乳頭保護器のおすすめ7選!傷を保護できるハードタイプも

乳頭保護器のおすすめ7選!傷を保護できるハードタイプも

乳頭保護器は、授乳時に乳頭を保護するグッズです。乳頭が痛むときや、赤ちゃんが口にくわえられないときに胸に貼り、授乳のサポートをします。フリーサイズのハードタイプや、陥没乳頭に合うソフトタイプ、外出時に役立つケース付きなど様々な種類があります。今回は、乳頭保護器の選び方と、カネソンから販売されている、ママニップルガードや、Haakaaのニップルシールド、ピジョンやメデラの商品など、新生児を母乳で育てる方におすすめの商品を紹介します。

Amazon新生活セール2024年度

本サイトに掲載している商品は、APIを使用して価格表示やリンク生成をしております。各ECサイトにて価格変動、価格情報の誤りがある場合、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーをご確認ください。記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部がHEIMに還元されることがあります。Amazonアソシエイト・プログラム、楽天アフィリエイト、バリューコマースを利用しています。その他、広告に対するポリシーはこちらをご確認ください。

※本記事は、選び方で記載した効果・効能が記事内の商品にあることを保証するものではありません。ご購入の際には、各商品に記載の商品説明を必ずご確認ください。

乳頭保護器の種類

誰にでも使いやすいハードタイプ

誰にでも使いやすいハードタイプ

出典:Amazon.co.jp

乳頭保護器のハードタイプは、哺乳瓶の乳首のような形状で厚みがあります。ハードタイプは保護力に優れ、赤ちゃんの口が乳首に直接当たらないので、痛みや傷がある場合に使用します。ただ、赤ちゃんによっては感触を嫌がったり、吸う力が足りないこともあるので、様子を見ながら使うと良いでしょう。ソフトタイプに比べてサイズが大きめなので、誰にでも使いやすいタイプです。

密着力があるソフトタイプ

密着力があるソフトタイプ

出典:Amazon.co.jp

ソフトタイプはハードタイプよりも密着力があり、柔らかな感触なので、赤ちゃんが違和感を感じにくいのが特徴です。傷があったり、痛みが強い場合には向きませんが、サイズに種類があるので自分の乳頭に合うサイズを選ぶことができます。扁平乳頭や陥没乳頭など、乳頭の形によって母乳が出にくい方にも使えるタイプです。

乳頭保護器の選び方

自分に合うサイズを選ぶ

自分に合うサイズを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

乳房からの外れにくさや母乳の吸いやすさを考えて、乳頭の大きさに合う乳頭保護器を選ぶことが大切です。ソフトタイプはS・M・Lの3サイズ展開をしているメーカーが多いので、乳頭の直径に最も近いサイズを選びましょう。乳頭が大きい場合や、ソフトタイプが合わない場合は、フリーサイズが多いハードタイプがおすすめです。

消毒方法で選ぶ

乳頭保護器は赤ちゃんが口を付けるものなので、哺乳瓶同様にきちんと消毒をして清潔を保ちましょう。使用後は先端部分をスポンジやブラシでよく洗い、煮沸消毒や専用消毒液で殺菌します。中には電子レンジ消毒が可能な商品もあるので、使い勝手に合わせて選ぶと良いでしょう。

持ち運びやすいケース付きもチェック

持ち運びやすいケース付きもチェック

出典:Amazon.co.jp

外出先や旅行先でも使用したい場合は、ケース付きの商品を選ぶと持ち運びやすく便利です。複数購入して、自宅用と外出用に分けて持っておくのも良いでしょう。中にはケースを消毒容器として使えるものもあるので、購入時にチェックしてみてください。

ハードタイプの乳頭保護器おすすめ3選

ピジョン乳頭保護器 ハードタイプ 透明

参考価格2,980

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

ピジョンのハードタイプの乳頭保護器です。乳房に優しくフィットして、乳首の傷や痛みを保護しつつ、赤ちゃんがうまく飲めるようにサポートします。清潔に保管できる専用ケースが付いており、外出時やお泊り時など、持ち運びするときにも便利です。授乳時の痛みが気になる方におすすめの商品です。

ピジョンのハードタイプの乳頭保護器です。乳房に優しくフィットして、乳首の傷や痛みを保護しつつ、赤ちゃんがうまく飲めるようにサポートします。清潔に保管できる専用ケースが付いており、外出時やお泊り時など、持ち運びするときにも便利です。授乳時の痛みが気になる方におすすめの商品です。

カネソンカネソン ママニップルガード マルチカラー

参考価格790

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

母乳育児用品ブランド、カネソンの乳頭保護器ハードタイプです。赤ちゃんの飲む力に合わせて、母乳が出る構造になっています。電子レンジ消毒ができる専用保管ケースが付いているので、手軽に清潔を保てます。乳頭に傷がある方や、扁平乳頭などで授乳しづらい方におすすめの商品です。

母乳育児用品ブランド、カネソンの乳頭保護器ハードタイプです。赤ちゃんの飲む力に合わせて、母乳が出る構造になっています。電子レンジ消毒ができる専用保管ケースが付いているので、手軽に清潔を保てます。乳頭に傷がある方や、扁平乳頭などで授乳しづらい方におすすめの商品です。

カブスアンドバブズhaakaa キャリーケース付きニップルシールド

参考価格2,500

出典:Amazon.co.jp

カブスアンドバブズhaakaa キャリーケース付きニップルシールド

参考価格2,500

購入者のレビューを見てみよう!

購入者のレビューを見てみよう!

持ち運びに便利な保管ケース付きの乳頭保護器ハードタイプです。乳房にフィットしやすく、母乳がスムーズに飲みやすい設計になっています。食器洗い機での洗浄や、電子レンジでの殺菌ができ、手軽に消毒できます。育児で忙しい方におすすめの商品です。

持ち運びに便利な保管ケース付きの乳頭保護器ハードタイプです。乳房にフィットしやすく、母乳がスムーズに飲みやすい設計になっています。食器洗い機での洗浄や、電子レンジでの殺菌ができ、手軽に消毒できます。育児で忙しい方におすすめの商品です。

ソフトタイプの乳頭保護器おすすめ4選

メデラ乳頭保護器 マルチカラー

参考価格1,650

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

薄型ソフトタイプのシリーコン製、乳頭保護器です。ケース付きなので、外出時やお泊り時にも持ち運びが便利です。赤ちゃんの鼻に近い部分が波型カットになっており、ママの匂いを感じながら授乳することができます。乳頭に痛みがある方や、扁平乳頭や陥没乳頭で悩んでいる方におすすめの商品です。

薄型ソフトタイプのシリーコン製、乳頭保護器です。ケース付きなので、外出時やお泊り時にも持ち運びが便利です。赤ちゃんの鼻に近い部分が波型カットになっており、ママの匂いを感じながら授乳することができます。乳頭に痛みがある方や、扁平乳頭や陥没乳頭で悩んでいる方におすすめの商品です。

カネソンカネソン ママニップルシールド 透明

参考価格1,010

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

母乳育児用品ブランド、カネソンの乳頭保護器ソフトタイプです。ソフトタイプなので乳房にフィットします。乳孔がY字カットになっており、赤ちゃんの飲む力に合わせて母乳が出やすい設計です。電子レンジ消毒にも使える、専用の保管ケースが付属しているので、手軽に消毒できます。直接母乳を飲ませにくいときや、赤ちゃんの歯が生えかけのときにおすすめの商品です。

母乳育児用品ブランド、カネソンの乳頭保護器ソフトタイプです。ソフトタイプなので乳房にフィットします。乳孔がY字カットになっており、赤ちゃんの飲む力に合わせて母乳が出やすい設計です。電子レンジ消毒にも使える、専用の保管ケースが付属しているので、手軽に消毒できます。直接母乳を飲ませにくいときや、赤ちゃんの歯が生えかけのときにおすすめの商品です。

ピジョン乳頭保護器 授乳用ソフトタイプ

参考価格1,000

購入者のレビューを見てみよう!

ピジョンのソフトタイプの乳頭保護器です。カーブ形状なので授乳時に赤ちゃんの鼻に当たりにくく、母乳が飲みやすい設計です。保管ケース付きで清潔を保ち、外出時などの持ち運びにも便利です。使い始めは吸い慣れないので、母乳をあらかじめ乳頭保護器に少しためてから吸わせるとスムーズに授乳できます。

ピジョンのソフトタイプの乳頭保護器です。カーブ形状なので授乳時に赤ちゃんの鼻に当たりにくく、母乳が飲みやすい設計です。保管ケース付きで清潔を保ち、外出時などの持ち運びにも便利です。使い始めは吸い慣れないので、母乳をあらかじめ乳頭保護器に少しためてから吸わせるとスムーズに授乳できます。

カネソンカネソン プチパッドα 乳頭補正器 透明

参考価格1,229

出典:Amazon.co.jp

購入者のレビューを見てみよう!

母乳育児用品ブランド、カネソンの乳頭補正器です。扁平乳頭や陥没乳頭を授乳しやすい形に補正します。妊娠中の乳頭補正にも役立ちます。消毒容器としても使える保管ケース付きで、持ち運びもでき、衛生的に使える商品です。

母乳育児用品ブランド、カネソンの乳頭補正器です。扁平乳頭や陥没乳頭を授乳しやすい形に補正します。妊娠中の乳頭補正にも役立ちます。消毒容器としても使える保管ケース付きで、持ち運びもでき、衛生的に使える商品です。

乳頭保護器のおすすめ商品比較一覧表

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。
この記事の修正依頼を送る

人気記事