火消し壺のおすすめ7選!アウトドアやバーベキューに

火消し壺のおすすめ7選!アウトドアやバーベキューに

火消し壺は、水をつかわずに炭火を安全に消化することができ、炭を素早く冷まして持ち帰りまでの時間を短縮することができます。コーナンなどのホームセンターで購入することができ、キャプテンスタッグのアルスター火消し壺などが人気です。陶器製や金属製、熱くならないタイプ、小型のものから大型のものまで種類も豊富で、ソロキャンプやバーベキュー、アウトドアなどで活躍してくれます。今回は火消し壺のメリットやおすすめ商品を紹介します。

バーベキューで使った炭の後片付けが大変

バーベキューで使った炭の後片付けが大変

バーベキューでは必ずと言って良いほど使用する炭ですが、使用後の処理に困ったことはありませんか。炭は火が消えるまでに時間がかかり、水をかけて処理をするのは危険です。そんな時は「火消し壺」を使用するのがおすすめです。火消し壺は、壺の中に炭を入れてフタをすることで酸素を遮断し、火が残っている炭を安全に素早く消火することができます。フタのタイプや素材の種類などから、使用用途に合わせた火消し壺を選び、安全に素早く消火をおこないましょう。

火消し壺のメリット

火が付いたまま持ち運べる

火消し壺は、炭に火が付いたままでも持ち運ぶことができます。熱を持つ場合がありますが、取っ手がついていたり、熱くならない構造の火消し壺を使用することで安全に持ち運ぶことが可能です。炭火に直接水をかけるのは危険ですが、火消し壺を水で外から冷やして冷却するという方法もあります。しかし、火が付いたまま持ち運べるとは言っても、そのまま車に積んでしまうと転倒などの危険を伴うので、持ち帰る際は消火できたかどうかを確認するようにしましょう。

安全に消火できる

火消し壺のメリットは、何よりも安全に消火することができるという点です。火消し壺に炭火を入れてフタをすることで酸素が遮断され、安全に素早く消火することができるので、消火するまで待つ手間を短縮することができます。火消し壺を使用することで安全に素早く消火することが可能です。

炭を再利用できる

炭を再利用できる

炭に水をかけることで素早く消火する方もいますが、水蒸気の熱でやけどを負うリスクがあります。また、炭は乾燥させれば使用することができるものの、乾燥して再利用できるようになるにはそれなりの時間が必要です。火消し壺を使用すれば、素早く消火することができ、消火した後すぐに再利用することができます。

火消し壷の選び方

フタがしっかり閉まるものを選ぶ

火消し壺を選ぶ際は、フタがしっかり閉まるタイプを選ぶことをおすすめします。フタがしっかり閉まらないと、転倒によって炭火がこぼれたり、やけどなどのリスクが高くなってしまいます。フタ開かないようにロックができるものや、ネジによって固定でるものなどフタにも多くの種類があります。万が一のことを考え、フタがしっかり閉まるものを選ぶようにしましょう。

素材で選ぶ

金属製

金属製

出典:Amazon.co.jp

金属製の火消し壺は、主にアルミやステンレス、スチールといった素材でつくられています。金属製は熱伝導率が高く熱くなってしまう印象がありますが、取っ手の部分が金属製ではないタイプであれば、安全に持ち運ぶことが可能です。金属製は割れる心配がないため、人気の素材となっています。軽さを求めるならアルミかスチール、耐久性を求めるならステンレスの火消し壺がおすすめです。

陶器製

陶器製

出典:Amazon.co.jp

金属製の他に、陶器でつくられた火消し壺があります。陶器の火消し壺は、金属製と比較すると容量が大きいものが多く、デザイン性にも優れています。割れものなので、ぶつけて割ってしまわないように注意しましょう。陶器製の火消し壺は、ヒビが入っていることで機密性が悪くなり、消火に時間がかかったり、消火できなくなってしまうので注意が必要です。フタアウトドアで雰囲気を味わったり、大量の炭火を消したい場合には容量が大きい陶器製の火消し壺がおすすめです。

サイズで選ぶ

炭火を使用する場面はアウトドアだけに限りません。使用用途に合わせてサイズを確認するようにしましょう。アウトドアで使用する場合には持ち運びを考えてコンパクトサイズの火消し壺を、ご家庭で使用される場合は、容量の大きいサイズの火消し壺を選ぶことをおすすめします。

取っ手が熱くならないか

基本的に炭火を入れてからは、消化・冷却が終わるまで火消し壺に触れることはおすすめしませんが、移動する可能性がある場合は取っ手がついているものや取っ手が熱くならないタイプの火消し壺がおすすめです。取っ手が付いていても金属製で熱くなってしまったり、取っ手が付いていない火消し壺などもあるので、購入する前に確認するようにしましょう。

足の有無を確認

足の有無を確認

出典:Amazon.co.jp

足付きのものとそうでないものがあります。火消し壺の底は炭火を入れることで熱くなってしまうので、置き場所によっては床や芝生を傷めてしまう可能性があります。転倒のリスクを考える場合には底面がすべて接地する足のないタイプを、火消し壺の配置場所の傷みを考慮する場合は足付きの火消し壺を購入するのがおすすめです。

火起こし機能が付いているか

火消し壺の中には、火起こし機能が搭載されているものがあります。火起こし機能が付いていることで、火を消したあとに再利用する場合でも便利に火をおこすことが可能です。火を起こした炭火を直接取り出して使用することができるので、アウトドアで使用する方におすすめの機能です。

火消し壷を使う際の注意点

火消し壷を使う際の注意点

1時間以上フタを開けない

火消し壺は炭火の消火を素早くおこなうことができますが、火消し壺の機能を最大限に活用するために、火消し壺に入れてから1時間はフタを開けないようにしてください。火が消えかかっていた炭が酸素によって再燃したり、こもっている熱によってやけどを負ってしまう危険があります。

子どもに触らせない

火消し壺は炭火を入れることで壺全体が熱くなります。触るとやけどを負ってしまうので、触れないようにしましょう。特に子どもは、間違って触ってしまう可能性が高いため、子供がいる場所から遠ざけるなど注意するようにしましょう。

火消し壺のおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

サイズ(約)W25.5xD18.5xH27cmの火消しです。バーベキュー等に使った炭を入れ、フタをして酸素を遮断することで、水を使わずに消火できます。消火した炭は再利用できるため無駄がなく、経済的です。フタをしっかりロックできるので安全です。本体自体に取っ手が付いているので、持ち運びにも便利です。バーベキューを頻繁に楽しむ家庭におすすめです。

この商品の特徴

サイズ(約)W25.5xD18.5xH27cmの火消しです。バーベキュー等に使った炭を入れ、フタをして酸素を遮断することで、水を使わずに消火できます。消火した炭は再利用できるため無駄がなく、経済的です。フタをしっかりロックできるので安全です。本体自体に取っ手が付いているので、持ち運びにも便利です。バーベキューを頻繁に楽しむ家庭におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

深型タイプのバーベキュー用火消しつぼです。バーベキュー等で利用した炭を密閉し、自然消火することで、炭の再利用が可能になり経済的です。たっぷり入る深型なので安全に使えます。底面の熱が伝わりにくいスタンド付きで、このスタンドは収納の際にはフタを押さえるストッパーになります。アウトドア派な家庭、バーベキューを頻繁にする家庭におすすめです。

この商品の特徴

深型タイプのバーベキュー用火消しつぼです。バーベキュー等で利用した炭を密閉し、自然消火することで、炭の再利用が可能になり経済的です。たっぷり入る深型なので安全に使えます。底面の熱が伝わりにくいスタンド付きで、このスタンドは収納の際にはフタを押さえるストッパーになります。アウトドア派な家庭、バーベキューを頻繁にする家庭におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ロゴスのポータブル火消しツボです。バーベキューの際にあれば安心便利なファミリーサイズのポータブルタイプです。使い終わった炭をツボの中に入れ、フタを閉めるだけで自然消火され、そのまま持ち帰ることができるので手間がありません。自然消火した炭は再利用できるので、次回使う時にも楽です。ハンドル付きで持ち運びも楽々、車の中でもかさばらないので、バーベキューを楽しむ人におすすめです。

この商品の特徴

ロゴスのポータブル火消しツボです。バーベキューの際にあれば安心便利なファミリーサイズのポータブルタイプです。使い終わった炭をツボの中に入れ、フタを閉めるだけで自然消火され、そのまま持ち帰ることができるので手間がありません。自然消火した炭は再利用できるので、次回使う時にも楽です。ハンドル付きで持ち運びも楽々、車の中でもかさばらないので、バーベキューを楽しむ人におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ユニフレームの火消し壺です。水切りざる網ついています。サイズは直径約18cm・深さ18cmになります。網のサイズは直径約16cm・深さ14cmです。重量は1.7kgです。耐熱温度は最大200度で、耐冷温度は-60度になります。素材はステンレスです。水を入れて消火することで、本体の熱が高くなりにくくすぐに片付けを済ませることができるので、機能性に優れた火消し壺を求めている方におすすめです。

この商品の特徴

ユニフレームの火消し壺です。水切りざる網ついています。サイズは直径約18cm・深さ18cmになります。網のサイズは直径約16cm・深さ14cmです。重量は1.7kgです。耐熱温度は最大200度で、耐冷温度は-60度になります。素材はステンレスです。水を入れて消火することで、本体の熱が高くなりにくくすぐに片付けを済ませることができるので、機能性に優れた火消し壺を求めている方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

バーベキューの準備に、煙突効果で簡単に着火できる火起こし器です。使用後の後片付けの際には、上下のふたを使って密閉消火が可能です。また、火起こしと消火に加えて、炭の持ち運びにも便利な商品です。

この商品の特徴

バーベキューの準備に、煙突効果で簡単に着火できる火起こし器です。使用後の後片付けの際には、上下のふたを使って密閉消火が可能です。また、火起こしと消火に加えて、炭の持ち運びにも便利な商品です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

火起こし器と火消し壺がセットになった商品です。スタンドが付いているので、より効率良く給気できます。大型で口も広いので、たくさんの炭に一度に火をつけられます。火消し壺で消火した炭は、そのまま持ち帰ることもできて周囲を汚す心配もありません。初心者でも簡単に扱えます。

この商品の特徴

火起こし器と火消し壺がセットになった商品です。スタンドが付いているので、より効率良く給気できます。大型で口も広いので、たくさんの炭に一度に火をつけられます。火消し壺で消火した炭は、そのまま持ち帰ることもできて周囲を汚す心配もありません。初心者でも簡単に扱えます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

キャプテンスタッグの火消し壺です。サイズは外径約16cm・高さ13cmになります。重量は約1.0kgです。本体・蓋共に材質は陶器でできています。使い終わった炭を火がついたまま入れることができます。囲炉裏やバーベキューなどのシーンにあるととても便利な商品です。バーベキューをよくする方はもちろん、和テイストの風格のある火消し壺を求めている方にもおすすめです。

この商品の特徴

キャプテンスタッグの火消し壺です。サイズは外径約16cm・高さ13cmになります。重量は約1.0kgです。本体・蓋共に材質は陶器でできています。使い終わった炭を火がついたまま入れることができます。囲炉裏やバーベキューなどのシーンにあるととても便利な商品です。バーベキューをよくする方はもちろん、和テイストの風格のある火消し壺を求めている方にもおすすめです。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー