着火剤のおすすめ5選!ジェルタイプも

着火剤のおすすめ5選!ジェルタイプも

バーベキューやキャンプのときに手間取る火おこしも「着火剤」があれば簡単に済ませることができます。自宅で薪ストーブを使っている方にとっても便利なアイテムですよね。固形やジェルタイプがあり、ダイソーなどの100均でも購入できます。今回は着火剤の選び方・使い方・捨て方や、自作できる代用品、おすすめ商品をご紹介します。

火おこしに手間取りたくない!

火おこしに手間取りたくない!

あたたかい季節になると、バーベキューやキャンプなどで火をおこす機会が増えてきますよね。木炭や薪は、そのままでは火がつきにくいので、火おこしに手間取ってしまう方も多いのではないでしょうか。「火おこしはコツがいるから苦手…」という方や、「自分で火おこしをしたことがない…」という経験のない方でも、「着火剤」を使えばかんたんに火をおこすことができます。着火剤には、固形タイプのものやジェルタイプのものなど様々な種類があります。使用目的に合わせ、適切なものを選ぶと、より一層簡単に火をおこすことがでます。着火剤を使って簡単に、バーベキューや焚火を楽しみましょう!

着火剤の選び方

着火剤を選ぶうえで、押さえておきたいポイントをご紹介します。

着火剤のタイプによって使い分ける

着火剤のタイプの特徴を知って、シーン別に使い分けるとさらに使いやすくなります。

固形タイプ

固形タイプ

出典:Amazon.co.jp

固形タイプは、おがくずや燃えやすい繊維などにオイルなどの燃料が染み込んでいる着火剤です。燃やしたいものの下に置いて使います。スタンダードなタイプですが、石油系の燃料が染み込んでいるタイプは、においが気になる場合もあります。バーベキューなどで食材を焼くときは、少し時間をおいて、においや煙が収まってから食材を焼くことをおすすめします。ゆっくり着火するので炭の火おこしにおすすめです。また、初心者の方でも扱いやすいのではじめて火おこしをする方にもおすすめです。

ジェルタイプ

ジェルタイプ

出典:Amazon.co.jp

ジェルタイプは、メチルアルコールなどの液体でできた着火剤です。燃やしたいものの上に直接かけて使います。固形タイプよりも着火力が高く、燃えにくい薪などにおすすめです。量を調節しやすいので便利ですが、メチルアルコールは揮発性の高いものなので、引火しやすいともいえます。継ぎ足しなどは危険なので取り扱いに十分注意しましょう。バーベキューはもちろん、焚火・薪ストーブの火おこしにもおすすめです。

小袋に入ったジェルタイプ

ジェルタイプの中でも直接ものにかけるのではなく、小袋にはいって固形燃料のような形で使えるものもあります。よく燃え、小型で持ち運びしやすいことから、登山などのアウトドアでお湯を沸かすというときにも活躍します。

使用頻度によって選ぶ

着火剤はものによって保存できる期間が異なります。おがくずなどでできた固形タイプの固形燃料は長期保存に向きません。染み込んだ燃料が揮発し、うまく使えない場合もあります。あくまで消耗品なので、ワンシーズンで使い切ってしまったほうが良いでしょう。

ジェルタイプは、固形タイプに比べると保存がしやすいです。チューブなどから1度出してしまったものは保存できませんが、本体のキャップをきちんとしめておけば長期保存することもできます。年に1~2度しか火をおこす機会がないという方は、保存がきくジェルタイプのものか、使いきれる量の固形タイプのものを用意すると良いでしょう。

炭の種類によって選ぶ

炭の種類によって選ぶ

出典:Amazon.co.jp

バーベキューでつかう炭ですが、炭の種類によって火のつき具合が異なります。一般的に「木炭」「切炭」「黒炭」と呼ばれるタイプの炭は着火しやすいので、どのタイプの着火剤でも火をつけやすいです。一方、「白炭」「備長炭」「オガ炭」などの高温で焼かれたり、熟成された炭は着火しづらいという特徴があります。その場合は、燃焼時間の長い着火剤を選ぶと良いでしょう。着火剤におおよその着火時間が書かれているものがあるので、参考にしましょう。10~15分以上のものがおすすめです。

着火剤を自作してみよう

着火剤を忘れてしまった…というときでも、身近なもので代用することができます。着火剤をうっかり忘れてしまったときには、ぜひ試してみてください。

布製ガムテープでつくる

布製ガムテープでつくる

布製ガムテープの粘着部分には、燃えやすい成分が含まれています。ガムテープをくるくると巻き付けてボール状にし、点火するだけで着火剤の代わりになります。ガムテープは荷造りやテントの補修などにも使えるので、アウトドアを楽しむときには1つ持っておくととても便利です。

牛乳パックでつくる

牛乳パックや飲料が入ってる紙パックは「パラフィン」というワックスで加工されています。パラフィンは着火剤にも使われているワックスなので、着火するのに向いています。牛乳パックをつぶさず、ハサミで輪切りにしたものを組み合わせ、ボール状にすると燃えやすいです。

松ぼっくりでつくる

松ぼっくりでつくる

松ぼっくりは非常に燃えやすいです。松ぼっくりは松脂が含まれているのでで燃焼しやすいと言われています。4人くらいでバーベキューをするのであれば、松ぼっくりを10~15個くらい着火剤の代わりに用意すると良いでしょう。火が付きやすい乾燥しているもの選びましょう。あまり多くの松ぼっくりを燃やすと煙が出やすいので、様子を見ながら数を調節すると良いです。

着火剤の使い方

着火剤の使い方

炭で火を起こすときの方法を例に、着火剤の使い方をご紹介します。

固形タイプ・小袋に入ったジェルタイプ

STEP1:着火剤と炭をセットする

着火剤を一番下に置き、周りを囲うように炭をならべていきます。多くの炭は要りません。はじめは3~4つ程度の炭で大丈夫です。空気の通り道ができるように並べます。

STEP2:着火剤に火をつける

着火剤にチャッカマンなどで火をつけます。炭を動かさず、炭に火が移るのを待ちます。炭が白くなってきたら、うちわであおいで風を送ります。

STEP3:炭をさらに足す

炭に火が回ってきたら、炭を足して全体に火が広がるよう、さらにうちわで風を送ります。足した炭にも火が回ったら出来上がりです。

ジェルタイプ

STEP1:ならべた炭にジェルをかける

炭をならべ、上からジェルをかけます。商品にもよりますが、ジェルは広範囲にたくさんかける必要はありません。真ん中あたりの炭にかけ、ジェルがついた炭を囲うように炭をさらにおいていきます。

STEP2:ジェルに火をつける

ジェルをかけた部分にチャッカマンなどで火をつけます。ジェルの火は固形タイプと違い、火の色が無色に近いです。火がついたかよく確認しましょう。途中でジェルを追加するのは、引火の恐れがありますので危険です。うちわで風を送って火をまわらせ、炭を足していきましょう。

着火剤の捨て方

火をおこしたときは、着火剤は燃え切るので、後始末はいりません。しかし、使いきれずに余ってしまった着火剤の処分方法に困る方多いのではないでしょうか。倉庫や車の中に放置しておくのは、引火の危険やにおい移りが気になるので、あまりおすすめできません。

捨てる際は、燃やせるごみにそのまま捨てても問題ない地域もありますが、事前に自治体に問い合わせてみるのが確実な方法と言えるでしょう。固形の着火剤は、濡れた新聞紙などで包んでから捨てると引火の恐れがないので安心して捨てることができます。においも気になるので、ビニール袋に包んでから捨てると良いでしょう。

着火剤のおすすめ5選

尾上製作所ハイチャッカー・LYahoo!ショッピング最安値442円(税込)

出典:Amazon.co.jp

スタンダードなタイプの固形着火剤です。軟質繊維とパラフィンワックスでできています。小割にして使うことができるので、量を調節しやすいのが特徴です。火のつきも良く、マッチやライターなどでかんたんに火が付いたという口コミが多いです。燃焼時間は約7分です。1度発火したら、火が消えずメラメラと燃え続けるので初心者の方でもかんたんに火おこしができます。

スタンダードなタイプの固形着火剤です。軟質繊維とパラフィンワックスでできています。小割にして使うことができるので、量を調節しやすいのが特徴です。火のつきも良く、マッチやライターなどでかんたんに火が付いたという口コミが多いです。燃焼時間は約7分です。1度発火したら、火が消えずメラメラと燃え続けるので初心者の方でもかんたんに火おこしができます。

ニチネンチャッカネンYahoo!ショッピング最安値379円(税込)

出典:Amazon.co.jp

メチルアルコールのジェルタイプの着火剤です。火のつきがよく、少量のジェルで火をおこすことができます。燃焼時間もながく、煙が出にくいのが特徴です。ジェルが絞りやすく、一度出た燃料が容器内に戻らない設計になっているので安心して使うことができます。炎を目で確認しやすいように赤色火を採用しているのでジェルタイプを初めて使う方にもおすすめです。

メチルアルコールのジェルタイプの着火剤です。火のつきがよく、少量のジェルで火をおこすことができます。燃焼時間もながく、煙が出にくいのが特徴です。ジェルが絞りやすく、一度出た燃料が容器内に戻らない設計になっているので安心して使うことができます。炎を目で確認しやすいように赤色火を採用しているのでジェルタイプを初めて使う方にもおすすめです。

ロゴス防水ファイヤーライターYahoo!ショッピング最安値687円(税込)

出典:Amazon.co.jp

バラフィンでできた白い固形着火剤です。見た目は着火剤とは思えない、白くて小さいキューブです。水に強いので、万が一濡れてしまったり、湿気の多いところで保管しても使えるのが特徴です。水の中に浮かべながら火をつけることができるので、花火などにも使うことができます。1つで13~17分もの間燃焼できます。バーベキューだけでなく、いろいろな使い方できるのでアウトドアが好きな方におすすめです。

バラフィンでできた白い固形着火剤です。見た目は着火剤とは思えない、白くて小さいキューブです。水に強いので、万が一濡れてしまったり、湿気の多いところで保管しても使えるのが特徴です。水の中に浮かべながら火をつけることができるので、花火などにも使うことができます。1つで13~17分もの間燃焼できます。バーベキューだけでなく、いろいろな使い方できるのでアウトドアが好きな方におすすめです。

ファイヤーアップFire up 100キューブバケットYahoo!ショッピング最安値1,650円(税込)

出典:Amazon.co.jp

圧縮おがくずと植物油でできたナチュラルな固形着火剤です。つかう人にも優しく、環境にも配慮されているのが特徴です。通常の固形着火剤と比べ、長期保存しても油分が揮発せず、安定した着火性、火力を維持できるのも魅力です。100キューブも入っているので薪ストーブの着火剤にもおすすめです。石油系の油を使っていないので、燃やしても独特のにおいがしません。バーベキューなどで食材を焼くのに適した着火剤です。

圧縮おがくずと植物油でできたナチュラルな固形着火剤です。つかう人にも優しく、環境にも配慮されているのが特徴です。通常の固形着火剤と比べ、長期保存しても油分が揮発せず、安定した着火性、火力を維持できるのも魅力です。100キューブも入っているので薪ストーブの着火剤にもおすすめです。石油系の油を使っていないので、燃やしても独特のにおいがしません。バーベキューなどで食材を焼くのに適した着火剤です。

ロゴスエコココロゴスYahoo!ショッピング最安値583円(税込)

出典:Amazon.co.jp

着火剤と炭を兼用している珍しい固形燃料です。固形着火剤のように直接火をつけるだけで、そのままバーベキューを楽しむことができます。不要になったヤシガシラでできているので、環境にも優しい商品です。もちろん、炭で火をおこすための着火剤としても使えます。本物の炭ではありませんが、簡単に使えるので火をおこすのが面倒という方でも手軽に屋外での食事を楽しめます。

着火剤と炭を兼用している珍しい固形燃料です。固形着火剤のように直接火をつけるだけで、そのままバーベキューを楽しむことができます。不要になったヤシガシラでできているので、環境にも優しい商品です。もちろん、炭で火をおこすための着火剤としても使えます。本物の炭ではありませんが、簡単に使えるので火をおこすのが面倒という方でも手軽に屋外での食事を楽しめます。

着火剤のおすすめ商品比較表

商品画像
ハイチャッカー・L
チャッカネン
防水ファイヤーライター
Fire up 100キューブバケット
エコココロゴス
メーカー

尾上製作所

ニチネン

ロゴス

ファイヤーアップ

ロゴス

商品名

ハイチャッカー・L

チャッカネン

防水ファイヤーライター

Fire up 100キューブバケット

エコココロゴス

最安値
Yahoo!ショッピング442円(税込)
Yahoo!ショッピング379円(税込)
Yahoo!ショッピング687円(税込)
Yahoo!ショッピング1,650円(税込)
Yahoo!ショッピング583円(税込)
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事