ストレートアイロンのおすすめ6選!コードレスも

ストレートアイロンのおすすめ6選!コードレスも

ストレートアイロンとは、髪をきれいなストレートにするためのヘアアイロンです。寝癖や髪の癖を素早く直せるので毎朝使っているという方も多いでしょう。今回は「ストレートアイロンの選び方」についてご紹介します。人気のサロニアのストレートアイロンや、痛まないもの、値段が安いストレートアイロンなどをご紹介しています。持ち運びにおすすめのミニタイプや、髪が傷まないストレートアイロンの使い方についても解説していますので参考にしてみてください。

ストレートアイロンの選び方

最高温度は180℃以上だと使いやすい

ストレートアイロンはできるだけ早く、きれいなストレートヘアができあがることが大切です。そのために欠かせないのは「最高温度」の確認です。最高温度とは、そのストレートアイロンが最高何度まで高温にできるかというもので、温度が高いほど素早く髪をストレートにすることができます。

髪質に適した温度を使う

髪質に適した温度を使う

ストレートアイロンは、高温になるものほどストレスなくスタイリングができます。市販のストレートアイロンであれば、180℃が目安でしょう。最高温度が180度以上に設定できれば、ひどいうねりなども大抵短時間でストレートにすることができます。

しかし、髪の傷みがひどい場合はあまり高温だと髪が切れる原因にもなります。そういった方は低温でじっくりとスタイリングした方が良いでしょう。

立ち上がりの速さをチェック

立ち上がりの速さをチェック

忙しい朝にストレートアイロンを使う場合は、できるだけ立ち上がりの速い商品がおすすめです。ストレートアイロンは、商品によって設定温度になるまでの時間が異なります。速いものであればスイッチを入れて1分ほどで最高温度にすることができますが、遅いものだと数分かかることもあります。立ち上がりが速いものは高額であることが多いので、一般的な立ち上がり時間の商品を購入する場合は、少し余裕を持って電源を入れるなど工夫をした方が良いでしょう。

ぴったりのプレート・本体の大きさ

ストレートアイロンとは、プレートと呼ばれる平らなコテ部分で髪を挟んでストレートにするものです。このプレート部分の大きさが大きいほど、一度に多くの髪を挟んでスタイリングできます。

また、本体の大きさも重要です。一人暮らしの部屋は洗面台が狭いことも多いのでコンパクトなものがおすすめです。コンパクトなものであれば旅行などにも持って行きやすく、使い勝手も良くなります。

ショートヘアや男性にはプレート幅15mmほど

ショートヘアや男性にはプレート幅15mmほど

出典:Amazon.co.jp

ショートヘアの女性や男性が使うストレートアイロンであれば、プレート幅は15mmほどのものがおすすめです。ショートヘアや男性の髪は短いため、プレート幅が狭い方が細かいアレンジをしやすくなります。

ボブやミディアムヘアにはプレート幅25mm弱

ボブヘアやミディアムヘアであれば、プレート幅が25mmよりも少し狭いものが良いでしょう。一般的にストレートアイロンのプレート幅は25mmが定番です。定番のものの1サイズ下を目安に選ぶと、スタイリングがしやすくなります。

セミロングやロングヘアには幅広タイプを

セミロングやロングヘアの方には、プレートができるだけ幅広のものがおすすめです。セミロングやロングヘアは髪の長さの間隔が広いので、幅広のものでスタイリングすると手早く済ませることができます。

持ち運ぶなら小さめなものを

持ち運ぶなら小さめなものを

出典:Amazon.co.jp

ストレートアイロンを持ち運ぶことが多い方は、本体がコンパクトなことを優先して選ぶと良いでしょう。プレートの幅は自分のヘアスタイルにできるだけ合うものが良いですが、持ち運びは本体が小さくないと面倒に感じやすくなります。本体の長さは26cm以下のものがおすすめです。折りたたみタイプなどであればさらに小さくなり、バッグや荷物の中で邪魔になりにくく、持ち運びが億劫になりません。

プレートの材質を確認

ストレートアイロンのプレートは様々な素材で作られています。自分の髪質やスタイリングしたいヘアスタイルに合ったものを選ぶと使いやすくなります。

ダメージが少ない「チタニウム」

チタニウムは耐久性が高く、長く使うことができます。髪へのダメージも他の材質に比べて少なく、髪のコンディションが気になる方にもおすすめです。熱伝導率も高く、髪に素早く熱を伝えることもできます。他材質に比べるとチタニウムはグレードが高い素材なので、価格は少し高めであることが多いようです。

忙しい朝に使いやすい「セラミック」

セラミックは熱伝導率が高いため、忙しい朝にストレートアイロンを使いたい方におすすめです。耐久性や髪へのダメージはチタニウムの方が上ですが、手早くささっとスタイリングを済ませることができます。髪の滑りも悪くないので、特にダメージを気にしていない方にはおすすめの材質です。

安くて試しやすい「テフロン」

フライパンなどに使われていることで有名なテフロンを使ったストレートアイロンは価格が安いことが特徴です。髪の滑りはチタニウムやセラミックに比べると劣りますが、簡単なスタイリングや部分的なストレートヘアに使いたい方にはおすすめです。また、ストレートアイロンを使ったことがなく、試しに使ってみたいという方にも人気です。

あると便利な機能も知っておこう

ストレートアイロンの中には様々な機能を備えたものがあります。自分に必要な機能がついている商品は使い勝手が良く、長く使うことができるのでどんな機能があるのかを知っておきましょう。

コード式かコードレスか

コード式かコードレスか

出典:Amazon.co.jp

コンセントの位置や髪の癖などによっては、コードレスの方が使いやすいことがあります。ストレートアイロンにはコード式、コードレス式があるので、自分が使いやすいと感じる方を選びましょう。コードが付いているものでも、コードの根元が回転するものならコードが邪魔になりにくいでしょう。

クッション機能で細い髪もキャッチ

クッション機能とは髪を挟んだときに、プレート部分が沈んで細い髪までしっかりホールドする機能です。レイヤーが入った髪や、髪質が元々細い方などにおすすめです。クッション機能がないストレートアイロンは取りこぼしをしやすくなりますが、髪の長さが均一または髪質が太めの方なら問題なく使えることが多いようです。

自動電源オフで万が一に備える

ストレートアイロンは、電源を入れることでプレートを高温に保ちます。そのため、もしも電源を切り忘れてしまうと火災の原因になることもあり危険です。ストレートアイロンの中には、自動電源オフ機能がついているものがあります。一定の時間が経過すると電源が切れるので安心ですが、短時間の間でも高温のアイロンを放置するのは危険です。自動電源オフはもしものときのため、と考える程度にしておきましょう。

ナノイオンやマイナスイオンでダメージケア

毎日ストレートアイロンをかける方や、ヘアカラーなどで元々髪が傷んでいる方は、髪をケアする機能があると安心です。ストレートアイロンの中には、ナノイオンやマイナスイオンを発して髪を保護しながらスタイリングできるものもあります。髪の傷みが気になる方はチェックしてみてください。

ストレートアイロンの使い方

ストレートアイロンは、コツを掴めば誰にでも簡単に使うことができます。今回は効率良くストレートヘアをスタイリングする使い方をご紹介します。

STEP1:髪をしっかり乾かす

STEP1:髪をしっかり乾かす

ストレートアイロンをかける前には、髪がしっかりと乾いていることを確認しましょう。髪が濡れている状態でストレートアイロンをかけると、きれいなスタイリングができないだけでなく、髪が傷んでしまいます。ストレート用の整髪料を使う場合も、整髪料が乾いてからストレートアイロンをかけるようにしましょう。

STEP2:髪を梳かす

ストレートアイロンをかける前には、髪を梳かしておきましょう。ストレートヘアは髪の根元が重要なので、ブラシを根元からしっかりと通しておくことが重要です。表面だけでなく髪の内側も丁寧にブラッシングしておきましょう。

STEP3:ブロッキングする

ストレートアイロンをかける前に、髪をブロッキングします。細かくブロッキングするのが面倒な場合は、簡単にハーフアップをするだけでも良いでしょう。髪の内側から丁寧にストレートアイロンをかけられるように準備しましょう。

STEP4:根元のすぐ下からかける

STEP4:根元のすぐ下からかける

ストレートアイロンを髪にあてるときは、根元から始めます。髪の根元のすぐ下から、しっかりとうねりを正していくつもりでかけましょう。髪のうねりや癖は、根元が原因になっていることがほとんどです。毛先だけにかけると時間とともにうねりや癖が出やすくなります。根元にかけたら、次は髪の中間、最後に毛先と根元から順番にストレートにしていくときれいなストレートヘアができあがります。

ストレートアイロンのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

家で気軽に使えるストレートアイロンです。マイナスイオンの効果で髪を痛めることなく、しっかり髪を真っすぐにしてくれます。ダイヤル式温度設定で120℃~230℃の設定が可能です。上品なパールゴールドの色味も魅力で、クリスマスプレゼントなどにも最適です。海外でも使用できるタイプなので、出張や海外旅行の多い方におすすめします。

家で気軽に使えるストレートアイロンです。マイナスイオンの効果で髪を痛めることなく、しっかり髪を真っすぐにしてくれます。ダイヤル式温度設定で120℃~230℃の設定が可能です。上品なパールゴールドの色味も魅力で、クリスマスプレゼントなどにも最適です。海外でも使用できるタイプなので、出張や海外旅行の多い方におすすめします。

出典:Amazon.co.jp

しっかり髪の毛をまっすぐにしてくれるストレートアイロンです。40度~180度までの温度調整が可能で、しっかりと、そしてしっとりと髪を整えてくれます。美容院でも使われている信頼性のある商品です。従来のドライヤーのデザインからは想像できない、スタイリッシュな形とツートンカラーも魅力です。毎日のスタイリングに確かな効果を求めたい方におすすめします。

しっかり髪の毛をまっすぐにしてくれるストレートアイロンです。40度~180度までの温度調整が可能で、しっかりと、そしてしっとりと髪を整えてくれます。美容院でも使われている信頼性のある商品です。従来のドライヤーのデザインからは想像できない、スタイリッシュな形とツートンカラーも魅力です。毎日のスタイリングに確かな効果を求めたい方におすすめします。

出典:Amazon.co.jp

髪の毛をつやつやのストレートに仕上げてくれるストレートアイロンです。マイナスイオンが搭載されており、5段階(約120・140・160・180・200℃)の温度調整が可能です。使いすぎで髪を痛めないための、自動電源OFF機能も便利です。お手軽な価格で、髪にやさしいストレートアイロンを探している方におすすめします。

髪の毛をつやつやのストレートに仕上げてくれるストレートアイロンです。マイナスイオンが搭載されており、5段階(約120・140・160・180・200℃)の温度調整が可能です。使いすぎで髪を痛めないための、自動電源OFF機能も便利です。お手軽な価格で、髪にやさしいストレートアイロンを探している方におすすめします。

出典:Amazon.co.jp

プロレベルの220度まで上がるヘアアイロンです。これ1本でストレート・カールの2WAYのスタイリングが可能です。たった30秒で220度の高温まで上がるので、忙しい朝にも最適です。チタニウムプレート採用なので熱伝導がよく、髪を芯から温めて一回でしっかり矯正するので、必要以上に髪を傷めません。プロレベルの温度まで上がるのに価格はお手頃なので、ヘアアイロンデビューをしたい方にもおすすめです。

プロレベルの220度まで上がるヘアアイロンです。これ1本でストレート・カールの2WAYのスタイリングが可能です。たった30秒で220度の高温まで上がるので、忙しい朝にも最適です。チタニウムプレート採用なので熱伝導がよく、髪を芯から温めて一回でしっかり矯正するので、必要以上に髪を傷めません。プロレベルの温度まで上がるのに価格はお手頃なので、ヘアアイロンデビューをしたい方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

ストレートにもカールにも仕上げることのできるヘアアイロンです。わずか30秒で170度にまで到達するハイパワーを搭載しているので、電源を入れて待ち時間なく使用できます。プレートにはフローティングクッションを採用し、マイナスイオンも放出するので髪へのダメージも少なく神に艶と潤いを与えてくれます。海外電圧にも対応して手数料いるので海外旅行用にもおすすめです。

ストレートにもカールにも仕上げることのできるヘアアイロンです。わずか30秒で170度にまで到達するハイパワーを搭載しているので、電源を入れて待ち時間なく使用できます。プレートにはフローティングクッションを採用し、マイナスイオンも放出するので髪へのダメージも少なく神に艶と潤いを与えてくれます。海外電圧にも対応して手数料いるので海外旅行用にもおすすめです。

起動してからすぐに使える2way対応のコードレスヘアアイロンです。特殊なシリコンプレートを使用していて、髪をしっかり挟むことができます。軽量で海外電圧にも対応しているため、旅行の際にも便利です。170℃〜210℃の3段階で温度調節が可能で、約10秒で170℃、30秒で210℃に達します。忙しい朝のヘアセットにもおすすめです。

起動してからすぐに使える2way対応のコードレスヘアアイロンです。特殊なシリコンプレートを使用していて、髪をしっかり挟むことができます。軽量で海外電圧にも対応しているため、旅行の際にも便利です。170℃〜210℃の3段階で温度調節が可能で、約10秒で170℃、30秒で210℃に達します。忙しい朝のヘアセットにもおすすめです。

カールもできる2wayアイロンもチェック!

普段ストレートヘアだけでなく髪を巻くこともある、という方にぴったりなのが、2wayアイロンです。2wayアイロンは、カールとストレートの両方のスタイリングを1台でできるヘアアイロンです。2台購入する必要がないため、コストもかからず収納もしやすいでしょう。ぜひ併せてチェックしてみてください。

ストレートアイロンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー