ガソリンランタンのおすすめ5選!レギュラーガソリン対応も

ガソリンランタンのおすすめ5選!レギュラーガソリン対応も

ガソリンランタンは、主にホワイトガソリンを燃料として使用するアウトドア用のランタンです。中には、レギュラーガソリンや灯油を燃料として使えるものや、メンテナンスしやすい小型のタイプもあります。今回はガソリンランタンの選び方と、コールマンの「ワンマントルランタン286A」や「ダブルフューエルランタン」などおすすめの商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ガソリンランタンの選び方

明るさで選ぶ

明るさで選ぶ

明るさの単位はW(ワット)やlm(ルーメン)、CP(キャンドルパワー)などで表されます。メインランタンとして使う場合は、200CP・130W・2,000lm程度あれば全体を十分に照らせます。また、光源のマントルが2つ付いているものなら、200CP以下であっても一定の明るさが感じられます。テーブルランタンやテント内用のサブランタンとして使用するなら、100〜150CP程度を目安に選ぶと良いでしょう。

対応する燃料を確認

対応する燃料を確認

ガソリンには自動車の燃料であるレギュラーガソリンと、添加物の少ないホワイトガソリンがあります。一般的にガソリンランタンの燃料にはホワイトガソリンが使われることが多いですが、商品によってはレギュラーガソリンや灯油との兼用タイプもあります。レギュラーガソリンや灯油なら手軽に手に入るので、いざというときの災害時など、防災用としても役立ちます。兼用タイプのランタンであっても、種類が違うオイルを混ぜて使わないよう注意しましょう。

タンクの容量で選ぶ

タンクの容量で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

使用時間に合わせて、オイルを入れるタンクの容量もチェックしておきましょう。容量が大きければ長時間使用することができますが、一方で重量が増して持ち運びしにくくなったり、使用前の準備に時間がかるといったデメリットもあります。オイルの使用量は燃焼消費量や明るさの程度によって変わりますが、1泊テントに泊まる場合は、5〜8時間程度使えるランタンが良いでしょう。2泊する場合は、600cc程度で燃焼時間が8〜14時間ほどあると安心です。中にはメンテナンスしやすい小型の商品もあるので、使いやすさに合わせて選びましょう。

ケース付きもチェック

ケース付きもチェック

出典:Amazon.co.jp

ガソリンランタンは、ほかのタイプのランタンに比べて重いものが多く、ホヤ部分がガラス製のものが多いので、移動時の持ち運びやすさもポイントです。専用のケースが付いた商品なら、安全で快適に持ち運ぶことができます。購入時にケースの有無も確認すると良いでしょう。

ガソリンランタンのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値14,780円(税込)

この商品の特徴

メインのランタンとしても使いやすい、中型のガソリンランタンです。アメリカのキャンプ用品メーカー、コールマンの定番モデルで、200CPの強い光量が特徴です。オレンジ色に発光するマントルの柔らかな光がおしゃれです。最長で15時間使えるので、テント泊をするときにも安心して使用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

メインのランタンとしても使いやすい、中型のガソリンランタンです。アメリカのキャンプ用品メーカー、コールマンの定番モデルで、200CPの強い光量が特徴です。オレンジ色に発光するマントルの柔らかな光がおしゃれです。最長で15時間使えるので、テント泊をするときにも安心して使用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値11,900円(税込)

この商品の特徴

光度調整機能がついたガソリンランタンです。ホワイトガソリンだけでなく、自動車と同じレギュラーガソリンも使用できるので、緊急時や被災時にも役立ちます。光源のマントルが2つ付いているので明るさがあり、テーブルランタンとしてもぴったりです。ハードケースつきのランタンを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

光度調整機能がついたガソリンランタンです。ホワイトガソリンだけでなく、自動車と同じレギュラーガソリンも使用できるので、緊急時や被災時にも役立ちます。光源のマントルが2つ付いているので明るさがあり、テーブルランタンとしてもぴったりです。ハードケースつきのランタンを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値23,000円(税込)

この商品の特徴

光量が大きく、明るい光が特徴のガソリンランタンです。約360CPの明るさで、広いキャンプサイトでも温かく照らします。タンクの容量は約940ccと大きめで、最長で14時間使うことができます。自走点火装置が付いているので、ライターなしで点火ができるのも特徴です。ファミリーキャンプやグループキャンプにおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

光量が大きく、明るい光が特徴のガソリンランタンです。約360CPの明るさで、広いキャンプサイトでも温かく照らします。タンクの容量は約940ccと大きめで、最長で14時間使うことができます。自走点火装置が付いているので、ライターなしで点火ができるのも特徴です。ファミリーキャンプやグループキャンプにおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値19,800円(税込)

この商品の特徴

大きなサイズのガソリンランタンです。190W相当の高性能な明るさなので、メインランタンとして役立ちます。ガソリンランタン特有の黄色味の明かりが特徴で、あたりを温かい雰囲気にしてくれます。ツーマントルタイプなので部品の影ができづらく、置く場所を気にする必要が少なくなっています。季節を問わず使いたい方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

大きなサイズのガソリンランタンです。190W相当の高性能な明るさなので、メインランタンとして役立ちます。ガソリンランタン特有の黄色味の明かりが特徴で、あたりを温かい雰囲気にしてくれます。ツーマントルタイプなので部品の影ができづらく、置く場所を気にする必要が少なくなっています。季節を問わず使いたい方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値33,800円(税込)

この商品の特徴

コールマンジャパン40周年を記念してつくられた、復刻デザインのガソリンランタンです。ホヤに40周年記念のモチーフがデザインされています。小型でありながら200CPの光量があるため、メインランタンとしても使用可能です。専用のケースが付属しており、安全に持ち運びできます。レトロなデザインが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コールマンジャパン40周年を記念してつくられた、復刻デザインのガソリンランタンです。ホヤに40周年記念のモチーフがデザインされています。小型でありながら200CPの光量があるため、メインランタンとしても使用可能です。専用のケースが付属しており、安全に持ち運びできます。レトロなデザインが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

様々な種類のランタンをチェック

ランタンには、ガソリンランタンのほかにガスランタンやLEDランタンなどもあります。シーンや使う人の年齢に合わせて種類を選ぶのがおすすめです。あわせてチェックしてみてください。

ガソリンランタンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー