コルクボードのおすすめ5選&選び方【おしゃれなアレンジ方法も】

コルクボードのおすすめ5選&選び方【おしゃれなアレンジ方法も】

コルクボードは、思い出の写真を貼り付けて誕生日プレゼントにしたり、おしゃれなインテリア掲示板として使ったり、アレンジしやすいアイテムです。壁につけるタイプや立てかけるものなど、取り付け方は様々で、サイズも小さいものから大きいもの、特大サイズまで幅広くあります。ダイソーなどの100均やニトリなどで買える安いものも多くあります。今回はコルクボードの選び方や、壁を傷つけない方法、Amazonで購入できるおすすめの商品をご紹介します。

インテリアにもプレゼントにも使える!

インテリアにもプレゼントにも使える!

コルクボードは、ちょっとしたメモや思い出の写真をピンで留めておいたり、子供の行事予定などを貼っておいたりするのに便利なアイテムです。他にも告知や連絡を表示する掲示板としても使われたり、ウェルカムボードに利用されたりすることもあるでしょう。また、アクセサリーなどを並べてみせる収納として活用すれば、インテリアに早変わりします。誕生日や送別会などでは、メッセージをたくさん貼り付けてプレゼントすれば、そのまま飾ってもらうことができます。シンプルだからこそ、このように様々な使い方ができるのがコルクボードのメリットです。

コルクボードの選び方

使いたい場所に合ったサイズを選ぶ

コルクボードといっても、そのサイズはとても豊富にあります。リビングやキッチンなどで使う場合は、ノートサイズのA4やA3タイプのものが邪魔にならず、使い勝手もよいでしょう。また、ウェルカムボードやイベントなどに使う場合、写真をたくさん飾りたいときなどは、大きいサイズの方が見やすいです。ただし、特大サイズは販売しているお店も限られ、特注になる場合もあるので注意が必要です。いずれにしても、使いたい場所のサイズをきちんと測り、大きさの合うボードを選ぶようにしましょう。

設置方法をチェックする

コルクボードを立てかけて使用するのか、壁に取り付けて使用するのかなど、設置方法もチェックします。立てかける場合はその分のスペースが必要になりますが、壁に穴を開けられない賃貸物件にお住まいの方にはおすすめです。壁に掛けるのであれば、金具や吊り紐が必要です。付属品としてついている場合もありますが、別に用意する必要があるのであれば、その分手間がかかります。

厚さは1cm以上あるものがおすすめ

厚さは1cm以上あるものがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

コルクがあまりに薄い場合は、ピンが裏面に突き出てグラグラして安定しません。押しピンの針の長さは、1cm前後が一般的です。コルクも1cm以上あるものを選ぶと、写真やメモをしっかりと留めることができるのでおすすめです。コルクボードの大きさとともに、厚みもしっかりチェックしておきましょう。

中もコルクになっているか確認する

コルクボードは、中まですべてコルクとは限りません。芯材に発砲スチロールや段ボールが使われている場合もあります。その分価格も抑えられていますが、ひっくり返すと、コルク以外の芯材がそのままむき出しになっている場合もあります。必ず裏面も確認しましょう。コルクが薄いとピンの刺さりが悪く、強度が弱くなります。長く使う場合や、プレゼントにするなら、裏面もコルクになっているものを選ぶと良いでしょう。

マグネットがくっつくものもある

マグネットがくっつくものもある

出典:Amazon.co.jp

コルクボードは、ピンを刺して留めるタイプのものだけではなく、マグネットをくっつけることができるものもあります。写真や重要な書類など穴を開けたくないものなどには、この併用タイプがとても便利です。ピンだけしか使用できないコルクボードよりも価格は高くなりますが、傷つけずに何度も位置を変えられ、別の写真と交換するときにも簡単です。

壁を傷つけずに取り付ける方法

壁を傷つけずに取り付ける方法

コルクボードを壁につける方法としては、ボードに紐をつけて金具に引っ掛けるタイプが多いです。しかし賃貸住宅の場合や、硬い壁で穴を開けられないということもありますよね。

壁を傷つけないでコルクボードを飾るには、両面テープが便利です。強力なものを使用するとコルクボードが安定します。直接貼ると壁紙を傷つける可能性があるので、まずマスキングテープを貼り、その上に両面テープを貼ります。

DIYが得意な方には、ディアウォールもおすすめです。木材をディアウォールで固定し、そこに金具を取り付けてボードを設置するという方法もあります。穴を開けなくても、アイデア次第で壁のレイアウトが自由にできます。

コルクボードのアレンジ方法

コルクボードはシンプルだからこそ、色々なデザインを自分でできるのもメリットの1つです。ここではアレンジの一例をご紹介します。

レースや布でアレンジ

レースや布でアレンジ

出典:Amazon.co.jp

コルクボードの周りにレースや花を取り付ければ、シンプルなボードも一気に華やかになります。コルク面をお気に入りの布で覆ってもかわいいですよ。

マスキングテープやクリップで貼る

ピンではなく、マスキングテープで写真を貼ってもかわいいですね。左右に紐を渡し、そこに木のクリップで写真をぶらさげても楽しいです。紐の付け方も上下や斜めなど動きをつけてみるとよいでしょう。

見せる収納でインテリアに

見せる収納でインテリアに

出典:Amazon.co.jp

帽子やアクセサリーもコルクボードにひっかけておけば、インテリアの一部として活躍してくれます。どこに置いたか忘れることもないので、探す手間も省けます。

コルクボードのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値608円(税込)

この商品の特徴

本体に付属のピンと金具、紐もついて1,000円を切るという安さが魅力です。木のフレーム付きでしっかりした作りですが、軽くて扱いやすいので、色々なシーンで活躍してくれるでしょう。安い分、多少耐久性に不安があるという声もありますが、普段メモを留めたり、写真を飾るには十分です。サイズも30×45cmから120×90cmまで5サイズそろっているので、用途に合わせて選ぶことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

本体に付属のピンと金具、紐もついて1,000円を切るという安さが魅力です。木のフレーム付きでしっかりした作りですが、軽くて扱いやすいので、色々なシーンで活躍してくれるでしょう。安い分、多少耐久性に不安があるという声もありますが、普段メモを留めたり、写真を飾るには十分です。サイズも30×45cmから120×90cmまで5サイズそろっているので、用途に合わせて選ぶことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値842円(税込)

この商品の特徴

大切な写真や書類に穴を開けずに掲示したいというときには、このマグピンコルクボードがおすすめです。ピンだけでなく、マグネットも使用できるので、貼り換えも楽々できます。また、厚さも12mmあるので、ピンが裏面に突き出ることもありません。サイズは5つもあり、大型の3Lサイズ(120×90cm)ならウェルカムボードや掲示板にもピッタリです。ただし、付属のネオジウム磁石のような強力なものでないとしっかりくっつかないので、ご注意ください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

大切な写真や書類に穴を開けずに掲示したいというときには、このマグピンコルクボードがおすすめです。ピンだけでなく、マグネットも使用できるので、貼り換えも楽々できます。また、厚さも12mmあるので、ピンが裏面に突き出ることもありません。サイズは5つもあり、大型の3Lサイズ(120×90cm)ならウェルカムボードや掲示板にもピッタリです。ただし、付属のネオジウム磁石のような強力なものでないとしっかりくっつかないので、ご注意ください。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値845円(税込)

この商品の特徴

両面コルクならば、使いみちもグンと広がります。表と裏で違うイメージでディスプレイをして、気分に合わせてひっくり返すこともできてしまいます。アクセサリーをピンで留め、みせる収納として使っても、収納力は2倍になるので、毎日選ぶのも楽しみになるでしょう。縦横どちらでも使えるので、スペースに合わせてディスプレイしてみてはいかがですか。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

両面コルクならば、使いみちもグンと広がります。表と裏で違うイメージでディスプレイをして、気分に合わせてひっくり返すこともできてしまいます。アクセサリーをピンで留め、みせる収納として使っても、収納力は2倍になるので、毎日選ぶのも楽しみになるでしょう。縦横どちらでも使えるので、スペースに合わせてディスプレイしてみてはいかがですか。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,700円(税込)

この商品の特徴

写真やはがきを飾ったときに、フレームが邪魔だと思ったことはありませんか。フレームレスコルクボードは、枠を気にせず自由にディスプレイを楽しむことができます。また、木枠がない分、軽くて扱いやすいのもメリットです。付属の茶色のリボンもかわいく、シンプルなのでどんなシーンにも違和感なく使うことができます。ただし厚みが7mmと少し薄めなので、ピンを刺すときには注意しましょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

写真やはがきを飾ったときに、フレームが邪魔だと思ったことはありませんか。フレームレスコルクボードは、枠を気にせず自由にディスプレイを楽しむことができます。また、木枠がない分、軽くて扱いやすいのもメリットです。付属の茶色のリボンもかわいく、シンプルなのでどんなシーンにも違和感なく使うことができます。ただし厚みが7mmと少し薄めなので、ピンを刺すときには注意しましょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,789円(税込)

この商品の特徴

ブラックボードとコルクボードが一緒になった商品です。ブラックボードは、マーカーとチョークの両方に対応している他、マグネットも使用できるので、アレンジは無限大に広がります。写真の横にちょっとコメントを入れておしゃれに飾ったり、飲食店のメニューなどを写真と共にディスプレイするのに便利です。コルクだけよりも実用的で、なおかつおしゃれな空間を演出してくれるボードです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ブラックボードとコルクボードが一緒になった商品です。ブラックボードは、マーカーとチョークの両方に対応している他、マグネットも使用できるので、アレンジは無限大に広がります。写真の横にちょっとコメントを入れておしゃれに飾ったり、飲食店のメニューなどを写真と共にディスプレイするのに便利です。コルクだけよりも実用的で、なおかつおしゃれな空間を演出してくれるボードです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー