火起こし器のおすすめ5選&選び方【アウトドアで大活躍】

火起こし器のおすすめ5選&選び方【アウトドアで大活躍】

アウトドアや焚き火には欠かせない火を起こす作業を、誰でも簡単にできるのが「火起こし器」です。火起こし器があればうちわも不要で、肺活量を使って息を吹きかけることもありません。また、そのままコンロとしても使用可能なので、バーベキューもすぐにでき、人気となっています。でも、どのような原理になっているのかや、コツ、使い方など気になることも多いでしょう。今回は火起こし器の選び方や使い方、自作の方法などとともに、人気のキャプテンスタッグの商品などをご紹介します。

アウトドアでの火起こしを楽にしたい!

アウトドアでの火起こしを楽にしたい!

焚き火やバーベキュー、キャンプなど、アウトドアで欠かせないのが火起こしです。でも、道具を用意したり、うちわであおいだりなど、手間がかかって面倒だと感じたことがある方もいるでしょう。せっかくついた火が風で消えてしまうと、もう一度火をおこすのはおっくうになてってしまうこともあります。

そんなときにおすすめなのが火起こし器です。風の強さや着火するまでのタイムロスを減らし、スムーズな火起こしができます。火付け穴と呼ばれる穴から火をつけて、炭や木を入れるだけで火を起こすことができます。

火起こし器の仕組み

火起こし器の仕組み

出典:Amazon.co.jp

火起こし器は、空気の温冷による浮力・火起こし器内外の圧力差・給気速度などによって、火の回りをよくしていきます。今まで火起こしが苦手だった方は、平らや山のように並べた炭や木の着火で苦戦した経験があるのではないでしょうか。

火起こし器の構造は『煙突効果』の原理を用いたものが主流です。下からの給気を絶えず促すことで火の気流を縦につくり、簡単に火起こしが可能になります。煙突効果は、煙突内が外気よりも高い温度になることで発生します。高温の空気は密度が低く浮きやすいため上に上にと上っていくのですが、それと同時に火が炭や木に燃え移りやすくなります。

火起こし器のメリット

簡単に火起こしができる

火起こしするときは安全に行いたいものですが、ガスバーナーなどの操作でも不安があり、なかなか女性の中には、うまく着火できない方も多いです。火起こし器は中に着火剤を入れ、火付け穴からライターで着火し、炭や木を縦に入れるだけです。着火の時点で爆発したり火傷したりする心配もなく、女性でもコツも経験も要らずに簡単に火起こしが可能です。

空気を送り込む作業が不要

火起こしするときにうちわであおいだり、筒で火元を吹いたりした経験はないでしょうか。頑張ってもなかなか火がつかないばかりか、息切れして疲れてしまうこともあります。火起こし器は、下の部分に給気口がいくつもあるのが特徴的です。煙突効果で自然に給気するので、うちわや肺活量が不要です。火起こししている間に他の準備に取り掛かって、目を離してしまっても大丈夫なのは嬉しいメリットです。

コンパクトに収納できるタイプもある

コンパクトに収納できるタイプもある

出典:Amazon.co.jp

火起こし器は荷物がかさばる…と思われる方もいるかもしれませんが、今ではかなりコンパクトに収納できるタイプの火起こし器もあります。厚さはわずか5cm弱、長さも30cmないので、鉄板や網などと一緒に収納しておくこともできます。

火起こし器の選び方

大きさを選ぶ

火起こし器は、持ち運びやすい小さいサイズだけでなく、大きいサイズのものもあります。使う人数や、持ち運びの方法によって、ちょうど良い大きさを選んでみましょう。バイクでの一人旅と、大人数でのバーベキューではおすすめのサイズが異なります。

必要な機能がついたものを選ぶ

必要な機能がついたものを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

火起こし器は、火を起こすことはできても消すことができません。商品によっては、火消し壺もセットになったものがあったり、取手の熱くならないものがあったりします。どのシチュエーションで使うのかによって、必要な機能がついているかどうかをチェックしておきましょう。

火起こし器の使い方

火のつけ方

実際に火起こし器を使用して火をつけるには、どのような手順で火起こしすればいいのか使い方をご紹介します。まずは、円柱や角柱型の火起こし器の使い方です。

STEP1:火を起こす場所をセットする

火起こし器の中は空洞で、下部は燃料が落ちないように網状になっています。土や砂の上でも着火できますが、バーベキュー台などがあれば網を敷いて火を起こすと、さらに給気が行き渡ります。グラグラしないように土台を安定させます。

STEP2:本体を組み立てる

鍋型になっている火起こし器などは、そのまますぐに使用できます。コンパクト収納タイプのものなら、煙突状になるよう組立をして作業中に留め具が外れないように組み立てます。

STEP3:着火剤と炭を入れて火を起こす

組み上げた火起こし器の中に着火剤を入れます。100均などで売られている着火剤や、新聞紙、牛乳パックを利用するのもおすすめです。着火剤の上に炭や木を設置して、下の着火口から点火します。

火の消し方

火起こし器で作った火の消し方は、2通りあります。1つは、水を張ったバケツに火のついた炭を入れて消火する方法です。灰が舞い上がらず確実に鎮火できます。しばらく放置してしっかり火を消し持ち帰りましょう。2つ目は、火消し壺を使用する方法です。火消し壺に炭を入れフタをして酸素をさえぎり消火します。

マナー違反を守って楽しく遊ぼう

炭を砂の中に埋めたり、海や湖の中に捨てたりする行為はマナー違反です。燃えるゴミとして出せますし、次回の火つけ種としても再利用できますので、火消し後の処理もきちんとしましょう。炭を手で持てるくらいまでしっかり冷ましましょう。火事の原因になります。火消し壺はかなり高温になりますので、手を触れたりしないように十分な注意が必要です。

火起こし器の自作方法

火起こし器の構造はかなり単純です。自分でも簡単につくることができます。茶筒でつくるだけでなく、100均のオイルポットを利用してつくる方もいます。ここでは、オイルポットを利用した自作方法をご紹介します。

STEP1:オイルポットをカットする

オイルポットの底の部分を、缶切りでくりぬきます。切り口でケガをしないように注意しましょう。

STEP2:メッシュ蓋の穴を大きくしておく

火が通りやすいようにメッシュ蓋の穴を棒で広げておきます。炭が着地しない程度まで中に押し込みます。

STEP3:着火剤と炭を入れ点火する

普通の火起こし器のように使用します。

火起こし器のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,240円(税込)
4.49(229件)

この商品の特徴

アウトドア商品総合ブランドのキャプテンスタッグの火起こし器です。鉄製で約1kgあり、組み立て式です。超薄型収納なのでコンパクトに持ち運ぶことが可能です。木炭や備長炭も簡単に着火できます。長年愛用する方も多く、耐久性もバッチリです。薄型で収納できるので、バーベキューコンロなどと一緒に保管して紛失することもありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アウトドア商品総合ブランドのキャプテンスタッグの火起こし器です。鉄製で約1kgあり、組み立て式です。超薄型収納なのでコンパクトに持ち運ぶことが可能です。木炭や備長炭も簡単に着火できます。長年愛用する方も多く、耐久性もバッチリです。薄型で収納できるので、バーベキューコンロなどと一緒に保管して紛失することもありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値3,268円(税込)
4.57(1,048件)

この商品の特徴

火起こし器と火消し壺がセットになった商品です。スタンドも付いていますので、より燃焼をよくする給気が可能になっています。大型で口も広いので、たくさんの炭を一気に作ることが可能です。火消し壺で消火した炭は、そのまま持ち帰ることもできて周囲を汚す心配もありません。初心者でも簡単に扱えることで人気になっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

火起こし器と火消し壺がセットになった商品です。スタンドも付いていますので、より燃焼をよくする給気が可能になっています。大型で口も広いので、たくさんの炭を一気に作ることが可能です。火消し壺で消火した炭は、そのまま持ち帰ることもできて周囲を汚す心配もありません。初心者でも簡単に扱えることで人気になっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値429円(税込)
3.81(109件)

この商品の特徴

キャプテンスタッグの鍋型火起こし器です。取手部分があるので、持ちながら安心して使用することができます。重さはわずか0.2kgで軽く、持運びも苦になりません。ガスコンロの上で素早く火起こしができます。1~2名でおうちバーベキューを楽しんだり、火鉢や七輪を使用したりするときに便利です。技術も経験も不要な便利アイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

キャプテンスタッグの鍋型火起こし器です。取手部分があるので、持ちながら安心して使用することができます。重さはわずか0.2kgで軽く、持運びも苦になりません。ガスコンロの上で素早く火起こしができます。1~2名でおうちバーベキューを楽しんだり、火鉢や七輪を使用したりするときに便利です。技術も経験も不要な便利アイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,180円(税込)
4.10(16件)

この商品の特徴

四角形の高い煙突型をした火起こし器です。燃料投入口が広く、もう少し火力に勢いを付けたいときにも便利です。専用の収納ケースが付いているから、炭の汚れが残っていても他のアウトドア用品を汚さず持ち運ぶことができます。火起こし器の上に網を置いてそのままバーベキューを楽しんでも良いので、大きなコンロがなくても大丈夫です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

四角形の高い煙突型をした火起こし器です。燃料投入口が広く、もう少し火力に勢いを付けたいときにも便利です。専用の収納ケースが付いているから、炭の汚れが残っていても他のアウトドア用品を汚さず持ち運ぶことができます。火起こし器の上に網を置いてそのままバーベキューを楽しんでも良いので、大きなコンロがなくても大丈夫です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,006円(税込)
4.00(32件)

この商品の特徴

火起こし器としての機能と、燻製機としての機能、ストーブやオーブンとしての機能がついた1台4役の火起こし器です。燻製に使用できるS字フックや、3段網でたくさん食材を置くことが可能です。真横に大きな扉があるので、熱風を感じずに燃料をくべることができます。持ち運びに便利なキャリーバック付きの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

火起こし器としての機能と、燻製機としての機能、ストーブやオーブンとしての機能がついた1台4役の火起こし器です。燻製に使用できるS字フックや、3段網でたくさん食材を置くことが可能です。真横に大きな扉があるので、熱風を感じずに燃料をくべることができます。持ち運びに便利なキャリーバック付きの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー