壁の汚れ用消しゴムのおすすめ8選!三角形タイプも

壁の汚れ用消しゴムのおすすめ8選!三角形タイプも

壁の汚れ用消しゴムは、子どもが白い壁紙に描いてしまった落書きや、茶色いシミなどを、こするだけで落とすことができる消しゴムです。三角形や四角形など形状も様々で、ミニタイプや大きいタイプなど大きさも豊富です。用途にあわせて壁の汚れ隠しに使用することができます。今回は、壁の汚れ用消しゴムの選び方や使い方、角を使える三角形の商品や、シードの「壁の汚れ消しゴムブロック」など、おすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

壁の汚れ用消しゴムとは

壁の汚れ用消しゴムとは

出典:Amazon.co.jp

壁の汚れ用消しゴムは、筆記用具の消しゴムとは違い、壁の汚れ落としに特化している消しゴムです。ゴムの性質を利用して、壁についた汚れを取り除きます。手元にあれば、水で洗い流したりする必要もなく、気がついたときにいつでも汚れを落とすことができます。また通常の掃除用洗剤では落ちない汚れも、壁の汚れ用消しゴムを使えば、落とせる場合があります。

壁の汚れ用消しゴムの選び方

汚れの種類にあっているかどうか

汚れの種類にあっているかどうか

壁の汚れ用消しゴムは、落書きや油汚れ、水垢や家具の跡など、消したい汚れに合ったものを使用するのがおすすめです。目的が異なる消しゴムを使うと、汚れが広がってしまったり、染みついてしまう可能性があります。パッケージなどに、どんな汚れに特化している商品なのか記載されているので、事前に確認しておきましょう。

形や大きさをチェックする

壁の汚れ用消しゴムには、四角いタイプや三角形のタイプなどがあり、大きさも様々なので、自分の利用したいシーンに合わせて選びましょう。三角形のタイプは、尖っている角と面を使い分けることができるので、細かい部分の汚れを落としたいときにおすすめです。四角いタイプは、文房具の消しゴムのように手軽に使用できるものから、表面が凸凹していて、曲面の汚れを落とすのに適しているものまで、様々な種類があります。

壁の汚れ用消しゴムの使い方

汚れをこする

汚れをこする

出典:Amazon.co.jp

文房具の消しゴムと同じように、汚れている部分に、壁の汚れ用消しゴムをこすりつけます。最初は軽くこすりつけ、汚れの強さがわかってきたら、徐々に力を入れてこすります。壁紙の紙質によっては、強くこすりすぎると壁紙を破いてしまうこともあるので、丁寧にこすることが大切です。

常に新しい面を使う

壁の汚れを絡め取った消しゴムをそのまま使っていると、消しゴムのカスや消しゴム自体についた汚れが、再度壁についてしまいます。汚れが消しゴムに移ったら、その部分をちぎって新しい面を出し、常にきれいな状態で汚れをこするようにします。

布で拭き取る

布で拭き取る

壁の汚れ用消しゴムで汚れをこすった後、汚れが残ってしまった場合は、布で軽くこすります。汚れの程度や壁紙の紙質によっては、中性洗剤を使うのもおすすめです。根強い汚れなら、中性洗剤を付けた歯ブラシで軽く叩きながら落とすこともできます。

壁の汚れ用消しゴムのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,132円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値382円(税込)

この商品の特徴

壁に向かって消しゴムをこすり続けるのは意外と疲れるものです。この消しゴムは形に工夫がされているので、安定した動きで汚れを消すことができます。三角の隅を使って細かいところの汚れを落とすこともできそうです。三角の側面も使えるので、どんな場所でも使えるでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

壁に向かって消しゴムをこすり続けるのは意外と疲れるものです。この消しゴムは形に工夫がされているので、安定した動きで汚れを消すことができます。三角の隅を使って細かいところの汚れを落とすこともできそうです。三角の側面も使えるので、どんな場所でも使えるでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値596円(税込)

この商品の特徴

水性の汚れだけでなく、油性の汚れも落とせるクロス消しゴムです。汚れを広げずに、ピンポイントで落とします。壁だけでなく、スニーカーなどのしつこい汚れにも使えそうです。消しゴム自体がやわらかいので、クロスに負担がかかりにくいようです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

水性の汚れだけでなく、油性の汚れも落とせるクロス消しゴムです。汚れを広げずに、ピンポイントで落とします。壁だけでなく、スニーカーなどのしつこい汚れにも使えそうです。消しゴム自体がやわらかいので、クロスに負担がかかりにくいようです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値265円(税込)

この商品の特徴

意外と汚れが落ちないのがビニール床です。この消しゴムは研磨剤を含んでいないので、ビニールを傷つけることなく汚れを落とします。ビニール床だけでなく、エナメル製品などにも使えるそうです。波形の面が頑固な汚れを落とします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

意外と汚れが落ちないのがビニール床です。この消しゴムは研磨剤を含んでいないので、ビニールを傷つけることなく汚れを落とします。ビニール床だけでなく、エナメル製品などにも使えるそうです。波形の面が頑固な汚れを落とします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

Yahoo!ショッピング最安値263円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値220円(税込)

この商品の特徴

家の中にある、いろんなタイプの汚れを落としたいという方にはこの消しゴムがおすすめです。壁の落書きや汚れなどから、すす汚れ、サビ汚れなどにまで使えます。研磨剤が入っているので、使用する箇所を軽くこすってみて、問題がなければ力を入れるという方法が安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

家の中にある、いろんなタイプの汚れを落としたいという方にはこの消しゴムがおすすめです。壁の落書きや汚れなどから、すす汚れ、サビ汚れなどにまで使えます。研磨剤が入っているので、使用する箇所を軽くこすってみて、問題がなければ力を入れるという方法が安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値537円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

他のお掃除グッズもチェック

引っ越しや大掃除など、大掃除が必要なときには、お掃除グッズがあると便利です。掃除したい箇所にあった、お掃除グッズを見つけましょう。

壁の汚れ用消しゴムのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー