水性ボールペンのおすすめ4選!滑らかな書き心地

水性ボールペンのおすすめ4選!滑らかな書き心地

普段何気なく使ってるボールペンは、水性と油性に分けられます。それぞれのボールペンのメリットを知ることで、より使いこなすことができますまた、服や壁にインクがついてしまったときの落とし方や、染み抜きについて気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、水性ボールペンの基礎知識や落とし方、おすすめ商品をご紹介します。

水性ボールペンとは

水性ボールペンとは

出典:Amazon.co.jp

水性のインクを使ったボールペンで、長時間を筆記をするのに最適です。軽い力で書けるので、子どもでも書きやすいです。くっきりとした文字を書けますが、紙質によってはにじむこともあります。また、耐水性と表示された水性ボールペンが販売されています。裏写りがしにくいため、幅広い紙に書くことが可能です。書き心地が良いので、事務職、経理など、ペンを使うシーンが多い方におすすめのボールペンです。

水性、油性、ゲルインクの違い

結局、水性、油性、ゲルインクなど何が違うのかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。ここでは、水性、油性、ゲルインクそれぞれの特徴をご紹介します。

滑らかなかき心地の水性

水性のインクを使ったボールペンです。すらすらと滑らかな書き心地が魅力です。長時間の筆記作業も疲れないため、文章を書いたり、事務作業にはイチオシのボールペンでしょう。書いた紙にインクがにじんでしまうことがあります。

公的文書に使える油性

油性のインクを使ったボールペンです。書き出しは少しかすれることがあります。書いた紙にインクが滲むことはありません。公的文書に使用できます。しっかりとした書き味で、強い筆圧でも耐えることができます。インクが長持ちして、耐水性が高いため、使い勝手の良いボールペンです。

耐久性のあるゲルインク

インクは水性ですが、耐水性があるタイプのボールペンです。引っかかりがない滑らかな書き心地が特徴です。油性同様、書いた紙にインクがにじむことはありません。水性ボールペンのデメリットがなくなり、耐水性、耐光性にも優れています。インクの減りが早いため、メインとして使う場合は、予備をを常備しておくのがおすすめです。

水性ボールペンの選び方

書きやすい水性ボールペンを選ぶためのポイントをご紹介します。

芯の太さを選ぶ

一般的には、芯の太さは0.5mmか0.7mmとなっています。ノートやメモ帳などに書き込む場合は、0.5mmか0.7mmどちらでも書きやすいでしょう。スケジュール帳、名刺など小さなスペースに書くときは、0.38mmが書きやすいかもしれません。どこに書くのかによって、芯の太さを決めてみましょう。

書き心地

水性ボールペンの書き心地にも、さまざまな種類があるので、好みで選ぶと良いでしょう。実際に店頭で試してみたり、口コミを参考にしてみてください。

ペン先の出し方

ボールペンは主にキャップ式とノック式があります。さっと書きたいときはノック式がおすすめです。キャップを外す手間がないので、片手がふさがっていてもペン先を出すことが可能です。キャップ式は、ペン先がキャップに収まるため、インクが乾きにくいのが特徴です。

知っておくと便利!ボールペンの豆知識

水性ボールペンの消し方、落とし方、シミ抜き方法

水性ボールペンの消し方、落とし方、シミ抜き方法

ボールペンのインクが壁についてしまった!という経験をしたことがある方もいらっしゃるかと思います。水性ボールペンなら消せる方法があります。でこぼことした壁紙の場合は、染み込みやすいので、できるだけ早く対処するようにしましょう。濡れた雑巾で、インクのあとを滲ませるように拭きます。化粧落としの石鹸を使うと、より効果的です。

紙に書いたときは、書いた部分を削りとる砂消しが有効です。なお、ボールペンは、筆記用具として消えない、落ちないことを前提に作られていますので、完全に落とせない、消せない場合もあります。大切な洋服、カバンなどはプロのクリーニング店に相談することもおすすめです。

インクが出ない場合の対処法

ボールペンが書けない原因として、インクの劣化があります。インクは、時間が経つほど溶剤が蒸発してしまいます。滑らかな書き心地も薄れてきてしまうので、インクが新しいときに使い切るのがおすすめです。出ない場合の対処法としては、ボールペンを勢い良く下向きに振ります。ペン先にインクが届くため、乾いて出なくなってしまった場合や、ペン先に空気が入ってしまったときに有効です。

水性ボールペンのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,091円(税込)

この商品の特徴

握りやすいため、長時間の筆記でも疲れません。使用時には、クリップが本体に収納される構造で、使いやすさも抜群です。太めで書き味が良いのが魅力ですが、紙質によっては滲むこともあります。キャップレスタイプのすっきりとしたデザインは、オフィスでも使えそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

握りやすいため、長時間の筆記でも疲れません。使用時には、クリップが本体に収納される構造で、使いやすさも抜群です。太めで書き味が良いのが魅力ですが、紙質によっては滲むこともあります。キャップレスタイプのすっきりとしたデザインは、オフィスでも使えそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,184円(税込)

この商品の特徴

ノートやメモで小さい字を書きたい方におすすめのボールペンです。0.5mmボールは使いやすさ抜群で、高級感のあるデザインは、ビジネスシーンにも最適の1本でしょう。程よい重さがあるので、安定感があり自然な筆圧で書くことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ノートやメモで小さい字を書きたい方におすすめのボールペンです。0.5mmボールは使いやすさ抜群で、高級感のあるデザインは、ビジネスシーンにも最適の1本でしょう。程よい重さがあるので、安定感があり自然な筆圧で書くことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,100円(税込)

この商品の特徴

セラミック製の水性ボールペンです。程よい重さがあるため、安定した書き心地が魅力となっています。一般的な大きさの文字を書くときに便利な0.5mmが付属されていますが、水性以外の替芯に変えることも可能です。書き出しがとてもスムーズなので、ストレスなく筆記作業ができます。ノンドライタイプのカートリッジを使用しているため、キャップをし忘れても、インクが乾いてしまうことはありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

セラミック製の水性ボールペンです。程よい重さがあるため、安定した書き心地が魅力となっています。一般的な大きさの文字を書くときに便利な0.5mmが付属されていますが、水性以外の替芯に変えることも可能です。書き出しがとてもスムーズなので、ストレスなく筆記作業ができます。ノンドライタイプのカートリッジを使用しているため、キャップをし忘れても、インクが乾いてしまうことはありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値71円(税込)

この商品の特徴

メモを取りたいときに、さっと書けるノック式のボールペンです。滑らかな書き心地なので、長時間の作業も疲れにくく快適です。バインダークリップで服、書類などに挟んでおけます。耐水性、耐光性に優れた顔料インクを使用しています。そのため公式文書にも使用でき、1本持っておくと幅広い用途で役立ちます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

メモを取りたいときに、さっと書けるノック式のボールペンです。滑らかな書き心地なので、長時間の作業も疲れにくく快適です。バインダークリップで服、書類などに挟んでおけます。耐水性、耐光性に優れた顔料インクを使用しています。そのため公式文書にも使用でき、1本持っておくと幅広い用途で役立ちます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

水性ボールペンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー