イヤーマフのおすすめ8選!子ども用や軽量タイプも

イヤーマフのおすすめ8選!子ども用や軽量タイプも

イヤーマフは外界から音を遮断し、耳を保護するための防音アイテムです。工事など作業中の聴覚保護だけでなく、勉強や睡眠時に集中したり気分を落ち着かせたりすることにも役立ちます。大きめサイズのメンズ用や軽量の女性向け、小さめの子ども用など、様々な商品が販売されています。今回はイヤーマフの選び方と、おすすめの商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

イヤーマフの選び方

装着タイプで選ぶ

頭に装着する定番のヘッドバンドタイプ

頭に装着する定番のヘッドバンドタイプ

出典:Amazon.co.jp

ヘッドホンのような見た目で、頭に装着して使うタイプです。イヤーマフの中でも定番タイプなため、多くの商品から好みのデザインや使用感のものを選ぶことができます。頭で支えるので余計な部品がなく、子どもの使用にもおすすめです。耳への圧の強いものや重いものは疲れやすいので、重量や使用感をチェックして選びましょう。

髪の毛を乱さずに装着できるネックバンドタイプ

髪の毛を乱さずに装着できるネックバンドタイプ

出典:Amazon.co.jp

首に掛けて装着するタイプです。帽子を被っている状態でも使えるので、普段から帽子を被っている方や髪の乱れが気になる方におすすめです。ただし、ヘッドバンドタイプと比べて重みに弱いため、帽子などの下に装着できるような薄いヘッドバンドが付属している場合もあります。

工事現場でも使えるヘルメット取り付けタイプ

工事現場でも使えるヘルメット取り付けタイプ

工事現場や工場の作業中にノイズを抑えたいなら、ヘルメットの側面に取り付けられるイヤーマフがおすすめです。ヘルメットに固定するためのアダプターがついているものや、ヘルメットのスロットに挿入して使うものなど、使い勝手に合わせて選ぶことができます。ヘルメット取り付けタイプを購入する際は、イヤーマフが使用しているヘルメットのサイズや厚みに対応しているか、確認してから選びましょう。

ノイズ減少率で選ぶ

ノイズ減少率は、イヤーマフがどれくらいノイズを減少できるかを示す目安の数値です。アメリカ規格の場合はNNR、ヨーロッパ規格はSNRで表され、単位はdBです。たとえば、騒音が100dBのカラオケ店内で、NNR値25dBのイヤーマフをつけると、耳に届く音は75dBの大きさまで軽減できます。NNRやSNRに続く数字が大きいほどノイズの減少率が高くなるため、音に敏感な方にはより大きな数値のものがおすすめです。

イヤーマフのおすすめ8選

スリーエムPELTOR イヤーマフ X4A楽天市場最安値4,249円(税込)

出典:Amazon.co.jp

NRR遮音値27dBの、ヘッドバンドタイプのイヤーマフです。耳栓よりも高い遮音効果を持ち、繰り返し使える耐久性の高さが特徴です。騒音からの聴覚保護や、勉強や読書に集中したいときにおすすめです。軽量でコンパクトな設計でクッション部分が柔らかいので、長時間つけていても疲れにくい設計です。

NRR遮音値27dBの、ヘッドバンドタイプのイヤーマフです。耳栓よりも高い遮音効果を持ち、繰り返し使える耐久性の高さが特徴です。騒音からの聴覚保護や、勉強や読書に集中したいときにおすすめです。軽量でコンパクトな設計でクッション部分が柔らかいので、長時間つけていても疲れにくい設計です。

スリーエムPELTOR KidAmazon最安値3,980円(税込)

出典:Amazon.co.jp

NRR値21dBの、子ども用の防音イヤーマフです。ヘッドバンドの両側で長さ調節ができ、頭骨のしっかりしてきた1歳から7歳まで使用できます。耳栓が使えない子どもの耳を、花火やライブなどの大きな音から守ります。180gの軽量設計で疲れにくいため、聴覚が敏感な子どもにおすすめです。

NRR値21dBの、子ども用の防音イヤーマフです。ヘッドバンドの両側で長さ調節ができ、頭骨のしっかりしてきた1歳から7歳まで使用できます。耳栓が使えない子どもの耳を、花火やライブなどの大きな音から守ります。180gの軽量設計で疲れにくいため、聴覚が敏感な子どもにおすすめです。

Fnovaイヤーマフ
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

NRR値34dBの、高い遮音値を持つヘッドバンド型イヤーマフです。耳全体を覆う形状で、効果的に音を遮ってくれます。電車内などで聴覚を保護したいときや、睡眠時、読書や学習時に適しています。耳に当たる部分が柔らかい人工皮革製で、圧迫感を減らしながらもフィット感が高い設計です。ワイヤー部分はフリーサイズなので、大人も子どもも使える商品です。

NRR値34dBの、高い遮音値を持つヘッドバンド型イヤーマフです。耳全体を覆う形状で、効果的に音を遮ってくれます。電車内などで聴覚を保護したいときや、睡眠時、読書や学習時に適しています。耳に当たる部分が柔らかい人工皮革製で、圧迫感を減らしながらもフィット感が高い設計です。ワイヤー部分はフリーサイズなので、大人も子どもも使える商品です。

JVCケンウッド防音 イヤーマフ ヘッドバンド式Amazon最安値3,891円(税込)

出典:Amazon.co.jp

NRR値23~31dBで、高音域から低音域まで安定して遮音できるイヤーマフです。通常のヘッドホンの約2倍の側圧で騒音を遮断しながら、耳に当たる部分はソフトなスポンジ層でやさしくフィットするため、長時間装着していても快適です。一般的なヘッドホンに近いデザインなので、周囲の目を気にせず使用できます。

NRR値23~31dBで、高音域から低音域まで安定して遮音できるイヤーマフです。通常のヘッドホンの約2倍の側圧で騒音を遮断しながら、耳に当たる部分はソフトなスポンジ層でやさしくフィットするため、長時間装着していても快適です。一般的なヘッドホンに近いデザインなので、周囲の目を気にせず使用できます。

スリーエムPELTOR イヤーマフ楽天市場最安値2,473円(税込)

出典:Amazon.co.jp

折り畳んで持ち歩ける、ネックバンド型のイヤーマフです。NRR値21dBで、95dB以下の騒音環境下の使用に適しています。帽子やヘルメットの上からでも装着できるため、騒音環境下の作業で聴神経を保護する用途におすすめです。2重構造の薄型軽量カップで、しっかりと耳を保護しながら快適に使えます。

折り畳んで持ち歩ける、ネックバンド型のイヤーマフです。NRR値21dBで、95dB以下の騒音環境下の使用に適しています。帽子やヘルメットの上からでも装着できるため、騒音環境下の作業で聴神経を保護する用途におすすめです。2重構造の薄型軽量カップで、しっかりと耳を保護しながら快適に使えます。

ハワードレイト防音イヤーマフ L1N ネックバンド
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

ハワードレイト防音イヤーマフ L1N ネックバンド

価格情報がありません

首に掛けて使える、ネックバンド型の防音イヤーマフです。帽子やヘルメットの上からでも装着でき、髪型を気にせず使用できます。NRR値25dBで、周囲の音や騒音をしっかり遮断してくれるので、モータースポーツの観戦や、鉄道航空機関連の作業、工事作業に適しています。耳全体を覆う大きめサイズのスタイリッシュなデザインです。

首に掛けて使える、ネックバンド型の防音イヤーマフです。帽子やヘルメットの上からでも装着でき、髪型を気にせず使用できます。NRR値25dBで、周囲の音や騒音をしっかり遮断してくれるので、モータースポーツの観戦や、鉄道航空機関連の作業、工事作業に適しています。耳全体を覆う大きめサイズのスタイリッシュなデザインです。

スリーエムPELTOR ヘルメット取付型
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

スリーエムPELTOR ヘルメット取付型

価格情報がありません

軽度の工場騒音から耳を保護することを目的とした、ヘルメット取り付け型のイヤーマフです。電気ドリルや道路工事といった、騒音下での作業に適しています。SNR26dBで、中レベルの減衰性能を持っています。耳に当たる部分は柔らかい幅広のクッションで、圧を減らしつつ熱がこもらないため、快適に装着して作業効率を高めることができます。

軽度の工場騒音から耳を保護することを目的とした、ヘルメット取り付け型のイヤーマフです。電気ドリルや道路工事といった、騒音下での作業に適しています。SNR26dBで、中レベルの減衰性能を持っています。耳に当たる部分は柔らかい幅広のクッションで、圧を減らしつつ熱がこもらないため、快適に装着して作業効率を高めることができます。

kmoonヘルメット取り付けイヤーマフ
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

kmoonヘルメット取り付けイヤーマフ

価格情報がありません

ヘルメットに装着できるイヤーマフです。ほとんどのヘルメットにフィットするクリップで、簡単に留めることができます。高い密閉性のカップとノイズを軽減する形状により、NRR23dBの値で騒音を回避できます。騒音下の作業で、しっかり聴覚を保護したい方におすすめです。人間工学に基づいたデザインで疲れにくいのが特徴です。

ヘルメットに装着できるイヤーマフです。ほとんどのヘルメットにフィットするクリップで、簡単に留めることができます。高い密閉性のカップとノイズを軽減する形状により、NRR23dBの値で騒音を回避できます。騒音下の作業で、しっかり聴覚を保護したい方におすすめです。人間工学に基づいたデザインで疲れにくいのが特徴です。

耳栓もチェック

勉強や仕事、睡眠時の集中力を上げるためにイヤーマフを探している方には、耳栓もおすすめです。耳に入れて音を遮断するため非常にコンパクトで、イヤーマフよりも頭や首が疲れにくいシンプルなアイテムです。激しい騒音もしっかり遮断したい場合はイヤーマフ、気軽に日常使いしたい場合は耳栓など、使い分けましょう。

イヤーマフのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事