シリコン接着剤のおすすめ7選!シリコン同士の接着もできる

シリコン接着剤とは、一般的な接着剤や両面テープが付きにくいシリコンにも対応する絶縁性に優れた接着剤のことです。本来、シリコンゴムを接着する際は溶着加工が必要でしたが、シリコン接着剤が登場したことでシリコンゴム同士の接着や金属など異素材との接着が簡単にできるようになりました。色は透明や白、黒があり、耐熱温度は商品によって様々ですが-60度~260度と幅広く耐えるものがあります。また、強い接着力を持つため、皮膚に付いたときに溶かす方法を考えて置くことも大切です。そこで今回は、ダイソーなどの100均でも購入することができる、シリコン接着剤の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

シリコン接着剤でDIYを楽しみたい!

シリコン素材は、調理器具など日常生活で身近にあるものですが、難接着性であるため、手持ちの接着剤では接着できないことがほとんどです。そんなときに持っておくと便利なのが、今回ご紹介するシリコン接着剤です。水回りの補修や床材・壁紙の接着、ハンドメイドなどあらゆるシーンに使うことができ、耐熱性や絶縁性に優れているのでパソコンの基盤の接着にも使うことができます。また、固まっても弾力がある点も特徴のひとつで、衝撃を吸収してくれるメリットがあります。市販のシリコン接着剤は多用途なものが多いですが、用途に応じて選ぶ必要があり、それぞれ特徴が異なります。選ぶ際にチェックしたい項目を見ていきましょう。

シリコンの特性

シリコンとは、有機ケイ素化合物とケイ素を指します。ちなみにシリコーンは有機ケイ素化合物のみのことです。シリコンといえば、シリコンゴムが身近な素材によく使われています。シリコンゴムはゴム状のシリコーン樹脂のことで、耐熱性や耐寒性、耐水性に優れているのが特徴です。

シリコン接着剤の選び方 

用途に合うものを選ぶ

床や壁紙などのDIYに

木質の下地材とフローリング材を接着できたり、キッチンパネルを貼る際など壁に使うシリコン接着剤も販売されています。専用の接着剤を使うことで長期にわたる固定ができ、剥がしたいときも床材や下地を傷めにくいというメリットがあります。床や壁に使うシリコン接着剤は、ホルムアルデヒドをはじめとする物質を使用しないなど、身体に配慮してあるものが望ましいです。改正建築基準法に対応しているかを必ずチェックしましょう。

パソコンなどの精密機器に

LED回路や電子工作、PCを自作する際などにもシリコン接着剤が活躍します。精密機器に使う場合は非腐食性や速乾性、放熱性、電気絶縁性が高い専用のシリコン接着剤を選びましょう。また、PCの中に使うのであれば、耐熱温度も注目したいところです。使用できる温度が高いものを選ぶと安心です。

模型やビーズなどのハンドメイドに

模型の制作やハンドメイドにも、シリコン接着剤があると便利です。シリコンゴムは最も接着が難しい素材とも言われているため、作業中に手間取る時間を軽減できます。布やガラス、陶磁器、金属などにも使えるタイプを選ぶと、ハンドメイドの幅が広がります。

様々なタイプの中から最適なものを

はがせるタイプは仮付けに便利

シリコン接着剤は一般的に、長期間の固定を目的に使います。しかし、接着する内容や目的は様々で、一時的に固定したいというケースも多いです。そんなときに便利なのが、はがせるタイプのシリコン接着剤です。専用のものであれば、剥がし残しの心配もありません。位置の確認をしたいけれど、硬化させたくないという使い方をしたい方はぜひチェックしてみてください。

多用途タイプはいざというときに役立つ

各メーカーからシリコン接着剤が販売されていますが、用途は商品によって異なります。パッケージに、使用可能な素材と使用できない素材が記載されているので必ず確認してください。多用途であるほど、いざというときの接着に役立ちます。

透明度が高いと自然な仕上がりに 

シリコン接着剤の色には、白色や透明、黒色という選択肢があります。用途によっては色がついていた方が良いこともありますが、透明度が高いほど自然な仕上がりになります。完成したときの見た目を考慮して選んでください。

耐熱温度で選ぶ

シリコン接着剤の耐熱温度は、-60度~260度の範囲内で設定されているものがほとんどです。低温や高温に耐える必要がある素材に使いたいのであれば、耐熱温度は必ずチェックしておきましょう。中には記載されていない商品もありますが、温度変化がない素材に使うのであれば問題ありません。用途に応じて選んでください。

凹凸にも接着できるか

市販のシリコン接着剤は、シリコン素材が持つ、接着がしにくいという欠点をカバーしてくれます。水回りの修理やDIYなど、接着面が不安定であっても基本的にはしっかり固定できるでしょう。フィット感が優れた商品を選んでおくと、取れてしまう心配がありません。

チューブ先端は使いやすい形状のものを

出典:Amazon

床や壁などの広い部分に使うときと、細かい部品を付けるときなどでは、作業の工程や細やかさが異なります。そのため、接着剤が出る先端部分の形状に注目したいところです。アクセサリーなどの小物をつくるときは、ペンタイプのように先端が細いと使いやすいです。壁紙の接着など、広い部分に使いたい場合は、専用の形状を選ぶと作業がスムーズです。

硬化時間をチェック

商品によって異なりますが、シリコン接着剤を付けた後1~5分ほどで動かなくなり、1~2日で硬化するのが一般的です。速乾性が高いほど固定が簡単にでき、作業もはかどります。自分にとって扱いやすい硬化時間であるか確認して選びましょう。

臭いが少ないものもある 

接着剤といえば、強力であるほど刺激のある臭いがしますよね。シリコン接着剤も臭いが強いものもありますが、中には溶剤を使わず、臭いを抑えた商品も販売されています。パッケージに記載されているので、使うときの臭いが苦手という方はチェックしてみてください。

耐久性も重要

シリコン接着剤は基本的に接着力が高いため、接着後は外す方が大変というほどの耐久性を持ちます。ただし、100均などで販売されているものだと、耐久性が劣る可能性があります。耐久性を重視するのであれば、接着剤専用メーカーの商品を選ぶことをおすすめします。

シリコン接着剤を使うときの注意点 

吸い込むと危険なタイプも

市販のシリコン接着剤には、有機溶剤や有機アミノ化合物を含んでいるものもあります。その場合、身体に有害となるので、蒸気を吸わないように注意が必要です。また、換気を忘れないように気を付けましょう。使用後は子どもの手の届かない場所に保管することも大切です。

皮膚についたときはパッケージの応急処置方法を読んで

シリコン接着剤はとても強力なため、皮膚も数秒で接着してしまいます。十分注意して作業を行いましょう。万が一皮膚についたときは、お湯の中でゆっくりもみほぐすか、専用のはがし材を使用してください。ただし、商品によって方法が異なりますので、事前に注意書きに記載してある応急処置を必ず確認しておくことも大切です。失敗を防ぐためにも、作業する場所は整頓しておき、速やかに作業をしましょう。

シリコン接着剤のおすすめ7選

最安値873円(税込)

4.20(309件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値300円(税込)

3.30(8件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,728円(税込)

5.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値406円(税込)

3.50(62件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,158円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,060円(税込)

3.60(46件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,380円(税込)

3.80(30件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

シリコン接着剤があれば、接着しにくいシリコン素材もスムーズに接着することができます。多用途な商品も多いので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事

接着剤の人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー