美白美容液のおすすめ11選!プチプラのちふれや無印も

白くて美しい肌を保つために欠かせないのが「美白美容液」です。シミやそばかすを防いだり、既にあるシミに効くと、30代や40代の女性に人気があります。SKⅡなどの高級メーカーから無印、ちふれなどのプチプラ商品など、幅広い商品がドラッグストアなどで販売されています。今回は、美白美容液の選び方や効果的な使い方、Amazonや美的ランキングなどで人気のおすすめ商品をご紹介します。

白く透き通る肌を手に入れたい

白い肌を保つために、紫外線が強い夏場に集中してケアをしている方は多いのではないでしょうか?しかし、肌への紫外線の影響は、秋~春先の時期の方が大きいと言われています。シミやそばかすを防いで白く透き通る肌をキープするには、一年を通してケアが必要と言えます。

知らず知らずのうちに日焼けが定着してしまったり、シミやそばかすが増えてしまうのを防ぎたいという方には「美白美容液」がおすすめです。美白美容液を使って日々のお手入れをすることで、白く透き通る肌をキープすることができます。

美白美容液に期待できる効果

シミの予防効果が期待できる

美白美容液を使うことで、シミの予防効果が期待できます。肌が紫外線を浴びると、シミやそばかすの原因となる「メラニン」という物質が生成されます。本来、メラニンは肌を紫外線から守るために生成されます。しかし、紫外線を過剰に浴びてしまうと、メラニンも過剰に生成されてしまい、蓄積することでシミやそばかすがつくられてしまいます。美白美容液は、メラニンの過剰な生成を抑えることで、肌にシミやそばかすができるのを防いでくれます。

シミやそばかすを薄くする

美白美容液の中には、既にあるシミやそばかすを薄くする効果が期待できる商品もあります。美白美容液に含まれる「ビタミンC誘導体」という美白成分は、シミやそばかすを薄くするのと同時に、新しく発生するのを防いでくれると言われています。

肌のトーンアップに期待できる

美白美容液の中には、シミやそばかすを薄くすることで、肌をよりクリアにする「トーンアップ効果」が期待できる商品もあります。ただし、美白美容液には、肌本来の色以上に白くする効果はないので注意が必要です。

肌のキメを整える

美白美容液の中には、肌のキメを整える効果が期待できる商品もあります。肌は乾燥や摩擦、紫外線による影響などが原因で、細胞の網目が粗くなり、キメが乱れた状態になることがあります。保湿力の高い美白美容液を使えば、保湿成分が角質層まで浸透し、肌のキメを整えてくれると言われています。

美白美容液の選び方

美白成分が配合されてるものを選ぶ

シミやそばかすを薄くする「ビタミンC誘導体」

「ビタミンC誘導体」は、美白には欠かせない成分です。「美肌ビタミン」とも呼ばれています。壊れやすい「ビタミンC」を、誘導体とすることで安定させた成分です。メラニン色素抑制や色素沈着の防止、肌の老化の原因となる活性酸素の除去効果などに期待できます。既にあるシミやそばかすを薄くしたい場合は、「ビタミンC誘導体」を含む美白美容液を選ぶのがおすすめです。

ターンオーバーを正常化する「プラセンタエキス」

「プラセンタエキス」とは、豚や馬、羊などの動物の胎盤から抽出したエキスです。年齢を経るごとに乱れがちな、肌のターンオーバーを正常化することで、メラニンの沈着を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果があると言われています。そのほか、血行促進効果や保湿効果などにも期待できる美白成分です。

美白効果が高い「ハイドロキノン」

「ハイドロキノン」とは、麦芽やいちごなどに含まれる成分です。肌への色素沈着効果が高いことで海外でも注目されており「肌の漂白剤」とも呼ばれています。海外の美白美容液には使用されていますが、刺激が強い成分なので、日本では美白有効成分としては認可されていません。肌が弱い方などの使用には、注意が必要です。

低刺激でメラニン抑制効果に期待できる「アルブチン」

「アルブチン」は、「ハイドロキノン」の一部を変化させてつくられた成分で、「ハイドロキノン誘導体」とも呼ばれています。「ハイドロキノン」よりも安全性が高く、肌への刺激が弱いのが特徴です。メラニン抑制効果が期待できますが、ハイドロキノンの効果よりは劣ります。

メラニンの抑制効果がある天然成分「エラグ酸」

「エラグ酸」とは、ざくろやいちご、クランベリーなどの、ベリー系の果物や野菜に含まれる天然成分で、ポリフェノールの一種です。肌には低刺激でメラニン抑制効果があり、色素沈着の予防・改善効果も期待できます。

テクスチャーで選ぶ

美白美容液は、商品によって「さらさら」や「しっとり」など、テクスチャーが異なります。テクスチャーは、好みの使用感や肌のコンディションに応じて選ぶことをおすすめします。また、夏場はさらさらタイプを使用し、肌が乾燥しがちな冬場はしっとりタイプを使用するなど、季節に応じてテクスチャーを選ぶのもおすすめです。

肌質に合う成分で選ぶ

美白美容液を選ぶ際は、配合成分が自分の肌質に合うかどうかも重要なポイントです。肌質に合わない成分が配合されていると、肌荒れなどの原因となるので、注意が必要です。

乾燥肌の方には「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」を

乾燥肌は、肌の水分も油分も不足している状態です。乾燥肌が気になる方には、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」、「セラミド」、「リピジュア」、「アミノ酸」などの保湿成分が含まれるタイプの美白美容液がおすすめです。また、乾燥肌は刺激に敏感になりやすい状態です。「ハイドロキノン」などの刺激が強い成分は避け、無添加などの低刺激の商品を選ぶと良いでしょう。

敏感肌の方には低刺激のものを

敏感肌は、肌のバリア機能が低下することで、外部の刺激を受けやすい状態になっています。乾燥肌と共通する部分もありますが、敏感肌の方には、無添加などの低刺激の美容液がおすすめです。

オイリー肌にはさっぱりした使用感のものを

オイリー肌とは、様々な原因により皮脂が過剰に分泌されている状態です。肌のべたつきが気になるオイリー肌の方には、さらさらしたローションタイプや、肌なじみの良い乳液タイプの美白化粧水がいいでしょう。オイリー肌は乾燥が原因で起こる場合もあります。肌がベタつくからと言って保湿を怠ると、反対にオイリー肌が進行してしまう可能性もあるので、注意が必要です。

医薬部外品と書いてあるものを選ぶ

「医薬部外品」の美白美容液とは、厚生労働省によって効果や効能が認められた「ビタミンC誘導体」などの成分が配合される商品のことです。「医薬品」と「化粧品」の間に位置する商品で、医薬品よりも効果が緩やかで、副作用の危険性がないのが特徴です。「化粧品」扱いの美白美容液は、「医薬部外品」よりもさらに効果が緩やかになるので、「医薬部外品」と表示のあるものを選ぶことをおすすめします。

価格で選ぶ

ターンオーバーによって肌が生まれ変わる周期は、およそ28日間と言われています。美白美容液を使って肌を改善するには、少なくとも1ヶ月以上継続することが大切です。美白美容液を選ぶ際は、継続して購入できる価格帯のものを選びましょう。

美白美容液の使い方

化粧水→美白美容液→乳液の順で使う

一般的な美白美容液を使う順番は、「化粧水→美白美容液→乳液」です。化粧水によって柔らかくなった肌に美白美容液を付けることで、肌に浸透しやすくなります。ただし、商品の中には化粧水の前に使うことが推奨されている場合もあります。使用の際は、商品の説明書きを確認することをおすすめします。

手のひらで優しく温めてから付ける

美容液を付ける際に、肌にパッティングして浸透させる方は多いのではないでしょうか。パッティングは肌の血行促進には効果的ですが、力が強すぎてしまうと、反対に肌を傷める原因になってしまいます。美白美容液を付ける際は、手のひらで温めて伸ばしてから、優しく顔全体を覆いながら浸透させてください。

美白美容液のおすすめ11選

最安値4,786円(税込)

3.95(25件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値16,200円(税込)

3.50(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値10,700円(税込)

4.20(7件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値5,940円(税込)

4.60(36件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,700円(税込)

4.10(38件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値16,000円(税込)

5.00(4件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値6,640円(税込)

3.80(21件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,578円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,589円(税込)

3.60(15件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,680円(税込)

4.00(1件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値943円(税込)

3.80(861件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

フェイスマスクを合わせて使おう!

フェイスマスクの中には、美白効果に期待できるものもあります。美白美容液と合わせて使用して、透明感のある肌を目指しましょう。

まとめ

美白美容液には、シミやそばかすを防ぐものや、肌のトーンアップをさせてくれるものなど、様々なタイプがあります。自分の肌悩みに合わせて、ぜひお気に入りの商品を見つけて下さい。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー