タープのおすすめ9選!ヘキサタープ・スクリーンタープや2人用も

タープのおすすめ9選!ヘキサタープ・スクリーンタープや2人用も

アウトドアやキャンプ、お庭でのバーベキュー、焚き火に便利なのが「タープ」です。タープとは、ポールを使って立てる日よけ・虫除けのことで、テントの代用として使われることもあります。ワンタッチで組み立てられるものや、スクリーンタープ、ヘキサタープ、DDタープ、コンパクトなサイズのものなど、様々な種類があります。今回はタープの選び方や張り方のほか、人気メーカーのコールマンやスノーピーク、ロゴス、モンベル、DODなどの販売するおすすめのタープを、コスパの良い安い商品も含めて、ご紹介します。ソロ用や2人用、初心者に使いやすい商品も取り上げているので、参考にしてみてください。

タープとは

タープとは

タープとは、アウトドアで用いられる日かげや雨よけの役割を果たす布のことです。ロープの張力で支えているので、置くだけのテントよりも安定感があります。寝室としての利用ができるテントに比べると、タープは開放感があり、食事をしたりくつろいだりして使うリビングによく例えられます。張り方のバリエーションを工夫したり、テントと連結して使うことで、より快適にアウトドアを満喫することができます。

タープの種類と特徴

タープは形状によって、ヘキサタープ、ウィングタープ、レクタタープ、スクエアタープ、ワンタッチタープ、スクリーンタープなどと呼ばれる場合があり、それぞれのメーカーから様々な形状のタープが発売されています。ここではメジャーな4つのタイプを中心にご紹介していきます。

定番!ヘキサタープ

定番!ヘキサタープ

出典:Amazon.co.jp

六角形の「ヘキサゴン」が由来の、布の形が六角形のタープです。基本的には2本のメインになるポールとロープで、六角形の布を張って支えます。風にも強く、美しいデザインと開放感があることが特徴です。また、片方を低くしたり、テントに連結したりなど、張り方のアレンジが多様でキャンプ熟練者にも人気があります。

広く使える!レクタタープ

広く使える!レクタタープ

出典:Amazon.co.jp

長方形を意味する「レクタングル」が由来となっているレクタタープ。布の形が正方形のスクエアタープと同じ意味で使われることもあります。長方形や正方形なので、片付けをするときにもたたみやすいので、初心者の方でも簡単に使うことができます。有効面積が大きいので居住性が確保しやすく、大人数にも適しているのが最大の特徴です。基本的には6本のポールで支え、ポールの長さや場所の設置次第で、色々な形に対応可能です。

簡単組立!ワンタッチタープ

簡単組立!ワンタッチタープ

出典:Amazon.co.jp

骨組みを組み立てて屋根をかぶせるだけで設営ができるのがワンタッチタープです。3分以内で組立ができるとうたっている商品もあり、他のタープに比べて、女性でも簡単に組み立てることができます。キャンプの時間をタープの設置の時間にとられず、有効的に使うことができます。

まるでテント!?スクリーンタープ

まるでテント!?スクリーンタープ

出典:Amazon.co.jp

天井だけではなく、サイドにも布があり、より日差しや雨風、虫対策を強化できます。四方がふさがれているので、テントのような使い方ができます。テントとの違いは地面を覆うか覆わないかになります。スクリーンタープは基本的に閉じたり開けたりが可能なので、天候や気温によって形状を変えることができます。サイドがメッシュになっていたり、大きな間口でオープンできるものを選ぶと、より快適に過ごすことができます。

タープの選び方

人数に合わせてサイズを選ぶ

利用する人数に合わせて選びましょう。1~2人用のコンパクトなものから、7~8名用で利用できる大きなものもあります。大人数で使いたい場合は、有効面積が広いレクタタープがおすすめです。

組み立てられるか確認する

ポールを立てたり、布を張ったり、組み立てには数人必要になります。また、商品によっては力のいる作業をしなければならないものもありますので、女性のみでアウトドアを楽しみたいという場合には、自分たちで組み立てられるか確認しておきましょう。ワンタッチタイプのタープは組み立てが簡単なので、組み立てに不安がある方におすすめです。

布の性能をチェック

日差しを遮る遮光性は布の素材によって異なります。真夏に頻繁に使う場合は、遮光性が高くUV加工があるものを選びましょう。色によっても遮光性に違いがあり、濃い色になるほど日差しを遮る能力が高くなっていきます。織り目が細かいものはより日差しを遮ることができますが、通気性が悪くなってしまいます。

また、雨天時に利用する場合があれば、防水性の高いものを選びたいですよね。防水の性能としては、耐水圧というものがあります。耐水圧とは、どれくらいの水量で布の裏側に水分が漏れずに耐えられるか、という目安になる数字です。目安としては小雨で500mm、大雨で1500mmくらいとされています。

使う場所を想定する

車の天井から布を張るタイプの商品や、本体が重すぎて持ち運びが困難なものは、タープを張る場所まで車で入っていく必要があります。また、海沿いなどの風が強い場所では、しっかりと支えられる強度が必要になります。使う場所を想定して、安全に使えるものを選びましょう。

タープの張り方

タープの張り方

定番のヘキサタイプのタープの張り方をご紹介します。

STEP1:布とロープを配置する

どのようなイメージで、どこにタープを張るか、配置を考えます。ロープは実際に伸ばす方向に配置します。このときポールやペグも配置しておくと、後の動きがスムーズになります。

STEP2:ペグを打つ

ロープの先にペグを打ち込みます。この後タープを立ち上げるので、その高さの分、少し緩みをもたせておくと上手く張れます。風が出てきても大丈夫なように、しっかり打ち込みましょう。

STEP3:ポールを立ち上げる

ポールを立ち上げます。1本立ち上げてみて、様子をみて他のポールを立たせても良いです。

STEP4:テンションをかける

張りのない部分にテンションをかけていきます。緩みがあると、その部分に雨が溜まってしまったり、見た目もルーズになってしまいます。しっかりと張って、完成です。

タープの主なメーカー

snow peak スノーピーク

1958年創業のアウトドア用品メーカーです。「自らもユーザーである」というポリシーのもとで、機能的で美しく、頑丈なキャンプ道具を次々と世に送り出す、日本のオートキャンプブームを牽引するブランドです。

Coleman コールマン

1900年にアメリカのオクラホマ州で創業したキャンプ用品メーカーです。当初はガソリン式ランプの販売を行っていましたが、現在ではテントやランプなどを中心としたキャンプ用品全般を幅広く取り扱っています。

タープのおすすめ9選

この商品の特徴

スタンダードなレクタタープ型の1~2名用の小型タープです。遮光ピグメントPU加工により太陽の光を軽減し、視覚的にも体感的にも涼しさを感じることができます。基本の張り方はもちろん、アレンジを加えることも可能です。少人数のキャンプにおすすめです。

この商品の特徴

スタンダードなレクタタープ型の1~2名用の小型タープです。遮光ピグメントPU加工により太陽の光を軽減し、視覚的にも体感的にも涼しさを感じることができます。基本の張り方はもちろん、アレンジを加えることも可能です。少人数のキャンプにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

初めてキャンプデビューするという初心者の方にも最適なスノーピーク(snow peak)のアメニティタープです。スチール製のポールとペグがセットになっているエントリーモデルなので、すぐにご使用可能です。5~6人でのご使用でも、十分に日差しや雨、風をしのぐことができます。アメニティドームシリーズとセットでのご使用がおすすめです。

この商品の特徴

初めてキャンプデビューするという初心者の方にも最適なスノーピーク(snow peak)のアメニティタープです。スチール製のポールとペグがセットになっているエントリーモデルなので、すぐにご使用可能です。5~6人でのご使用でも、十分に日差しや雨、風をしのぐことができます。アメニティドームシリーズとセットでのご使用がおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

6節のポールで、よりコンパクトに収納できるヘキサタープです。ポールの直径は約25mmと強度も安心です。耐水圧は1,200mmで、通常の雨では問題なく使うことができます。便利なランタンフックなど、使う人に優しい設計です。

この商品の特徴

6節のポールで、よりコンパクトに収納できるヘキサタープです。ポールの直径は約25mmと強度も安心です。耐水圧は1,200mmで、通常の雨では問題なく使うことができます。便利なランタンフックなど、使う人に優しい設計です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

骨組みを広げて、屋根をかぶせたら脚を伸ばすだけの、2分で設営完了のクイック組み立て方式を採用しています。脚の伸縮も方法も大きなボタンを押すだけなので簡単です。別売のサイドウォールを付ければスクリーンタープとして使用することもできます。

この商品の特徴

骨組みを広げて、屋根をかぶせたら脚を伸ばすだけの、2分で設営完了のクイック組み立て方式を採用しています。脚の伸縮も方法も大きなボタンを押すだけなので簡単です。別売のサイドウォールを付ければスクリーンタープとして使用することもできます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

大型のメッシュパネルで開放感抜群のスクリーンタープです。フルクローズ、フルオープンができ、4面フルメッシュで快適に過ごすことができます。背面専用ジョイントフラップを使用し、同メーカーのテント(タフドーム/3025)とジョイントすることもできます。

この商品の特徴

大型のメッシュパネルで開放感抜群のスクリーンタープです。フルクローズ、フルオープンができ、4面フルメッシュで快適に過ごすことができます。背面専用ジョイントフラップを使用し、同メーカーのテント(タフドーム/3025)とジョイントすることもできます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

4~6人用のスタンダードなヘキサタープです。紫外線を95%カットするコーティング生地を採用し、強い日差しを緩和してくれます。縫い目からの雨の侵入を防いでくれるシームレス加工を施しています。別売のポールを付け足して、張り方のバリエーションを増やすことができます。携帯に便利なキャリーバッグ付きです。

この商品の特徴

4~6人用のスタンダードなヘキサタープです。紫外線を95%カットするコーティング生地を採用し、強い日差しを緩和してくれます。縫い目からの雨の侵入を防いでくれるシームレス加工を施しています。別売のポールを付け足して、張り方のバリエーションを増やすことができます。携帯に便利なキャリーバッグ付きです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

モンベルの、ミニタープになります。サイズは338cm×280cm×高さ165cmになります。収納時のサイズは13cm×13cm×23cmです。本体重量は640gで、ハリヅナ・バッグ・ペグを入れると870gになります。セット内容はタープ本体1本・ポール用スタッフバッグ1つ・径2㎜の反射材入り張り綱6本・19cmアルミペグ8本がついています。ミニタープのセットを求めている方におすすめです。

この商品の特徴

モンベルの、ミニタープになります。サイズは338cm×280cm×高さ165cmになります。収納時のサイズは13cm×13cm×23cmです。本体重量は640gで、ハリヅナ・バッグ・ペグを入れると870gになります。セット内容はタープ本体1本・ポール用スタッフバッグ1つ・径2㎜の反射材入り張り綱6本・19cmアルミペグ8本がついています。ミニタープのセットを求めている方におすすめです。

DODムゲンタープ
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

DODのタープです。タープ各所に合計12箇所のグロメットを配置しているため、目的に応じた色々なスタイルで設置できます。さらにファスナー連結で3枚まで繋げられるので、1~2人用のコンパクトサイズから大人数用の大きめサイズまで活用の幅が広がります。濃い影を作り出すポリコットン生地は火にも強く、収納しやすいキャリーバッグが付属します。マルチに使えるタープをお求めの方におすすめです。

この商品の特徴

DODのタープです。タープ各所に合計12箇所のグロメットを配置しているため、目的に応じた色々なスタイルで設置できます。さらにファスナー連結で3枚まで繋げられるので、1~2人用のコンパクトサイズから大人数用の大きめサイズまで活用の幅が広がります。濃い影を作り出すポリコットン生地は火にも強く、収納しやすいキャリーバッグが付属します。マルチに使えるタープをお求めの方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ディーディーハンモックの、タープとテントペグのセットです。サイズは3m×3mになります。カラーバリエーションは、オリーブグリーンとコヨーテブラウンの2色展開です。重量はペグを含まず790gです。ガイドライン×4・ペグ×4が付属しています。耐水性が3000mmで、防水コーティングが高いので、どんな気象にも対応できるテントセットを求めている方におすすめです。

この商品の特徴

ディーディーハンモックの、タープとテントペグのセットです。サイズは3m×3mになります。カラーバリエーションは、オリーブグリーンとコヨーテブラウンの2色展開です。重量はペグを含まず790gです。ガイドライン×4・ペグ×4が付属しています。耐水性が3000mmで、防水コーティングが高いので、どんな気象にも対応できるテントセットを求めている方におすすめです。

タープに欠かせないタープポールもチェック

タープを張る際に必要なタープポールについて、詳しい説明をしています。用途に合ったタープポールを選んで、より上質なアウトドア体験を目指しましょう。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー