簡易追い焚き機のおすすめ5選!ほかほかお風呂に入ろう

簡易追い焚き機のおすすめ5選!ほかほかお風呂に入ろう

冷めたお湯を再び温めたり保温したりしてくれるのが「簡易追い焚き機」です。家庭のお風呂に追い焚き機能がなくても、この商品を使うことで簡単に追い焚きすることができます。給湯器で差し湯するよりも電気代が節約になると紹介している商品もありますので、電気代が気になっている方も注目です。今回はそんな簡易追い焚き機について、商品の基礎知識や選び方、お手入れ方法、おすすめ商品などをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

いつでも温かいお風呂に入りたい!

いつでも温かいお風呂に入りたい!

心地よい温度のお風呂に浸かるバスタイムは、一日の疲れをゆっくり癒せる大切な時間です。しかし、家族それぞれ入浴する時間帯が違うと、お湯はどうしても冷めてしまいますよね。

家庭用のお風呂には、追い焚き機能が付いているものと付いていないものがあります。しかし「簡易追い焚き機」があれば、どんなお風呂でも追い焚きが可能になり、いつでも温かいお風呂に入ることができます。水につけても問題のないコードでコンセントに繋げて、簡易追い焚き機を湯船の中に入れて加熱や保温をする商品が多いです。

簡易追い焚き機の選び方

簡易追い焚き機には、機能性や電気代の目安など購入前に確認したポイントが多くあります。購入してよかったと思うことができる商品に出会うために、比較検討してよりよい簡易追い焚き機を選びましょう。

必要な機能を確認

温かいお湯をキープする保温タイプ

温かいお湯をキープする保温タイプ

出典:Amazon.co.jp

簡易追い焚き機は、大きく分けて2タイプあります、1つが保温のみのタイプです。浴槽にお湯を入れて、その温度を保つための商品です。インターネット販売でも簡易追い焚き機のカテゴリに入っていることが多いですが、厳密には水をお湯にできる「追い焚き」をするものではなく「保温」をするためのものです。加熱できるタイプと比較するとリーズナブルな商品が多いことが特徴です。コンセント式に限らず、レンジでチンして湯船に入れておくだけで保温できる商品もあります。

水を湯にできる加熱タイプ

水を湯にできる加熱タイプ

出典:Amazon.co.jp

冷めてしまった風呂や水を湯船に適した温度に加熱してくれるのが、加熱もできるタイプのメリットです。本体価格は保温のみの商品に比べるとやや高価な傾向にあります。1日に2度お風呂に入りたいという方や節約のため同じ水を何日か使いたい方は、加熱ができるタイプを選ぶのがおすすめです。

電気代も確認したいポイント

頻繁に使用することを想定すると、電気代も気になります。簡易追い焚き機が使用する電気の量は、商品によってそれぞれです。家電量販店などの店頭で購入する場合は店員さんに確認したり、説明書きを確認するといいでしょう。インターネットで購入する場合も、電気代の目安が書かれていることがあるので、参考にした上で購入しましょう。

お風呂が温まるまでの時間も重要

お風呂が温まるまでの時間も重要

加熱もできるタイプの簡易追い焚き機を購入するなら、お風呂に入りたいと思って簡易追い焚き機のスイッチを入れてから適温になるまでの時間も確認したいポイントです。季節によって加熱に必要な時間は変わり、夏場の方が早く沸かすことができます。必要な時間の目安は商品説明に記載されていることが多いので、時間がかかる場合でも早めにセットしておけば問題ないでしょう。

付随機能もチェック

ろ過機能でいつも清潔に

せっかく湯船に浸かるなら、できるだけ綺麗なお湯に入りたいですよね。簡易追い焚き機の中には、セラミックのボールなどでお湯をろ過することができる商品があります。お風呂に入る人数が比較的多いという方や、一人暮らしでも数日連続で同じお湯を使いたいという方に適している商品を探すのもいいですね。

安心感のあるセーフティ機能

電気を使う製品を水やお湯の中に入れて大丈夫なのか、といった心配をする方も多いのではないでしょうか。そんなときはセーフティ機能付きの商品を選ぶことで、安心して使うことができます。特に、漏電や空焚きなどの事故を防止できる機能が多くついている商品はおすすめです。

好きな湯温にできる温度調節機能

やや熱いお湯に浸かりたいときがあれば、ぬるま湯にゆっくり浸かりたい日もあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、夏と冬では湯の温度を変えている方も多いかと思います。そんなときは、温度調整機能付きの簡易追い焚き機がおすすめです。何段階かで調節できるなど、必要に応じて温度を調節できる商品を選びましょう。

簡易追い焚き機のお手入れ方法

抗菌加工がされているなど、安心して使える商品が多く販売されていますが、定期的にお手入れすることで快適に使用し続けることができるでしょう。お手入れの方法は商品によって異なりますので、必ず説明書などで確認してください。一例として、本体の表面はスポンジなどで洗い、内部はつけおき洗いするといった方法を推奨している商品があります。

簡易追い焚き機のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値40,480円(税込)

この商品の特徴

機能性の高い製品を探している方におすすめです。保温だけでなく水からの湯沸かしもできます。1000wの強力ヒーターで夏場なら約3〜4時間、冬場でも約8〜9時間で適温になります。ろ過フィルターもついていますし、お湯の熱さが選べる機能、セーフティー機能として漏電遮断機、安全用サーモスタット、空焚き防止スイッチ、温度ヒューズなどが搭載されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

機能性の高い製品を探している方におすすめです。保温だけでなく水からの湯沸かしもできます。1000wの強力ヒーターで夏場なら約3〜4時間、冬場でも約8〜9時間で適温になります。ろ過フィルターもついていますし、お湯の熱さが選べる機能、セーフティー機能として漏電遮断機、安全用サーモスタット、空焚き防止スイッチ、温度ヒューズなどが搭載されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値10,376円(税込)

この商品の特徴

手軽に使える商品が欲しい、という方におすすめの商品です。電子レンジで加熱して使うタイプの風呂湯保温器です。電気代は1回につき約2.5円と経済的です。本体を電子レンジで10分から13分加熱して、そのまま湯船に入れると、遠赤セラミックボールが保温してくれます。浴槽の大きさや季節にもよりますが、約4時間から6時間保温することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

手軽に使える商品が欲しい、という方におすすめの商品です。電子レンジで加熱して使うタイプの風呂湯保温器です。電気代は1回につき約2.5円と経済的です。本体を電子レンジで10分から13分加熱して、そのまま湯船に入れると、遠赤セラミックボールが保温してくれます。浴槽の大きさや季節にもよりますが、約4時間から6時間保温することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値23,980円(税込)

この商品の特徴

少量のお湯を温めたいという方におすすめの商品です。寝かせて使うことができます。半身浴や足浴をしたいときに活躍するでしょう。衝撃や腐食に強いステンレス素材を使用しています。温度コントロールがついていて、30℃から45℃の間で調整することができます。10リットルのの水が10分間で10℃上昇します。一日保温しても電気代は約96円です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

少量のお湯を温めたいという方におすすめの商品です。寝かせて使うことができます。半身浴や足浴をしたいときに活躍するでしょう。衝撃や腐食に強いステンレス素材を使用しています。温度コントロールがついていて、30℃から45℃の間で調整することができます。10リットルのの水が10分間で10℃上昇します。一日保温しても電気代は約96円です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値20,980円(税込)

この商品の特徴

スーパー風呂バンス1000よりも軽量なのがこちらの商品です。こちらは保温するための商品で、重さは約1.52kg、材質はABS樹脂です。こちらの商品を湯船の中に入れておくと、湯温が40℃以下になったら自動でヒーターが加熱を開始してくれる優れものです。適温基準は42℃です。漏電防止、空焚き防止、加熱防止などの安心機能もついています。抗菌加工されているのも嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スーパー風呂バンス1000よりも軽量なのがこちらの商品です。こちらは保温するための商品で、重さは約1.52kg、材質はABS樹脂です。こちらの商品を湯船の中に入れておくと、湯温が40℃以下になったら自動でヒーターが加熱を開始してくれる優れものです。適温基準は42℃です。漏電防止、空焚き防止、加熱防止などの安心機能もついています。抗菌加工されているのも嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,318円(税込)

この商品の特徴

湯船に入れるというより取り付ける保温器です。浴槽が2つ穴の場合に使用することができる商品です。はめるだけで保温機能が高まり節電に繋がります。重量約58gと軽量な商品なのですが、風呂釜からお湯が冷めたものが戻ってこないようにする機能があり、湯船のお湯が冷めにくくなります。日本製です。商品使用時と未使用時で5時間経過後の湯温が6.8℃も違うということです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

湯船に入れるというより取り付ける保温器です。浴槽が2つ穴の場合に使用することができる商品です。はめるだけで保温機能が高まり節電に繋がります。重量約58gと軽量な商品なのですが、風呂釜からお湯が冷めたものが戻ってこないようにする機能があり、湯船のお湯が冷めにくくなります。日本製です。商品使用時と未使用時で5時間経過後の湯温が6.8℃も違うということです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー