グリーンカーテンのおすすめ3選&選び方【夏を涼しく快適に】

グリーンカーテンのおすすめ3選&選び方【夏を涼しく快適に】

日差しを遮光し、日かげを作って気温を下げる効果のあるアイテムが「グリーンカーテン」です。朝顔やアイビー、食べられるものなら、きゅうり、ゴーヤなど本物の植物を使ったものもありますが、フェイクはより簡単に使用できます。フェイクカーテンは育てる手間がなく、冬の間はネットから外し、ベランダなどに保管することができます。今回はグリーンカーテンの選び方や、おしゃれなおすすめ商品をご紹介します。本物のグリーンカーテンの作り方も取り上げています。

グリーンカーテンとは

グリーンカーテンとは

外壁の窓の上から垂らしたり、ベランダや外構のフェンスに巻きつけて使用する植物のカーテンです。グリーンフェンスとも呼ばれています。人工のものは、エクステリアの一つで、ポリエステル・ポリエチレンでできた造花の葉っぱがネット状・格子状になっています。虫がつくこともなく、お手入れも不要で枯れることもないため、一年を通して使えます。カラーは濃い緑色から薄緑、少し茶色が入った緑色などがあります。フェンスや専用のバーに取り付ける際には結束バンドを用います。

グリーンカーテンの効果

室内の温度は外からの熱を遮ることで温度が下がりますが、室内のカーテンだけでなく窓の外側にも日かげを作ってあげるとより効果的です。グリーンカーテンで窓との間にできた空間は、断熱材のような役割を果たしてくれます。また、空気の通り道を作ってあげることにより、風通しがよくなって冷やされた空気が作られます。

グリーンカーテンの種類

ソフトネットタイプ

柔らかいナイロン素材でできており、柱など曲線があるところやシェードとして使用できます。

ハードネットタイプ

しっかりした作りなので直線的なフェンスやバルコニーに適しています。型くずれしにくいのも特徴です。

グリーンカーテンを選ぶポイント

グリーンにも数種類ある

緑系のカラーが複数色あります。アイビーなどに似せた薄緑色の葉は爽やかな印象を与え、濃い緑色は一年を通しても違和感なく使えます。外壁の色や庭の雰囲気に合わせて色を選ぶとよいでしょう。

サイズと伸縮性を確認する

取り付けたい場所に合わせてサイズを選んでみましょう。1m×2mが基本の形で、商品の数も多くあります。また、伸縮性のあるソフトネットタイプは120cm×40cm〜67cm×300cmまでと変形が自由にできます。伸縮性のあるタイプは使わないときに小さく縮めてコンパクトに収納できるため、日差しの強い夏の季節にのみ使用する場合におすすめです。

葉の密度をチェック

葉の付き方によって見え方も違います。おしゃれに飾りたいなら密度が薄いタイプがおすすめです。ほどよい隙間があることでこなれた雰囲気をだします。目隠しや日よけ対策として使用する場合は、密度の濃いタイプを選ぶと良いでしょう。特に目隠しを目的とするなら密度が濃い方が断然安心です。商品によって葉の付き方が違いますので、購入前に密度の程度も確認しておくといいですね。

日よけ目的ならUVカット加工が必要

家の中にいても、日光が当たると日焼けしてしまいます。日よけ対策としてグリーンカーテンを使うなら、紫外線(UV)カット加工がしてあるかどうかをチェックしておきましょう。

取り付けやすいものを選ぶ

取り付けに手間がかかるものもあります。セットに結束バンドやロープが入っているか、取り付けに複雑な作業がないかを確認しておくと安心です。また、2階の窓に取り付ける場合は、危険な作業が伴わないかもチェックしておきましょう。枠に葉が巻き付いていて、それを広げるだけで使用できるものもあります。

グリーンカーテンのつくり方

グリーンカーテンのつくり方

自分でグリーンカーテンをつくりたい、本物の植物のグリーンカーテンを育てたいという方は、苗を植え付けるところから始めてみましょう。グリーンカーテンとしての役割を果たしてくれるほど成長するまでには時間がかかりますが、愛着がわきそうですね。朝顔やアイビー、きゅうり、ゴーヤなどが一般的です。

以下のサイトでグリーンカーテンのつくり方が説明されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

グリーンカーテンのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値980円(税込)

この商品の特徴

サイズが1m×2mのグリーンカーテンです。葉っぱの裏側まで本物に近いつくりなので、日よけ対策や目隠しだけでなく、お部屋のインテリアアイテムとしても使えます。窓の外に取り付けるなら市販のすだれハンガーやマグネットフック、園芸用ロープなどでつけてください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

サイズが1m×2mのグリーンカーテンです。葉っぱの裏側まで本物に近いつくりなので、日よけ対策や目隠しだけでなく、お部屋のインテリアアイテムとしても使えます。窓の外に取り付けるなら市販のすだれハンガーやマグネットフック、園芸用ロープなどでつけてください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値4,980円(税込)

この商品の特徴

リーフの量が2倍の、ぎっしり葉っぱがつまったグリーンカーテンです。ほとんど隙間なくリーフがあるため、目隠しアイテムに最適です。付属品として結束バンドが16本ついています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

リーフの量が2倍の、ぎっしり葉っぱがつまったグリーンカーテンです。ほとんど隙間なくリーフがあるため、目隠しアイテムに最適です。付属品として結束バンドが16本ついています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値3,999円(税込)

この商品の特徴

バラ科のリーフを用いた伸縮性のグリーンカーテンです。網目状になったウッドフェンスタイプで、横幅が40cm〜300cmまで自在に伸び縮みできます。大きく伸ばして立てかけることができるので、窓の外側だけでなく玄関ドアの外に立てかけても涼しげですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バラ科のリーフを用いた伸縮性のグリーンカーテンです。網目状になったウッドフェンスタイプで、横幅が40cm〜300cmまで自在に伸び縮みできます。大きく伸ばして立てかけることができるので、窓の外側だけでなく玄関ドアの外に立てかけても涼しげですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー