おむつ替えシートのおすすめ4選【洗濯、使い捨てタイプも】

おむつ替えシートのおすすめ4選【洗濯、使い捨てタイプも】

赤ちゃんのおむつを替えるときに、お尻の下に敷くのがおむつ替えシートです。洗濯して何度も使えるタイプと、使い捨てタイプがあります。おむつ替えシートを使えば、おむつを替えている最中におしっこやうんちをしてしまい、床やじゅうたんを汚してしまうことも防げます。今回は、おむつ替えマットの選び方や、Amazonで購入できるジェラートピケなどのおすすめ商品をご紹介します。ペットシーツなどを使った代用方法についてもご紹介しています。

おむつ替えシートは必要?

おむつ替えシートは必要?

赤ちゃんのおむつ交換をするときに、お尻に敷いて汚れないようにするのがおむつ替えシートです。赤ちゃんのおむつ交換のときに、お尻を拭いていると床を汚してしまうことがあります。そんなときにお尻の下に敷いておけば、おむつ替えシートが汚れても水で洗い流し、すぐお掃除できます。また、外出先でおむつを交換する際も、おむつ交換台がない場所でもおむつ替えシートを敷けば、どこでもおむつを取り替えることができます。床が固く冷たくて嫌がる赤ちゃんも、おむつ替えシートを敷けば、赤ちゃんも嫌がらず、ご機嫌になってくれるかもしれません。友達のおうちなどで替えるときには、エチケットにもなります。

おむつ替えシートの種類と特徴

おむつ替えシートには、使い捨てタイプと繰り返し使うタイプがあります。それぞれの特徴をご紹介します。

使い捨てタイプ

使い捨てタイプ

出典:Amazon.co.jp

おむつ替えシートを使う際にうんちがシートについてしまい、それを洗って繰り返し使うことに抵抗がある方には、使い捨てタイプがおすすめです。また、赤ちゃんが感染症の病気にかかってしまって、他の家族にうつさないようにするために、使い捨てタイプのおむつ替えシートを使っている方もいます。すぐ捨てられるという点は、衛生面から見ても、お手入れしやすさとしても便利ですね。お出かけのときなどにもおすすめです。

繰り返し使うタイプ

繰り返し使うタイプ

出典:Amazon.co.jp

汚れたら洗って何度も使えるおむつ替えシートです。洗う手間はかかりますが、何度も買い替える必要がないので、経済的です。布製やポリエステル素材のものは、デザインも豊富でかわいいものが多いので、お気に入りのものを長く使える点もいいですね。商品によっては、コンパクトにたためてバッグに収納できる、持ち運びに便利なタイプもあります。

おむつ替えシートの代用方法

おむつ替えシートは、おむつ替えのときにお尻の下に敷くシートです。実は、わざわざおむつ替えシートを購入しなくても、他のもので代用ができます。ここでは、3つの代用方法をご紹介します。

タオル

おうちでおむつを替えるときは、タオルを敷くだけで代用ができます。汚れてしまっても洗えば汚れが落ちますので、おむつ替えシートの中でも繰り返し使うタイプの代用になります。

新聞紙

タオルが汚れてしまうのが気になる方や、使い終わったらすぐに捨てたいという方におすすめの方法です。ただ、おしっこやうんちがもれてしまうと、場合によっては新聞紙が破れてしまうこともありますので、注意してください。

ペットシーツ

ペットシーツは、防水機能がある上に、枚数が多いため代用方法としておすすめです。スーパーなどでもすぐに購入できますので、急になくなってしまったときにも役立ちそうです。

おむつ替えシートの選び方

パパやママも使いやすく、赤ちゃんもご機嫌になるようなおむつ替えシートを選びたいですよね。ここでは、おむつ替えシートを選ぶポイントを5つご紹介します。

洗いやすく肌にやさしい素材を選ぶ

洗いやすく肌にやさしい素材を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

赤ちゃんは肌が弱いので、おむつ替えシートもなるべく赤ちゃんの肌に優しいものを選んであげましょう。綿100%の素材で出来ているおむつ取り替えマットは、敏感な赤ちゃんの肌にも優しいと言われています。防水加工のものは、洗いやすいという点がメリットですが、ポリエステルでできているものも多いので、赤ちゃんが肌トラブルを起こしやすいという方は、綿100%の素材がおすすめです。

赤ちゃんに合った大きさを選ぶ

赤ちゃんに合ったサイズを選びましょう。腰の部分だけに敷くのか、寝かせて体全体に敷くのかによってもサイズが変わってきます。赤ちゃんの体格に合わせて、ちょうどよいサイズを選んでみてください。

洗いやすさもチェック

洗いやすさもチェック

繰り返し使うおむつ替えシートの場合は、頻繁に汚れてしまうので、洗いやすいものを選びましょう。防水加工のしてあるものやポリエステルやナイロンでできているものは、水でささっと洗えて干すことができます。綿の素材のものは、肌に優しくて安心ですが、うんちで汚れてしまった場合、漂白しなければならないので、洗うのに少し手間がかかってしまいます。

コンパクトに収納できるかどうか

コンパクトに収納できるかどうか

出典:Amazon.co.jp

おむつ替えシートは、お出かけのときに持っていくこともあるかと思います。持ち運ぶ際に重要となるのは、コンパクトに収納できるかどうかです。おむつ取り替えマットをたたんで収納したときに、どれくらいのサイズになるのかも、購入する際に確認しておきましょう。

おむつ取り替えマットのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,900円(税込)

この商品の特徴

コットン100%のおむつ取り替えマットです。おむつ取り替え時だけでなく、カーシートやベッド用のシーツとしても使えます。パステルカラーや柄がかわいいデザインですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コットン100%のおむつ取り替えマットです。おむつ取り替え時だけでなく、カーシートやベッド用のシーツとしても使えます。パステルカラーや柄がかわいいデザインですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,320円(税込)

この商品の特徴

広げるときのこのような形のユニークなデザインのおむつ取り替えマットです。サイドを折りたたみ、ループにおもちゃをつけて赤ちゃんを遊ばせることができるので、オムツ替えの時間も赤ちゃんを飽きさせません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

広げるときのこのような形のユニークなデザインのおむつ取り替えマットです。サイドを折りたたみ、ループにおもちゃをつけて赤ちゃんを遊ばせることができるので、オムツ替えの時間も赤ちゃんを飽きさせません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,080円(税込)

この商品の特徴

綿100%の赤ちゃんの肌に優しいおむつ取り替えマットです。4枚組なので、多すぎず少なすぎず丁度良い枚数なので、汚してしまっても焦らず対処できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

綿100%の赤ちゃんの肌に優しいおむつ取り替えマットです。4枚組なので、多すぎず少なすぎず丁度良い枚数なので、汚してしまっても焦らず対処できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値249円(税込)

この商品の特徴

使い捨てのおむつ替えシートです。裏面が防水仕様になっているので、おしっこがもれてしまう心配もありません。軽くて薄いので、お出かけに持っていくときもかさばらないです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

使い捨てのおむつ替えシートです。裏面が防水仕様になっているので、おしっこがもれてしまう心配もありません。軽くて薄いので、お出かけに持っていくときもかさばらないです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー