プラスチック接着剤のおすすめ9選!強力なエポキシ接着剤も

プラスチック接着剤のおすすめ9選!強力なエポキシ接着剤も

プラスチック接着剤は、硬質プラスチックなどの接着に用いられます。一般的にボンドやグルーガンが広く知られていますが、その他にも世界最強と言われているエポキシ接着剤や、補強にも使用出来るプラリペア、白くならないタイプやパテできるものなど種類は幅広いです。ABSなどの素材を溶かして接着するABS樹脂専用の接着剤も販売されています。今回は、プラスチック接着剤の選び方や特徴、おすすめ商品をご紹介します。 

接着剤を使って接着や補強をしたい

接着剤を使って接着や補強をしたい

身の回りの様々な物に用いられているプラスチックは、軽くて扱いやすい素材として知られていますが、時には割れてしまったり耐久性に不安を感じる方も多いですよね。そんなときに活躍するのがプラスチック接着剤です。プラスチック接着剤には様々な種類があり、素材や形状によって使い分けることが可能です。また、種類によっては接着だけではなく、強度の補強にも使用することができます。接着剤があるだけで、プラスチックの持ち物が長い間使えそうですね。

プラスチック接着剤の選び方

接着するプラスチックの種類で選ぶ

ポリプロピレン・ポリエチレンにはプライマー付き接着剤

ポリプロピレンやポリエチレンは、一般的な接着剤では接着が難しいと言われています。プラスチック接着剤には素材を溶かす成分が含まれていますが、ポリプロピレンやポリエチレンにはその成分が働きにくいです。そのため、ポリプロピレンやポリエチレンの接着には、プライマーという下地剤を用います。プライマーを塗ることで、接着剤の効果を高め接着性が改善されます。ポリプロピレンやポリエチレンの接着には、プライマーと接着剤がセットになっているものがおすすめです。

ナイロンには弾性接着剤

衣類などに使用されているナイロンもまた、接着が難しい素材と言われています。ナイロン素材に下地剤のプライマーを塗布する方法は有効ですが、その他にも弾性接着剤が有効です。弾性接着剤にはシリコーンなどが含まれており、衝撃を吸収し接着後も柔らかい動きを可能にしてくれます。また、硬質プラスチックにはエポキシ接着剤も有効ですので、ナイロンの硬さや柔らかさによって使い分けることができます。

ABS樹脂・塩ビ・アクリルにはアクリル接着剤

アクリル接着剤は、ABS樹脂・塩ビ・アクリルを溶かす性質を持っています。ABS樹脂・塩ビ・アクリルの接着には、素材を溶かして接着させる方法をとり、溶着で接着する手法は一般的な接着剤よりも、強度が増し仕上がりも綺麗になると言われています。ABS樹脂や塩ビにはウレタン系接着剤、アクリルには成分にジクロロメタンが配合されているものがおすすめです。

ポリエステルには衣類用接着剤

ポリエスエルには、ポリエステル対応の衣類用接着剤がおすすめです。衣類用接着剤は布の接着や裾上げなどにも使用でき、洗濯やクリーニングに対応しているものも数多く販売されています。乾くと透明に仕上がり硬くならないのも特徴です。更に接着力を高めたい方は、アイロンで熱を加える方法がおすすめです。

接着剤の特徴で選ぶ

強度・耐水性に優れたエポキシ系

エポキシ樹脂を主成分とするエポキシ系接着剤は、強度が高く耐水性に優れているという特徴があります。主にエポキシ樹脂が配合されている接着剤と、ポリアミド樹脂などが配合されている硬化剤を混ぜ合わせて使用するものがあります。この二つの液剤が化学反応を起こすことで、強い接着力が生まれます。しっかりと混ぜ合わせないと、接着力が弱まる可能性もあるので使用する際は注意が必要です。

すぐに接着させたいときの瞬間系

すぐに接着させたいときの瞬間系

出典:Amazon.co.jp

瞬時に接着させたいときには、瞬間系接着剤がおすすめです。シアノアクリレートを主成分とする瞬間系接着剤は、素材の水分に反応し瞬時に硬化するという特徴があります。これまでプラスチックには不向きとされていた瞬間系ですが、下地にプライマーを用いることで接着力を高めることができます。しかし、接着力はそれほど高くはなく耐水性も弱いので、その特性を踏まえた箇所への使用をおすすめします。

弾力性・耐熱効果が高いシリコーン系

シリコーン系接着剤は、耐熱性が高く固まった後も弾力性を発揮する接着剤です。またその弾力性は、振動や衝撃を吸収する振動緩和剤としての役割も果たします。そして耐熱性だけでなく耐水性も高いことから、キッチンやお風呂場など水回りにも活用できます。ただし、接着が難しいポリプロピレンやポリエチレンに使用する場合は、下地にプライマーを塗布してからの使用をおすすめします。

使う状況で選ぶ

プラスチックとプラスチックを接着させたい場合

プラスチック同士を接着させたい場合は、プラスチック対応の接着剤を選びましょう。その中でもプラリペアは、補修だけではなく補強にも活用できる接着剤として知られています。プラリペアは、合成樹脂が含まれているパウダーと専用の液体を混ぜ合わせて使用します。接着力が非常に高く強度が必要なプラスチック製品にも使用できますが、ポリプロピレンやポリエチレン、ABS樹脂など一部対応していない素材あるので購入する際は確認が必要です。

 プラスチックと金属・木材を接着させたい場合

プラスチックに金属や木材など異素材を接着させたい場合は「多用途接着剤」が適しています。多様接着剤は使用出来る素材の幅が広く、様々なシーンで活用できます。また種類も豊富で、耐水性や速乾性のものなど使用箇所によっても使い分けることが可能です。ただし、プラスチックの素材によっては対応していないものもあるので確認するようにしましょう。

耐久性で選ぶ

接着剤を使用したときに気になるのが耐久性です。接着したものの、すぐに剥がれてしまっては接着剤の意味がありません。接着剤の耐久性は、硬化プラスチックの場合はエポキシ系、布製品であればシリコーン系など使用するプラスチック素材によって異なります。素材に合わせた接着剤を選ぶことで、より長い耐久性を実現できます。

接着面の状態で選ぶ

接着剤を選ぶ際は、接着面も重要なポイントのひとつです。接着面が広い場合は接着剤を塗布する範囲も広くなるため、接着力は自然と高くなる傾向があります。しかし、プラスチック製のパイプなど接着面が少ない場合は、より強力な接着剤を選ぶ必要があります。また、接着面に凹凸や粗い部分がある場合はゼリータイプを選ぶなど、接着面の状態で接着剤を選ぶことをおすすめします。

プラスチック接着剤のおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

合成ゴムを配合した、接着力が高くてはがれにくい瞬間接着剤です。合成ゴムや硬質プラスチック、金属、陶器などの接着に使えます。すぐに乾いて衝撃にも強いので、靴の底がはがれたときなどの、応急処置用にもおすすめです。液だれが生じにくいゼリー状なので、はみ出しにくく、接着したい部分だけにきれいに塗布できます。液剤がしみ込みにくいので、木材や厚紙、革などの接着用にも使えます。

合成ゴムを配合した、接着力が高くてはがれにくい瞬間接着剤です。合成ゴムや硬質プラスチック、金属、陶器などの接着に使えます。すぐに乾いて衝撃にも強いので、靴の底がはがれたときなどの、応急処置用にもおすすめです。液だれが生じにくいゼリー状なので、はみ出しにくく、接着したい部分だけにきれいに塗布できます。液剤がしみ込みにくいので、木材や厚紙、革などの接着用にも使えます。

出典:Amazon.co.jp

金属・プラスチック・木材など幅広い用途に使える

多用途に使える接着剤です。ステンレスやアルミなどの金属、プラスチック、ナイロン、コンクリート、木材など、様々な素材を接着できます。弾性のある接着剤で、耐衝撃性が高く、はがれにくいです。熱や水にも強いため、屋外や水回りでの使用にも適しています。完全無溶剤なので、安心して使えます。

金属・プラスチック・木材など幅広い用途に使える

多用途に使える接着剤です。ステンレスやアルミなどの金属、プラスチック、ナイロン、コンクリート、木材など、様々な素材を接着できます。弾性のある接着剤で、耐衝撃性が高く、はがれにくいです。熱や水にも強いため、屋外や水回りでの使用にも適しています。完全無溶剤なので、安心して使えます。

出典:Amazon.co.jp

プラスチック専用の強力瞬間接着剤です。オモチャや模型、フィギュアなどの製作から補修まで、細かい部位でも使用できて用途に合わせて使用できるので重宝します。接着しにくいプラスチック部品でも専用のプライマー液を使った前処理で簡単接着が可能です。ポリエチレン、ポリプロビレン、ポリウレタンなどの接着がごれ一本で可能です。

プラスチック専用の強力瞬間接着剤です。オモチャや模型、フィギュアなどの製作から補修まで、細かい部位でも使用できて用途に合わせて使用できるので重宝します。接着しにくいプラスチック部品でも専用のプライマー液を使った前処理で簡単接着が可能です。ポリエチレン、ポリプロビレン、ポリウレタンなどの接着がごれ一本で可能です。

出典:Amazon.co.jp

液体プラスチック溶接機です。歯科技術から考案された、液状接着剤とは全く異なる新しいプラスチック専用の接着剤です。液状接着剤のように乾燥で接着させるのもではないので、液状のプラスチックをUV LEDライトで5秒照射で簡単接着できます。世界で初の紫外線で硬化する液体プラスチックを使用しています。液状なので水にも強く強度もあるので水回りの修繕にも便利です。

液体プラスチック溶接機です。歯科技術から考案された、液状接着剤とは全く異なる新しいプラスチック専用の接着剤です。液状接着剤のように乾燥で接着させるのもではないので、液状のプラスチックをUV LEDライトで5秒照射で簡単接着できます。世界で初の紫外線で硬化する液体プラスチックを使用しています。液状なので水にも強く強度もあるので水回りの修繕にも便利です。

出典:Amazon.co.jp

衝撃や振動に強く、金属に使える接着剤です。セラミックやプラスチック、合成ゴムなどにも幅広く使用できます。中粘度の強力タイプで、硬化にも時間がかかるため、接着剤の使用に慣れている方に向いています。強度が高い接着剤を探している方におすすめの商品です。

衝撃や振動に強く、金属に使える接着剤です。セラミックやプラスチック、合成ゴムなどにも幅広く使用できます。中粘度の強力タイプで、硬化にも時間がかかるため、接着剤の使用に慣れている方に向いています。強度が高い接着剤を探している方におすすめの商品です。

出典:Amazon.co.jp

ロックタイトの、模型用強力接着剤です。主成分はアクリル樹脂で、液状速乾タイプです。乾燥後は透明になり、耐水性があるのが魅力。模型で使われているプラスチックや軟質塩化ビニールなどを接着する力に優れています。ポリエチレン、ナイロン、シリコーン樹脂など、接着できない素材もあるので注意が必要です。マイクロノズルが付いており、細かい作業をしたい人におすすめです。

ロックタイトの、模型用強力接着剤です。主成分はアクリル樹脂で、液状速乾タイプです。乾燥後は透明になり、耐水性があるのが魅力。模型で使われているプラスチックや軟質塩化ビニールなどを接着する力に優れています。ポリエチレン、ナイロン、シリコーン樹脂など、接着できない素材もあるので注意が必要です。マイクロノズルが付いており、細かい作業をしたい人におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

ペンタイプのプライマーが付属の接着剤です。ポリエチレンやポリプロピレン、シリコンゴムなどの接着が可能です。独自技術によって開発されたプライマーは、接着剤が素材の表面になじみやすくするようにつくられています。2種類のサイズのノズルも付属しており、塗る箇所によって使い分けることもできます。洗面器やプランター、鉄道模型など接着や修理におすすめです。

ペンタイプのプライマーが付属の接着剤です。ポリエチレンやポリプロピレン、シリコンゴムなどの接着が可能です。独自技術によって開発されたプライマーは、接着剤が素材の表面になじみやすくするようにつくられています。2種類のサイズのノズルも付属しており、塗る箇所によって使い分けることもできます。洗面器やプランター、鉄道模型など接着や修理におすすめです。

プラスチック接着剤のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー