授乳ケープの選び方&おすすめ3選【外出先でも授乳できる!】

授乳ケープの選び方&おすすめ3選【外出先でも授乳できる!】

外出先での授乳は大変ですよね。近くに授乳室があれば良いのですが、外出先にないことも多いでしょう。そんなときに授乳ケープがあれば、いつでもどこでも授乳をすることができるので便利です。今回は授乳ケープの種類や選び方から、Amazonや楽天で人気の商品まで幅広く解説します。ぜひこの機会に外出先で使える授乳ケープを選んでみてください。

授乳ケープの種類と特徴

授乳ケープには大きく分けて3つの種類があります。それぞれの特徴を理解しておくことで、使いやすい授乳ケープを見つけやすくなりますよ。

エプロンタイプ

エプロンタイプの授乳ケープは、エプロンを着けるようにして使います。ケープの上の部分がループ状になっているものが多く、そこに首を通してエプロンの中で授乳します。エプロンタイプの多くは上の部分にワイヤーが入っているので、授乳させながら赤ちゃんの様子を上から見ることができます。しかしこのタイプは横や後ろがカバーされていないものが多いので、気になる場合は授乳ケープを着けた上から、なにかを羽織ると良いでしょう。

ポンチョタイプ

ポンチョタイプは、普段着として着ることができ、そのまま授乳ケープとしても使えます。赤ちゃんをポンチョの中にすっぽりと入れて授乳をするものです。横や後ろもカバーできるので、人が多いところでも使いやすく、ケープを着ける手間もありません。襟元のワイヤーなどは無いので、赤ちゃんの様子を目で確認しながら授乳をさせたい場合は、襟元に余裕のあるものを選ぶと良いでしょう。

ストールタイプ

通常のストールと同じ形状で、ボタンを付けることで授乳ケープとして使います。ストールを首から掛けてボタンを留めることで授乳の様子を見られないようにするものです。ストールタイプは、ボタンの留め方や巻き方で使い方を変えることができます。大判のストールであればポンチョのようにして使うこともできますし、移動中はストールとして使えるので便利です。

授乳ケープの選び方

実際に授乳ケープを選ぶときに、どのようなことに注意をすれば良いのかを確認しておきましょう。授乳ケープは使う期間が限られたものではありますが、赤ちゃんの授乳は外出先でも頻繁にするので、少しでも使い勝手の良いものを見つけられるといいですよね。

素材

外出先で授乳をする季節によって選ぶと良いでしょう。夏に外出先での授乳が多くなるのであれば、薄手のものが良いです。厚手のものだと通気性が悪く、赤ちゃんが熱を持ってしまいます。反対に冬に外出先での授乳が多くなるのであれば、寒くないように少し厚手の生地のものなどが良いでしょう。いずれにしても肌触りが良く、季節に合っているものを選ぶようにすれば、授乳中に赤ちゃんがぐずることも少なくなります。

価格

授乳ケープは必要なものではありますが、一定の期間しか使いません。使用期間に見合った価格のものを探したいものです。しかし、授乳が終わったあとにもらってくれる人がいたり、その後も子どもが生まれる予定がある場合などは、少し高価でも長く使えるものを選ぶと良いでしょう。

サイズ

お母さんの身幅に赤ちゃんを抱くので、少し大きめのものを選ぶようにしましょう。しかし、大きすぎると商品によっては隙間が広くなってしまいます。授乳中にお母さんが安心して使うためにも、サイズはきちんと測っておきましょう。実際に赤ちゃんを抱いた状態でサイズを測ると失敗しにくくなります。

持ち運びしやすさ

授乳ケープは外出先で使用することになります。持ち運びのしやすいものが良いでしょう。お母さんが着用したまま外出できるものや、バッグの中でかさばらないものが人気です。

授乳ケープの主なメーカー

DORACO (ドラコ)

お母さんや赤ちゃんのことを1番に考えたベビー用品を取り扱っています。育児に忙しい毎日を、少しでも心地よく過ごせるような商品ばかりです。1年を通して使えるものが多いので、1つ持っておくと安心できるものが見つかりますよ。

プラチナムベイビー

デザインのかわいさから、贈りものなどにも良く使われるメーカーです。華やかなカラーとキュートなデザインが特徴です。赤ちゃんが好む綿素材を多く使っています。

授乳ケープのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,785円(税込)

この商品の特徴

外出先にはできるだけ荷物を持って行きたくないお母さんには、ポンチョタイプの授乳ケープがおすすめです。洋服として着ておくだけで、いつでも授乳をすることができます。ポリエステルと綿の混合なのでシワになりにくく、お洗濯も簡単です。専用のポーチがついているので、旅行などにも持って行きやすいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

外出先にはできるだけ荷物を持って行きたくないお母さんには、ポンチョタイプの授乳ケープがおすすめです。洋服として着ておくだけで、いつでも授乳をすることができます。ポリエステルと綿の混合なのでシワになりにくく、お洗濯も簡単です。専用のポーチがついているので、旅行などにも持って行きやすいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,300円(税込)

この商品の特徴

ストールとして使いながら、授乳ケープとしても役立てたいというお母さんにおすすめです。幅広のストールは肩から掛けてファッションとしても使え、ボタンを留めれば授乳ケープになります。授乳期間が終わっても、ファッションとして使えるのは魅力です。ボタンの留め方で様々な使い方ができるので、1枚あると便利ですよ。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ストールとして使いながら、授乳ケープとしても役立てたいというお母さんにおすすめです。幅広のストールは肩から掛けてファッションとしても使え、ボタンを留めれば授乳ケープになります。授乳期間が終わっても、ファッションとして使えるのは魅力です。ボタンの留め方で様々な使い方ができるので、1枚あると便利ですよ。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,264円(税込)

この商品の特徴

暑い季節の授乳や、暑がりの赤ちゃんに使うのであれば、やっぱりエプロンタイプが安心というお母さんは多いのではないでしょうか。この授乳ケープは綿100%で通気性が良く、洗濯も簡単です。エプロンタイプには珍しく、さまざまな使い方があるので、ベビーカーに乗せておくと安心です。サイズ調節ができるリングがついているので、赤ちゃんの動きなどに合わせて調整できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

暑い季節の授乳や、暑がりの赤ちゃんに使うのであれば、やっぱりエプロンタイプが安心というお母さんは多いのではないでしょうか。この授乳ケープは綿100%で通気性が良く、洗濯も簡単です。エプロンタイプには珍しく、さまざまな使い方があるので、ベビーカーに乗せておくと安心です。サイズ調節ができるリングがついているので、赤ちゃんの動きなどに合わせて調整できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー