ワイヤーストリッパーのおすすめ10選!自動タイプや横剥き式も

ワイヤーストリッパーのおすすめ10選!自動タイプや横剥き式も

ワイヤーストリッパーは、絶縁用のケーブル被覆をはぎ取るための工具です。日常的なDIYや電気工作はもちろん、車両の電飾などのカスタマイズにも使われています。自動調整のストレートタイプ、かしめ工具付き、単線、より線に対応できるもの、電気工事士技能試験用のものまで、様々な種類があります。今回は、ワイヤーストリッパーの特徴や選び方を、ベッセル、ホーザン、フジ矢などのおすすめの商品とともにご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ワイヤーストリッパーとは

ワイヤーストリッパーとは

出典:Amazon.co.jp

ワイヤーストリッパーとは、電線を覆っている外側のビニール部分を、はぐための工具です。電気が流れる芯線は、被覆と呼ばれる絶縁体(ビニール・ゴム)で覆われています。機器に電線をつなぐ際には、ワイヤーストリッパーで芯の部分を露出させて、端子へ接続する必要があります。

ワイヤーストリッパーの種類

穴が複数ついている手動タイプ

穴が複数ついている手動タイプ

出典:Amazon.co.jp

手動タイプは、刃に大きさの異なる穴が開いており、様々な配線コードの規格に合わせられるになっています。ニッパーのような形で、細いワイヤーにも対応しているのが手動タイプの特徴です。

自動調節機能付きの横剥きタイプ

自動調節機能付きの横剥きタイプ

出典:Amazon.co.jp

自動調節機能は、ワイヤーの太さに合わせて加える力を調節する機能で、ほとんどの横剥ぎタイプに付いています。また、ストリップするときにあまり力がかからないため、作業が疲れにくいです。ストリップしたいワイヤーを、垂直に差し込む必要がありますが、ワンタッチで剥ぐことができ、作業スピードを速めることができます。

複数の電線にも使える自動タイプ

複数の電線にも使える自動タイプ

出典:Amazon.co.jp

手動タイプや横剥ぎタイプは、ワイヤーの被覆を切るのに対して、自動タイプは被覆を挟んで引きちぎり、中の芯線を露出させます。様々な太さの電線に対応しており、一度に複数本のワイヤーを剥ぐこともできます。電気工事などの多くの電線を使用する作業に向いています。

ワイヤーストリッパーの選び方

電線の太さで選ぶ

極細線は手動タイプがおすすめ

極細線は手動タイプがおすすめ

極細線の電線のストリップには、手動タイプが重宝します。高精度で加工された刃を備えているため、ビニールで覆われた芯線を傷つけることなく、ストリップできます。

細線には自動調整機能タイプが便利

細線の中にも、様々な規格がありますが、自動調節機能が付いたタイプであれば、わざわざワイヤーストリッパーを取り換えることなく、スムーズに作業することができます。

複数の金属線をより合わせた太線

極細線や細線と異なり、複数の金属線がより合わせているより線や太線をストリップするためには、太線専用のワイヤーストリッパー、もしくはケーブルストリッパーが必要です。無理に使用すると、ワイヤーを傷めるばかりか、損傷による火事の原因にもなります。

電線の規格で選ぶ

電線の規格で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

電力ケーブル、通信ケーブルなど、電線には様々な種類があります。AWG表記のものと、SQ(スケア)表記のものがあり、基本的にAWG表記のものは、12~34と表記され、数字が小さいほど電線が太いことを表しています。また、SQ表記は、断面積を表しているのでmm²、ほかにも単純な直径表記やmm表記があります。ケーブルの外径・内径、被覆の厚さによって、それぞれ規格があるので、使用する電線の規格をよく確認して選びましょう。

ロック機能の有無をチェック

ロック機能は、使わない時に刃を固定しておける機能です。怪我の防止や、ほかの工具などを傷つけないためにも、ロック機能付きがどうかも確認しておきましょう。

ワイヤーストリッパーのおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,704円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,760円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,199円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,297円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,995円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,853円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,450円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,231円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,063円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,821円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

電線を芯から切断するケーブルカッターもチェック

ワイヤーストリッパーは、電線の被覆だけをはぎ取る道具ですが、電線自体を切断するにはケーブルカッターがおすすめです。ケーブルカッターの特徴や、選び方などを紹介しているので、ぜひご覧ください。

ワイヤーストリッパーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー