MIDIキーボードのおすすめ8選【2020年版】

MIDIキーボードのおすすめ8選【2020年版】

MIDIキーボードの使い方は、culbaseなどのDTMソフトと接続し、演奏するように音のデータを打ち込むことです。KORG、ローランドなどから発売され、楽器ができなくても使用できます。音源内蔵タイプや、ペダル端子、パッド付き、iPad使用可能、ピアノタッチが可能など、様々な商品があるので選びきれない方も多いようです。そこで今回はMIDIキーボードの選び方や、最新のおすすめの商品をご紹介します。

音の入力をスムーズにしたい

音の入力をスムーズにしたい

音楽を製作する方法のひとつに「DTM(デスクトップミュージック)」があります。楽器がなくてもパソコン上で作曲することはできますが、このときにあると便利なのが、MIDIキーボードです。MIDIキーボードがあれば、鍵盤を叩くことで、音のデータを打ち込むことができます。マウスでひとつひとつ音を設定する必要がなく、特に和音などの、複数の音を入力する場合は、非常に便利です。楽器ができなくても作曲ができるため、人気が高いアイテムですが、種類が多すぎて選び方がわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、MIDIキーボードの選び方と、おすすめの商品を紹介します。

MIDIキーボードのメリット

作曲ソフトでの入力が簡単

作曲ソフトでの入力が簡単

出典:Amazon.co.jp

MIDIキーボードを使えば、キーボードを弾く感覚で、音をデータとして打ち込むことが可能です。楽器ができない方でも充分に使えますが、特にピアノやキーボードの演奏ができる方にとっては、マウスを使って音を入力するよりも、格段に入力作業が楽になります。データ入力のスピードもアップするので、「あると便利」ではなく「もはや必須」のアイテムと言えそうです。

音の入力ミスを防げる

MIDIキーボードを使った音の入力は、実際に鍵盤を叩き、音を聴きながらの作業となるので入力ミスを防ぐことができます。画面を見ながらのデータ入力の場合、目視での確認となるため、音が違っていても気づきにくいというデメリットがあります。間違いに気づいた場合も、1つの楽器だけなら簡単に修正することができます。しかし、様々な楽器を使用する、複雑な音階の曲の場合は、入力が正しいのかどうかや、もし万が一間違っていた場合でも、どこが間違っているのかを確認するのに時間がかかります。入力ミスを防ぐことができることも、MIDIキーボードの大きなメリットのひとつとなります。

MIDIキーボードの選び方

使う目的で選ぶ

演奏用なら音源内臓タイプを

MIDIキーボードの使用目的のひとつに、データ入力ではなく、演奏用にするというものがあります。鍵盤数のバリエーションも多く、コンパクトな製品もあるため、一般的なキーボードを置くスペースがない方や、将来的にDTMに挑戦したい方にとっては、キーボードを購入するよりも、MIDIキーボードを購入する方がメリットが多いでしょう。ただし気をつけなければいけないのは、MIDIキーボードの多くが、単体では音を出せないということです。パソコンにつなぐか、外付けの音源モジュールが必要になるので、演奏目的で購入する方は購入前にしっかりと確認しておきましょう。

音づくりの確認なら25鍵や35鍵盤もOK

MIDIキーボードは、音色の確認に使用することもできます。例えば「今打ち込んだ音色は、実際にはどんな音なんだろう」と言う場合に、鍵盤を叩くだけで簡単に音色の確認をすることができます。本格的な演奏を行うのであれば、ピアノのフルサイズである88鍵が使いやすいですが、音作りの確認程度なら、小さくて持ち運びがしやすいものを選ぶとよいでしょう。

ステップ入力用ならコンパクトタイプを

ステップ入力とは、実際の演奏を録音するのではなく、あらかじめ決めておいた音の長さを、MIDIノートに書き込んでいく入力法のことです。実際の演奏を録音するわけではないため、鍵盤楽器の演奏ができない方でも使いこなすことができます。ドラムのリズムの打ち込みや、iPhoneやipadなどの比較的小さな画面で作業をする際にも活躍します。

鍵盤の数で選ぶ

鍵盤の数で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

MIDIキーボードの鍵盤の数は、主に25鍵、32鍵、49鍵、61鍵、88鍵となっています。88鍵は普通のピアノと同じ鍵盤数なので、ピアノ演奏の経験がある方にはなじみがあり、演奏しやすいでしょう。できるだけ省スペースで済ませたいけれど、両手で演奏したいという方は61鍵、ある程度鍵盤楽器の経験があるなら49鍵が便利です。演奏を録音するのではなく、ステップ入力や音色の確認だけの使用なら、32鍵や25鍵でも良いでしょう。サイズも大幅に小さくなるため、PC前での作業がしやすくなります。

鍵盤のサイズで大きさが変わる

鍵盤のサイズで大きさが変わる

出典:Amazon.co.jp

鍵盤数だけではなく、鍵盤のサイズによっても、MIDIキーボードの大きさが変わります。鍵盤のサイズは2種類あり、ひとつがフル鍵盤サイズ(フルキー)で、もうひとつがミニ鍵盤サイズ(ミニキー)です。フルキーはピアノなどと同じ鍵盤サイズなので、演奏しやすくなりますが、MIDIキーボードのサイズが大きくなります。ミニキーはMIDIキーボードのサイズをコンパクトに抑えることができますが、演奏性は劣ります。演奏をそのまま録音する「リアルタイム入力」ならフルキーが、ステップ入力や音色の確認用なら、コンパクトに収まるミニキーがおすすめです。

接続方法で選ぶ

スタンダードな有線

MIDIキーボードの接続方法で多いのが有線タイプです。有線タイプであれば、データの入力だけではなく、同時にデバイスからMIDIキーボードへの充電が可能であることが多いため、充電を気にする必要がありません。iPhoneやiPadと接続する場合は、直接接続できるケーブルが搭載されている製品もありますが、変換アダプタが必要になる場合もあります。購入前に確認しておきましょう。

PC周りをすっきりさせるなら無線

作業中のPC周りをすっきりとさせることができるのが、無線タイプ(Bluetooth)のMIDIキーボードです。また、無線タイプであれば、iPhoneやiPadと接続する際に、専用ケーブルや変換アダプタを用意する必要もありません。ただし、有線接続と比較すると、データの遅延が発生するなどのデメリットもあります。

コントローラーの機能で選ぶ

コントローラーの機能で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

MIDIキーボードには鍵盤以外にも、様々な機能が搭載されています。例えばドラムのリズム入力に便利なパッドや、トランスポートボタン、フェーダー、ツマミなどもあります。便利な機能ですが、機能性が高まるにつれ、価格も比例する傾向にあります。必要な機能を見極めて、コントローラーの機能を選びましょう。

好みの鍵盤のタッチを確認

重ためのハンマーアクション鍵盤

ハンマーアクション鍵盤とは、ピアノの打鍵感と同じく「重ため」の鍵盤のことです。普段キーボードしか演奏していない方や、鍵盤楽器を使用していない方にとっては、少し使いにくく感じるかもしれません。反対に、日頃ピアノを演奏している方にとっては、いつも通りの使用感なので、リアルなピアノタッチの演奏を行うことができます。ただし、MIDIキーボードの鍵盤としては数が少ないタイプです。

強弱をつけやすいセミウェイト鍵盤

セミウェイト鍵盤は、ハンマーアクション鍵盤とライトウェイト鍵盤の中間の打鍵感です。ピアノを弾くように、演奏に強弱をつけやすいことが特徴です。

リズムに最適なライトウェイト鍵盤

ライトウェイト鍵盤は、バネ機構になっていて、もっとも軽い打鍵感のキーボードです。ドラムやパーカッションなどの、リズムトラックの作成に向いています。

サスティンペダル端子の有無で選ぶ

サスティンペダル端子の有無で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

サスティンペダルとは、ペダルを踏むことで音を伸ばすことができるアイテムです。あらかじめMIDIキーボードに付属しているものではなく、使用する場合は別途購入する必要があります。ただし、MIDIキーボードには、サスティンペダルの端子が搭載されていない製品もあるため、使用予定の方は購入前に確認しておきましょう。

メーカーで選ぶ

プロも愛用のKORG

国内外のミュージシャンから、厚い信頼を得ているシンセサイザー、エフェクター、チューナーなどを扱う日本のメーカーです。品質の高さと豊富なラインナップが特徴です。

演奏性を重視するならローランド

ローランドは、ピアノの出荷量日本一の、静岡県に本社を置く電子楽器メーカーです。鍵盤数が多いMIDIキーボードを数多く取り揃えているため、演奏性を重視する方におすすめです。

種類が豊富なエムオーディオ

アメリカに本社を置く、DTM向けの音響機器を取り扱うメーカーです。シンプルな製品から高機能な製品まで、様々な種類のMIDIキーボードがあるので、目的にあわせた製品選びが可能です。

MIDIキーボードのおすすめ8選

25鍵タイプ

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,070円(税込)

この商品の特徴

USBケーブルで接続するだけですぐに使用できるキーボードコントローラーです。ノートパソコンやiPad、iPhoneと組み合わせて使用するのにも最適です。薄型でコンパクトなサイズなので外出先や省スペースでの音楽制作におすすめです。ミスタッチを防ぐためにキーとキーの間にも幅がある設計になっています。オレンジを基調としたデザインは見た目にもおしゃれです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

USBケーブルで接続するだけですぐに使用できるキーボードコントローラーです。ノートパソコンやiPad、iPhoneと組み合わせて使用するのにも最適です。薄型でコンパクトなサイズなので外出先や省スペースでの音楽制作におすすめです。ミスタッチを防ぐためにキーとキーの間にも幅がある設計になっています。オレンジを基調としたデザインは見た目にもおしゃれです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値4,780円(税込)

この商品の特徴

USBで接続して使用できるMIDIキーボードです。サイズ395mm×131mm×52mmの25鍵モデルです。コンパクトサイズなので可搬性に優れており、外出先での使用にもおすすめです。黒鍵と白鍵の比率も演奏しやすい設計になっておりタッチや響きにこだわって作られています。打ち込みから演奏、外出先、自宅での音楽制作など幅広い用途で使用することが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

USBで接続して使用できるMIDIキーボードです。サイズ395mm×131mm×52mmの25鍵モデルです。コンパクトサイズなので可搬性に優れており、外出先での使用にもおすすめです。黒鍵と白鍵の比率も演奏しやすい設計になっておりタッチや響きにこだわって作られています。打ち込みから演奏、外出先、自宅での音楽制作など幅広い用途で使用することが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値9,222円(税込)

この商品の特徴

軽量・コンパクト・省スペースなベロシティ対応25鍵センシティブ・ミニ・キーボードです。持ち運ぶのにも便利なサイズです。特別なドライバをインストールする必要はなく、MacやWindowsコンピュータに接続するだけでご使用いただけます。見た目もデザイン性があり、スタイリッシュでおしゃれと高評価です。コストパフォーマンスに優れた商品との声も多く聞かれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

軽量・コンパクト・省スペースなベロシティ対応25鍵センシティブ・ミニ・キーボードです。持ち運ぶのにも便利なサイズです。特別なドライバをインストールする必要はなく、MacやWindowsコンピュータに接続するだけでご使用いただけます。見た目もデザイン性があり、スタイリッシュでおしゃれと高評価です。コストパフォーマンスに優れた商品との声も多く聞かれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

32鍵タイプ

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値17,600円(税込)

この商品の特徴

ローランドの高性能MIDIキーボード・コントローラーです。キーボードとしての演奏感とコントローラーとしての操作感をさらに追求し、演奏性の高さとリアルタイム・コントローラーとしての機能性の高さを両立させました。音楽制作だけでなく、ライブなどのリアルタイムなパフォーマンスにも対応可能です。見た目にもカッコイイと評価が高く、インテリア性もバツグンです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ローランドの高性能MIDIキーボード・コントローラーです。キーボードとしての演奏感とコントローラーとしての操作感をさらに追求し、演奏性の高さとリアルタイム・コントローラーとしての機能性の高さを両立させました。音楽制作だけでなく、ライブなどのリアルタイムなパフォーマンスにも対応可能です。見た目にもカッコイイと評価が高く、インテリア性もバツグンです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

49鍵タイプ

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値19,800円(税込)

この商品の特徴

本格シンセ鍵盤を採用し、弾き心地を徹底追求したローランドの49鍵 MIDIキーボード・コントローラーです。「Ableton Live Lite」のライセンスが付属されていますので、音楽制作には最適です。MIDI音源にもソフトウェアシンセサイザーの演奏にも対応しており、柔軟性を備えた商品です。また、幅84cm、奥行19cmのコンパクトサイズなので、置き場所や収納に困りません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

本格シンセ鍵盤を採用し、弾き心地を徹底追求したローランドの49鍵 MIDIキーボード・コントローラーです。「Ableton Live Lite」のライセンスが付属されていますので、音楽制作には最適です。MIDI音源にもソフトウェアシンセサイザーの演奏にも対応しており、柔軟性を備えた商品です。また、幅84cm、奥行19cmのコンパクトサイズなので、置き場所や収納に困りません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

49・88鍵タイプ

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値9,744円(税込)

この商品の特徴

エムオーディオの、キーボードです。49鍵になります。サイズは82.19cm×6.81cm×18.9cmです。ベロシティーに対応しています。バーチャル・インストゥルメントがバンドルされています。操作がシンプルなので、初めての方でも安心です。コンパクトで軽量なので、機能性に優れ使いやすいキーボードを求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

エムオーディオの、キーボードです。49鍵になります。サイズは82.19cm×6.81cm×18.9cmです。ベロシティーに対応しています。バーチャル・インストゥルメントがバンドルされています。操作がシンプルなので、初めての方でも安心です。コンパクトで軽量なので、機能性に優れ使いやすいキーボードを求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

61鍵タイプ

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値74,580円(税込)

この商品の特徴

ネイティブインスツルメントの、スマートキーボードコントローラーです。61鍵になります。コード進行・アルペジオの演奏や白鍵にスケールを配置することが、1つのキーで操作することができます。セミウェイト・アフタータッチがついています。パソコンの画面を見ることなくコントロールすることができ、使いやすいキーボードコントローラーを求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ネイティブインスツルメントの、スマートキーボードコントローラーです。61鍵になります。コード進行・アルペジオの演奏や白鍵にスケールを配置することが、1つのキーで操作することができます。セミウェイト・アフタータッチがついています。パソコンの画面を見ることなくコントロールすることができ、使いやすいキーボードコントローラーを求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

キーボードを持ち運びたい方はこちらもチェック! 

下記リンク先では、キーボードの持ち運びに便利なケースを紹介しています。背負えるタイプもあるので、持ち運びをする方はぜひ参考にしてみてください。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー