一人用テントのおすすめ10選!ソロキャンプや登山用

一人用テントのおすすめ10選!ソロキャンプや登山用

1人でアウトドアを楽しみたいときに便利なのが「一人用テント」です。バイクでのツーリングや、登山、釣り、自転車などのソロキャンプ時などにおすすめのアイテムです。コンパクトで軽量なタイプや、ワンタッチで簡単に設営できるタイプ、価格が安いものなど、さまざまなポイントがあります。今回は、一人用テントの選び方や、モンベル・コールマンなど人気ブランドのおすすめ商品などを紹介します。

一人用のコンパクトなテントがほしい!

一人用のコンパクトなテントがほしい!

出典:Amazon.co.jp

バイクでのツーリング時に、登山時に、自転車での旅行時に、さまざまなシーンでソロキャンプをするときに便利なのが、一人用テントです。大人数用のテントと違い、一人で設営できる手軽さや、簡単に持ち運べるコンパクト感が特徴です。さまざまなタイプがあるので、自分のアウトドアスタイルに合わせて選ぶことができます。アウトドア上級者から初心者まで、アウトドア好きなら持っていて損はないアイテムです。

一人用テントの選び方

用途で選ぶ

一人用テントの使用にはさまざまシーンが考えられます。まずは、シーンに合わせて一人用テントのタイプを選んでみましょう。

広いキャンプ場で使う用

キャンプをするときは、ある程度広い場所で行うことが想定できます。なので、一人用テントもスペースが広いものを使うことができます。前室が広いタイプや、居住スペースがゆったりしているタイプであればのんびりできそうですね。キャンプを楽しむためには、テントも快適なものがおすすめです。

ツーリングではコンパクトに抑える

バイクや自転車ツーリングでソロキャンプをするときは、荷物も必要な分だけ最小限に抑えるでしょう。一人用テントも、かさばらないコンパクトなものを選ぶと良いでしょう。

登山の場合は場所によって変える

登山でソロキャンプを行う際も、持ち運べる装備は限られているので、できるだけコンパクトな一人用テントを選ぶと良いでしょう。なお、登山の種類やキャンプを設営する場所、登山の季節によって適した一人用テントは変わってきます。

使用するシーズンに合わせる

一人用テントは、使用する季節によって、備わっている機能性が異なります。春・夏・秋の3シーズンに対応した一人用テントは、通気性と防水性に優れ、軽量なタイプが多いことが特徴です。冬にも対応している一人用テントは、保温性と耐風性に重点がおかれ、少し重めなつくりになっています。一人用テントの対応シーズンも確認することが必要です。

構造で選ぶ

一人用テントには主に2種類の構造があります。それぞれ特徴やメリット・デメリットがありますので、よく把握した上で、適したタイプを選びましょう。

コンパクトな「シングルウォールテント」

コンパクトな「シングルウォールテント」

出典:Amazon.co.jp

1枚の生地でつくられているタイプがシングルウォールテントです。構造が簡単であるため設営がしやすく、コンパクトに収納することができます。防水透湿性素材を使用しており、雨を防ぎながらテント内の蒸気を逃がすことができます。結露しやすいので気をつけましょう。

機能性の高い「ダブルウォールテント」

機能性の高い「ダブルウォールテント」

出典:Amazon.co.jp

2枚の生地でつくられているのがダブルウォールテントです。インナーテントとフライシートの2層構造により、結露することなく、雨を防ぎ通気性を確保することができます。また、フライシートで前室をつくれるという利点もあります。なお、生地を多く使っているので重量があり、設営に少し手間がかかるともいわれています。

設営方法で選ぶ

一人用テントはタイプによって設営方法も異なります。簡単な手順で設置できるものや、ペグ打ちや固定が必要なものなど、いくつかタイプがあるのでチェックしておきましょう。

設営が簡単な「自立式」

テントの本体にポールを通すだけで設営ができるタイプが自立式です。基本的にはペグ打ちやロープでの固定は必要ありません。ワンタッチやポップアップ式で設営が可能なタイプもあります。ポールの分、やや重量がありますが、簡単に設営ができるので、アウトドア初心者にもおすすめです。

軽量な「非自立式」

テントを設営する際、ペグ打ちやロープでの固定が必要なのが非自立式です。自立式に比べて軽量ではありますが、設営する手間がかかるというデメリットもあります。

耐水性・遮光性など機能で選ぶ

一人用テントをより快適に使用したいなら、機能性をさらに詳しく確認してみましょう。例えば、急な雨など天候の変化にも対応できるようなテントを選びたい場合は、耐水性が高いタイプが適しています。朝の光や夏の日差しなど、強い光をシャットアウトしてテントの中でゆったり過ごしたい、という場合は、遮光性に優れたタイプがぴったりです。どのような時間を過ごしたいのかをイメージしながら、自分の希望に近い機能を持つテントを選びましょう。

キャンプ向けの一人用テントおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値41,580円(税込)
4.71(19件)

この商品の特徴

アライテントのトレックライズ0です。本体の素材は28dnリップストップナイロンで、軽量化を図っています。重さは1250gです。半月型の入り口が、解放感を与えてくれます。ベンチレーターとメッシュが付いており、換気性の良いテントですので夏の蒸れを軽減してくれます。切れ目がないフレームスリープが特徴で、素早く設営したい人におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アライテントのトレックライズ0です。本体の素材は28dnリップストップナイロンで、軽量化を図っています。重さは1250gです。半月型の入り口が、解放感を与えてくれます。ベンチレーターとメッシュが付いており、換気性の良いテントですので夏の蒸れを軽減してくれます。切れ目がないフレームスリープが特徴で、素早く設営したい人におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値50,274円(税込)
4.83(12件)

この商品の特徴

開放感のある前室が特徴的なダブルウォールテントです。名称の「ドマドーム」は、コンセプトが土間であることに由来するものです。その名の通り、広々とした前室は、荷物置きやちょっとした作業など、さまざまな用途で使うことが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

開放感のある前室が特徴的なダブルウォールテントです。名称の「ドマドーム」は、コンセプトが土間であることに由来するものです。その名の通り、広々とした前室は、荷物置きやちょっとした作業など、さまざまな用途で使うことが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値8,188円(税込)
4.10(294件)

この商品の特徴

日本生まれの国産アウトドアメーカーであるBUNDOK(バンドック)のテントです。さわやかなグリーンとベージュを合わせたカラーが素敵です。組み立て後のサイズは横200cm・高さ115cmのドーム型、1~2人がゆったりとくつろげるサイズです。コンパクトに折りたたむことができ、付属の持ち運び用ケースに入れることで横46cm・高さ13.5cmと小さくまとめることができます。安心の国産テントをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

日本生まれの国産アウトドアメーカーであるBUNDOK(バンドック)のテントです。さわやかなグリーンとベージュを合わせたカラーが素敵です。組み立て後のサイズは横200cm・高さ115cmのドーム型、1~2人がゆったりとくつろげるサイズです。コンパクトに折りたたむことができ、付属の持ち運び用ケースに入れることで横46cm・高さ13.5cmと小さくまとめることができます。安心の国産テントをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ツーリング向けの一人用テントおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値11,496円(税込)
4.39(473件)

この商品の特徴

colemanのテントです。1人でも設営しやすいポールポケット式で、前室を高くして開放感をアップしています。背面側のフライシート付いたファスナーを左右に開くことで後室も作ることができ、荷物置きとして使えるなど便利です。使用サイズ:約210cm×120cm×100(h)cmなので、大人1人、もしくは大人と小学生の2人で使うと丁度良いサイズです。コンパクトなテントをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

colemanのテントです。1人でも設営しやすいポールポケット式で、前室を高くして開放感をアップしています。背面側のフライシート付いたファスナーを左右に開くことで後室も作ることができ、荷物置きとして使えるなど便利です。使用サイズ:約210cm×120cm×100(h)cmなので、大人1人、もしくは大人と小学生の2人で使うと丁度良いサイズです。コンパクトなテントをお求めの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,538円(税込)
4.38(29件)

この商品の特徴

インナーテントをフライシートであえて全て覆わないことで、通気性を確保し、熱がこもりにくい快適な空間を実現しているダブルウォールテントです。使用している生地は耐水圧性が高く、またUV機能がついているため、断熱性も期待できます。入口の設置面に耐水シートがプラスされていたり、テントの高さを低くして風の影響を軽減するなど、さまざまな気候に備えた機能が豊富です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

インナーテントをフライシートであえて全て覆わないことで、通気性を確保し、熱がこもりにくい快適な空間を実現しているダブルウォールテントです。使用している生地は耐水圧性が高く、またUV機能がついているため、断熱性も期待できます。入口の設置面に耐水シートがプラスされていたり、テントの高さを低くして風の影響を軽減するなど、さまざまな気候に備えた機能が豊富です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値16,500円(税込)
4.04(48件)

この商品の特徴

バイクツーリングキャンプをする方におすすめのワンポールテントです。畳んだ時のサイズが直径14cm、長さ50cm、重量2.5kgとコンパクトなのでバイクに楽々積むことができます。設置もペグを打ち込みポールをたてるだけで簡単に組み立てることができます。テント内は広々とした休息可能な空間と前室にはテーブルの置けるスペースがあるので、ゆったりと過ごすことができます。耐水性も備えており雨天時も安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バイクツーリングキャンプをする方におすすめのワンポールテントです。畳んだ時のサイズが直径14cm、長さ50cm、重量2.5kgとコンパクトなのでバイクに楽々積むことができます。設置もペグを打ち込みポールをたてるだけで簡単に組み立てることができます。テント内は広々とした休息可能な空間と前室にはテーブルの置けるスペースがあるので、ゆったりと過ごすことができます。耐水性も備えており雨天時も安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

最安値52,300円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

登山向けの一人用テントおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値29,880円(税込)
5.00(1件)

この商品の特徴

軽量の生地でつくられた自立式のダブルウォールテントです。軽くて収納時のサイズもコンパクトなので、登山など荷物を必要最低限にしなければならないキャンプ時におすすめです。前室が広く、入口も大きいため、スムーズに出入りすることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

軽量の生地でつくられた自立式のダブルウォールテントです。軽くて収納時のサイズもコンパクトなので、登山など荷物を必要最低限にしなければならないキャンプ時におすすめです。前室が広く、入口も大きいため、スムーズに出入りすることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値31,787円(税込)
3.55(9件)

この商品の特徴

オールシーズン用のダブルウォールテントです。耐久性を維持した上で、シンプル・コンパクト・軽量という登山用テントにおいて重要な要素が追求されています。風ゆれを防止するような構造や厚めの生地など、冬でも安心して使える様な機能性が特徴的です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

オールシーズン用のダブルウォールテントです。耐久性を維持した上で、シンプル・コンパクト・軽量という登山用テントにおいて重要な要素が追求されています。風ゆれを防止するような構造や厚めの生地など、冬でも安心して使える様な機能性が特徴的です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

最安値36,500円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー