バーベキュー用炭のおすすめ8選!定番の種類も解説

バーベキュー用炭のおすすめ8選!定番の種類も解説

BBQをするときに欠かせないのが「炭」です。ガスと違い火おこしに時間はかかってしまいますが、炭火ならではの香りをまとったおいしいお肉が焼けます。しかし、火起こしが成功しても後片付けの方法が分からず始末に困ってしまうなど炭の扱いはなかなか難しいものです。今回は炭の選び方や適切な量、置き方や着火方法などの使い方、使用後の再利用方法や捨て方など使用後の処理方法など詳しくご紹介します。また、炭の種類別のおすすめ商品もご紹介します。

BBQでなかなか火がつかない!

BBQでなかなか火がつかない!

海や山でのキャンプでバーベキューで欠かせない炭ですが、種類もたくさんあり、選んだもののなかなか火起こしができないなど困ったことはありませんか。バーベキューの炭には着火しやすいものや燃焼時間、適切な量、置き方など考えるべきポイントがいくつかあります。初心者でも扱いやすいものや炭選びにこだわりたい上級者までポイントをチェックしながら自分に合った炭を選んでみましょう。

バーベキュー用炭の選び方

火のつきやすさで選ぼう

火のつきやすさで選ぼう

出典:Amazon.co.jp

バーベキュー炭は黒炭・マングローブ炭・オガ炭(成型炭)・白炭などの種類あり、それぞれ火のつきやすさや燃焼時間など特徴が異なります。特徴を見極めた上で自分に向いている炭を選びましょう。

黒炭は火づきも火持ちも良い

ナラ・カシ・クヌギなどが原料で専用の土窯で500℃~700℃で焼かれ、ゆっくりと密閉鎮火させてつくられており、見た目が真っ黒なので黒炭と呼ばれています。軽くて白炭(備長炭)と比べて火がつきやすくて火持ちも良く、また灰が少なく煙や匂いも少ないので扱いやすいといえます。1kgあたり300円~600円程度の値段で品質の良いものが揃っているので、手に入れやすいもの魅力です。

マングローブ炭は手頃で火がつきやすい

マングローブやユーカリなどの輸入木炭で、ホームセンターなどでバーベキュー用として一般的に売られている最もポピュラーな炭です。黒炭の廉価版として安価で手に入りますが、黒炭と比べると火力は強いものの燃焼時間が短く、灰や煙が多いので気になる方は黒炭を選ぶのをおすすめします。

成型炭(オガ炭)は使い勝手が良い

オガクズやヤシガラなど木材の製材時に大量に発生したものを集めて圧縮加熱成型して製造された木炭のことです。形や大きさが均一なので持ち運びや保管に便利で、着火はしづらいですが火が長持ちするのが特徴です。灰や匂い、煙も少なく火力も長時間安定するので使い勝手が良いです。

白炭(備長炭)は上級者向き

ウバメガシやアラカシなどが原料の木炭で、専用の土窯で1,000℃~1,200℃まで焼いた後、砂と灰を混ぜた消し粉をかぶせて鎮火させてつくられています。黒炭と比べて白いので白炭とも呼ばれ、重さがあって硬く、長時間安定して燃焼します。しかし、火づきが悪く着火した後も酸素が不足するとすぐに火が消えてしまったりと、扱いが難しいので上級者向けだと言えます。価格も比較的高価なものが多いです。

燃焼時間もチェックしよう

燃焼時間もチェックしよう

火起こしに慣れていない初心者の方なら黒炭が扱いやすいですが、燃焼時間も気になる場合は、黒炭よりも成型炭がおすすめです。一度火が付くと火のコントロールがしやすく、継ぎ足しなども少なくて済むのでコストパフォーマンスも良いです。さらに扱いに慣れている上級者の方なら白炭がおすすめです。煙や匂いが少なく強い火力を長時間維持できるので、料理にこだわりたい方にぴったりです。

場所によって煙の量や匂いに気をつけよう

バーベキュー場やキャンプ場ではなく自宅の庭やベランダなどでバーベキューをする場合、煙や匂いは近所迷惑にもなるので気になるポイントです。そんな場合は比較的煙が少ない黒炭や成型炭、扱いに慣れている方なら白炭がおすすめです。マングローブ炭は煙が多く匂いもきついので避けた方が無難です。

バーベキュー用炭の適切な量

バーベキュー用炭の適切な量

買い出しのときに悩む方が多いのが炭の量です。足りないのが一番困りますが、多すぎても出費がかさみ保管場所にも困ります。だいたい大人1人あたり1kg、コンロ1台につき1時間当たり1kgを目安にすると良いでしょう。4人でバーベキューをするなら4kg、また、コンロ2台で3時間なら6kgと計算すると分かりやすいです。ただし、あくまで目安なので、炭の種類やコンロの大きさ、火力などによって消費量は変わってくるので注意が必要です。

バーベキュー用炭の使い方

バーベキュー用炭の使い方

炭の使い方をご紹介します。

STEP1:コンロにアルミホイルを敷く

片付けを楽にするためのウラ技です。

STEP2:固形の着火剤の上に小さな炭を並べる

固形の着火剤をおき、その上に小さな炭を並べます。円錐形に立てかける方法か、キャンプファイヤーのように櫓(やぐら)を組む方法がおすすめです。

STEP3:着火剤に火をつける

着火剤に火をつけ、火が炭にうつるまで目を離さずに見ておきます。火花が散る可能性があるので、あまり顔を近づけないようにしましょう。

使用後の処理方法

使用後の処理方法

使用した後の炭は適切に処理しましょう。金属製のバケツに水を多めに張り、炭を一つずついれて確実に消火させます。持ち帰る場合は、炭が完全に冷めてから持ち帰りましょう。捨てる場合は燃えるゴミとして処分します。以下のサイトでは、火消し壺を使った消火方法や再利用の方法が詳しく紹介されています。

バーベキュー用炭のおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

化学物質を一切使用していない炭魂の大黒オガ備長炭です。白炭焼きの備長炭仕上げで長時間燃焼し続けます。火持ちも良く、室内でも使用できるくらい煙が少ないです。厳しい生産管理をされた無添加自然原料の安全な商品なので安心して使用できます。

この商品の特徴

化学物質を一切使用していない炭魂の大黒オガ備長炭です。白炭焼きの備長炭仕上げで長時間燃焼し続けます。火持ちも良く、室内でも使用できるくらい煙が少ないです。厳しい生産管理をされた無添加自然原料の安全な商品なので安心して使用できます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

舎房窯のみかん木からつくる爆ぜにくい炭です。三ケ日の役目を終えたみかん木を利用した環境にも優しい良質の炭で、密度も高く、無煙で爆ぜにくく火持ちも良好です。一般的に備長炭は火が付きにくいといわれていますが、こちらの備長炭は火付きも良く、火力も充分あります。形が整っているので、配置する際にも使いやすいというのもおすすめポイントです。

この商品の特徴

舎房窯のみかん木からつくる爆ぜにくい炭です。三ケ日の役目を終えたみかん木を利用した環境にも優しい良質の炭で、密度も高く、無煙で爆ぜにくく火持ちも良好です。一般的に備長炭は火が付きにくいといわれていますが、こちらの備長炭は火付きも良く、火力も充分あります。形が整っているので、配置する際にも使いやすいというのもおすすめポイントです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

アウトドア用品を専門に扱うキャプテンスタッグの備長炭です。火持ちが長く、煙が少ないことが特徴です。燃料としてはもちろん、脱臭や除湿効果にも使えます。1kgから販売されているので、少量の使用でも使い切ることができ、荷物になりません。

この商品の特徴

アウトドア用品を専門に扱うキャプテンスタッグの備長炭です。火持ちが長く、煙が少ないことが特徴です。燃料としてはもちろん、脱臭や除湿効果にも使えます。1kgから販売されているので、少量の使用でも使い切ることができ、荷物になりません。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

本体のまま着火するだけの簡単着火です。外側に着火した後、中の炭にもしっかりと燃え移っていきます。手を汚すことなく、手軽に炭火が楽しめます。木炭を効率よく燃焼させる着火材としても兼用できます。燃焼時間は1時間程度ですが、口コミでは湿度や風の影響に左右されたという評価もあります。

この商品の特徴

本体のまま着火するだけの簡単着火です。外側に着火した後、中の炭にもしっかりと燃え移っていきます。手を汚すことなく、手軽に炭火が楽しめます。木炭を効率よく燃焼させる着火材としても兼用できます。燃焼時間は1時間程度ですが、口コミでは湿度や風の影響に左右されたという評価もあります。

大西林業しらおい木炭 15kg
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

大西林業しらおい木炭 15kg

価格情報がありません

この商品の特徴

北海道の厳しい寒さで育った樹木「ナラ」が主原料です。しらおい木炭は「黒炭」ですが、徹底した製錬作業を行うため、白炭に負けない火力と火持ちが特徴です。立ち消えなどせず、最後の一粒まで綺麗に燃え切ります。業務用にも使用可能な長めのサイズなので、好みの長さにカットして使用します。

この商品の特徴

北海道の厳しい寒さで育った樹木「ナラ」が主原料です。しらおい木炭は「黒炭」ですが、徹底した製錬作業を行うため、白炭に負けない火力と火持ちが特徴です。立ち消えなどせず、最後の一粒まで綺麗に燃え切ります。業務用にも使用可能な長めのサイズなので、好みの長さにカットして使用します。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

備長炭に似た性質をもつオガ炭です。煙が少なく、火力が強いことが特徴です。また、釜の中心部で焼かれているため、亀裂やひび割れが少なく、硬いです。長さがあるため見た目にも美しく、炉端料理などにもぴったりです。松100%のオガ粉を使用しています。

この商品の特徴

備長炭に似た性質をもつオガ炭です。煙が少なく、火力が強いことが特徴です。また、釜の中心部で焼かれているため、亀裂やひび割れが少なく、硬いです。長さがあるため見た目にも美しく、炉端料理などにもぴったりです。松100%のオガ粉を使用しています。

出典:www.fukayacc.com

この商品の特徴

天然素材で作られていて、燃焼促進剤(火薬、石油等)は含まれていないため、火おこしの際に嫌な刺激臭や煙がありません。炎が少ないため、肉を不必要に焦がさず、赤外線効果でじっくり素材を焼くことができます。BBQコンロに合わせて、お好みに並べることができます。また形が均一のため、グリル面において均一な火力が得られます。燃焼中の並べ替えは必要ありません。

この商品の特徴

天然素材で作られていて、燃焼促進剤(火薬、石油等)は含まれていないため、火おこしの際に嫌な刺激臭や煙がありません。炎が少ないため、肉を不必要に焦がさず、赤外線効果でじっくり素材を焼くことができます。BBQコンロに合わせて、お好みに並べることができます。また形が均一のため、グリル面において均一な火力が得られます。燃焼中の並べ替えは必要ありません。

奈良炭化やまと備長炭 オガ炭 10kg
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

奈良炭化やまと備長炭 オガ炭 10kg

価格情報がありません

この商品の特徴

オガ屑を固めて炭化した人工白炭で、オガ備長炭といいます。炭の製造、販売を手がける奈良炭化工業が生産した、火力と火持ちをかね揃えたオガ備長炭です。比較的価格が安く、コスパが良いのが特徴です。

この商品の特徴

オガ屑を固めて炭化した人工白炭で、オガ備長炭といいます。炭の製造、販売を手がける奈良炭化工業が生産した、火力と火持ちをかね揃えたオガ備長炭です。比較的価格が安く、コスパが良いのが特徴です。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー