強くすることができます。

着色ニスは雰囲気を変えて楽しめる

着色ニスは雰囲気を変えて楽しめる

出典:Amazon.co.jp

ニスは透明なタイプをイメージしますが、木目を活かせるようなブラウンなどのカラーを選べる着色ニスもあります。木材を使ってDIYするときに、ワックス剤などで着色することがありますが、それと同時にツヤを出すことが可能です。作品によって使い分けると、作品の幅が広がり楽しめます。

安全性で選ぶ

ニスには匂いがあるので、身体に害はないのか、安全性も気になりますよね。塗料には、防腐や消毒のために化学物質であるホルムアルデヒドが含まれます。ホルムアルデヒドの発散量に応して等級付けがされていて、Fと☆の数で記載されています。☆が多いものほど放散量が少なくなり、より安心して使えるので、購入するときは確認してみましょう。

ニスの塗り方

ニスの塗り方

ニスは換気をしっかり行いながら塗り、なるべく天気が良い日に行うようにしてください。

準備するもの

必要となる道具は、ニス、ハケ、サンドペーパー、容器、使う塗料に合わせたうすめ液、新聞紙です。サンドペーパーは粗目のものと、細かい目のものを用意して下さい。マスキングテープがあれば、塗りたくないところを隠すのに使えます。水性ニスで使う容器はペットボトルの底の部分をカッターで切った物などで代用ができますが、油性ニスを使う場合は専用の容器を購入して使いましょう。

STEP1:木材を研磨する

ニスを塗る前に木材を拭いてきれいにします。きれいになった木材を、木目に沿って丁寧に研磨します。ささくれがなくなるまで行います。

STEP2:ニスを塗る

ニスをきれいに塗るコツは厚く塗りすぎないことです。ハケは同じ方向に向けて動かし、1回ずつ薄く塗り重ねていきます。同じ水性ニス同士は混ぜて使うことができます。着色ニスも色を混ぜて違う色にして使うことができるので、色の幅が広がります。ただし、ニスが最後足りなくなったなどの理由で、異なる種類のニスを混ぜて使わないように気を付けてください。仕上がりに影響が出てしまいます。

STEP3:ニスを乾かす

1回塗り終わったら、しっかりとニスを乾かします。

ニスのおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,458円(税込)
-(0件)

この商品の特徴

水性アクリルニスで、木目を活かして塗れるダークオークです。容量は0.7Lあります。水性なので初めて取り扱う方も比較的塗りやすい商品です。これからDIYを始めたいというビギナーさんにもおすすめのニスです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

水性アクリルニスで、木目を活かして塗れるダークオークです。容量は0.7Lあります。水性なので初めて取り扱う方も比較的塗りやすい商品です。これからDIYを始めたいというビギナーさんにもおすすめのニスです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値543円(税込)
4.33(19件)

この商品の特徴

自宅のフローリングの色褪せてしまった部分などにも使える、水性ウレタンニスです。耐久性にもすぐれていて、匂いが少ない商品です。食品衛生法に適合しているので、小さい子どもやペットがいる家庭でも安心して使うことができます。容量は100mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

自宅のフローリングの色褪せてしまった部分などにも使える、水性ウレタンニスです。耐久性にもすぐれていて、匂いが少ない商品です。食品衛生法に適合しているので、小さい子どもやペットがいる家庭でも安心して使うことができます。容量は100mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値652円(税込)
4.39(169件)

この商品の特徴

原液のまま使用することができる、水性ウレタンニスです。内容量は130mlです。屋内で使用している木材の家具などの使用におすすめです。完全に乾いていれば水拭きをしても大丈夫です。水性ウレタンニス同士なら混ぜて使うこともできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

原液のまま使用することができる、水性ウレタンニスです。内容量は130mlです。屋内で使用している木材の家具などの使用におすすめです。完全に乾いていれば水拭きをしても大丈夫です。水性ウレタンニス同士なら混ぜて使うこともできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,809円(税込)
4.34(13件)

この商品の特徴

木目を活かした仕上がりなのでフローリングにも塗りやすい水性ウレタンニスです。乾いた後は、水で落ちないので安心して床掃除をすることができます。内容量は0.7Lです。少しつやが抑えられた仕上がりになります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

木目を活かした仕上がりなのでフローリングにも塗りやすい水性ウレタンニスです。乾いた後は、水で落ちないので安心して床掃除をすることができます。内容量は0.7Lです。少しつやが抑えられた仕上がりになります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,676円(税込)
4.10(25件)

この商品の特徴

乾くのが速いので何度も重ね塗りしやすい、水性ウレタンニスです。塗った後は固くコーティングされるので、耐久性が高いニスです。水を多めに入れるとよりつや感が増します。たっぷり使える750mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

乾くのが速いので何度も重ね塗りしやすい、水性ウレタンニスです。塗った後は固くコーティングされるので、耐久性が高いニスです。水を多めに入れるとよりつや感が増します。たっぷり使える750mlです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値796円(税込)
5.00(1件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値534円(税込)
4.50(7件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値688円(税込)
3.40(16件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値424円(税込)
5.00(5件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値777円(税込)
4.69(7件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー