ルーズリーフのおすすめ4選!罫線入りや無地タイプも

ルーズリーフのおすすめ4選!罫線入りや無地タイプも

学校で板書を写すときや、仕事で資料をまとめるときなどに便利なのがルーズリーフです。ファイルやバインダーで整理することで、ノートよりもさらに便利に使うことができます。最近では、ルーズリーフに印刷をして資料として使ったりする方もいらっしゃるようです。種類や値段、サイズも様々で選ぶのに迷ってしまいますよね。今回は、ルーズリーフの基礎知識や選び方をご紹介します。コクヨやマルマンの人気商品や、A4、B5、A5それぞれのおすすめ商品にも注目してみてください。

ルーズリーフの種類と特徴

ルーズリーフとは、とじるための穴が開いている紙のことです。100枚、200枚という大容量のセットで売られています。ノートは、ページの入れ替えや追加ができませんが、ルーズリーフは1枚ずつなので、入れ替えや追加が簡単にできます。整理しやすく、ファイリングに向いています。罫線(けいせん)の幅は2種類あり、幅が大きいものと小さいものがあります。また、小さなマス目が印刷された方眼タイプもあります。

ルーズリーフの選び方

文字の大きさ、記入する内容などから、使いやすいものを選んでみてください。

サイズ

ルーズリーフはA4、B5、A5の3種類に分けられます。A4サイズは、雑誌でも見かける大きさです。ノートとして使うには、大きめで余裕があります。ビジネスシーンの書類はA4が多いとも言われていますので、仕事で使うならこのサイズがおすすめです。B5サイズはノートと同じ大きさです。学校、塾などでは、こちらのサイズが最適です。B5サイズよりも、小さめなのがA5サイズです。小さなノートというイメージで、持ち運びする場合は、便利です。ちょっとしたメモ代わりにも使うことができます。

行間の幅

自分が大きめの字を書くか、小さめに書くかによって、幅を選んでみましょう。

デザイン

無地

無地は線がないため、自由に書くことができます。すらすらと絵やグラフなどを書きたいときに、特におすすめです。グラフ、図形を、自分が見やすいように、好きな位置で書けるのが特徴です。自由度が高いのが、無地のルーズリーフのメリットです。ただ、線がないので、字をまっすぐに書くのが難しいです。

ドット入り罫線(けいせん)

横線とドットが入っているため、文頭が揃えられる、図がきれいに描けるなどのメリットがあります。文章を書く場合や、イラストや表を書く場合は、目印があるため書きやすいです。図や文をバランス良く買いたい方は、ドット入り罫線タイプが使いやすいでしょう。幅は5mm、10mmなどがあるので、文字の大きさで選ぶと良いですね。

方眼

細かくマス目が書かれているので、字を書いたり、イラストを描くときに役立ちます。資料、メモなどを貼り付けるときも、便利です。目印があるため、曲がることなく、まっすぐに配置できます。後から見直したときも、分かりやすいです。

紙質

ルーズリーフは、紙質によって書き心地が変化します。滑らかに書きたいか、力強く書きたいかによって、さらさら書けるタイプかしっかり書けるタイプかで選びましょう。

さらさら書ける

滑らかに書きたいなら、さらさらタイプがおすすめです。ストレスなく、書くことができるので、急いでメモを取りたいときにも大活躍します。また、イラストを描く場合も、ひっかかりがなくスムーズ。万年筆でも、ペン先がひっかかることなく、快適ですよ。紙は少し厚めに作られています。

しっかり書ける

書きごたえのある、筆感が好みならしっかりタイプがおすすめです。力強く書ける、安定した書き心地が人気です。板書向きとも言われています。紙は少し薄めに作られていて、柔らかい紙質です。

何に特化した商品か

英語学習用、楽譜用、年間スケジュール用などの場合は、専用のルーズリーフがあります。用途別に、書き込みやすい仕様になっているので、目的に合ったものを選びましょう。

ルーズリーフの主なメーカー

コクヨ

大手文具メーカーです。ルーズリーフ、バインダー、ペンケース、マーカーなどが揃っています。コクヨのルーズリーフは、種類も豊富で学生に人気です。

マルマン

文房具や画材用品のメーカーです。すべての製品に、国産の材料を使っています。広げると倍になるオリジナルのルーズリーフも販売しています。折りたたんだり、横長に広げて使うことができて、資料の貼り付けに便利です。

ナカバヤシ

紙製品、印刷物、デジタル文具、オフィス用品など、幅広く展開しているメーカーです。こちらのロジカル・エアーシリーズは、従来の商品と比べて約20%の軽量化を実現しています。

ライフ

昭和21年創業のメーカーです。原稿用紙、封筒、手帳など1,000種ほどの紙製品を製造しています。アンティーク調のおしゃれな表紙も特徴です。勉強、仕事用のルーズリーフはもちろん、アウトドアに最適な商品もあります。

ルーズリーフのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

しっかりとした書き心地が特徴のルーズリーフです。罫線が引いてあり、ノートと同じような感覚で、使うことができます。ボールペン、インクペンなどで書いても、裏へにじみにくく、幅広いシーンで活用できます。A4よりもひとまわり小さいサイズで、持ち運びにも便利です。インクがにじみにくい中性紙なので、長期の保存にも適しています。

しっかりとした書き心地が特徴のルーズリーフです。罫線が引いてあり、ノートと同じような感覚で、使うことができます。ボールペン、インクペンなどで書いても、裏へにじみにくく、幅広いシーンで活用できます。A4よりもひとまわり小さいサイズで、持ち運びにも便利です。インクがにじみにくい中性紙なので、長期の保存にも適しています。

出典:Amazon.co.jp

無地なので、自由に書き込みができます。線に気を取られることがないため、イラスト、イメージ図などを描くときにも最適です。気になる情報、必要な資料をプリントすることもできます。新聞、雑誌から切り抜いたものを、貼り付けるのにもちょうどよいサイズです。下敷きがついているのも、おすすめポイントです。

無地なので、自由に書き込みができます。線に気を取られることがないため、イラスト、イメージ図などを描くときにも最適です。気になる情報、必要な資料をプリントすることもできます。新聞、雑誌から切り抜いたものを、貼り付けるのにもちょうどよいサイズです。下敷きがついているのも、おすすめポイントです。

出典:Amazon.co.jp

2015年にグッドデザイン賞を受賞した、おすすめ商品です。記入のしやすさと、読みやすさに定評があります。1行が3分割されているので、使いやすい幅で書くことが可能です。外国語のように大文字、小文字を書き分ける場合も、きちんと記入できます。横だけでなく、縦にも線があるため、本文に段落差をつけたいときに便利です。

2015年にグッドデザイン賞を受賞した、おすすめ商品です。記入のしやすさと、読みやすさに定評があります。1行が3分割されているので、使いやすい幅で書くことが可能です。外国語のように大文字、小文字を書き分ける場合も、きちんと記入できます。横だけでなく、縦にも線があるため、本文に段落差をつけたいときに便利です。

出典:Amazon.co.jp

落ち着いたおしゃれな表紙が人気のノーブルシリーズです。書き心地は、さらさらと滑らかに書くことができます。A5サイズなので、ちょっとしたメモや手帳にぴったりですね。

落ち着いたおしゃれな表紙が人気のノーブルシリーズです。書き心地は、さらさらと滑らかに書くことができます。A5サイズなので、ちょっとしたメモや手帳にぴったりですね。

ルーズリーフのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー