焚き火シートのおすすめ9選!大きいサイズも

焚き火シートのおすすめ9選!大きいサイズも

焚き火シート(焚き火台シート)は、キャンプなどで焚き火をする際に、焚き火台の下に敷くシートです。焚き火マットや耐⽕マットとも呼ばれ、熱や火に強く、火の粉や炭の落下による地面へのダメージを防ぐために使用します。ガラス繊維やシリカ繊維、ハトメ付き、黒でおしゃれなデザイン、チクチクしないシリコン加工タイプなど、商品によって特徴は様々です。今回は、焚き火シートの選び方と、ロゴス、コールマン、ダイソー、「タキビバビデブー」などのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:webshop.montbell.jp

焚き火シートとは

焚き火シートとは

出典:Amazon.co.jp

焚き火シートとは、キャンプなどで焚き火をする際に、焚き火台の下に敷く耐熱シートのことです。焚き火の熱による芝や土へのダメージ、火の粉による火災を防ぐ目的で使用します。アクリル繊維やガラス繊維、シリカ繊維など、耐熱性の高い素材でつくられています。商品によってサイズが異なり、焚き火台の大きさに応じて選べます。風によって飛ばされるのが心配な方には、ペグ穴付きのものもおすすめです。

焚き火シートは必要?

焚き火シートは、サイトや地球環境の保護のために必要になります。多くのキャンプ場では、直火での焚き火を禁止しており、焚き火台を使用するようルールを定めています。しかし、焚き火台を使用しても炭や灰、火の粉がこぼれ落ち、サイトの芝や土を傷めてしまう可能性があります。焚き火シートを使用して熱による地面へのダメージを防ぎ、サイト管理者や他の利用者、地球環境への配慮するのが、焚き火を楽しむ上でのマナーであることを留意しておきましょう。

焚き火シートの選び方

耐熱性で選ぶ|連続使用温度をチェック

耐熱性で選ぶ|連続使用温度をチェック

出典:Amazon.co.jp

焚き火シートは、連続使用温度や瞬間耐火温度といった、耐熱性能を確認しましょう。連続使用温度は、熱を一定の時間受けた場合に、何度まで耐えられるかを示したものです。一方、瞬間耐火温度は、一時的な熱に耐えられる温度を表します。焚き火はある程度長い時間行うため、連続使用温度を重視するのがおすすめです。焚き火の温度は、500〜800℃ほどまで上昇するため、連続使用温度も500℃以上のものを選びましょう。

素材で選ぶ

耐炎繊維|表面が滑らかで破けにくい

耐炎繊維|表面が滑らかで破けにくい

出典:Amazon.co.jp

耐炎繊維を使用した焚き火シートは、火の粉で燃えたり破けたりしにくいのが特徴です。アクリル繊維でできており、他のタイプに比べて表面が滑らかで、手を傷つける心配も減らせます。柔らかい素材で、折りたたみやすく、コンパクトに収納できるのがメリットです。他のタイプに比べて価格が高めなので、機能性と予算のバランスを考慮して選びましょう。

ガラス繊維|火を弾き水にも油にも強い

ガラス繊維|火を弾き水にも油にも強い

出典:Amazon.co.jp

ガラス繊維の焚き火シートは、火の粉を弾いてさっと落とせるのが特徴です。繊維状にしたガラス(グラスファイバー)のため、水や油にも強く、地面が濡れているときや、焚き火で料理をする際も適しています。灰などによる汚れは、軽くはたくだけで落とせるので、お手入れの手間も省けます。表面のガラス繊維で手を傷つけないよう、軍手などを着用してしっかり保護しましょう。

シリカ繊維|耐熱性が高い

シリカ繊維|耐熱性が高い

出典:Amazon.co.jp

シリカ繊維の焚き火台は、耐熱性に優れているのが特徴です。ガラス繊維を加工した素材で、連続使用温度は1,100℃、瞬間温度は1,600℃以内と、高熱への耐性に優れています。ガラス繊維に比べて耐久性は劣るため、長い時間焚き火をする際は注意しましょう。シリコン加工されていない商品は、手で触れたときに繊維がチクチクする可能性があるので、ケガを防ぐためにも軍手などを着用して使用しましょう。

サイズで選ぶ|道具を置けるスペースもチェック

サイズで選ぶ|道具を置けるスペースもチェック

出典:Amazon.co.jp

焚き火シートは、使用する焚き火台の大きさを考慮したサイズを選びましょう。焚き火シートの大きさは、一般的なもので1m×1m、大きめなタイプだと2m×2mや3m×3mなどがあります。目安として、焚き火台のサイズの4倍ほどの面積がある大きさがおすすめです。炭や火の粉が地面に落ちるのを防ぎやすく、火バサミなどの道具を置くスペースも確保できるのがメリットです。

ペグ穴・ハトメ付きがおすすめ|風で飛ばされにくい

ペグ穴・ハトメ付きがおすすめ|風で飛ばされにくい

出典:Amazon.co.jp

ペグ穴やハトメ付きの焚き火シートは、シートが動かないよう、地面にしっかり固定できるのが特徴です。布の端をペグでしっかり固定することで、風でシートが飛ばされたり、シートがまくれて焚き火台が転倒してしまうのを防げます。また、シートが濡れた際に、紐を通して干しておけるのもメリットです。ペグ穴やハトメが付いていない場合は、四隅に重めの石などを置くなどして固定しましょう。

スパッタシートもチェック|DIYにも活用できる

スパッタシートもチェック|DIYにも活用できる

出典:Amazon.co.jp

スパッタシートは、燃えにくい素材できている溶接作業向けシートです。溶接工が作業する際に、フロアを火花から守るための養生を目的としてつくられており、ホームセンターなどでも販売されています。焚き火を想定したつくりではないものの、耐火性に優れているため、焚き火シートとしても使用できます。DIYと焚き火のどちらにも使いたい場合におすすめです。

焚き火シートのおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

耐熱温度

ハトメの有無

本体サイズ

本体重量

タキビバビデブーM 1 カーキ ビーズ DOD タキビバビデブーM 1 カーキ

複数人での焚き火時に便利な8角形

250℃

×

幅100×奥行100cm

460g

ファイアープレイスシート ベージュ コールマン ファイアープレイスシート ベージュ

4隅をペグでしっかり固定できるハトメ付き

600℃

幅80×奥行80cm

330g

スパッタシート プレミアムプラチナ 吉野 スパッタシート プレミアムプラチナ

肌を傷付けにくい両面シリコン加工仕様

メーカー記載なし

幅92×奥行192cm

1800g

スパッタシートDX 2号 トラスコ中山 スパッタシートDX 2号

肌にやさしいノンアスベスト生地を使用

メーカー記載なし

幅92×奥行192cm

1460g

ファイアマット モンベル ファイアマット

表裏いずれの面でも使えるリバーシブルタイプ

メーカー記載なし

×

幅81×奥行61cm

454g

たき火台 耐火・断熱シート ロゴス たき火台 耐火・断熱シート

キャンプツールも置きやすい長方形の大サイズ

500℃

幅130×奥行80cm

1100g

焚き火用シート ダイソー 焚き火用シート

初めてでも購入しやすいリーズナブルな価格

メーカー記載なし

×

幅30×奥行30cm

メーカー記載なし

シリカクロス汎用タイプ 吉野 シリカクロス汎用タイプ

凸凹の地面でも使いやすい優れた柔軟性

瞬間:1650℃/連続:1000℃

幅92×奥行92cm

620g

焚火シート カーボンフェルト ブラック ユーラー 焚火シート カーボンフェルト ブラック

柔らかく肌にもやさしいフェルト生地タイプ

瞬間:1000℃/連続:700℃

×

幅60×奥行80cm

180g

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。

焚き火シートのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

参考価格3,090円

複数人での焚き火時に便利な8角形

ガラス繊維の焚き火シートです。火の粉を弾きやすく、熱が加えられてもシートが破けにくいため、地面へのダメージを防げます。両面ともシリコン加工が施されており、灰などで汚れても、拭き取るだけできれいにできます。コーティングされているため、手で触れたときの刺激が少なく、肌を傷付けにくいのもポイントです。また、8角形なので、複数人で焚き火を囲む際にも便利です。

耐熱温度
250℃
ハトメの有無
×
本体サイズ
幅100×奥行100cm
本体重量
460g

複数人での焚き火時に便利な8角形

ガラス繊維の焚き火シートです。火の粉を弾きやすく、熱が加えられてもシートが破けにくいため、地面へのダメージを防げます。両面ともシリコン加工が施されており、灰などで汚れても、拭き取るだけできれいにできます。コーティングされているため、手で触れたときの刺激が少なく、肌を傷付けにくいのもポイントです。また、8角形なので、複数人で焚き火を囲む際にも便利です。

耐熱温度
250℃
ハトメの有無
×
本体サイズ
幅100×奥行100cm
本体重量
460g

出典:Amazon.co.jp

参考価格2,071円

4隅をペグでしっかり固定できるハトメ付き

グラスファイバー素材の焚き火シートです。およそ600℃の耐熱性があり、炭や火の粉が落ちても溶けにくいようにつくられています。4隅にペグで固定できるハトメが付いており、風で飛ばされたり、めくれて焚き火台が転倒する心配を減らせます。また、土や木に近いカラーなので、自然にマッチしやすいものを求めている方にもおすすめです。

耐熱温度
600℃
ハトメの有無
本体サイズ
幅80×奥行80cm
本体重量
330g

4隅をペグでしっかり固定できるハトメ付き

グラスファイバー素材の焚き火シートです。およそ600℃の耐熱性があり、炭や火の粉が落ちても溶けにくいようにつくられています。4隅にペグで固定できるハトメが付いており、風で飛ばされたり、めくれて焚き火台が転倒する心配を減らせます。また、土や木に近いカラーなので、自然にマッチしやすいものを求めている方にもおすすめです。

耐熱温度
600℃
ハトメの有無
本体サイズ
幅80×奥行80cm
本体重量
330g

出典:Amazon.co.jp

参考価格9,111円

肌を傷付けにくい両面シリコン加工仕様

強度の高いスパッタシートです。厚めにできており、耐炎性も高いため、地面を火の粉からしっかり守れます。アスベストやセラミックを使用しておらず、両面はシリコン加工されているので、肌刺激に弱い方でも安心して使用できます。ハトメが12箇所に付いており、風で飛ばされないよう、ペグなどで固定可能です。溶接作業や、キャンプでの焚き火などで使いたい方におすすめです。

耐熱温度
メーカー記載なし
ハトメの有無
本体サイズ
幅92×奥行192cm
本体重量
1800g

肌を傷付けにくい両面シリコン加工仕様

強度の高いスパッタシートです。厚めにできており、耐炎性も高いため、地面を火の粉からしっかり守れます。アスベストやセラミックを使用しておらず、両面はシリコン加工されているので、肌刺激に弱い方でも安心して使用できます。ハトメが12箇所に付いており、風で飛ばされないよう、ペグなどで固定可能です。溶接作業や、キャンプでの焚き火などで使いたい方におすすめです。

耐熱温度
メーカー記載なし
ハトメの有無
本体サイズ
幅92×奥行192cm
本体重量
1800g

出典:Amazon.co.jp

参考価格8,800円

肌にやさしいノンアスベスト生地を使用

ハトメ付きのスパッタシートです。耐炎繊維を生地に使用しており、火の粉が落ちても燃えにくいのが特徴です。有害な繊維や、肌刺激の強い繊維は使われていないため、敏感肌の方でも安心して使えます。またシリコン加工が両面に施されており、手触りが滑らかで、肌を傷付けにくいのもポイントです。

耐熱温度
メーカー記載なし
ハトメの有無
本体サイズ
幅92×奥行192cm
本体重量
1460g

肌にやさしいノンアスベスト生地を使用

ハトメ付きのスパッタシートです。耐炎繊維を生地に使用しており、火の粉が落ちても燃えにくいのが特徴です。有害な繊維や、肌刺激の強い繊維は使われていないため、敏感肌の方でも安心して使えます。またシリコン加工が両面に施されており、手触りが滑らかで、肌を傷付けにくいのもポイントです。

耐熱温度
メーカー記載なし
ハトメの有無
本体サイズ
幅92×奥行192cm
本体重量
1460g

参考価格4,950円

表裏いずれの面でも使えるリバーシブルタイプ

ファイバーグラス生地の焚き火シートです。アルミコーティングが両面に施されており、表面と裏面のどちらでも使用できるので、素早く設置できます。コンパクトなサイズで、場所を大きく取らず収納できるので、持ち運ぶ際も便利です。また、メタリックな見た目で、焚き火台やコンロにマッチしやすいのもポイントです。

耐熱温度
メーカー記載なし
ハトメの有無
×
本体サイズ
幅81×奥行61cm
本体重量
454g

表裏いずれの面でも使えるリバーシブルタイプ

ファイバーグラス生地の焚き火シートです。アルミコーティングが両面に施されており、表面と裏面のどちらでも使用できるので、素早く設置できます。コンパクトなサイズで、場所を大きく取らず収納できるので、持ち運ぶ際も便利です。また、メタリックな見た目で、焚き火台やコンロにマッチしやすいのもポイントです。

耐熱温度
メーカー記載なし
ハトメの有無
×
本体サイズ
幅81×奥行61cm
本体重量
454g

出典:Amazon.co.jp

参考価格6,999円

キャンプツールも置きやすい長方形の大サイズ

大サイズの焚き火シートです。大きめの長方形タイプなので、サイズの大きい焚き火台に使いやすく、耐火グローブや火バサミなどをシート上に置きやすいのも特徴です。ファイバーグラス生地を使用しており、断熱性の高い3層構造なので、火の粉や炭の落下による地面へのダメージもしっかり防げます。また、生地はシリコンコーティングが施されているため、触ったときに肌が傷付く心配も減らせます。

耐熱温度
500℃
ハトメの有無
本体サイズ
幅130×奥行80cm
本体重量
1100g

キャンプツールも置きやすい長方形の大サイズ

大サイズの焚き火シートです。大きめの長方形タイプなので、サイズの大きい焚き火台に使いやすく、耐火グローブや火バサミなどをシート上に置きやすいのも特徴です。ファイバーグラス生地を使用しており、断熱性の高い3層構造なので、火の粉や炭の落下による地面へのダメージもしっかり防げます。また、生地はシリコンコーティングが施されているため、触ったときに肌が傷付く心配も減らせます。

耐熱温度
500℃
ハトメの有無
本体サイズ
幅130×奥行80cm
本体重量
1100g

出典:jp.daisonet.com

参考価格110円

初めてでも購入しやすいリーズナブルな価格

ガラス繊維を使用した焚き火シートです。コンパクトなサイズなので、ソロキャンプ向けの小さな焚き火台への使用に便利です。自然にマッチしやすい落ち着いた色あいで、シンプルな見た目なので、あらゆるギアのデザインにマッチします。またリーズナブルな価格なので、試しに使用してみたい方や、複数枚を購入しておきたい方にもおすすめです。

耐熱温度
メーカー記載なし
ハトメの有無
×
本体サイズ
幅30×奥行30cm
本体重量
メーカー記載なし

初めてでも購入しやすいリーズナブルな価格

ガラス繊維を使用した焚き火シートです。コンパクトなサイズなので、ソロキャンプ向けの小さな焚き火台への使用に便利です。自然にマッチしやすい落ち着いた色あいで、シンプルな見た目なので、あらゆるギアのデザインにマッチします。またリーズナブルな価格なので、試しに使用してみたい方や、複数枚を購入しておきたい方にもおすすめです。

耐熱温度
メーカー記載なし
ハトメの有無
×
本体サイズ
幅30×奥行30cm
本体重量
メーカー記載なし

出典:Amazon.co.jp

参考価格3,032円

凸凹の地面でも使いやすい優れた柔軟性

シリカ繊維を使用した耐熱シートです。特殊なガラス繊維を加工した素材を使用しており、耐熱性や電気絶縁性が高いのが特徴です。耐熱温度は1,650℃、連続使用温度は1,000℃なので、火の粉などの熱からしっかり地面をガードできます。柔軟性に優れており、凸凹の地面で使いやすいのもポイントです。作業用や焚き火など、火を使うシーンでの使用におすすめです。

耐熱温度
瞬間:1650℃/連続:1000℃
ハトメの有無
本体サイズ
幅92×奥行92cm
本体重量
620g

凸凹の地面でも使いやすい優れた柔軟性

シリカ繊維を使用した耐熱シートです。特殊なガラス繊維を加工した素材を使用しており、耐熱性や電気絶縁性が高いのが特徴です。耐熱温度は1,650℃、連続使用温度は1,000℃なので、火の粉などの熱からしっかり地面をガードできます。柔軟性に優れており、凸凹の地面で使いやすいのもポイントです。作業用や焚き火など、火を使うシーンでの使用におすすめです。

耐熱温度
瞬間:1650℃/連続:1000℃
ハトメの有無
本体サイズ
幅92×奥行92cm
本体重量
620g

出典:Amazon.co.jp

参考価格2,199円

柔らかく肌にもやさしいフェルト生地タイプ

炭化繊維を使用したスパッタシートです。フェルトで柔らかくいため折りたたみやすく、軽いので持ち運びに便利です。皮膚に刺激を与えるガラス繊維は使われていないため、肌へのダメージが心配な方でも安心して使用できます。用途や好みにあわせたサイズにカットでき、カット面がほつれにくいのもポイントです。溶接現場やDIYといった作業、キャンプでの焚き火などにおすすめです。

耐熱温度
瞬間:1000℃/連続:700℃
ハトメの有無
×
本体サイズ
幅60×奥行80cm
本体重量
180g

柔らかく肌にもやさしいフェルト生地タイプ

炭化繊維を使用したスパッタシートです。フェルトで柔らかくいため折りたたみやすく、軽いので持ち運びに便利です。皮膚に刺激を与えるガラス繊維は使われていないため、肌へのダメージが心配な方でも安心して使用できます。用途や好みにあわせたサイズにカットでき、カット面がほつれにくいのもポイントです。溶接現場やDIYといった作業、キャンプでの焚き火などにおすすめです。

耐熱温度
瞬間:1000℃/連続:700℃
ハトメの有無
×
本体サイズ
幅60×奥行80cm
本体重量
180g

焚き火台や焚き火用五徳もチェック

焚き火台やその上における焚き火用五徳は、様々な形やサイズの商品があります。それぞれの選び方やおすすめ商品を紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

焚き火シートの売れ筋ランキングもチェック

焚き火シートのAmazonの最新売れ筋ランキング情報は、以下のリンクから確認することができます。

この記事の修正依頼を送る

人気記事