コンクリート接着剤のおすすめ13選!硬化時間が短いタイプも

コンクリート接着剤のおすすめ13選!硬化時間が短いタイプも

コンクリート接着剤は、木材などの素材を接着したり、コンクリートブロックやレンガのひび割れを補修するときなどに使うDIYアイテムです。セメント系接着剤やコンクリートボンドなどと呼ばれることもあります。接着できる素材や硬化時間などは商品によって異なるので、用途に応じた商品を選びましょう。今回はコンクリート接着剤の選び方と、おすすめの商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

コンクリート接着剤の種類

耐水性が高く屋外向きのエポキシ系

耐水性が高く屋外向きのエポキシ系

出典:Amazon.co.jp

エポキシ系は、エポキシ樹脂と呼ばれる化合物が配合されているコンクリート接着剤です。耐水性、耐湿性、耐アルカリ性などに優れていて、雨天時でもしっかり接着できます。また、耐熱性や耐摩耗性も高いため、屋外での使用に向いています。コンクリートだけでなく、金属や磁器類などへの接着力が強いのも特徴です。外気温や、温度が高すぎると硬化がはやまる可能性があります。

速硬化性に優れているアクリル系

速硬化性に優れているアクリル系

出典:Amazon.co.jp

アクリル系のコンクリート接着剤は、硬化がはやいのがメリットです。主成分は水に溶かしたアクリル樹脂です。耐アルカリ性があるほか、耐候性が高く、変形や劣化などが起きにくい性質があります。密着力が高く、柔軟性があり、比較的使いやすい接着剤です。

弾性があって強度が高いシリコン系

弾性があって強度が高いシリコン系

出典:Amazon.co.jp

シリコン系のコンクリート接着剤は、ゴムのような弾力があるのが特徴です。硬化しても柔軟性があるので、振動や衝撃に強いメリットがあります。金属、木材、プラスチックなど、コンクリート以外の素材との接着がしやすいのも魅力です。商品によっては、ステンレスやアルミなどの素材と接着することも可能です。さらに、気温の変化に左右されにくく、低温や高温の環境下でも使用できるのが特徴です。

価格が安く入手しやすい酢酸ビニル樹脂系

価格が安く入手しやすい酢酸ビニル樹脂系

出典:Amazon.co.jp

酢酸ビニル樹脂系のコンクリート接着剤はラインアップが多く、価格が安いメリットがあります。大容量タイプの商品もあるので、接着する範囲が広い、取りつけるものが大量にあるなどの場合に便利です。一方、水分や高温には弱いデメリットがあります。そのため、水気や湿気の多い、直射日光があたるといった場所での使用は避けましょう。

コンクリート接着剤の選び方

接着したいものの素材で選ぶ

接着したいものの素材で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

コンクリート接着剤を使用する場合、コンクリート製品同士の接着であれば問題ありません。一方で、コンクリート以外の素材に接着する場合は、接着剤が使用可能かを事前に確認する必要があります。コンクリート接着剤の種類により、接着できる素材、できない素材があるため、購入前に商品説明欄を良く読んで、接着する予定の素材に使えるかどうかをチェックしてください。

硬化時間のはやさで選ぶ

接着剤が硬化する速度は商品によって異なります。はやく硬化する接着剤が必要な方は、速硬化性のあるタイプがおすすめです。商品によっては、説明欄に硬化時間が記載されています。硬化開始時間と完全硬化時間が具体的に表記されている場合は、完全硬化時間をチェックしてみてください。5分で硬化開始などと記載されている商品は、接着剤がかたまりはじめる時間です。表記に違いがあるので注意しましょう。

屋外で使用できるかチェック

屋外で使用できるかチェック

出典:Amazon.co.jp

屋外に設置してあるものにコンクリート接着剤を使用する場合は、雨風によるダメージを想定して、耐水性や耐久性が高い商品を選びましょう。衝撃や振動に強い、耐摩耗性・耐はく離性に優れたコンクリート接着剤もおすすめです。さらに、高温や低温に強いタイプを選ぶことも大切です。コンクリート接着剤の種類よっては、気温が低すぎると、硬化しづらいタイプもあります。寒冷地や寒い時期に使用する場合は、低温でも硬化するコンクリート接着剤を選びましょう。

接着剤の色味で選ぶ

接着剤の色味で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

コンクリート接着剤はライトグレーのほか、ホワイト、アイボリー、クリア(透明)といった色調もあります。タイルやレンガなどのカラーによっては、色味が合いにくいこともあります。接着する素材や壁・床のカラーに合わせたり、目立ちにくい色調の接着剤を使うなど、色味に合わせて選びましょう。

F☆☆☆☆マークの有無で選ぶ

F☆☆☆☆マークの有無で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

コンクリート接着剤の種類によっては、シックハウス症候群などの原因として知られている、ホルムアルデヒドなどの有害な化学物質が配合されている場合があります。より安全に使いたい方は、F☆☆☆☆(エフフォースター)マークが付いているコンクリート接着剤を選びましょう。☆の数が多いほど等級が高いことを示しており、ホルムアルデヒドの発散量が少ないことを表します。

コンクリート接着剤のおすすめ13選

エポキシ系のおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

2液混合型のエポキシ樹脂接着剤です。金属やプラスチック、陶器、コンクリートなどの素材に使用することができます。超強力タイプで、300℃までの耐熱性があります。常温時の硬化時間は約6時間、完全硬化時間は24時間と長いものの、接着力の強さが特徴です。

2液混合型のエポキシ樹脂接着剤です。金属やプラスチック、陶器、コンクリートなどの素材に使用することができます。超強力タイプで、300℃までの耐熱性があります。常温時の硬化時間は約6時間、完全硬化時間は24時間と長いものの、接着力の強さが特徴です。

出典:Amazon.co.jp

主剤と硬化剤の2種類を等量混ぜて使用する、エポキシ系のコンクリート接着剤です。5分ほどで硬化がはじまり、15分でほぼ硬化が完了する速硬化型です。コンクリートやブロックのほか、金属、タイル、陶磁器、木の接着や充てんなどに利用できます。主剤と硬化剤を一度に大量に混ぜると発熱・発煙の危険があるため、必要以上の量を混ぜないように注意しましょう。

主剤と硬化剤の2種類を等量混ぜて使用する、エポキシ系のコンクリート接着剤です。5分ほどで硬化がはじまり、15分でほぼ硬化が完了する速硬化型です。コンクリートやブロックのほか、金属、タイル、陶磁器、木の接着や充てんなどに利用できます。主剤と硬化剤を一度に大量に混ぜると発熱・発煙の危険があるため、必要以上の量を混ぜないように注意しましょう。

出典:Amazon.co.jp

金属、タイル、木材、硬質プラスチックなどに接着できるエポキシ系のコンクリート接着剤です。垂直面に塗布しても液だれしにくい、便利なペーストタイプです。そのため、凹凸面のある素材の接着や充てんに向いています。A剤、B剤の2液を混ぜると5分ほどで硬化がはじまり、60分ほどで完全に硬化する、速硬化型の接着剤です。F☆☆☆☆規格品です。

金属、タイル、木材、硬質プラスチックなどに接着できるエポキシ系のコンクリート接着剤です。垂直面に塗布しても液だれしにくい、便利なペーストタイプです。そのため、凹凸面のある素材の接着や充てんに向いています。A剤、B剤の2液を混ぜると5分ほどで硬化がはじまり、60分ほどで完全に硬化する、速硬化型の接着剤です。F☆☆☆☆規格品です。

アクリル系のおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

コンクリートおよびコンクリート二次製品に使用できる、アクリル系のコンクリート接着剤です。コンクリート製のブロックや車止め、アスファルト舗装、レンガ同士などを接着できます。コンクリートやレンガ以外のブロック素材は接着できないので注意しましょう。1液タイプなので、混ぜる手間がないのがうれしいポイントです。

コンクリートおよびコンクリート二次製品に使用できる、アクリル系のコンクリート接着剤です。コンクリート製のブロックや車止め、アスファルト舗装、レンガ同士などを接着できます。コンクリートやレンガ以外のブロック素材は接着できないので注意しましょう。1液タイプなので、混ぜる手間がないのがうれしいポイントです。

出典:Amazon.co.jp

屋内外のモルタル壁面やレンガ・岩石のひび割れ補修などに使える、アクリル系のコンクリート接着剤です。強い密着性があり、耐久性にも優れています。補修後は、水性塗料を塗ることも可能です。表面の硬化時間は、季節や気温により約4~6時間で、内部硬化が完了するまでは約30時間を要します。

屋内外のモルタル壁面やレンガ・岩石のひび割れ補修などに使える、アクリル系のコンクリート接着剤です。強い密着性があり、耐久性にも優れています。補修後は、水性塗料を塗ることも可能です。表面の硬化時間は、季節や気温により約4~6時間で、内部硬化が完了するまでは約30時間を要します。

シリコン系のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

金属や木材に加えて、アクリル樹脂素材にも接着可能な、シリコン系コンクリート接着剤です。弾性接着剤で、振動や衝撃に強い特徴があります。また、水や熱に強いため、屋外での使用にも向いています。無溶剤で独特の臭いがなく、火災のリスクが少ないため、安心して使えるのが魅力です。ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂などの素材には接着できないので注意しましょう。

金属や木材に加えて、アクリル樹脂素材にも接着可能な、シリコン系コンクリート接着剤です。弾性接着剤で、振動や衝撃に強い特徴があります。また、水や熱に強いため、屋外での使用にも向いています。無溶剤で独特の臭いがなく、火災のリスクが少ないため、安心して使えるのが魅力です。ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂などの素材には接着できないので注意しましょう。

出典:Amazon.co.jp

多用途に使える接着剤です。ステンレスやアルミなどの金属、プラスチック、ナイロン、コンクリート、木材など、様々な素材を接着できます。弾性のある接着剤で、耐衝撃性が高く、はがれにくいです。熱や水にも強いため、屋外や水回りでの使用にも適しています。完全無溶剤なので、安心して使える商品です。

多用途に使える接着剤です。ステンレスやアルミなどの金属、プラスチック、ナイロン、コンクリート、木材など、様々な素材を接着できます。弾性のある接着剤で、耐衝撃性が高く、はがれにくいです。熱や水にも強いため、屋外や水回りでの使用にも適しています。完全無溶剤なので、安心して使える商品です。

出典:Amazon.co.jp

石材や金属などに接着できる、多用途型のコンクリート接着剤です。混ぜる手間のない1液タイプのシリコン系接着剤で弾力性があり、屋外の使用に向いています。カラーはライトグレーで、コンクリート製の車止め2本分を接着できる容量です。そのほか、コンクリートのひび割れ補修、大型タイル、セラミックス、モルタルなどへの接着に適しています。

石材や金属などに接着できる、多用途型のコンクリート接着剤です。混ぜる手間のない1液タイプのシリコン系接着剤で弾力性があり、屋外の使用に向いています。カラーはライトグレーで、コンクリート製の車止め2本分を接着できる容量です。そのほか、コンクリートのひび割れ補修、大型タイル、セラミックス、モルタルなどへの接着に適しています。

出典:Amazon.co.jp

熱や水、衝撃に強い、屋外用の弾性接着剤です。無溶剤タイプなので嫌なにおいがなく、火災の危険性も少ないため、安心して使用できます。コンクリートやモルタル面、タイル、プラスチックなどに加え、ステンレスやアルミにも使用できます。凹凸面にも使用できる、接着力が強い商品です。

熱や水、衝撃に強い、屋外用の弾性接着剤です。無溶剤タイプなので嫌なにおいがなく、火災の危険性も少ないため、安心して使用できます。コンクリートやモルタル面、タイル、プラスチックなどに加え、ステンレスやアルミにも使用できます。凹凸面にも使用できる、接着力が強い商品です。

出典:Amazon.co.jp

振動や衝撃に強く、コンクリート製の車止めの接着に向いている、シリコン系のコンクリート接着剤です。硬化がはやい上、5℃ほどの低温でも硬化します。混ぜる手間のない、1液タイプです。無溶剤なので、火災のリスクが少なく、独特な臭いがあまりしないのもうれしいポイントです。

振動や衝撃に強く、コンクリート製の車止めの接着に向いている、シリコン系のコンクリート接着剤です。硬化がはやい上、5℃ほどの低温でも硬化します。混ぜる手間のない、1液タイプです。無溶剤なので、火災のリスクが少なく、独特な臭いがあまりしないのもうれしいポイントです。

酢酸ビニル樹脂のコンクリート接着剤おすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

木材やタイルのほか、発泡スチロールへの接着も可能な、酢酸ビニル樹脂系のコンクリート接着剤です。また、床や壁タイル、ハンガーボードなども接着できます。一方、シリコン樹脂、フッ素樹脂、ポリエチレン、ゴムなどの素材は接着できません。粘度が高く、初期接着力が強いので、軽い素材であれば、仮止めなしで接着できて便利です。

木材やタイルのほか、発泡スチロールへの接着も可能な、酢酸ビニル樹脂系のコンクリート接着剤です。また、床や壁タイル、ハンガーボードなども接着できます。一方、シリコン樹脂、フッ素樹脂、ポリエチレン、ゴムなどの素材は接着できません。粘度が高く、初期接着力が強いので、軽い素材であれば、仮止めなしで接着できて便利です。

出典:Amazon.co.jp

金属や木材への接着が可能な、酢酸ビニル樹脂系のコンクリート接着剤です。トルエン、キシレン、可塑剤などは使われておらず、F☆☆☆☆マークのついた健康住宅対応商品で、安心して使えます。粘度が高く、耐はく離性に優れるほか、衝撃にも強いのが特徴です。缶入りの接着剤で、容量は1kgあり、広範囲の使用に向いています。

金属や木材への接着が可能な、酢酸ビニル樹脂系のコンクリート接着剤です。トルエン、キシレン、可塑剤などは使われておらず、F☆☆☆☆マークのついた健康住宅対応商品で、安心して使えます。粘度が高く、耐はく離性に優れるほか、衝撃にも強いのが特徴です。缶入りの接着剤で、容量は1kgあり、広範囲の使用に向いています。

出典:Amazon.co.jp

木材やタイルに加えて、発泡スチロールにも接着できる酢酸ビニル樹脂系のコンクリート接着剤です。石膏ボード、繊維板、発泡スチロール板などに接着できます。初期接着力に優れているため、軽量の素材であれば、仮止め不要なのもうれしいポイントです。また、ペースト状の接着剤なので、すきまに充てんしやすいメリットがあります。

木材やタイルに加えて、発泡スチロールにも接着できる酢酸ビニル樹脂系のコンクリート接着剤です。石膏ボード、繊維板、発泡スチロール板などに接着できます。初期接着力に優れているため、軽量の素材であれば、仮止め不要なのもうれしいポイントです。また、ペースト状の接着剤なので、すきまに充てんしやすいメリットがあります。

コンクリート接着剤のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー