ツーリングテントのおすすめ15選!人気のコールマンやDODも

自転車やバイクでのお出かけに、ツーリングテントは欠かせません。泊りがけはもちろん、夏や冬などの季節を問わず、アウトドアでの快適なリビングスペースの確保に役立ちます。今回は、ツーリングテントの選び方に加え、人気のワンタッチタイプや3人用の広々としたテントのほか、ダンロップ、DOD、コールマン、バンドックなど、口コミやレビューで評価の高いメーカーのおすすめ商品をご紹介します。

ツーリングしながら気ままにキャンプがしたい

出典:Amazon

せっかくツーリングに行くのなら、好きな場所で休憩したり、宿泊したりと、気ままにキャンプを楽しみたいですよね。そこで役立つのが「ツーリングテント」です。ツーリングテントは、通常のテントのように雨風をしのげるだけでなく、自転車やバイクに積みやすいサイズで、持ち運びに便利な軽量タイプのアイテムです。

普通のテントとの違い

ツーリングテントは、通常のテントと比べると、コンパクトで軽量という特徴があります。そのため、あまり荷物をのせることができない自転車や、バイクでの持ち運びに便利です。さらに、簡単に設営できるものが多いので、初心者の方でも安心して使えます。大人数でも使えるテントを探している方は、2ルームテントの記事をチェックしてみてください。

ツーリングテントの選び方

ツーリングテントは、ブランドも種類もさまざまなラインナップがあります。使用するシーンを想像しながら、次のようなポイントをチェックして、商品選びの参考にしてください。

収納時のサイズと重量は要チェック

出典:Amazon

ツーリングテントを購入する際は、運転中の邪魔にならないよう、なるべくコンパクトかつ軽量なタイプを選びましょう。自転車もバイクも、積載できる荷物の大きさには制限があります。積載制限をオーバーしないように、ほかの荷物があることも考慮して、収納時のサイズができるだけコンパクトになるテントがおすすめです。

初心者には設営が簡単なものがおすすめ

テントの設営や後片付けを手際よくやりたいという方には、ワンタッチで広げられるポップアップテントが良いでしょう。扱いやすいので、テントの設営に慣れていない方や、初心者にも向いています。ポップアップテントについて紹介している記事も、ぜひ参考にしてください。

設置場所に合わせた設営方法で選ぶ

ツーリングテントの種類によっては、設営できる場所が限られるタイプもあります。したがって、キャンプする場所に合ったテントを選ぶのも大切です。

「自立式」ならどこでも設営できる

出典:Amazon

自立式のツーリングテントは、固定が不要のため、アスファルトやコンクリートの上でも設営できます。そのため、土の地面や草地以外の場所にテントを設営する可能性がある場合や、設置場所が未定の場合におすすめします。ただし、風に弱く、やや不安定なのがデメリットです。

「非自立式」は設置場所が限定されるが安定する

出典:Amazon

非自立式のツーリングテントは、ロープを張ってペグを打ち込む必要がある、テントを自分で固定するタイプです。したがって、場所によっては設営できない場合があります。また、設営に手がかかるので、テントの扱いに慣れている方に向いています。一方、ペグなどでしっかり固定するため、安定感があり、風に強い点がメリットです。さらに、ツーリング以外のシーンでも活躍します。

ウォールの枚数で選ぶ

軽量で手軽な「シングルウォール」

シングルウォールは、文字通りシート1枚でできたテントです。軽くて持ち運びやすいのが最大の特徴で、身軽に旅をしたい方におすすめできます。ただし、外気の影響をストレートに受けるので、暑さや寒さ対策が難しい場合は、使用を控えた方が良いでしょう。

「ダブルウォール」ならより快適

出典:Amazon

インナーテントの上にフライシートをかぶせて使用するのが、ダブルウォールです。この2重構造により外気の影響を受けにくく、結露を防ぎやすいという特徴があります。より快適に過ごすには、ダブルウォールがおすすめです。 

「前室」があるとより快適

出典:Amazon

より快適で安全な旅を楽しみたい方は、前室があるタイプを選びましょう。前室が大きければ、荷物置場やタープ代わりになり、テント内の広々としたスペースでゆったり過ごせます。前室にバイクを収納すれば盗難防止にも役立ち、防犯面でも安心できます。

夏に使うなら通気性の良いものがおすすめ

テント内には湿気がこもりやすいので、途中で雨天に見舞われることも考慮して、できるだけ通気性の良いものを選びましょう。特に夏は、通気性が悪いと熱気がこもってしまうので、通気性に優れたテントは必須です。

展開時サイズは使用人数に合わせる

軽量でコンパクトなツーリングテントは、1人用のラインナップが多くありますが、複数人に対応したサイズもあります。複数人でツーリングをしても、運転中はそれぞれ別々という場合が多いでしょう。人数に合わせたサイズのテントを選べば、キャンプ中は一緒の空間で過ごせるので、親睦を深められます。また、1人でゆったり過ごしたい方にも、2人用以上のテントがおすすめです。なお、1人用テントについては、次の記事もチェックしてみてください。

ツーリングテントのおすすめメーカー

低価格で機能的な「コールマン」

コールマンのツーリングテントは、コンパクト設計ながら、広いリビングスペースと前室が確保されています。通気性にも優れているため、快適に過ごせる機能的なテントです。価格もリーズナブルで、ツーリングキャンパーに人気を集めています。コールマンのテントに関しては、次の記事で詳しく紹介しています。

設営が簡単な「モンベル」

モンベルのツーリングテントは、軽量かつコンパクトな上、設営が簡単にできます。設営と後片付けをすばやく行いたい方におすすめです。収納にも困らないので、できるだけ荷物を小さくまとめたい方にも向いています。次の記事では、モンベルのテントについて説明しています。ぜひチェックしてみてください。

ワンタッチ式なら「DOD」

とにかく簡単に設営できるものが欲しいという方には、DODのワンタッチ式ツーリングテントがおすすめです。ツーリングキャンパー向けに開発された商品のため、積載制限の範囲内におさまる収納サイズに設計されている点も魅力です。

一人向けのおすすめツーリングテント10選

最安値7,538円(税込)

4.00(22件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

インナーテントをフライシートであえて全て覆わないことで、通気性を確保し、熱がこもりにくい快適な空間を実現しているダブルウォールテントです。使用している生地は耐水圧性が高く、またUV機能がついているため、断熱性も期待できます。入口の設置面に耐水シートがプラスされていたり、テントの高さを低くして風の影響を軽減するなど、さまざまな気候に備えた機能が豊富です。

最安値30,024円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値5,252円(税込)

4.10(273件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

日本生まれの国産アウトドアメーカーであるBUNDOK(バンドック)のテントです。さわやかなグリーンとベージュを合わせたカラーが素敵です。組み立て後のサイズは横200cm・高さ115cmのドーム型、1~2人がゆったりとくつろげるサイズです。コンパクトに折りたたむことができ、付属の持ち運び用ケースに入れることで横46cm・高さ13.5cmと小さくまとめることができます。安心の国産テントをお探しの方におすすめです。

最安値13,269円(税込)

4.29(288件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

人気のアウトドアブランド、コールマンのダブルウォールテントです。スタイリッシュなカラーとデザインで、テントを設営するのが楽しくなりそうです。ポールポケット式なので1人でも設営しやすいところもポイントです。前室が高く設計されており、コンパクトなサイズながら開放感に優れています。

最安値22,000円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値38,880円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値46,224円(税込)

4.50(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ソロキャンパーにおすすめの1人用テントです。ダブルウォールながら収納時サイズが非常にコンパクトで、重さもフレームを使用して950gと驚きの軽さです。持ち運びがしやすいため、バイクでのツーリングなど荷物の量が限定されるようなときに重宝しそうです。

最安値41,580円(税込)

4.71(24件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

3シーズンに対応するダブルウォールテントです。総重量が約1.25kgと非常に軽量であるため、持ち運びに便利です。キャンプのほか、登山やツーリングなどでも活躍しそうです。通気性に優れているため、熱や空気のこもりやすい季節でも快適に使用することができます。また、フレームスリーブが連結されていることで、設営を簡単にスピーディーに行うことができます。

最安値42,120円(税込)

5.00(8件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値7,880円(税込)

4.00(312件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

複数人向けのおすすめツーリングテント5選

最安値7,379円(税込)

3.95(414件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値45,360円(税込)

4.30(22件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値69,500円(税込)

4.60(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

インフレーターマットでツーリングがさらに快適に

インフレーターマットとは、空気を取り込むことで、布団のようなクッション性や保温性が得られるマットのことです。テント内に敷くことで、地面の凹凸を緩和し、寝心地を快適にしてくれます。ツーリングテントと一緒に持っていると、ツーリングがさらに快適に楽しめます。

まとめ

ツーリングテントは、メーカーや種類によって特徴が異なります。使用する場所や人数、使い勝手、快適さなどを考慮して、自分に合った最適なテントを選びましょう。また、注意しなければならないのは、収納時のテントのサイズと重量です。ほかの荷物を一緒に積んでも、自転車やバイクの積載制限を超えないものを選んでください。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー