コードレスヘアアイロンのおすすめ8選【2020年版】

コードレスヘアアイロンのおすすめ8選【2020年版】

コードレスヘアアイロンは、コンパクトで持ち運びがしやすく、出先で使うのに便利なヘアアイロンです。多くがUSB充電式なので、仕事中にデスクの脇で充電することもできます。また、ストレートタイプやカールタイプなど、種類も様々です。今回は、コードレスヘアアイロンの選び方と、無印良品、Omasiなどの、おすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

コードレスヘアアイロンの選び方

セットしたい髪型で選ぶ

自分がしたいヘアスタイルにあわせてモデルを選びましょう。ストレートヘアならストレートタイプ、カールヘアならコテタイプがおすすめです。コテタイプは、太さの違いでカールの大きさが異なるので、好みのヘアスタイルにあった太さを選びましょう。

連続使用時間で選ぶ

コードレスヘアアイロンは、コンパクトで携帯性に優れているものの、バッテリーの制限があるため、長時間の使用は向きません。前髪を短時間で直すくらいであれば問題ありませんが、ヘアスタイル全体を直したい場合は、連続使用可能時間ができるだけ長いモデルを選ぶのがおすすめです。少なくとも、30分程度は連続して使用できるコードレスヘアアイロンを選びましょう。

海外旅行や出張でも使うなら海外対応タイプ

海外旅行や出張でも使うなら海外対応タイプ

出典:Amazon.co.jp

日本の100Vのみに対応しているモデルは、海外で使用できません。海外旅行や出張にもコードレスヘアアイロンを携帯したい場合は、100~240V対応のように海外の電圧に対応しているモデルを選びましょう。国によっても電圧が異なるため、行き先の電圧に対応しているモデルを選ぶ必要があります。

重量で選ぶ

バッグやポーチにコードレスヘアアイロンを入れて携帯する方は、購入時に本体の重量もチェックしましょう。化粧品など、ほかの荷物も一緒に持ち運ぶことを考慮すると、本体の重さが200g以下の、軽量かつコンパクト設計のモデルがおすすめです。さらに、バッグやポーチに入れてもかさばりにくいスリム設計で、収納に困らないモデルを選びましょう。

設定可能な温度で選ぶ

ヘアアイロンの設定可能な温度もチェックしましょう。髪の毛がかたい方は、高めの温度で使用しなければ、思うようなスタイリングがしにくいため、200℃程度まで設定可能なヘアアイロンがおすすめです。様々なヘアアレンジを楽しみたい方は、温度調整が可能なモデルを選びましょう。

プレートの素材で選ぶ

プレートの素材で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

プレートは、実際に髪の毛に触れる、熱を持つ部分です。セラミックやチタン100%でできたコードレスヘアアイロンは、熱伝導率、耐久性に優れているのが特徴で、機能性が高い分、価格も高額です。一方、セラミック、チタン、テフロンなどで、プレート表面をコーティングしたタイプのヘアアイロンは、リーズナブルで、髪の毛がダメージを受けにくいです。ただし、長期間の使用で、コーティング加工がはがれやすくなるので注意が必要です。

マイナスイオン機能の有無をチェック

高熱のプレートを髪の毛に当てることで、髪のダメージが気になるという方には、マイナスイオン機能付きのモデルがおすすめです。使用中にマイナスイオンが発生することにより、キューティクルを守ってくれるので、髪の毛がダメージを受けにくくなります。

立ち上がり時間で選ぶ

コードレスヘアアイロンは、一般的なヘアアイロンと同じで、電源ONにしたからといって、すぐに使用できるわけではありません。適温に達するまでに一定の時間待たなければならないので、朝の準備に時間をかけたくないという方や、出先ですぐに使いたいという方は、立ち上り時間が速いモデルを選ぶのがおすすめです。

コードレスヘアアイロンのおすすめ8選

起動してからすぐに使える2way対応のコードレスヘアアイロンです。特殊なシリコンプレートを使用していて、髪をしっかり挟むことができます。軽量で海外電圧にも対応しているため、旅行の際にも便利です。170℃〜210℃の3段階で温度調節が可能で、約10秒で170℃、30秒で210℃に達します。忙しい朝のヘアセットにもおすすめです。

起動してからすぐに使える2way対応のコードレスヘアアイロンです。特殊なシリコンプレートを使用していて、髪をしっかり挟むことができます。軽量で海外電圧にも対応しているため、旅行の際にも便利です。170℃〜210℃の3段階で温度調節が可能で、約10秒で170℃、30秒で210℃に達します。忙しい朝のヘアセットにもおすすめです。

ヘアアイロンの主なメーカーもチェック

ヘアアイロンは、様々なメーカーから販売されており、それぞれ異なった特徴があります。あわせてチェックしてみてください。

コードレスヘアアイロンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー