壁紙用の刷毛おすすめ4選!撫で刷毛も

壁紙用の刷毛おすすめ4選!撫で刷毛も

壁紙用の刷毛は、DIYでの壁紙の張替えに役立つアイテムです。壁紙によって必要な刷毛の種類は異なり、撫で刷毛やノリ用刷毛などの種類があります。今回は、壁紙用の刷毛の選び方や、おすすめ商品を紹介します。

壁紙用の刷毛の種類

気泡やシワなく貼れる撫で刷毛

気泡やシワなく貼れる撫で刷毛

出典:Amazon.co.jp

新しい壁紙を貼るときに、気泡やシワが入らないようにするための刷毛です。幅広のものが多く、一度に多くの面積をキレイに伸ばしてくれます。毛は比較的短いものが多く、力の調節がしやすいことが特徴です。

紙にノリがついていないときにはノリ用刷毛

紙にノリがついていないときにはノリ用刷毛

出典:Amazon.co.jp

壁紙の中には、あらかじめノリが塗ってあるものもありますが、ノリが塗られておらず自分でノリを塗らなくてはいけないものもあります。そんなときに使うのが、ノリ用刷毛です。刷毛にノリを含ませて新しい壁紙の裏に塗ります。広い面積にノリを塗ることを想定して作られているので、撫で刷毛と同じように幅広のものが多いでしょう。

壁紙用の刷毛の選び方

刷毛の毛足が短いと力の調節がしやすい

壁紙用刷毛は毛足の短いものが多いです。これは力の調節をしやすくするためです。初心者の方はできるだけ刷毛の毛足が短いものを選ぶと良いでしょう。

力の入れやすい持ち手を選ぶ

壁紙用刷毛はしっかりと握れる持ち手のものを選びます。持ちにくいと力が入らず、よれてしまったり、疲れやすくなるためです。少なくとも指が4本きちんと入る持ち手のものが良いでしょう。

手の大きさに合わせてサイズを選ぶ

壁紙用刷毛は少しでも大きいものを使って早く終わらせたいと思う人もいるでしょう。しかし壁紙用刷毛は大きいほど力が分散されやすくなります。力が分散するとムラができやすく、きれいな壁紙にすることが難しくなります。キレイに仕上げるには少しずつ丁寧に作業をする必要がありますので、大きさはご自身の手の大きさや力に合ったものを選びましょう。

慣れていない方にはプラスチック製がおすすめ

壁紙用刷毛には木製、プラスチック製などがあります。木製は手に馴染みやすく、慣れている人にはとても使いやすいです。反対に壁紙貼りに慣れていない方は手が疲れやすくなるので、プラスチック製から始めてみると良いでしょう。壁紙の作業は手を垂直に置いた状態で行うので、その体制で持ち続けられる素材を選ぶ必要があります。

壁紙を貼るときのコツ

壁紙を貼るときのコツ

壁紙はちょっとしたコツを知っておくだけでキレイに仕上げることができます。ここでは特に重要なコツをご紹介します。

壁はキレイにしてから貼る

古い壁紙を剥がした後に汚れなどがついていたらキレイにしてから新しい壁紙を貼りましょう。ほんの少しの汚れやでこぼこが、気泡や破れの原因となります。また、古い壁紙の表面がフラットなものであれば、その上から新しい壁紙を貼ることもできます。その場合は古い壁紙をキレイに拭いてから新しい壁紙を貼るようにしましょう。

貼り始めは利き手の上部から

壁紙を貼るときは、ご自身の利き手側の上部から始めましょう。右利きの方が作業するのであれば右上から、左利きなら左上からです。こうすることで精密な作業がしやすくなります。

撫で刷毛は「ハの字」に使う

壁紙を貼るときに使う撫で刷毛は、常に「ハの字」を書くようにして使います。空気やシワを内側から外側へ逃がすようにして使うのです。このときあまり力を入れすぎないようにしましょう。力が入りすぎると、壁紙が歪んでしまったり、破れてしまったりする原因になります。

壁紙用の刷毛おすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

上質な山羊の毛を使ったノリ刷毛です。しっかりとした腰でノリを均等に塗りやすくしています。壁紙のノリ用としてだけでなく、ふすまや障子の貼り替えにも使えるので1本あると便利です。

上質な山羊の毛を使ったノリ刷毛です。しっかりとした腰でノリを均等に塗りやすくしています。壁紙のノリ用としてだけでなく、ふすまや障子の貼り替えにも使えるので1本あると便利です。

出典:Amazon.co.jp

毛の密度が高く、適度に硬さがあるので壁紙の気泡やシワを伸ばしやすいです。持ち手部分もしっかりとスペースが取られているので、手が大きな方が使っても不自由はないでしょう。

毛の密度が高く、適度に硬さがあるので壁紙の気泡やシワを伸ばしやすいです。持ち手部分もしっかりとスペースが取られているので、手が大きな方が使っても不自由はないでしょう。

出典:Amazon.co.jp

しっかりとした毛が規則正しく並んでいるので、ノリがムラになりにくく均等に塗ることができます。適度な毛足の長さと、強い腰があるので壁紙をしっかりと捉えながらノリが塗れますよ。

しっかりとした毛が規則正しく並んでいるので、ノリがムラになりにくく均等に塗ることができます。適度な毛足の長さと、強い腰があるので壁紙をしっかりと捉えながらノリが塗れますよ。

出典:Amazon.co.jp

馬の毛で作られた撫で刷毛です。厚い木製で作られているので、持った時に安定感が出ます。持ち手をしっかり握ることで扱いやすくなります。持ち手の部分に金具がついているので、ちょっとしたくぎ打ちなどにも使えて便利です。

馬の毛で作られた撫で刷毛です。厚い木製で作られているので、持った時に安定感が出ます。持ち手をしっかり握ることで扱いやすくなります。持ち手の部分に金具がついているので、ちょっとしたくぎ打ちなどにも使えて便利です。

壁紙用の刷毛おすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー