デッキシューズのおすすめ9選!メンズ・レディース別に

デッキシューズのおすすめ9選!メンズ・レディース別に

デッキシューズは機能的でおしゃれなため、メンズ・レディース共に人気のアイテムです。カジュアルなファッションだけではなく、フォーマルにまとめたいときにも役立ちます。春・夏のイメージが強いシューズですが、革素材だけでなくスエード素材を選んだり、靴下コーデを楽しむことで冬でも愛用する方も多いようです。「トップサイダー」や「リーガル」、「パラブーツ」、「ティンバーランド」などのブランドをはじめ、カラーも定番の黒やブラウン、ネイビーはもちろん、白、赤、オレンジなどの明るい色も揃っています。今回は、デッキシューズの選び方やおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

デッキシューズとは

デッキシューズとは

出典:Amazon.co.jp

デッキシューズとはその名の通り、船の甲板(デッキ)で履くためにつくられたシューズのことです。用途から、ボートシューズとも呼ばれています。水に濡れた船の甲板でも滑らずに安心して履けるよう、ソールにはラバーを使用し、グリップ力を高めるための深いカットや波型のデザインが施されています。アッパーにはモカシン縫い(甲の部分をU字型に縫合すること)が施され、足首を1周するように取り付けられた靴紐が特徴です。

デッキシューズの魅力

動きやすく疲れない

動きやすく疲れない

出典:Amazon.co.jp

デッキシューズは、もともとは船の甲板での作業用につくられたシューズです。そのため動きやすく、長時間履いていても疲れないことが特徴です。開口部が広く履きやすさも抜群です。しかも、靴紐でサイズを調節できるので、足の形に合わせることもできます。締め付けないので通気性も良く、蒸れも気になりません。

濡れた路面でも滑らない

デッキシューズは、濡れた路面でも滑らず快適に歩けることも魅力のひとつです。普段濡れた甲板を歩く機会はそうありませんが、濡れたタイルの上や濡れたマンホールの上を歩き、滑って転びそうになった経験を持つ方は多いのではないでしょうか。雨や雪の日の路面は想像以上に滑りやすく、特に荷物を持っている場合はとっさに受け身をとることもできません。濡れた路面でも安心して履くことができるので、1つ用意しておくと安心です。

靴紐があるので脱げにくい

靴紐があるので脱げにくい

出典:Amazon.co.jp

デッキシューズの特徴のひとつに、足の甲部分だけではなく足首をぐるっと1周するようにつけられたシューレース(靴紐)があります。靴の幅や厚みだけではなく長さもある程度調節することができるので、歩いたり走ったりするときに靴が脱げることはありません。靴はきちんとサイズを測って選んだつもりでも、その日の状態によってはかかとがカパカパして歩きにくく感じることもあります。デッキシューズなら、その日の足の状態に合わせて調節することができます。

防水性が高い製品もある

水に濡れた路面に強いだけではなく、防水性の高いデッキシューズもあります。アッパーにオイルレザーを使用したものや、表地と裏地の間にゴアテックス素材を挟み込んだもの、靴紐にろう引きを施したものなどもあります。また製品によっては、完全防水を謳うものもあります。雨の日は、つま先やかかとからの水の侵入が気になるという方にもおすすめです。

デッキシューズの選び方

素材で選ぶ

きれいめファッションにも合うレザー

きれいめファッションにも合うレザー

出典:Amazon.co.jp

レザーを使用したデッキシューズは、大人の休日ファッションやきれいめファッションに良く合うアイテムです。また、カジュアルコーデの引き締めに使用することもできます。全身カジュアルコーデでは浮いてしまう、かといって堅苦しい格好は苦手だという場合も、足元をレザーのデッキシューズにすることで大人っぽさや上品さを表現することができます。

春~夏に最適なキャンバス地

春~夏に最適なキャンバス地

出典:Amazon.co.jp

キャンバス地のデッキシューズは、爽やかな印象があります。足元を軽やかに見せることができ、素材自体も見た目に涼しいので、夏の暑い時期や気温が上がってきた春に最適です。スタンダードな色だけではなく、華やかな色を選んで差し色にすることもできます。普段のファッションでは落ち着いた色を選んでしまうという方でも、足の先なら派手な色も違和感なく取り入れることができます。

秋~冬に最適なスエード

秋~冬に最適なスエード

出典:Amazon.co.jp

デッキシューズはレザーとキャンバス地が定番ですが、皮の表面を毛羽立たせたスエード素材の製品もあります。素材特有の光沢とあたたかみが感じられるので、春夏のイメージがあるデッキシューズを秋~冬にも活用したいという方におすすめです。活発で爽やかなイメージのデッキシューズですが、スエード素材を用いることで落ち着きや上質さを演出することができます。

色で選ぶ

はじめての1足を購入する場合は、色選びを慎重に行いましょう。デッキシューズはブラック・ブラウン・ネイビー・グレーなどのスタンダードカラー以外にも、レッド・ライトブルー・グリーン・イエロー・オレンジなどの華やかな色の製品もあります。思わず目が行きやすいのですが、色によっては履くシーンやあわせるコーディネートが限られてしまいます。

1足目としておすすめの色は、やはり定番カラーです。普段のファッションにモノトーンが多い方はブラックやグレーを、ブラウン系が多い方はブラウンを選ぶと失敗しません。またネイビーは、デッキシューズが持つマリンテイストを最大限に活かすことができます。少し個性を取り入れたいという方は、定番カラーの2色使いや、靴紐の色で遊べるタイプがおすすめです。

着用するシーンで選ぶ

アウトドアのときはキャンパス地を

アウトドアのときはキャンパス地を

出典:Amazon.co.jp

デッキシューズは、着用するシーンに合わせて選ぶこともできます。イベントやバーベキューなどのアウトドアで着用するのなら、元気で活発なイメージがあるキャンバス地がおすすめです。万が一汚れても洗うことができ、水に濡れても速乾性があるので比較的早く乾かすことができます。また、普段は派手な色を着用しない方でも、イベントなら明るい色や華やかな色に挑戦しやすいのではないでしょうか。

上品に演出したいときはレザーやスエードを

カジュアルなファッションでも年齢相応の落ち着きを演出したいのなら、レザーやスエード素材がおすすめです。カジュアルなファッションをグッと引き締め、大人っぽさを演出することができます。靴の面積はファッション全体の中で小さなものですが、靴がファッションに与える印象は小さくありません。カジュアルでありながら品の良さも兼ね備えた、上質なデッキシューズを選びましょう。

フォーマルに履くなら色や靴紐に工夫を

比較的フォーマルなファッションにあわせるのなら、レザー、もしくは季節によってはスエード素材のデッキシューズがおすすめです。ただしデッキシューズはカジュアルな印象が強いので、本当のフォーマルシーンには向かないかもしれません。どうしても履きたいという場合は、靴紐を結ぶ際にリボンが見えない「ディスプレイ結び」にしたり、靴紐とアッパーの素材を同じトーンで揃えたりすると良いでしょう。

メンズデッキシューズのおすすめ5選

レディースデッキシューズのおすすめ4選

楽に履けるモカシンもあわせてチェック

シンプルなデザインで履きやすい「モカシン」についてまとめています。モカシンの特徴や選び方のポイント、人気ブランド、おすすめ商品などを紹介しているので、興味のある方はあわせて参考にしてみてください。

デッキシューズのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー