ガソリンランタンのおすすめ5選!レギュラーガソリン兼用タイプも

ガソリンランタンのおすすめ5選!レギュラーガソリン兼用タイプも

ガソリンランタンは、ガソリンを燃料に燃焼するランタンです。ホワイトガソリンとレギュラーガソリンの2種類の燃料を使える商品や、メインランタンとして使用できる明るさのツーマントルタイプ、初心者の方も扱いやすい、自動点火装置を搭載した商品も販売されています。今回はガソリンランタンの選び方と、コールマンなどのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ガソリンランタンを使用するメリット・デメリット

メリット:キャンプサイト全体を照らせる火力の強さ

メリット:キャンプサイト全体を照らせる火力の強さ

出典:Amazon.co.jp

ガソリンランタンは、灯油やガスを燃料とする他のランタンと比べて火力が強く、キャンプサイト全体を明るく照らせることがメリットです。また、着火部分がガラスのホヤで覆われているので、冬場の寒い時期にも安定して使用でき、風の影響を受けにくいのも魅力です。

デメリット:事前準備や使用後の手入れが大変

ガソリンランタンは、タンク内を加圧するポンピングや、マントルの空焚きといった事前作業が必要で、着火までに時間がかかることがデメリットです。また、使用後にはホヤの清掃や消耗したマントルの交換といった手間もかかるため、気軽に使用したい方には向いていません。手入れの手間も含めて楽しめる方におすすめです。

ガソリンランタンの選び方

用途に合わせて明るさを選ぶ

用途に合わせて明るさを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ガソリンランタンの明るさは、CP(キャンドルパワー)という単位で表されます。キャンプサイト全体を明るく照らすメインランタンとして使用したい場合は、200CP以上の商品がおすすめです。また、200CP以下の明るさでも、光源となるマントルが2つ付いたツーマントルタイプは、メインランタンとして十分使用できます。一方、サブランタンやテーブルランタンには、100~150CPの適度な明るさの商品が向いています。数値を目安に、使用シーンに合ったものを選びましょう。

キャンプの日数に合わせて燃焼時間を選ぶ

キャンプの日数に合わせて燃焼時間を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ガソリンランタンを選ぶときは、1度の給油で何時間使用できるかを確認しておきましょう。キャンプで1泊する際には、5~7時間程度使用できる商品が、2泊以上では7~14時間程度使える商品が向いています。なお、燃焼時間は基本的にタンクの容量に比例するため、タンクの大きさもあわせてチェックしておくのがおすすめです。

使用できるガソリンの種類で選ぶ

2つの燃料が使える「レギュラーガソリン兼用タイプ」

レギュラーガソリン兼用タイプのガソリンランタンは、ホワイトガソリンとレギュラーガソリンの、2つの燃料が使えます。レギュラーガソリンは、ホワイトガソリンよりも価格が安く、ガソリンスタンドでも手軽に購入できるので、非常時の備えとしてもおすすめです。ただし、燃焼時にすすが出やすいので、使用場所には注意が必要です。

すすが発生しにくい「ホワイトガソリンタイプ」

ホワイトガソリンを燃料とするガソリンランタンは、すすが発生しにくいのが特徴です。すすによるジェネレータの目詰まりといったトラブルも起こりにくいので、メンテナンスの手間を省きたい方におすすめです。

収納ケース付きは安全に持ち運びができる

収納ケース付きは安全に持ち運びができる

出典:Amazon.co.jp

ガソリンランタンは、他のランタンより重量のある商品が多いため、持ち運びやすさを確認して選びましょう。小型サイズで重量2kg以下の商品は、長距離でも無理なく持ち運べます。また、専用の収納ケースが付いている商品は、破損を防いで安全に携帯できます。使用時は、ランタンハンガーがあると、使い勝手が良いです。

【レギュラーガソリン兼用】ガソリンランタンのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

大光量でメインランタンとしても使用できる

光量の大きな、ツーマントルタイプのガソリンランタンです。メインランタンとして使用できる明るさを持ち、7~14時間使用できます。ホワイトガソリンに加えて、レギュラーガソリンも使えるので、非常用の備えとしてもおすすめです。専用のケース付きで、安全に持ち運べます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

大光量でメインランタンとしても使用できる

光量の大きな、ツーマントルタイプのガソリンランタンです。メインランタンとして使用できる明るさを持ち、7~14時間使用できます。ホワイトガソリンに加えて、レギュラーガソリンも使えるので、非常用の備えとしてもおすすめです。専用のケース付きで、安全に持ち運べます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

自動点火装置付きで扱いやすいガソリンランタン

メインランタンに適したガソリンランタンです。倒れにくく安定したデザインが特徴です。電池式の自動点火装置が採用されており、スムーズに点火できるのがメリットです。チューブ型マントルを採用し、約230Wの大光量で周囲を明るく照らすことができます。車用のレギュラーガソリンを使用することができるので、非常時に役立ちます。扱いやすいガソリンランタンを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

自動点火装置付きで扱いやすいガソリンランタン

メインランタンに適したガソリンランタンです。倒れにくく安定したデザインが特徴です。電池式の自動点火装置が採用されており、スムーズに点火できるのがメリットです。チューブ型マントルを採用し、約230Wの大光量で周囲を明るく照らすことができます。車用のレギュラーガソリンを使用することができるので、非常時に役立ちます。扱いやすいガソリンランタンを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

レバーを使って好みの光量に調節できる

明るさを調整できるガソリンランタンです。光量調整機能付きで、レバーで好みの明るさに調整することが可能です。コールマン専用のホワイトガソリンと、車用のレギュラーガソリンが両方使えるので、燃料が手に入りやすいのがメリットです。サイズが大きく重さが2kg以上あるので、車での持ち運びがおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

レバーを使って好みの光量に調節できる

明るさを調整できるガソリンランタンです。光量調整機能付きで、レバーで好みの明るさに調整することが可能です。コールマン専用のホワイトガソリンと、車用のレギュラーガソリンが両方使えるので、燃料が手に入りやすいのがメリットです。サイズが大きく重さが2kg以上あるので、車での持ち運びがおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【ホワイトガソリン】ガソリンランタンのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

安全に持ち運べるプラスチック製収納ケース付き

光量の大きな、360CPのツーマントルガソリンランタンです。キャンプサイト全体を明るく照らすメインランタンとして活用できます。燃焼時間も7~14時間と長いため、2日以上のキャンプにもおすすめです。プラスチック製の収納ケース付きで、破損を防いで安全に持ち運べます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

安全に持ち運べるプラスチック製収納ケース付き

光量の大きな、360CPのツーマントルガソリンランタンです。キャンプサイト全体を明るく照らすメインランタンとして活用できます。燃焼時間も7~14時間と長いため、2日以上のキャンプにもおすすめです。プラスチック製の収納ケース付きで、破損を防いで安全に持ち運べます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

軽量でコンパクトなサイズのガソリンランタン

ワンマントルタイプのガソリンランタンです。200CPの明るさで、メインランタンとしても活用できます。約7.5~15時間と長い燃焼時間を持ちながらも、タンクが小さく、軽量コンパクトなのが特徴です。1976年当時の色合いを復刻した記念デザインで、コールマンファンの方のコレクションにもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

軽量でコンパクトなサイズのガソリンランタン

ワンマントルタイプのガソリンランタンです。200CPの明るさで、メインランタンとしても活用できます。約7.5~15時間と長い燃焼時間を持ちながらも、タンクが小さく、軽量コンパクトなのが特徴です。1976年当時の色合いを復刻した記念デザインで、コールマンファンの方のコレクションにもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

各種ランタンのおすすめもチェック

ランタンには、様々な燃料や熱源を使ったタイプがあります。それぞれのランタンの選び方や、おすすめ商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

ガソリンランタンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事