雪駄のおすすめ8選!おしゃれな革底やタイヤ底も

雪駄のおすすめ8選!おしゃれな革底やタイヤ底も

草履の一種である雪駄は、靴とは異なる開放感があり、男性だけではなく子どもやレディースにも人気です。東京では浅草などでも販売されていて、普段履きとして活用する方も多いようです。ただ、ひと口に雪駄と言っても、革底やタイヤ底などの素材の違いや鼻緒の色をはじめ、たくさんの種類があるため、選び方に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、雪駄の選び方や履き方、おすすめの雪駄を紹介します。洋服にも合わせられるようなおしゃれな雪駄や、丈夫な雪駄など、様々な種類を掲載しています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

雪駄とはどんな履物か

雪駄とはどんな履物か

雪駄の由来は諸説ありますが、一説によれば千利休が考案者とされており、雪道を下駄で歩く際に歯の間に雪が詰まる不便をなくすために、歯のない雪駄が考案されたとも言われています。雪駄は、竹皮や籐(とう)で編んだ「畳表」に裏革を貼って、かかとに「鉄尻」と呼ばれる金具を取り付け、鼻緒をつけた履物です。靴とは異なり足を締め付けないため、子どもが履くと足の幅が広くなり、安定しやすくなると言われています。また、指先を圧迫しないので、外反母趾などの心配もありません。

雪駄の選び方

底材の種類で選ぶ

伝統的な革底雪駄

伝統的な革底雪駄

出典:Amazon.co.jp

江戸時代から伝わる伝統的な雪駄が、底材に革を使用した革底雪駄です。革を使用しているため高級感があり、フォーマルなシーンやおしゃれにこだわる方におすすめの素材です。また、ほかの底材と比べると通気性に優れています。ただし、革の性質上水濡れには弱く傷んでしまうため、雨の日や、雨上がり、路面が濡れた場所などでの使用には向きません。

軽くて歩きやすいサンド底雪駄

軽くて歩きやすいサンド底雪駄

出典:Amazon.co.jp

サンド底雪駄は、底面にサンドと呼ばれる加工が施されており、滑り止めの役割を果たしています。サンド底雪駄の中でも主流になっているのが、スポンジ素材をつかった製品です。そのため、ほかの底材を使用した雪駄と比べて圧倒的に軽く、また、クッション性もあるため歩きやすいことが特徴です。ただし、底材としてはやわらかい素材であるため、尖った石が刺さったり摩耗しやすくなったりします。反対に、やわらかい素材を活かして室内履きにすることもできます。

丈夫で滑りにくいアメ底雪駄

丈夫で滑りにくいアメ底雪駄

出典:Amazon.co.jp

アメ底雪駄は底材にあめゴムが使用されているので、丈夫で滑りにくいという特徴があります。そのため砂利が多い神社の境内や、お祭での使用、床が水に濡れやすい調理場などでも快適に使用できます。天候や場所などによる路面の状態を選ばないので、日常的に雪駄を履く方におすすめの素材です。

発泡樹脂を使用したライト底雪駄

発泡樹脂を使用したライト底雪駄

出典:Amazon.co.jp

ライト底雪駄は底材に発泡樹脂を使用していて、見た目は革底雪駄と似ています。発泡樹脂を使用しているので水に強く、革底雪駄では避けるべき雨の日の使用や濡れた路面でも安心して使用できます。さらに、革底雪駄よりも低価格なこともメリットのひとつです。また、底が薄い分コンパクトに収まるので、雪駄を持ち運びたい場合にも便利です。ただし、コンパクトであるということは、底が薄いということなので、クッション性が劣り長時間の歩行は疲れる可能性があります。

クッション性に優れたウレタン底雪駄

クッション性に優れたウレタン底雪駄

出典:Amazon.co.jp

ウレタンを底材に使用したウレタン底雪駄は、底に厚みがありクッション性に優れているので、歩行時の衝撃を吸収してくれます。また濡れた路面や床でも滑りにくいため、調理場での使用にも適しています。ウレタンは摩耗に強く丈夫な性質を持っていますが、長期間履かずに保管すると、時間の経過とともに劣化する可能性が高くなります。そのため、年に1度のお祭でだけ使用するといった履き方には向きません。日常的に雪駄を履く方におすすめです。

滑りやすい場所に最適なタイヤ底雪駄

滑りやすい場所に最適なタイヤ底雪駄

出典:Amazon.co.jp

タイヤを底材として使用したタイヤ底雪駄は、滑りにくいことが特徴です。そのため、調理場などの水場での仕事や、玉砂利が多い神社の境内などでの使用に適しています。天候や使用場所を選ばず耐久性にも優れていて、多少タフに使っても傷みが気にならないので、お祭り用の雪駄としてもおすすめです。

畳表のバリエーションで選ぶ

畳表とは、雪駄の表面のことで足裏が接する場所のことです。竹皮で編まれた「茶竹」「烏(からす)」「縞(しま)」と、籐で編まれた「籐表」の4種類があります。

スタンダードな茶竹

もっともスタンダードな畳表が、茶竹と呼ばれるものです。名称は「茶」となっていますが、色を付けずに竹皮本来の色のまま編んでいるため、黄色っぽい色味をしています。フォーマルなシーンでの正装にあわせる雪駄で、白や黒の鼻緒をすげて履くことが多いです。基本的には足袋を着用してから履きますが、裸足で履いてもかまいません。

黒っぽい色合いの烏

黒っぽい色合いの烏

出典:Amazon.co.jp

烏表は竹皮を黒っぽく着色して編んだ畳表で、渋みのあるおしゃれな見た目が特徴です。茶竹が正装用だとすれば、烏は普段履きやおしゃれ履きとして使用されます。畳表は、雪駄を脱いだときに汚れが目立ちやすい場所ですが、黒っぽく色づけされている烏表なら汚れが目立ちません。そのため、人気が高い畳表のひとつです。

希少品の縞

縞表は、漂白した竹皮とそのままの色の竹皮を交互に編むことで、縞模様を出した畳表です。ほかの畳表は1色で編まれていることもあり、見た目のおしゃれ度が異なるため通に好まれています。フォーマル用や普段履き用というよりは、お遊び用の雪駄だと言えるでしょう。ただし上質な縞表の雪駄は、市場にはほどんで出まわらない、希少性が高い商品となっています。そのため「幻の雪駄」と表現する方もいるようです。

丈夫な籐表

これまでの3つが竹皮で編まれていることに対し、籐表は籐を編んでつくった畳表です。素材の特徴から、竹皮よりもはるかに丈夫であるため、江戸時代などは普段履きとして愛用されていました。もちろん現在でも丈夫さは変わらないため、普段履きにも最適なのですが、江戸時代などと比べると高価な雪駄となったようです。

小さめのサイズでかかとを出す

雪駄のサイズ選びのポイントは、小さめを選ぶことです。なぜなら、雪駄はかかとが出ている履き方が粋だと言われているからです。また雪駄の鼻緒は、ビーチサンダルなどと異なり中央についてるため、小指が雪駄からはみ出るのも正しい履き方となります。足のサイズと雪駄のサイズの目安は、~24.0cmまでなら7寸2分のSサイズ、~25.5cmまでなら7寸7分のMサイズ、~27.0cmまでなら8寸3分のLサイズ、~28.0cmまでなら9寸のLLサイズがおすすめです。

雪駄の粋な履き方とは

雪駄の粋な履き方とは

時代劇などでも目にするように、雪駄は小さめサイズでかかとを1~3cmほど出して、じゃらじゃらと音を鳴らしながら履くのが粋だと言われています。鼻緒をつま先にひっかける程度の浅めに履くと、より粋な印象となります。反対につま先をしっかり前に寄せて、かかとをあまり出さずに履くと上品な印象になります。同じ雪駄でも履き方によって印象が異なるので、シーンにあわせて履き方を変えると良いでしょう。

雪駄のお手入れ方法

雪駄を履いたあとに、きちんとお手入れをすることで長持ちさせることができます。汚れが付着した場合は、水を絞った布で拭き取り、しっかりと乾燥させます。また革底などの水に弱い素材の場合は、水濡れを拭き取って、新聞紙にくるんで湿気を吸わせるなどして乾燥させましょう。

雪駄のおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,790円(税込)

この商品の特徴

京越の雪駄です。メンズ用になります。サイズは24.0cm~28.0cmまであります。メイン素材にベルベットを使用しているので、肌触りが良いです。鼻緒のカラーバリエーションは、ホワイト・ブラックの2色展開です。スポンジサンド底でクッション性があるので、長時間履いていても足が疲れない雪駄を、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

京越の雪駄です。メンズ用になります。サイズは24.0cm~28.0cmまであります。メイン素材にベルベットを使用しているので、肌触りが良いです。鼻緒のカラーバリエーションは、ホワイト・ブラックの2色展開です。スポンジサンド底でクッション性があるので、長時間履いていても足が疲れない雪駄を、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,800円(税込)

この商品の特徴

あい藍の雪駄です。サイズはM・L・LLの3種類あり、23.0cm~27.5cmまでの方に、対応しています。少し厚みがあるのが特徴の雪駄です。鼻緒は黒ハイミロンを使用しています。砂利が多い場所でも問題なく使用することができます。底はアメゴム底になっているので、滑りにくく耐水性のある雪駄を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

あい藍の雪駄です。サイズはM・L・LLの3種類あり、23.0cm~27.5cmまでの方に、対応しています。少し厚みがあるのが特徴の雪駄です。鼻緒は黒ハイミロンを使用しています。砂利が多い場所でも問題なく使用することができます。底はアメゴム底になっているので、滑りにくく耐水性のある雪駄を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

日本製の雪駄です。サイズはM・L・LLの3種類です。素材は黄タタミにビニール、鼻緒に黒丸、底にアメ底を使用しています。草履よりも耐久性に優れているので、長く使用することができます。足ツボを刺激されるので、健康にも良いです。浴衣などの和服はもちろん、普段使いもできるカジュアルな雪駄を、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

日本製の雪駄です。サイズはM・L・LLの3種類です。素材は黄タタミにビニール、鼻緒に黒丸、底にアメ底を使用しています。草履よりも耐久性に優れているので、長く使用することができます。足ツボを刺激されるので、健康にも良いです。浴衣などの和服はもちろん、普段使いもできるカジュアルな雪駄を、求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,600円(税込)

この商品の特徴

江戸てんの雪駄です。ウレタン底を採用しているため、クッション製に優れるだけでなく、滑りにくく、とても履きやすいのが特徴です。表は黄タタミ、鼻緒にはヘビ皮風の素材を使用しています。雪駄は踵を出して履くものなので、足のサイズより小さめのものを選ぶとスマートに履けます。和服の際の足下のおしゃれにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

江戸てんの雪駄です。ウレタン底を採用しているため、クッション製に優れるだけでなく、滑りにくく、とても履きやすいのが特徴です。表は黄タタミ、鼻緒にはヘビ皮風の素材を使用しています。雪駄は踵を出して履くものなので、足のサイズより小さめのものを選ぶとスマートに履けます。和服の際の足下のおしゃれにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,590円(税込)

この商品の特徴

日本製の雪駄です。綿を基調に、ライト底(合成皮革底)を使用して仕上げています。トンボ柄・吉原つなぎなどの風情ある色柄に、履き続けるほどに味わいがにじむ染め雪駄となっています。サイズはMが23.5cm~24cm、Lが24.5cm~26cm、LLが26.5cm~27.5cmが目安です。和服を粋に着こなしたい方におすすめの雪駄です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

日本製の雪駄です。綿を基調に、ライト底(合成皮革底)を使用して仕上げています。トンボ柄・吉原つなぎなどの風情ある色柄に、履き続けるほどに味わいがにじむ染め雪駄となっています。サイズはMが23.5cm~24cm、Lが24.5cm~26cm、LLが26.5cm~27.5cmが目安です。和服を粋に着こなしたい方におすすめの雪駄です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,433円(税込)

この商品の特徴

江戸てんの雪駄です。トウキビをメイン素材に使用して、手編み、手縫いでつくり、黒い鼻緒にタイヤ底に仕上げた日本製の雪駄です。グリップ性があり、滑りにくい雪駄として人気です。主に祭りや職人履きとして使用されますが、和服だけでなく、ジーンズなどカジュアルな洋服にも似合います。日常的に和風のファッションアイテムと取り入れたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

江戸てんの雪駄です。トウキビをメイン素材に使用して、手編み、手縫いでつくり、黒い鼻緒にタイヤ底に仕上げた日本製の雪駄です。グリップ性があり、滑りにくい雪駄として人気です。主に祭りや職人履きとして使用されますが、和服だけでなく、ジーンズなどカジュアルな洋服にも似合います。日常的に和風のファッションアイテムと取り入れたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,800円(税込)

この商品の特徴

メイン素材に麻を使った、しば田の男性用雪駄です。定番の野崎表を、柿渋染したように黒っぽく仕上げられた一品です。EVAスポンジ芯に、タイヤゴム底を使用しているので、摩耗しにくく滑りにくいのが特徴です。とにかく柔らかく歩きやすい雪駄で、 足袋を履いても滑りにくく、ムレにくい天然素材なので快適に履けます。日常的に雪駄を使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

メイン素材に麻を使った、しば田の男性用雪駄です。定番の野崎表を、柿渋染したように黒っぽく仕上げられた一品です。EVAスポンジ芯に、タイヤゴム底を使用しているので、摩耗しにくく滑りにくいのが特徴です。とにかく柔らかく歩きやすい雪駄で、 足袋を履いても滑りにくく、ムレにくい天然素材なので快適に履けます。日常的に雪駄を使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,980円(税込)

この商品の特徴

江戸てんの定番、デニム生地でつくった雪駄です。デニム生地なので、ジーパンや、普段着に合わせてもかっこいい一品です。アメ底なので、クッション性があり滑りにくいです。浴衣や甚平などを着るイベントはもちろん、普段着に合わせても違和感なく楽しめるデザインなので、毎日でも履いて楽しめます。初めて雪駄を選ぶ方にも履きやすくおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

江戸てんの定番、デニム生地でつくった雪駄です。デニム生地なので、ジーパンや、普段着に合わせてもかっこいい一品です。アメ底なので、クッション性があり滑りにくいです。浴衣や甚平などを着るイベントはもちろん、普段着に合わせても違和感なく楽しめるデザインなので、毎日でも履いて楽しめます。初めて雪駄を選ぶ方にも履きやすくおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

和装小物も一緒にチェック

暑い季節になると、手軽に使えるうちわや扇子は重宝します。リンク先の記事では選び方やおすすめ商品を掲載しているので、気になる方は参考にしてみてください。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー