融雪剤のおすすめ8選!雪を溶かしても車が錆びない

融雪剤のおすすめ8選!雪を溶かしても車が錆びない

雪が降ったあとに「融雪剤」を使えば、雪を溶かすことができ、雪かきの負担を減らすことができます。ホームセンターで手軽に手に入れることができますが、屋根への使用や、駐車場に使用しても塩害で車が錆びない成分、保管方法、粒状と液体タイプとの違いなど、たくさん種類があり、どれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。そこで今回は、成分ごとの特徴や、融雪剤の選び方、おすすめの商品を紹介します。昭和貿易の凍結防止剤アイスキラーや、低価格で効果が高いものなどが揃っていますよ。

雪かきの負担を軽くしたい

寒い季節になると、毎朝雪かきが日課だという方もいらっしゃるでしょう。降り積もって固まった重たい雪を、自力でかくのは一苦労ですよね。

雪かきの負担を軽くしたい

そんな負担を軽減してくれるのが「融雪剤」です。融雪剤とは、降り積もった雪に撒くことで、固まった雪をシャーベット状にとかしてくれる薬剤です。雪が積もる前に撒くことで、道路への着雪を防ぐ効果もあります。いずれにせよ、翌朝の雪かきをグンと楽にしてくれるアイテムです。最適な製品を選んで、冬の生活に役立てましょう。

融雪剤の効果

融雪剤の効果は雪を溶かすことと、雪を路上に積もらせないことの2つに分けることができます。

雪を溶かす効果

雪を溶かす効果

融雪剤には、降り積もった雪を溶かす効果があります。大量の雪が固まっていても、約1時間でシャーベット状に溶かすことができるので、雪かきの前に融雪剤を撒くことで、雪かきの労力を軽減することができます。また、融雪剤を使ったあとは、雪が凍りにくくなるというメリットもあります。

路上に雪を積もらせない凍結防止効果

路上に雪を積もらせない凍結防止効果

雪が降り積もる前に融雪剤を撒くことで、路面への着雪を防ぐため、凍結防止効果もあります。特に夜間の道路に着雪すると、路面が凍って危険なので、雪の降りはじめに融雪剤を撒いておくと安心です。

融雪剤が雪を溶かす仕組み

塩化カルシウムが熱を発生させる

塩化カルシウムは、融雪剤に使用される中で、もっともメジャーな成分です。水分と反応すると熱を発生させる性質があるため、雪の上に撒くことで、水と化学反応を起こして雪を溶かします。また、水に溶けた塩化カルシウムは、水が氷になる温度を0度から-50度に下げる働きがあるため、路面の凍結を防止する効果もあります。ただし、鉄製品に触れるとサビが生じる可能性があるので、車やガードレールなどの付近に撒く場合は注意しましょう。

尿素や活性炭はサビが気になる場所にも

塩化カルシウム以外の成分を使った融雪剤もあります。塩化カルシウムは鉄製品をサビさせてしまうため、撒く場所に注意する必要がありますが、尿素や活性炭、サトウキビの成分などからつくられた融雪剤は、腐食の恐れがありません。そのため、サビや塩害が気になる場所にも使用することができます。ただし、尿素が成分となった融雪剤は、畑などに撒いたときに、直接植物に触れると富栄養になったり、アルカリ性の物質と混ざるとアンモニアを発生したりするデメリットもあるので、注意してください。

融雪剤と凍結防止剤の違い

融雪剤は、積もった雪をとかす働きがあり、凍結防止剤は、雪の凍結を防ぐ働きがあります。融雪剤と凍結防止剤の主な違いは主成分です。融雪剤には主に塩化カルシウムが使用され、水に触れることで化学反応を起こし、熱を発生させて雪を溶かします。一方、凍結防止剤は主に塩化ナトリウムでできています。熱を発生させる力は塩化カルシウムに比べると劣りますが、その分長時間効果が持続します。雪の降りはじめに撒くことで、雪が凍らないため、路面の凍結を防止することができます。

融雪剤の選び方

撒く場所などを考慮した成分で選ぶ

塩化カルシウム

塩化カルシウムは、融雪剤ではもっともポピュラーな成分です。雪をとかすスピードがはやく、凝固点(水が氷になる温度)を-50度に下げるため、凍結防止効果もあります。ただし鉄製品を腐食させるなどの塩害があるため、使用場所に注意が必要です。

塩化ナトリウム

塩化ナトリウムは、凍結防止剤に良く使われる成分です。雪をとかすスピードはゆっくりですが、その分効果が持続します。凝固点を-20度に下げる効果があります。塩害に注意が必要です。

塩化マグネシウム

塩化マグネシウムは、「にがり」として豆腐づくりなどに使用される成分です。水に溶けやすく、凍結防止剤などとしても使用されます。塩害に注意が必要です。

炭酸カルシウム

炭酸カルシウムの融雪剤は、水に溶けにくいので即効性はありませんが、塩害を抑えることができます。

酢酸カルシウム

酢酸カルシウムは塩化カルシウムに比べるとやや高価になりますが、塩害を抑えることができます。カチカチに凍った雪には、水溶液にして撒くと早く効果が実感できます。

酢酸マグネシウム

酢酸マグネシウムは、土壌を改良するためにも使用される成分で、塩害の心配はありません。コンクリートへの影響も少ないため、安心して使用できます。ただし費用が高くなるというデメリットがあります。

尿素

尿素も塩害の心配がなく、畑や芝生、駐車場などにも安心して使用できます。ただし即効性がなく、アルカリ性と混ざり合うとアンモニアを発生し、異臭がするなどのデメリットもあります。

炭素

炭素はカーボンブラックとも呼ばれ、文字通り、真っ黒な融雪剤です。雪の上に撒くことで、黒色が太陽光を吸収することによる熱の力で雪を溶かします。塩害の心配はありませんが、太陽光の届かない日陰や夜間は、効果を発揮しません。また、「平成28年度ばく露実態調査対象物質の評価値について」での発表によると、カーボンブラック自体は「ヒトに対する発がん性が疑われる」と位置づけされています。

固形か液体か形状で選ぶ

一般的な固形(粒状)タイプ

一般的な固形(粒状)タイプ

出典:Amazon.co.jp

融雪剤の多くが固形(粒状)タイプです。融雪剤は素手で触ることができないので、手袋を着用したり、スコップを使って撒きます。道具を使って撒く場合は、融雪剤の成分によっては腐食する恐れがあるので、鉄製品を使わないよう注意しましょう。

撒きやすい液体タイプ

固形タイプに比べると撒きやすいというメリットがある反面、コストが高くなるというデメリットがあります。その点で、広範囲への使用は向かないかもしれません。用途にあわせて選ぶと良いでしょう。

まく環境に合わせる

金属がある場所には塩害の恐れがないものを

金属がある場所には塩害の恐れがないものを

駐車場などの鉄製品が多くある場所には、塩害の恐れがない融雪剤がおすすめです。塩化カルシウムなどが主成分となった融雪剤を使用すると、車体やホイールが錆びてしまう危険性があるので注意してください。融雪剤が直接車に触れなくても、水に溶けた融雪剤がしぶきとなって跳ねる可能性もあります。

庭や畑に撒くなら土壌に影響をあたえないものを

庭や畑に撒くなら土壌に影響をあたえないものを

草花を育てている庭や、野菜を育てている畑などに融雪剤をまく場合は、pH調節がされている製品や、尿素や活性炭など、土壌に影響をあたえない融雪剤を使用しましょう。ただし、尿素の場合は、作物に直接触れることで、富栄養化(貧栄養状態から富栄養状態に移行すること)する可能性があるので注意が必要です。

融雪剤の使い方

まくタイミング

雪の降りはじめや積もる前に撒いて着雪を防止

路面の凍結防止や、道路の着雪防止効果を期待するのなら、雪の降りはじめに撒きましょう。融雪剤には凝固点を下げる働きがあるので、雪が凍ってスリップするなどの危険を回避することができます。

雪が降り積もったあとに雪を溶かす

降り積もって固まった雪に融雪剤を使用することで、雪を溶かす効果が期待できます。塩化カルシウムを成分とした融雪剤であれば、約1時間で固まった雪をシャーベット状に溶かすことができるので、雪かきの労力を軽減することができます。

1平方メートルあたり50〜100gをまく

塩化カルシウムが成分となった融雪剤の使用目安量は、1平方メートルあたり50~100gと言われています。これは、片手のひらに山盛り程度の量となります。塩化カルシウムは塩害の恐れがあるため、撒き過ぎは車やコンクリートにダメージをあたえる危険性があるので、気をつけましょう。

密閉して保管する

余った融雪剤は、密閉保管が基本です。特に塩化カルシウムは、除湿剤としても使用されます。空気中の湿度を吸収してしまうため、できるだけ密封して、冷暗所にて保管しましょう。

融雪剤を使うときの注意点

素手では触らない

塩化カルシウムは、水と反応して熱を発生させる性質があります。そのため、素手で触ると火傷や肌荒れの危険性があります。素手では触らないよう、充分注意して使用しましょう。使用する際はゴム手袋を着用し、プラスチックや樹脂製のスコップなどを使用することをおすすめします。除雪作業のときに役立つゴム手袋やスコップを、次の記事で紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

撒く場所には注意する

塩害の恐れがある融雪剤が車に触れると、サビの原因となります。車だけではなく、ガードレールやその他の鉄製品、植物や作物なども同様です。撒く場所と融雪剤の成分には、充分な注意を払いましょう。万が一車にかかった場合は、すぐに水で洗い流してください。

融雪剤のおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

株式会社コンパルの凍結防止剤「融雪くん」です。尿素を成分とした凍結防止・融雪剤で、塩化カルシウム等と異なり、金属の腐食やコンクリートの侵食が少ないため安心して散布できます。アイスバーンが短時間でシャーベット状になるので、玄関前や車庫前のスリップ防止に効果的です。アイスバーンシャーベット状になるので、除雪がしやすくなります。雪に備えて家庭に常備しておくのにおすすめです。

この商品の特徴

株式会社コンパルの凍結防止剤「融雪くん」です。尿素を成分とした凍結防止・融雪剤で、塩化カルシウム等と異なり、金属の腐食やコンクリートの侵食が少ないため安心して散布できます。アイスバーンが短時間でシャーベット状になるので、玄関前や車庫前のスリップ防止に効果的です。アイスバーンシャーベット状になるので、除雪がしやすくなります。雪に備えて家庭に常備しておくのにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

長良化学工業の融雪剤「雪とけっ子」です。積雪や凍結の恐れがある場合に、事前に散布することで凍結を予防することができます。また、すでに積雪や凍結したところに散布することで、雪や氷を溶かす効果もあります。使用料の目安は、環境等によって異なりますが、1平方メートルあたり0.5から1kgです。冬季の凍結に備え、家庭に一つ置いておくとおすすめです。

この商品の特徴

長良化学工業の融雪剤「雪とけっ子」です。積雪や凍結の恐れがある場合に、事前に散布することで凍結を予防することができます。また、すでに積雪や凍結したところに散布することで、雪や氷を溶かす効果もあります。使用料の目安は、環境等によって異なりますが、1平方メートルあたり0.5から1kgです。冬季の凍結に備え、家庭に一つ置いておくとおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

讃岐化成の融雪剤、凍結防止剤です。内容量は10㎏です。玄関、階段、坂道など凍結しやすい場所や、車両の行き交う凍結場所に直接散布できます。土壌負荷の小さいと言われる尿素を使用した、環境に優しい仕様となっています。冬季の凍結対策に一家に一つ置いておくと安心です。使用場所を選ばないので家庭用にもおすすめです。

この商品の特徴

讃岐化成の融雪剤、凍結防止剤です。内容量は10㎏です。玄関、階段、坂道など凍結しやすい場所や、車両の行き交う凍結場所に直接散布できます。土壌負荷の小さいと言われる尿素を使用した、環境に優しい仕様となっています。冬季の凍結対策に一家に一つ置いておくと安心です。使用場所を選ばないので家庭用にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

PLOWの融雪剤です。容量は25kgになります。主な成分は塩化カリウムです。粒状なので使用しやすいです。冬場雪で凍結しやすい道路などにばら撒いておくと、雪に解けて発熱します。その効果で凍結してしまった場所を融解することが可能です。使いやすい粒状の融雪剤を求めている方・融雪剤を初めて購入する方におすすめです。

この商品の特徴

PLOWの融雪剤です。容量は25kgになります。主な成分は塩化カリウムです。粒状なので使用しやすいです。冬場雪で凍結しやすい道路などにばら撒いておくと、雪に解けて発熱します。その効果で凍結してしまった場所を融解することが可能です。使いやすい粒状の融雪剤を求めている方・融雪剤を初めて購入する方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

昭和貿易の凍結防止剤です。容量は4kgと8kgがあります。原材料は天然大理石加工品です。天然素材を使用しているので、安心・安全に使用でき、環境にも優しい凍結防止剤です。約20時間凍結を防止してくれるので、1日1回を目安に散布するだけで効果があります。楽で簡単に使用できる凍結防止剤を求めている方におすすめです。

この商品の特徴

昭和貿易の凍結防止剤です。容量は4kgと8kgがあります。原材料は天然大理石加工品です。天然素材を使用しているので、安心・安全に使用でき、環境にも優しい凍結防止剤です。約20時間凍結を防止してくれるので、1日1回を目安に散布するだけで効果があります。楽で簡単に使用できる凍結防止剤を求めている方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

三八五流通の融雪剤です。容量は5kgになります。主成分は高濃度の塩化ナトリウム・塩化カリウムです。この2つを混ぜ合わせ独自の製法で作られた融雪剤です。大きさは3㎜程度の小さな粒状です。即効性・持続性共に高い効果があります。早く融雪でき長時間凍結を防止することのできる商品を求めている方におすすめです。

この商品の特徴

三八五流通の融雪剤です。容量は5kgになります。主成分は高濃度の塩化ナトリウム・塩化カリウムです。この2つを混ぜ合わせ独自の製法で作られた融雪剤です。大きさは3㎜程度の小さな粒状です。即効性・持続性共に高い効果があります。早く融雪でき長時間凍結を防止することのできる商品を求めている方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ボトル入りの融雪剤です。玄関・道路・駐車場など、凍結してしまった場所や、事前に凍結を防止したい場所に粒状の塩化カルシウムを散布するだけで雪を溶かします。持ちやすく撒きやすい取っ手付きポリ容器は容量5Lで、使用目安は雪の降り始め~降った後は1坪あたり約300g、凍結した後なら400gほどです。雪の降りやすい地域の方などにおすすめです。

この商品の特徴

ボトル入りの融雪剤です。玄関・道路・駐車場など、凍結してしまった場所や、事前に凍結を防止したい場所に粒状の塩化カルシウムを散布するだけで雪を溶かします。持ちやすく撒きやすい取っ手付きポリ容器は容量5Lで、使用目安は雪の降り始め~降った後は1坪あたり約300g、凍結した後なら400gほどです。雪の降りやすい地域の方などにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

融雪用塩化カルシウムです。水に溶けやすく、多量の溶解熱を発生するほか、水の凍結温度を大幅に下げるため、即効性のある強力な凍結防止作用と融氷作用を発揮し、凍った雪の対処や霜柱防止用に役立ちます。また、強い吸湿力により路面に適度な湿り気を与え、埃の発生を防ぐ防塵効果もあります。降雪に伴う凍結にお困りの方、グラウンドなどの防塵対策を考えている方におすすめです。

この商品の特徴

融雪用塩化カルシウムです。水に溶けやすく、多量の溶解熱を発生するほか、水の凍結温度を大幅に下げるため、即効性のある強力な凍結防止作用と融氷作用を発揮し、凍った雪の対処や霜柱防止用に役立ちます。また、強い吸湿力により路面に適度な湿り気を与え、埃の発生を防ぐ防塵効果もあります。降雪に伴う凍結にお困りの方、グラウンドなどの防塵対策を考えている方におすすめです。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー