調乳ポットのおすすめ6選!持ち歩ける水筒タイプやステンレス製も

調乳ポットのおすすめ6選!持ち歩ける水筒タイプやステンレス製も

調乳ポットは、赤ちゃんのミルクづくりに適したお湯の温度を保つアイテムです。沸騰から保温までできるタイプや、保温のみ行うタイプ、外出時に役立つステンレス製の水筒タイプなど、様々な商品が販売されています。今回は調乳ポットの種類や選び方と、象印、ピジョンの商品や、コンビの「調乳じょーず」などのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

調乳ポットの種類

湯沸かしから保温までできるタイプ

湯沸かしから保温までできるタイプ

出典:Amazon.co.jp

湯沸しから保温まで全てが行える調乳ポットは、ガスを使ってお湯を沸かす必要がないので、楽に使用できるのが特徴です。水を注いでからスイッチを入れることで、沸騰から適温での保温までを自動で行います。また、調乳に適した70~80℃に設定できる電気ポットも、調乳ポットとして使用できます。

お湯を一定の温度に保てるタイプ

お湯を一定の温度に保てるタイプ

出典:Amazon.co.jp

お湯を一定の温度に保てるタイプの調乳ポットは、沸騰したお湯を入れておくことで、自動的に調乳に適した70℃程度に保温できるのが特徴です。電子レンジ対応可能の商品は、湯沸かしの手間がかからず、楽に準備ができます。コンパクトタイプの商品は、就寝時に寝室に持ち運べるため、夜間の調乳が簡単に行えます。

スリムな形状の保温専用タイプ

スリムな形状の保温専用タイプ

出典:Amazon.co.jp

保温専用タイプの調乳ポットは、あらかじめ沸騰させたお湯を入れておくことで、調乳に適した温度を保つことができるのが特徴です。500ml程度のコンパクトサイズや、ステンレス製の水筒タイプの商品は、外出時のミルクづくりに役立ちます。

調乳ポットの選び方

3回分のミルクには600mlの容量がおすすめ

3回分のミルクには600mlの容量がおすすめ

出典:Amazon.co.jp

調乳ポットの容量は、つくりたいミルクの量に合わせて選びましょう。1回の授乳で約200mlのお湯が必要となるので、500mlの容量の商品は2回分、600nlの容量の商品は3回分のミルクがつくれます。夜間に3~4回の授乳を行う方には、800ml以上の容量の商品がおすすめです。

底が大きくて倒れにくい商品は安全性が高い

底が大きくて倒れにくい商品は安全性が高い

出典:Amazon.co.jp

調乳ポットは、熱いお湯を扱うため、安全性を確認しておきましょう。底面が広くて倒れにくいデザインの商品や、コードが引っかかりにくい位置に付いた商品などが販売されています。水筒タイプの商品は、蓋をしっかりとロックできて、お湯がこぼれない商品がおすすめです。

パーツを細かく分解できるとお手入れがしやすい

調乳ポットは、赤ちゃんのミルクづくりに使用するため、常に清潔に保つ必要があります。汚れをきちんと落とすために、お手入れがしやすい商品を選びましょう。パーツが細かく分解できる商品は、汚れを溜めずにきれいに洗うことができます。蓋がしっかりと閉まる気密性の高い商品は、適温を維持しやすく、お湯を沸かし直す手間を省くことができます。

湯沸かしから保温までできる調乳ポットのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

赤ちゃんの調乳用ポットです。ミルクづくりのためのお湯が、200mlなら約3分、700mlなら10分と短時間で沸かせます。そのまま70度以上の調乳適温で保温できるため、手早くミルクをつくるのに便利です。コーヒーなど大人用の飲み物をつくるときにも使えます。授乳回数の多い低月齢の時期や、夜間の授乳時などにおすすめです。

この商品の特徴

赤ちゃんの調乳用ポットです。ミルクづくりのためのお湯が、200mlなら約3分、700mlなら10分と短時間で沸かせます。そのまま70度以上の調乳適温で保温できるため、手早くミルクをつくるのに便利です。コーヒーなど大人用の飲み物をつくるときにも使えます。授乳回数の多い低月齢の時期や、夜間の授乳時などにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

5.00(1件)

この商品の特徴

電気で沸かして、魔法瓶で保温する電気ポットです。保温は70、80、90、98℃の4段階の設定が可能で、赤ちゃんのミルクづくりや、コーヒーを飲む、カップラーメンをつくるなど用途に合わせて選べます。2時間使用しなければ、自動で保温ヒーターをオフする省エネモードも搭載しています。再沸騰もボタン1つで簡単に行えるので、飲みたいときにすぐにお湯が使えます。

この商品の特徴

電気で沸かして、魔法瓶で保温する電気ポットです。保温は70、80、90、98℃の4段階の設定が可能で、赤ちゃんのミルクづくりや、コーヒーを飲む、カップラーメンをつくるなど用途に合わせて選べます。2時間使用しなければ、自動で保温ヒーターをオフする省エネモードも搭載しています。再沸騰もボタン1つで簡単に行えるので、飲みたいときにすぐにお湯が使えます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

1台4役のボトルウォーマーです。30~100℃までの温度調節ができ、温乳器、調乳ポット、消毒器、離乳食加熱器具として使用できます。継続的に循環しながら温めるので、ミルクの栄養素を損なうことなく、調乳にちょうど良い温度を保ちます。スチームカゴを使用することで、哺乳瓶の殺菌、消毒ができます。

この商品の特徴

1台4役のボトルウォーマーです。30~100℃までの温度調節ができ、温乳器、調乳ポット、消毒器、離乳食加熱器具として使用できます。継続的に循環しながら温めるので、ミルクの栄養素を損なうことなく、調乳にちょうど良い温度を保ちます。スチームカゴを使用することで、哺乳瓶の殺菌、消毒ができます。

お湯を一定の温度に保てる調乳ポットのおすすめ商品

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

沸騰したお湯を入れるだけで、自動的に調乳に適した70℃に保温できるアイテムです。容器は電子レンジで加熱できるので、ガスで沸かすことなく沸騰したお湯を簡単につくることができます。就寝時は寝室にミルクセットと一緒に準備しておくことで、夜間のミルクづくりが楽になります。

この商品の特徴

沸騰したお湯を入れるだけで、自動的に調乳に適した70℃に保温できるアイテムです。容器は電子レンジで加熱できるので、ガスで沸かすことなく沸騰したお湯を簡単につくることができます。就寝時は寝室にミルクセットと一緒に準備しておくことで、夜間のミルクづくりが楽になります。

保温専用の調乳ポットおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ミッフィーの調乳用ステンレスボトルです。500mlのお湯が入れられるので、哺乳瓶に約2杯分のお湯を持ち運ぶことができます。ステンレス製なので高い保温力で調乳適温をキープでき、お出かけにも安心です。コンパクトで軽量なので、持ち運びも楽にできます。注ぎ口を分解して洗うことができるので、衛生的な商品です。

この商品の特徴

ミッフィーの調乳用ステンレスボトルです。500mlのお湯が入れられるので、哺乳瓶に約2杯分のお湯を持ち運ぶことができます。ステンレス製なので高い保温力で調乳適温をキープでき、お出かけにも安心です。コンパクトで軽量なので、持ち運びも楽にできます。注ぎ口を分解して洗うことができるので、衛生的な商品です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

スヌーピー柄の調乳用保温ステンレスボトルです。500mlのお湯を入れられます。ステンレスの真空2重構造のボトルなので保温力に優れており、適温をキープすることができます。保温、保冷どちらの機能も備わっています。蓋はワンタッチで開けることができ、注ぎ口も哺乳瓶にお湯を注ぎやすい構造になっています。蓋を外すと、広口になっているので氷も入れることができ、お手入れも簡単で衛生的です。

この商品の特徴

スヌーピー柄の調乳用保温ステンレスボトルです。500mlのお湯を入れられます。ステンレスの真空2重構造のボトルなので保温力に優れており、適温をキープすることができます。保温、保冷どちらの機能も備わっています。蓋はワンタッチで開けることができ、注ぎ口も哺乳瓶にお湯を注ぎやすい構造になっています。蓋を外すと、広口になっているので氷も入れることができ、お手入れも簡単で衛生的です。

粉ミルクもチェック

粉ミルクは、お湯に溶かして、赤ちゃん用のミルクをつくることができる食品です。粉ミルクの選び方や、おすすめ商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

調乳ポットのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー