繰り返し使用で経済的だけど使いにくい?100均で購入できるシリコンラップを使ってみた!

繰り返し使用で経済的だけど使いにくい?100均で購入できるシリコンラップを使ってみた!

電子レンジでご飯を温めたり、余ったおかずを保存するときに、ラップを使いますよね。でも、毎回使い捨てでもったいない気がする...なんてことはありませんか?そんな悩みを解決してくれるのが、「シリコンラップ」です。洗うことで何回でも使用でき、環境的にも優しい商品です。今回はキャンドゥで購入できるシリコンラップを紹介します!

シリコンラップとは

シリコンラップとは通常のラップとは異なり、使用後に洗うことで再使用することができるラップです。繰り返し使えるので、経済的にも優しく、エコにつながると話題です。今回は大きいサイズのシリコンラップを用意しましたが、SサイズやMサイズなど、大きさにもバリエーションがあります。

キャンドゥ シリコンラップ(22×22cm)

出典:heim.jp

最安値108円(税込)

この商品の特徴

繰り返し使えて経済的なエコラップです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

繰り返し使えて経済的なエコラップです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

広めなお皿ならきれいにラップできる

広めなお皿ならきれいにラップできる

平たいお皿に乗せたおかずの場合、比較的きれいで簡単にラップをすることができました。ただ、柔らかい食材や、豆腐などのような立体感のあるおかずをラッピングする場合は、おかずを圧迫してしまい変形させてしまうこともありそうなのでシリコンラップの使用は控えた方がいいかもしれません。

お皿が小さいとラップが余って使いにくい

お皿が小さいとラップが余って使いにくい

シリコンラップのサイズに対し、お皿が小さい場合シリコンラップが余ってしまい、お皿に密着させるのが難しかったです。また、余ったシリコンラップをお皿の底の方に寄せるしかなく、お皿がグラグラと不安定になってしまいました。シリコンラップを繰り返し使用するには、お皿に合わせて、数種類のサイズを購入することをおすすめします。

もちろん電子レンジにも対応!

もちろん電子レンジにも対応!

シリコン製なのでもちろん電子レンジは問題なく使用することができました。また、シリコンは熱を通しにくいため、お皿を覆ってる部分を持つことで鍋つかみのようなはたらきをしてくれました。通常のラップだと熱を通してしまい、鍋つかみなどが必要になる場合があるので、電子レンジからそのまま持ち出せるのは便利でした。

使い終わったら中性洗剤で洗える

使い終わったら中性洗剤で洗える

使用後はそのまま食器用中性洗剤とスポンジを使用して洗うことができます。しかし、布巾などで水気を拭き取ると、布巾の繊維などが付着してしまうため、クリップで干すなどして、自然乾燥させる必要があります。

使いにくい点

お皿に密着させるのが難しい

お皿に密着させるのが難しい

シリコンラップは通常のラップとは異なり、扱いやすいサイズに調整することができません。そのため、シリコンラップが余ってしまったり、すき間ができてしまう場合がありました。しっかりと食材を密封したい場合には、シリコンラップが向いているとは言えないと感じました。

シリコンがくっついてしまう

シリコンがくっついてしまう

お皿にラップをかけようとするときや、洗い終わった後などに、シリコンラップがくっつき合ってしまうので、使いにくいなと感じる場面が多々ありました。

保管しにくい

シリコンラップは洗うことで繰り返し使用することができますが、使用していないときに放っておくとホコリなどがシリコンの部分に付着してしまい、保管場所に困りました。ジップロックやタッパー内など、密封空間に入れておく必要がありそうです。

木製・プラスチック・凹凸のあるお皿で使いにくい

実際に様々な材質のお皿で試してみたところ、木製、プラスチック製、凹凸のあるお皿ではシリコンラップが使用しにくかったです。これはシリコンラップが木やプラスチックでは密着せず、滑りやすくなってしまうことが原因でした。シリコンラップを使用する場合は、凹凸のない、陶器製やガラス製のお皿での使用をおすすめします。

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー