バイク用リアボックスのおすすめ8選!大容量タイプも

バイク用リアボックスのおすすめ8選!大容量タイプも

バイク用リアボックスとは、バイクの後ろに取り付けて、荷物を収納するためのバイク用品です。容量は、125ccほどの小型バイクやスクーター向けの28Lから、大型バイク向けの58Lまで幅広いです。今回は、バイク用リアボックスの選び方と、ホンダ純正のPCX用リアボックスやGIVIなど、おすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

バイク用リアボックスの選び方

サイズで選ぶ

バイク用リアボックスを選ぶ際には、サイズ選びに注意しましょう。荷物の容量を加味するのはもちろん、バイクの荷台の積載制限を超えると、道路交通法違反になってしまいます。リアボックスの長さは、積載装置のプラス30cmまで、幅も積載装置のプラス30cmまでとなります。積載方法は、積載装置の前後30cm、左右各15cmを超えてはなりません。このルール内に収まるサイズで、自分の荷物の量に合わせたサイズを選んでください。

車体の排気量に合わせて選ぶ

50cc〜125ccなら30L以下

50cc〜125ccなら30L以下

出典:Amazon.co.jp

50ccの原付バイクや、125ccの原付二種の場合なら、30L以下の容量のリアボックスがおすすめです。たくさん荷物を積みたくても、大きすぎるリアボックスを設置すると、バランスがとりにくくなるので注意しましょう。50ccの原付バイクは、積載重量30kgまで、51cc以上のバイクは60kgまでとなります。

250ccなら35L前後

250ccなら35L前後

出典:Amazon.co.jp

250ccの普通自動二輪の場合は、35L前後の容量がおすすめです。フルフェイスのヘルメットと少量の荷物を収納することができます。より多くの荷物を収納したい場合は、丸みを帯びたフォルムより、箱型のリアボックスがおすすめです。

400ccなら50L以上の容量も可能

400ccなら50L以上の容量も可能

出典:Amazon.co.jp

400cc以上の普通自動二輪車や大型自動二輪車なら、50Lや58Lサイズのリアボックスがおすすめです。フルフェイスのヘルメットが2つ入る大容量タイプなので、収納スペースにゆとりがあります。走行中に荷物が暴れないように、ゴムベルトが装備されたリアボックスもおすすめです。

用途に合わせて選ぶ

通勤・通学なら30L前後

通勤や通学、日常的な買い物なら、30L前後のリアボックスでも充分に対応できます。バッグを収納して身軽に運転することや、スーパーで買い物をした荷物を収納したり、レイングッズや備品を収納したりすることができます。

宿泊込みのツーリングなら40~50L

宿泊込みのツーリングや、キャンプなどのアウトドアなら、40~50L以上のリアボックスがおすすめです。たっぷりと収納できるので、1週間程度の長期旅行も可能です。ただし、40~50L以上のリアボックスを取り付けるためには、排気量もそれなりに必要となります。無理して大きなリアボックスを設置すると、バランスを崩したりすることがあるので、注意しましょう。

ベース付きかどうか

ベース付きかどうか

出典:Amazon.co.jp

リアボックスを取り付けるためのベースが付属した商品なら、リアボックスを簡単に脱着することができます。また、リアボックスがワンタッチで取り外し可能な商品なら、旅行の際に、ホテルや旅館の部屋までリアボックスを持ち運んだり、使用しない場合には家に置いておくことも可能です。リアボックスを取り外したときに使用するための、ベース専用カバーが付いた商品もあります。ベースを取り付けるためには、リアキャリア(荷台)が必要になるので、リアキャリア積載車以外に使用する場合には、先にリアキャリアを取り付ける必要があります。

防犯性の高さをチェック

コンビニやスーパーに立ち寄ったり、ツーリングの途中で食事をとるときなど、バイクから離れる時間がある場合は、防犯性の高い商品がおすすめです。鍵をかけたときにベースも一緒にロックされる商品なら、盗難被害に合う可能性を減らすことができます。防犯性の高さも考慮して商品を購入しましょう。

バイク用リアボックスのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値21,685円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値7,520円(税込)

この商品の特徴

50Lと大容量の、ベース付きリアボックスです。フルフェイスのヘルメットが2つ入る容量なので、荷物をたくさん運びたい方や、泊りがけのツーリングなどにもおすすめです。ボックス内で荷物が動かないように、固定用のゴムベルトが装備されています。外観を崩すことのないシンプルなフォルムです。キーロックが可能なので、荷物を盗難から守ってくれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

50Lと大容量の、ベース付きリアボックスです。フルフェイスのヘルメットが2つ入る容量なので、荷物をたくさん運びたい方や、泊りがけのツーリングなどにもおすすめです。ボックス内で荷物が動かないように、固定用のゴムベルトが装備されています。外観を崩すことのないシンプルなフォルムです。キーロックが可能なので、荷物を盗難から守ってくれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,435円(税込)

この商品の特徴

58L容量の、ホンダのビジネスボックスです。サイズは長さ485×幅385×高さ315mmの長方形で、縦置きにも横置きにも対応しています。丸みのない箱型なので容量が大きく、キャンプやツーリング用のアウトドア用品など、たくさんの荷物を収納することができます。濃いめのグレーカラーなので、汚れや傷が目立ちにくいと言うメリットもあります。簡易ロック(スタンダードロック)タイプです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

58L容量の、ホンダのビジネスボックスです。サイズは長さ485×幅385×高さ315mmの長方形で、縦置きにも横置きにも対応しています。丸みのない箱型なので容量が大きく、キャンプやツーリング用のアウトドア用品など、たくさんの荷物を収納することができます。濃いめのグレーカラーなので、汚れや傷が目立ちにくいと言うメリットもあります。簡易ロック(スタンダードロック)タイプです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,217円(税込)

この商品の特徴

しっかりと固定できるネジ式ベース付きの、48L容量のリアボックスです。フルフェイスのヘルメット2個と、グローブ、レインウェア、備品などを収納することができます。鍵をロックした状態では車両から取り外せない盗難防止設計です。リアキャリア搭載の車体なら、多くの車両に使用することができます。荷物の盗難被害が気になる方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

しっかりと固定できるネジ式ベース付きの、48L容量のリアボックスです。フルフェイスのヘルメット2個と、グローブ、レインウェア、備品などを収納することができます。鍵をロックした状態では車両から取り外せない盗難防止設計です。リアキャリア搭載の車体なら、多くの車両に使用することができます。荷物の盗難被害が気になる方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値16,626円(税込)

この商品の特徴

丸みを帯びたフィルムがおしゃれな、39L容量、汎用モノロックベース付きのリアボックスです。イタリア製らしさが光る、スタイリッシュなデザインを採用しています。ロック付きで荷物を守るので、バイクを離れるときも安心です。荷崩れも気にならず、突然の雨でも慌てる心配はありません。ワンタッチで簡単に取り外しが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

丸みを帯びたフィルムがおしゃれな、39L容量、汎用モノロックベース付きのリアボックスです。イタリア製らしさが光る、スタイリッシュなデザインを採用しています。ロック付きで荷物を守るので、バイクを離れるときも安心です。荷崩れも気にならず、突然の雨でも慌てる心配はありません。ワンタッチで簡単に取り外しが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値11,357円(税込)

この商品の特徴

トップのシルバーカラーが印象的な、GIVIの汎用モノロックベース付きリアボックスです。30L容量です。鍵付きなので、バイクから離れても荷物をしっかり守ってくれます。リアボックスには持ち手がついており、取り外しはワンタッチで簡単に行えるので、宿泊旅行中も部屋まで気軽に持ち運ぶことができます。デザイン性の高さも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

トップのシルバーカラーが印象的な、GIVIの汎用モノロックベース付きリアボックスです。30L容量です。鍵付きなので、バイクから離れても荷物をしっかり守ってくれます。リアボックスには持ち手がついており、取り外しはワンタッチで簡単に行えるので、宿泊旅行中も部屋まで気軽に持ち運ぶことができます。デザイン性の高さも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値9,790円(税込)

この商品の特徴

スペインのバルセロナで誕生した、シャッド製のリアボックスです。汎用取り付けベースプレート付きで、本体サイズは高さ325×幅492×奥行425mmです。フルフェイスのヘルメットが入り、A4サイズの書類も折らずに入れることができます。オーソドックスでありながら、スタイリッシュなデザインが魅力です。リアボックスの天面が平らなので、荷物やグローブを置いても落ちにくいので便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スペインのバルセロナで誕生した、シャッド製のリアボックスです。汎用取り付けベースプレート付きで、本体サイズは高さ325×幅492×奥行425mmです。フルフェイスのヘルメットが入り、A4サイズの書類も折らずに入れることができます。オーソドックスでありながら、スタイリッシュなデザインが魅力です。リアボックスの天面が平らなので、荷物やグローブを置いても落ちにくいので便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,162円(税込)

この商品の特徴

ワンタッチで取り外しが可能な、ベース付き、28L容量のリアボックスです。取り付け部分がマルチタイプなので、リアキャリア装着車なら、ほとんどの車種に取り付けることができます。フルフェイスのヘルメット1個とグローブなどが収納可能です。ベースには専用カバーが付いているので、リアボックスを取り外してもすっきりとしていて違和感がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ワンタッチで取り外しが可能な、ベース付き、28L容量のリアボックスです。取り付け部分がマルチタイプなので、リアキャリア装着車なら、ほとんどの車種に取り付けることができます。フルフェイスのヘルメット1個とグローブなどが収納可能です。ベースには専用カバーが付いているので、リアボックスを取り外してもすっきりとしていて違和感がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

他のバイク用品もチェック

バイクを乗るときに欠かせないヘルメットや、盗難防止のバイク用ロックなど、バイク用品を揃えれば、普段のツーリングがより快適なものになります。あわせてチェックしてみてください。

バイク用リアボックスのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー