たわしのおすすめ4選!柄が付いているタイプも

たわしのおすすめ4選!柄が付いているタイプも

たわしは掃除などで役立つアイテムです。たわしでこすることで、スポンジでは落とせないこびりついた汚れや焦げを簡単に落とすことができます。たわしといえば、茶色の束状の「亀の子たわし」のイメージですが、実は食器洗いから体を洗うものまで、様々な種類があります。今回は、目的別のおすすめたわしをはじめ、種類や選び方をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

がんこな汚れをゴシゴシ落としたい!

がんこな汚れをゴシゴシ落としたい!

焦がしてしまった鍋やザルの細かい目につまった汚れ、スポンジでは落とせないがんこな汚れ…なかなかきれいにできずにイライラしてしまいますよね。そのようなときに役立つものがたわしです。固いブラシ状のたわしなら、頑固な汚れもゴシゴシこすってきれいに落とすことができます。たわしを使い分けることでキッチン用品のケア、掃除や靴の洗浄など、様々な場面で役立ちます。

たわしの選び方

たわしの選び方

出典:Amazon.co.jp

目的に合った素材かチェック

繊維が細くコシのあるシュロ

シュロはヤシ科の植物の皮からつくり出した繊維です。繊維の先が細く、コシがあるのが特徴で、平面も凹凸面もフィットして汚れをかき出すことができます。木製のまな板など、細かな凹凸の汚れを落とすのにおすすめの素材です。

繊維が固く強度のあるパーム

パームはヤシ科の植物の繊維を利用しています。繊維自体が固く、強度が高いのが特徴で、細かい汚れをかき出したりこすり取るのに便利です。ザルやごますり鉢、靴の汚れ落としにおすすめの素材です。

デリケートな食器や体にはサイザル

サイザルはリュウゼツラン科の植物からとれる繊維で、やわらかさと吸水性が高いのが特徴です。繊維全体で汚れをなぞるように落とすため、テフロン加工の調理器具やデリケートな食器洗い、体を洗うのにもおすすめの素材です。

シート状で柔軟性の高いナイロン

ナイロンたわしは繊維を集めてシート状に固めたタイプです。シート状のため柔軟性が高く、使いやすいようにカットしたり折ったりすることができます。グリルやコンロなど細かい部分の汚れ落としに便利な素材です。

鍋底の頑固な汚れにはステンレス

ステンレスたわしは、サビにくい金属素材でできたたわしです。ある程度弾力があり、力を入れてこすっても磨耗しないのが特徴です。鍋底のガンコな汚れやサビ、こびりつきなど力を入れてこするのに便利です。

使い捨てにはスチールウール

スチールウールたわしは鉄を繊維状にしたタイプで、鉄なのにまるで綿のようにやわらかく弾力性があるのが特徴です。金属のため、焦げやサビを落とすときに便利です。ただし、金属のためサビやすく、基本的には使い捨てになります。

手の大きさに合わせたサイズで

たわしは様々なサイズがあります。力を入れて汚れを落としやすいのは、手で握りやすいサイズです。手が小さい女性なら小さめ、男性なら大きめのものを選びましょう。また、体を洗うなどの目的によっては手のサイズ関係なく大きめのものを選んだほうが使いやすい場合もありますよ。

使いやすい形状で選ぶ

手で握りやすい楕円タイプ

楕円形の通常タイプは、手で握りやすいのが特徴です。鍋やザルなど、握って面で汚れを落とすときにおすすめです。

くびれのあるツイストタイプ

くびれのあるツイストタイプ

出典:Amazon.co.jp

ツイストタイプはねじれが加わりくびれがあるのが特徴です。握って先端で汚れを落とすのに便利で、水筒の中や急須の茶渋など細かい場所をこするのときにおすすめです。

乾きやすいベーグルタイプ

乾きやすいベーグルタイプ

出典:Amazon.co.jp

ベーグルタイプは名前の通りベーグルのように真ん中に穴が開いた円型をしています。見た目もかわいく、真ん中に穴が開いていることで乾きやすいのが特徴です。丸い形を生かして、フライパンや鍋など丸みのある調理器具を洗うのにおすすめです。

柄が付いていると便利

柄が付いていると便利

出典:Amazon.co.jp

たわしに柄がついたタイプは、手を汚したり濡らしたりすることなく汚れを落とすことができます。手荒れがひどい方や触りたくない場所の掃除には柄付きのたわしが便利です。また、柄部分にひもやフックがついているため、水切れが良く清潔に保てるのもポイントです。

たわしの使い方

たわしを水で濡らしてから落としたい汚れの部分をこするだけです。汚れをこすったら、必ず水で洗い流してたわしの繊維や落とした汚れが残らないようにしましょう。たわしを使い終わったあとは、たわしを水で軽く洗いよく乾かします。たわしの繊維に汚れが絡んだりこびりついたりしてしまったときは、古い歯ブラシや他のたわしをこすり合わせるときれいになります。

たわしの替え時は?

たわしの替え時は、毛がつぶれたり繊維が抜けたりして元の形が変わってしまったときや、たわし自体の汚れがとれなくなったときです。使う目的や使う頻度によっても変わりますが、全体的に張りがなくなってきたら新しく替えるようにしましょう。

たわしのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

たわしといえば名前が挙がる、有名な亀の子たわしの定番商品です。素材はシュロで、適度な弾力がありながら強度が強いため長持ちすると評判です。まな板やザルなどキッチン用品のケアから、野菜のドロ・皮落としまで幅広い用途で使えるのも特徴です。使い勝手の良いたわしや長く使えるたわしを探している方におすすめのたわしです。

たわしといえば名前が挙がる、有名な亀の子たわしの定番商品です。素材はシュロで、適度な弾力がありながら強度が強いため長持ちすると評判です。まな板やザルなどキッチン用品のケアから、野菜のドロ・皮落としまで幅広い用途で使えるのも特徴です。使い勝手の良いたわしや長く使えるたわしを探している方におすすめのたわしです。

出典:Amazon.co.jp

ベーグルタイプのたわしです。素材はホワイトパームで、普通のパーム素材に比べて固めで、ゴシゴシ力を入れてこすってもへたれにくいことが特徴です。サイズも大小あるため、手の小さな女性でも小さいサイズを選べば使いやすいです。色も白に近くおしゃれな形なので、キッチンインテリアにこだわっている方にもおすすめのたわしです。

ベーグルタイプのたわしです。素材はホワイトパームで、普通のパーム素材に比べて固めで、ゴシゴシ力を入れてこすってもへたれにくいことが特徴です。サイズも大小あるため、手の小さな女性でも小さいサイズを選べば使いやすいです。色も白に近くおしゃれな形なので、キッチンインテリアにこだわっている方にもおすすめのたわしです。

出典:Amazon.co.jp

木製の柄付きの円型たわしです。木製の柄、ホワイトパームの色味、ベーグル型とおしゃれなデザインながらも、たわしとして使いやすいことが特徴です。コシのある固い繊維で、まな板やスキレット、鉄製フライパン洗いからコンロ掃除まで幅広く役立ちます。見た目のかわいさを重視したい方はもちろん、柄付きでこすりやすいたわしを探している方にもおすすめのたわしです。

木製の柄付きの円型たわしです。木製の柄、ホワイトパームの色味、ベーグル型とおしゃれなデザインながらも、たわしとして使いやすいことが特徴です。コシのある固い繊維で、まな板やスキレット、鉄製フライパン洗いからコンロ掃除まで幅広く役立ちます。見た目のかわいさを重視したい方はもちろん、柄付きでこすりやすいたわしを探している方にもおすすめのたわしです。

出典:Amazon.co.jp

型くずれしにくい、丈夫なステンレスたわしです。 サビにくい18-8ステンレスが使われているため、長く使用することができます。口コミでは「ステンレス製の圧力鍋が新品のように綺麗になってびっくりした」「ほつれずによくまとまって使い安い」といった声が多く、高く評価されています。しかし、アルミ、プラスチック、ガラス製品、木製品などはキズがつくことがあるので注意しましょう。

型くずれしにくい、丈夫なステンレスたわしです。 サビにくい18-8ステンレスが使われているため、長く使用することができます。口コミでは「ステンレス製の圧力鍋が新品のように綺麗になってびっくりした」「ほつれずによくまとまって使い安い」といった声が多く、高く評価されています。しかし、アルミ、プラスチック、ガラス製品、木製品などはキズがつくことがあるので注意しましょう。

たわしのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー