ペツルのヘッドライトおすすめ12選!防水対応も【2019年版】

ヘッドライトで有名なPETZL(ペツル)ですが、種類が豊富で何を選べば良いのかわからない、という方も多いようです。そこで今回は、ティキナ、ティカ、アクティックコア、イーライトなどの人気モデルごとの特徴の比較や、商品の選び方、2019年おすすめの商品を紹介します。人気のモデルを始め、タクティカやビンディ、ピクサ3、防水機能つき、電池・充電式バッテリー両用可能など様々なタイプが揃っています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

夜間のアウトドアも楽しみたい

夜間のアウトドアも楽しみたい

夜間キャンプやテント泊などで欠かせないのが照明です。ランタンも雰囲気があって良いのですが、夜間の作業や早朝登山、トレイルランニングなどには向きません。夜間でも照明を気にせずに作業するのなら、両手が空くヘッドライトの使用がおすすめです。ヘッドライトをはじめとするクライミングギアで、高い人気を集めているペツルのヘッドライトは、多様なモデルが販売されているので、用途を考慮して最適な商品を手に入れましょう。

ペツルとは

ペツルとは

出典:Amazon

ぺルツは1975年にフランスで設立された、ヘッドライトやヘルメットなどのクライミングギアのメーカーです。1973年にペツル初の登山用ヘッドライトを発明して以来、50年近くものあいだヘッドライトをつくり続けています。様々な使用用途によって製品を選ぶことができる、豊富なラインナップが魅力です。

ペツルのヘッドライトの特徴

バリエーションが豊富

ペツルのヘッドライトは、豊富なバリエーションが特徴です。ライトユースや緊急時の備えに最適な「クラシックシリーズ」、重量とパワーのバランスがとれた「アクティブシリーズ」、ランニングなどのスピーディーな動きや、ハードユースにおすすめのハイスペックな「パフォーマンスシリーズ」、ハンティングや釣りに最適なコンパクトサイズの「スペシャライズドシリーズ」、耐久性・操作性・汎用性に優れたプロフェッショナルユーザー向けの「プロフェッショナルシリーズ」と5つのシリーズからなり、より便利に使用できるようアクセサリーも販売されています。どんなニーズにも応えられるよう、広く商品展開がされています。

シンプルな見た目で多機能

ペツルのヘッドライトを見ると、そのシンプルなデザインに驚くかもしれません。それでいて、暗闇を明るく照らす照明機能はもちろん、その他便利な機能がたくさん搭載されています。非常用としてヘッドバンドにホイッスルがつけられた製品や、保護ケースに入れられるたった26gの軽量タイプ、簡単に調節できる細い紐のようなヘッドバンドで首にかけても使用できるタイプ、USBポートで充電可能なタイプ、Bluetooth搭載でスマホを使ってバッテリーの残量の確認や、ヘッドライトの操作が可能なタイプなどがあります。高機能な製品はどうしても本体が大きくなりやすいのですが、ペツルのヘッドライトなら機能性とシンプルなデザインを両立することが可能です。

ペツルのヘッドライトの人気モデル

初心者にもおすすめのティキナ

初心者にもおすすめのティキナ

出典:Amazon

ティキナはクラシックシリーズの製品で、近距離照射に適したワイドビームのモデルです。照射力は5~150ルーメン、照射レベルは強・中・弱の3段階です。照射時間は弱なら220時間、中・強なら60時間となります。重量はたったの85g、コンパクトでありながら長時間の照射が可能なため、アウトドアはもちろん旅行用としても活躍します。また、ボタン1つで操作できるため、いざと言う場合の非常用や、ヘッドライト初心者による使用にもおすすめです。カラーはブルー・ブラックに加え、レッド・ピンクもあるので女性も使いやすいです。単4アルカリ電池3本を使用しますが、別売りのリチャージャブルバッテリー「コア」を使用することもできます。

ティキナより少し光量の強いティカ

ティキナより少し光量の強いティカ

出典:Amazon

クラシックシリーズのティカは、86gと軽量でコンパクトでありながら、最大照射力が200ルーメンあり60m先まで照らすことが可能です。また、強・中・弱の白色光だけではなく、周囲や自分の目を眩ませることなく夜間視力を保てる、赤色光も備えています。また蓄光リフレクター付きなので、暗闇の中でもランプを見失うことはありません。カラーバリエーションはレッド・ブルー・グリーン・ブラックの4色で、単4アルカリ電池3本を使用しますが、別売りのリチャージャブルバッテリー「コア」の使用も可能です。

定番商品のアクティックコア

定番商品のアクティックコア

出典:Amazon

アクティブシリーズのアクティックコアは、350ルーメンもの高い照射力を持つ、汎用性の高いヘッドライトです。カラーモードは3段階の白色光と、点灯・点滅の2種類の赤色光を備え、ムービーパターンはワイドとスポットのミックスであるため、近距離の照射だけではなく、遠距離の照射や素早い動きにも対応します。また、電池も使用可能ですが、USBポートから充電可能なリチャージャブルバッテリー「コア」があらかじめ付属しています。カラーバリエーションはブラックとレッドの2種類で、重量は高スペックでありながら82gと軽量です。

非常用にはイーライト

非常用にはイーライト

出典:Amazon

イーライトはクラシックシリーズの製品で、非常時にも最適なコンパクト設計です。重量はわずか26gで保護ケース付き、電池を入れればすぐに使用できる状態で10年間の保存が可能なので、防災グッズと一緒に保管したり常にバッグに入れて持ち運ぶことも可能です。照射レベルは、白色光が強・弱・点滅で最大50ルーメンとなり、赤色光も点灯・点滅が可能です。赤色光の点滅は、災害時などに自分の居場所を知らせるためにも役立ちます。ただし点灯時の照射時間は9~15時間とやや短めなので、非常用として使用する場合は替えの電池(CR2032リチウム電池2個)も用意しておくことをおすすめします。

ペツルのヘッドライトの選び方

光量で選ぶ

光量で選ぶ

出典:Amazon

ヘッドライトを選ぶ際に、もっとも注目したいのが光量です。非常用として念のため持ち歩くのか、手元での作業用に使用するのか、夜間のアウトドアで使用するのかで必要な光量は異なります。最小照射距離と最大照射距離を確認することで、自分が必要とする光量が得られるかどうかを知ることができます。

電力供給の方法で選ぶ

電力供給の方法で選ぶ

出典:Amazon

ヘッドライトを購入する際には、電力供給の方法も確認しておきましょう。頻繁に使用する方は、USBポートから充電することができる、リチャージャブルバッテリー「コア」に対応した製品の方が、ランニングコストが安くなります。また、非常時用や年に数回のアウトドアで使用するのであれば、使用時だけ電池を入れる方が便利でしょう。使用目的や使用頻度にあわせた電力供給方法を選びましょう。

明るさの調節機能で選ぶ

手元だけを照らすために必要な明るさと、夜間に屋外を歩くために必要な明るさは異なります。そんなときにあると便利なのが、明るさの調節機能です。人気モデルとして紹介した製品でも、照射レベルが3段階のものと2段階のものに分かれています。最大照射力が高い製品の場合は、こまかく調節できる製品が便利です。

照射モードで選ぶ

ヘッドライトの照射モードによって、光の特徴が異なります。ビームパターンがワイドの製品は、広範囲を均一に照らすことができます。やわらかい光なのでさほど眩しさを感じず、消費電力も小さいことがメリットとなります。一方、ビームパターンがスポットの製品は、強い光を遠方まで届かせることができます。夜間の登山やランニング、サイクリングなどに適しています。また、ワイドとスポットの切り替えが可能なミックスであれば、近距離と遠距離の両方を照らすことができます。

防水性能で選ぶ

ヘッドライトは基本的には屋外で使用するものなので、雨が降った場合に備え、防水に対応しているかも確認しておきましょう。ペツルのヘッドライトの防水性能は、全天候型のIP X4や、深水1mで30分間耐えられるIP X7など様々な種類があります。使用する用途や、シーンにあわせて選ぶと良いでしょう。

ペツルのヘッドライトおすすめ12選

最安値2,422円(税込)

4.46(32件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,493円(税込)

4.20(39件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,888円(税込)

4.33(13件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,444円(税込)

4.50(16件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,596円(税込)

4.75(12件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値4,426円(税込)

4.70(17件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値6,224円(税込)

4.80(5件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値6,062円(税込)

4.33(62件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値7,261円(税込)

4.41(27件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値9,900円(税込)

4.33(19件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値10,983円(税込)

4.37(13件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値19,793円(税込)

4.48(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

夜間キャンプにはランタンもおすすめ

ヘッドライトのように手軽に携行はできないものの、テントなどの明かりとして活躍するのがランタンです。興味のある方は、チェックしてみてください。

まとめ

たとえ日帰りキャンプだとしても、山の天候は変わりやすく、不測の事態により予定時間に下山できない可能性もあります。「備えあれば患いなし」、安心して登山を楽しむためにもペツルのヘッドライトを準備しておきましょう。

この記事内の商品比較表

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー