スコッチグレインの革靴おすすめ9選!人気のストレートチップも

スコッチグレインの革靴おすすめ9選!人気のストレートチップも

スコッチグレインは、日本国内で製造されている革靴です。日本人の足の形に合った質の良い革靴を販売しており、「匠ジャパン」のソール修理サービスを利用すれば、長く履くことができます。形にはプレーントゥやストレートチップがあり、ビジネスやフォーマルの場で活用できます。この記事では「オデッサ」や「アシュランス」「インペリアル」といった、人気モデルについてご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

長く愛用できる革靴が欲しい

長く愛用できる革靴が欲しい

ビジネスやフォーマルの場に欠かせない革靴は、履きやすさやデザイン性、質の良さを兼ね備えた1足を選ぶことが大切です。レザーはお手入れをしながらだと、風合いを増して長く愛用できるため、こだわって選びたいという方が多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、スコッチグレインの革靴です。スコッチグレインは日本で製造されている革靴で、上質な革から生まれる、履きやすい1足を提供しています。

スコッチグレインの革靴の特徴

上質な皮革

レザーシューズにおいて、最も重要な要素となるのは革のクオリティです。スコッチグレインの革は、ドイツ、フランス、イタリア、イギリスなどのヨーロッパ各国や、姫路や栃木といった国内から、厳選されて集められています。妥協なく集められた革は、表面に艶めきがあり、愛着を持って長く使うことができます。

グッドイヤーウェルト製法

スコッチグレインの革靴は全て「グッドイヤーウェルト製法」で作成されています。この製法は、甲の部分、縫いしろ(ウェルト)、中底を1本の糸ですくい縫いすることで、縫い合わせる方法です。3つのパーツを縫い合わせる製法により、靴底が消耗しても簡単に張り替えができ、長く履くことができるようになります。「直しながら長く使い続けてほしい」という職人の思いから、創業当時より変わらない製法を守り続けています。

日本人にあった木型

スコッチグレインの革靴は、長年の研究や経験によって、日本人の足に最適な木型でつくられています。日本人の足の形や歩き方に合わせて作成された木型は、細心の注意を払って、コンマ数ミリ単位で削り出しが行われています。それにより作成された木型によって、日本人が履いて心地よいと感じる革靴を、実現させています。

豊富なサイズ

豊富なサイズ

スコッチグレインのサイズ展開は、足の長さ23.5~27.0cmに加え、4種類の足幅(ウィズ)がラインナップされています。幅広の足型が多い日本人に合わせ、ウィズはE(標準)~EEEE(とても広め)から選ぶことができ、「ヨーロッパ製の革靴だと幅が狭い」と悩む方に最適です。革靴の正確なサイズが分からない場合は、一度直営店に行って実際に試し履きをしてみましょう。

シャインオアレイン

シャインオアレイン

本革シューズは雨天時に水に濡らさないよう、人工皮革のシューズに履き替えて使用するという方も多いのではないでしょうか。革靴の弱点ともいえる水ですが、スコッチグレインの「シャインオアレイン」は、その弱点を補うためにつくられた撥水レザーシューズです。使用されているレザーは本革で、革の風合いを保ちながらもフッ素加工されているため、雨天時にも使用することができます。ソールはゴム製のため、水に濡れた路面もしっかりとグリップし、歩きやすさとデザイン性を兼ね備えています。

コスパの良さ

上質な革靴は、クオリティに比例して高級であることが一般的ですが、スコッチグレインの革靴は、定番モデルなら3万円から購入できます。レザーや製法のクオリティに優れた、国内の上質な革靴が3万円台で購入でき、靴底が消耗しても張り替えが可能なため、納得のいく買い物になることでしょう。

アフターケア(匠ジャパン)

長期的な使用でヒールやソールが摩耗した場合は、スコッチグレインの修理専門工場である「匠ジャパン」にて修理が可能です。匠ジャパンでは持ち込みや郵送、直営店で修理の受付を行っており、約60日から70日で修理されて返送されます。グッドイヤーウェルト製法でつくられた革靴は、修理をしながら長く使われることを前提につくられているため、丁寧にお手入れすれば、長く愛用することができます。

スコッチグレインの革靴の選び方

サイズを確認

スコッチグレインの革靴は、足の長さ23.5~27cmから選ぶことができます。なお、「キングサイズ」というシリーズは、27.5~28.5cmと足の大きめな方を対象につくられているので、他のシリーズに適正サイズがない場合は、キングサイズから選ぶと良いでしょう。足幅においては、E~EEEの製品が主流ですが、中にはEEEEと、特に足幅が広い方用の靴もラインナップされています。一口に革靴といっても、メーカーによってサイズは異なるため、初めてスコッチグレインの革靴を選ぶ場合は、1度試し履きすることをおすすめします。

デザインで選ぶ

最初の1足に「ストレートチップ」

最初の1足に「ストレートチップ」

出典:Amazon

ストレートチップはつま先部分に、横のラインが入っている革靴です。就職活動といったビジネスの場や、冠婚葬祭でも活用でき、初めての革靴を選ぶ場合は、ストレートチップを選ぶと間違いがありません。スコッチグレインには「インペリアル」など多くのシリーズに、ストレートチップがあります。

カジュアル寄りの「プレーントゥ」

カジュアル寄りの「プレーントゥ」

出典:Amazon

「プレーントゥ」はつま先部分にラインのない革靴で、ストレートチップよりはややカジュアルです。汎用性が高いので、ストレートチップの次に揃えたい革靴です。

こなれたコーディネートに「Uチップ」

つま先の切り替え部分が、U字になっているのが「Uチップ」です。ストレートチップやプレーントゥより遊び心があり、こなれた印象になります。スコッチグレインでは「シャインオアレイン」にUチップがあります。

華やかな装いに「ウィングチップ 」

華やかな装いに「ウィングチップ 」

出典:Amazon

「ウイングチップ」は、つま先部分にWの切り替えが入っています。靴先には「メダリオン」と呼ばれる小さな穴の装飾があり、華やかな装いに映えます。スコッチグレインでは「アヴァンス」など多くのシリーズに、ウィングチップがあります。

スタイリッシュな「モンクストラップ」

スタイリッシュな「モンクストラップ」

出典:Amazon

足首部分にベルトとバックルが付いているのが「モンクストラップ」です。カジュアルな装いに合う、スタイリッシュな革靴です。スコッチグレインでは「オデッサ」がモンクストラップです。

普段着にも合う「スワールトゥ」

「スワールトゥ」は縦に2本のラインが入った革靴です。カジュアルな印象なので、普段着にもよく合います。スコッチグレインでは「リベロ」がスワールトゥです。

スコッチグレインの革靴おすすめ9選

最安値28,105円(税込)
4.30(21件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値17,982円(税込)
4.00(6件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

革靴のお手入れの仕方もチェック

革靴を長く使うためには日頃のお手入れと定期的なメンテナンスが必要です。とりわけ革に栄養分とツヤを与えるためには、革靴用のクリームが最適です。次の記事では、革靴用のクリームの選び方や使用法、革靴の選び方やおすすめ商品を詳しく解説しています。

まとめ

スコッチグレインの革靴は、日本人の足に合うようにつくられたシューズです。お手入れをしながら、長く愛用できる革靴を見つけましょう。

スコッチグレインの革靴のおすすめ商品比較表

おすすめ記事

メンズシューズの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー