バイク用レインウェアのおすすめ12選!モンベルやワークマンも

バイク用レインウェアのおすすめ12選!モンベルやワークマンも

バイクの必須アイテムであるバイク用レインウェアですが、登山でも人気のモンベルや、ワークマン、マックなど様々なブランドから販売されているので、何を選べば良いのか迷いますよね。そこで今回は、耐水圧や防寒性、サイズの選び方についてと、人気のレインウェアを紹介します。最強の機能性を誇るゴアテックス、レディースもOKなおしゃれな製品、コンパクトなもの、リュックの上でも大丈夫な大きいサイズなどが揃っています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

雨天でも気持ちよくツーリングしたい

雨天でも気持ちよくツーリングしたい

「宿泊ツーリングの2日目に雨が降ってしまった」「曇りの日に、午後から晴れの予報を信じて出発したら結構雨が降ってきた」など、雨の日でもバイクを運転する機会はあるものです。ツーリングだけではなく、通勤・通学にバイクを使用している方も、バイク用の雨対策を万全に整えておきたいですよね。バイク用の雨対策で、絶対に欠かすことができないのがバイク用レインウェアです。普通のカッパとは異なりバイク用としての機能を備えているので、バイクに乗る方は必ず用意しておきましょう。

バイク用レインウェアの選び方

タイプ別で選ぶ

雨をしっかり防げるスーツタイプ

雨をしっかり防げるスーツタイプ

出典:Amazon.co.jp

スーツタイプのバイク用レインウェアは、ジャケットとパンツがセットになったセパレートタイプと、オールインワンのつなぎタイプがあります。後述するコートタイプと比べてしっかりと浸水を防いでくれるため、雨の日に長距離を走る方やバイクが趣味の方、通勤・通学などで雨でもバイクに乗る必要がある方はスーツタイプがおすめです。

着脱が簡単なコートタイプ

着脱が簡単なコートタイプ

出典:Amazon.co.jp

コートタイプのレインウェアは、ポンチョのような形をしています。裾が広がっているのでバイクにまたがることもでき、足元まで覆われるので小雨程度なら防ぐことができます。ただし、風の抵抗を受けやすい形であることからも、本格的なライディングには向いていません。足を揃え台に乗せて運転できるスクーターにおすすめです。

防水性で選ぶ

10,000以上の耐水圧があるかを確認

10,000以上の耐水圧があるかを確認

出典:Amazon.co.jp

防水性が高いバイク用レインウェアなら、浸水を防ぐことができます。防水性は「(数字)mm/平方センチメートル」で表されます。例えば「10,000mm/平方センチメートル」の表示がある製品なら、1平方センチメートルの四隅に支柱を立てて、その中を水で満たした場合、10,000mm(10m)までなら、水が生地に染みこもうとする水圧に耐えることができます。目安としては、嵐で20,000mm、大雨で10,000mm、中雨で5,000mm、小雨で300mmの耐水圧があれば良いとされています。バイク用レインウェアとしては、10,000mm以上の耐水厚があることが望ましいでしょう。

シームレスや2重構造のジッパーで浸水を防ぐ

バイクでの走行中は、走行風の影響で前面から雨風を受けることになります。そのため、ジャケットの合わせから雨が浸水する可能性が高くなります。止水ファスナーが使用されている製品を選んだり、ジッパー部分に水が入り込みにくいよう二重構造になった製品がおすすめです。また、バイクに乗車中は、座面に溜まった雨がおしり周りの継ぎ目(縫い目)から染みこむことが多いので、ヒップ周りがシームレス(継ぎ目がない構造)になった製品を選ぶことをおすすめします。

蒸れにくいものを選ぶ

透湿性の高いゴアテックス素材

透湿性の高いゴアテックス素材

出典:Amazon.co.jp

透湿性(とうしつせい)とは、湿気を生地の外に出す力のことです。防水加工されたバイク用レインウェアを着てライディングをしていると、季節や気温などの条件によってはレインウェアの内部に汗による湿気が溜まり不快になることがあります。透湿性が高い製品を選べば、さらっと快適な着心地を保つことができます。ゴアテックス素材とは、アメリカにあるWLゴア&アソシエイツ社が開発・製造・販売を行っている防水透湿性素材のことです。雨などの侵入は防ぎつつ、内部の湿度は放出するという一見すると相反する機能を、高機能で両立させています。ゴアテックス素材を使用したバイク用レインウェアは価格が5万円程度と高価になりますが、機能性・快適性に優れています。予算にゆとりのある方は、選択肢の一つに加えてみてください。

湿気を逃がす背部のベンチレーション

ベンチレーションとは、風を通したり換気をする機能のことです。バイクでの走行は風を受けるので、ベンチレーションがなければジャケット内部に空気が溜まってしまいます。ベンチレーションの位置は、背部やわきの下など製品によって異なりますが、効率よく湿気を逃がしたいのなら背部にベンチレーションが付いた製品を選ぶと良いでしょう。

防寒性で選ぶ

バイク用レインウェアは、雨の日のレインウェアとしてだけではなく、寒い日の防寒具として活用することもできます。朝晩だけが冷え込む季節や、夏のライディングで夜になると気温が急に下がったときなどにも用意しておくと便利です。バイク用ではない普通のカッパやレインウェアだと、バイク走行時の防寒性が低くなります。レインウェアとしてはもちろん防寒具としても活用できるので、機能性に妥協せずに選びましょう。

少し大きめのサイズを選ぶ

バイク用レインウェアのサイズ選びは、少し大きめのサイズを選ぶことがポイントです。何故なら、普段使いのレインウェアとは異なり、リュックの上から着用したり、厚めのアウターの上に着用したりするためです。もちろんバイク用レインウェアも、そのことを想定してつくられているので、表示サイズに対して少し大きめにつくられています。ただし口コミなどによると、「ジャストサイズよりワンサイズ大きめを選んで正解だった」と感じる方が多いようなので、サイズ選びは慎重に行いましょう。

大きさを調整できるアジャスター付きかもチェック

少し大きめのサイズを選ぶのがポイントだとお伝えしましたが、サイズが大きいと風の抵抗を受けてレインウェアがバタついたり、隙間から雨風が侵入しやすくなったりするなどのデメリットもあります。そのデメリットを補うためにも、袖口やウエスト部分にサイズ調節用のアジャスターがついた製品が良いでしょう。

コンパクトにたためるかを確認

コンパクトにたためるかを確認

出典:Amazon.co.jp

車と違って、バイクは省スペースです。万が一に備えて装備するアイテムは、できるだけコンパクトな製品を選ぶことをおすすめします。同じ製品でも、通常タイプとコンパクトタイプの2種類が販売されていることもあります。コンパクトサイズなら、ペットボトルを1周り大きくした程度のサイズになるので、気兼ねなく携帯できます。持ち運ぶ際のサイズにも注目して、できるだけコンパクトなレインウェアを選びましょう。

安全のために目立つ色を選ぶ

雨の日は視界が悪くなるので、同じ道路を走る車からも見えにくくなってしまいます。視認性を高めるためにも、目立つ色を選びましょう。オレンジやイエローなどは、雨の日でも目立ちやすいので安全性が高まります。また、夜間の走行でも存在をアピールできるよう、背面や袖に光を反射する「リフレクター」が付いた製品もおすすめです。

価格で選ぶ

「できるだけ低価格なもの」が希望かと思いますが、機能性を求める製品を価格だけで選ぶのは危険です。低価格の品を買っても、機能面で満足できずに買い替えが必要になれば結局高くついてしまいます。価格も重要ですが、機能面をしっかりと確認して納得できる製品を選びましょう。また、定価より値下げされている製品もあるので、上手に探せば機能性は落とさずに低価格で購入できます。

バイク用レインウェアおすすめ12選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

機能性と防水力を徹底的に追及したレインスーツです。防水性に優れたPVCラミネートを使用。長つば一体型収納フードや背面ベンチレーション、胸部インナーポケット、反射プリントなど、雨の日に重宝する工夫がたくさん施されています。バイク・自転車・アウトドア・ワーキングなど、遊びにも作業にも大活躍のウェアです。

この商品の特徴

機能性と防水力を徹底的に追及したレインスーツです。防水性に優れたPVCラミネートを使用。長つば一体型収納フードや背面ベンチレーション、胸部インナーポケット、反射プリントなど、雨の日に重宝する工夫がたくさん施されています。バイク・自転車・アウトドア・ワーキングなど、遊びにも作業にも大活躍のウェアです。

この商品の特徴

ワークマンの上下セットのレインウェアです。収納袋が付いています。腕とウエストにアジャスターがあり、風圧でジャケットがバタつくのを防ぎます。首周りから水が入るのを防ぐ、レインネックガードが付いています。足元はワイドオープンマジックにより、ブーツを履いたまま着用することができます。しっかりと防水できる丈夫なレインウェアを探している方におすすめです。

この商品の特徴

ワークマンの上下セットのレインウェアです。収納袋が付いています。腕とウエストにアジャスターがあり、風圧でジャケットがバタつくのを防ぎます。首周りから水が入るのを防ぐ、レインネックガードが付いています。足元はワイドオープンマジックにより、ブーツを履いたまま着用することができます。しっかりと防水できる丈夫なレインウェアを探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ラフアンドロードのバイク用のレインコートです。サイズはS~LLまで8サイズあります。カラーはオレンジ・オーシャンブルー・ブラック・プラチナシルバーの4色展開です。コンパクト設計なので、500mlのペットボトルほどの大きさに収納することができます。ずり上がり防止ループ・防雨アンクルフラップがついているので、靴に雨が侵入するのを防いでくれます。足元も濡れないレインコートを求めている方におすすめです。

この商品の特徴

ラフアンドロードのバイク用のレインコートです。サイズはS~LLまで8サイズあります。カラーはオレンジ・オーシャンブルー・ブラック・プラチナシルバーの4色展開です。コンパクト設計なので、500mlのペットボトルほどの大きさに収納することができます。ずり上がり防止ループ・防雨アンクルフラップがついているので、靴に雨が侵入するのを防いでくれます。足元も濡れないレインコートを求めている方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ヤマハの雨風をしっかりと防いでくれるレインスーツです。裏地はメッシュ素材になっており内側は快適です。雨が入ってきやすい襟・袖・腹部の3か所は2重にカバーしてあります。外袖部には水抜き用の穴が開いているので万が一浸水したときにも排水できるようになっています。ウエスト部分はだぶついて裏返りにくいように設計してあり、水もたまりにくくなっています。

この商品の特徴

ヤマハの雨風をしっかりと防いでくれるレインスーツです。裏地はメッシュ素材になっており内側は快適です。雨が入ってきやすい襟・袖・腹部の3か所は2重にカバーしてあります。外袖部には水抜き用の穴が開いているので万が一浸水したときにも排水できるようになっています。ウエスト部分はだぶついて裏返りにくいように設計してあり、水もたまりにくくなっています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

エルフのバイク用セパレートタイプのレインスーツ3Lサイズです。素材はナイロンリップストップ、PUコーティングで防水性を備えており耐水圧は15000mmです。裏地はポリエステルメッシュになっているので蒸れなく快適です。スタイリッシュなデザインなので雨の日も楽しんで走ることができます。蓋つきのポケットも付いており、小銭や鍵などレインコートを脱がずに出し入れすることができます。

この商品の特徴

エルフのバイク用セパレートタイプのレインスーツ3Lサイズです。素材はナイロンリップストップ、PUコーティングで防水性を備えており耐水圧は15000mmです。裏地はポリエステルメッシュになっているので蒸れなく快適です。スタイリッシュなデザインなので雨の日も楽しんで走ることができます。蓋つきのポケットも付いており、小銭や鍵などレインコートを脱がずに出し入れすることができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

スタイリッシュなデザインと高い防水性が魅力のバイク用レインスーツです。ゴールドウイン独自の素材ベクター2を採用し、前ファスナー部分にはマジックテープ付きのカバーを着けて防水性を向上しています。バタつきを抑える袖幅調整タブ、調整用のマジックテープが付いているので、衣服や走行に合ったフィット感が選べ、使用しない時は付属の袋にコンパクトに畳んで収納できます。強い雨でも違和感なく走りたい方におすすめです。

この商品の特徴

スタイリッシュなデザインと高い防水性が魅力のバイク用レインスーツです。ゴールドウイン独自の素材ベクター2を採用し、前ファスナー部分にはマジックテープ付きのカバーを着けて防水性を向上しています。バタつきを抑える袖幅調整タブ、調整用のマジックテープが付いているので、衣服や走行に合ったフィット感が選べ、使用しない時は付属の袋にコンパクトに畳んで収納できます。強い雨でも違和感なく走りたい方におすすめです。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー