ヘキサタープのおすすめ8選!ソロキャンプやファミリー向けも

ヘキサタープのおすすめ8選!ソロキャンプやファミリー向けも

ヘキサタープは、ソロキャンプやバーベキューで活躍するアイテムです。車やテントと連結できるので使い勝手が良く、4人以上で使える大型サイズであれば、ファミリー用としても最適です。張り方は1度覚えれば簡単で、小川張りなどの活用も可能です。冬でも使える生地の厚いものや、焚き火の近くでも使える燃えにくいもの、安い価格のコスパの良いアイテム、DODのベージュやブラウンの可愛いタープなど様々な製品が登場しています。今回は、モンベルやスノーピーク、ロゴス、ノースイーグル、テンマクデザインといった人気メーカーの商品や山善の「キャンパーズコレクション」コールマンの「MDX」や「XP」などのおすすめアイテムをご紹介します。

テントはなるべく簡単に設営したい

テントはなるべく簡単に設営したい

出典:Amazon.co.jp

キャンプやバーベキューといったアウトドアシーンで「雨や紫外線を防げる、簡単に設営できるテントがあったら」と思うことはありませんか。そんなときにおすすめなのが「ヘキサタープ」です。ヘキサタープはタープの中でも、六角形(ヘキサ)であることが特徴で、軽量でコンパクトに持ち歩け、簡単に設営できるというメリットがあります。ヘキサタープを設営することで、自然の中でも居心地の良い空間をつくり出すことができます。

ヘキサタープの選び方

人数に合わせてサイズを選ぶ

ヘキサタープは使用シーンと人数に合ったサイズ選びが重要です。ソロキャンプやツーリングに使用したい場合は、350cm×350cm程度の、小型サイズのヘキサタープがおすすめです。このサイズであれば、1~2人用として活用できます。3~4人程度なら、ファミリーサイズの450cm×450cm、5~6人なら大型サイズの550cm×550cmが最適です。なお、使用人数と合わせ、テーブルやコンロなどの設置スペースを確保することも大切です。あらかじめ検討して、購入することをおすすめします。

耐水圧で選ぶ

キャンプやバーベキュー中に突然雨が降ったときでも、耐水圧の高いタープであれば、水が染み込まず雨に耐えることができます。耐水圧は1,000~3,000mmのものが一般的ですが、耐水圧が高いものだと生地の目が細かく、タープ自体が重たくなり、風通しが悪くなるため、テント内が蒸れて暑く感じられる可能性があります。快適に過ごすには、1,000~1,500mmくらいの耐水圧がおすすめです。

遮光性能で選ぶ

太陽の下でのアクティビティでは、日差しの強さや紫外線に注意が必要です。ヘキサタープには日差しよけの役割もあるため、遮光性能の高いアイテム選びが重要です。遮光性能をチェックするときには、布地の厚みと、UVカット加工の有無を確認するようにしてください。

糸の太さと繊維の密度をチェック

ヘキサタープは布の厚みがあるものほど、遮光性能が高くなります。布の厚みは糸の太さと繊維の密度によって決まります。糸の太さはデニール(D)、繊維の密度は、タフタ(T)で表されています。基本的な日差しの対策には70Dか190T程度のものを、真夏にはそれ以上の厚みのものを選ぶようにしてください。

日焼け対策にはUVカット加工

アウトドアで日焼けをしたくないという場合は、UVカット加工されたタープを選んでください。UVカット率や遮光率の高いタープだと、真夏でも安心して楽しむことができます。なお、川や海辺でタープを設置するときは、内側の生地の色が濃いめのものがおすすめです。水面からの照り返しをしっかり吸収するため、日焼け対策に効果的です。

火に強い素材を選ぶ

火に強い素材を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

キャンプやバーベキューでタープの近くで火を使う場合は、火に強い素材を選んでください。たき火の火が弾けて、タープを焦がしてしまう可能性があります。ナイロンや化学繊維は、火に弱いという特徴があるため、化学繊維のタープを使う場合は火から離して設置する必要があります。コットンであれば火に強い素材なので、たき火の近くでも使用できますが、万が一に備えてタープ用の難燃シートを使用することをおすすめします。

携行に適しているかを確認

携行に適しているかを確認

出典:Amazon.co.jp

車でキャンプに出かける場合の積み降ろしや、ツーリングにヘキサタープを持ち運ぶときには、携行しやすいかどうかを確認して選ぶようにしてください。携行性は折りたたんだときのサイズと重量によって決まります。他にも、タープの布の厚みやペグの数、収納袋の有無などをチェックして購入すると良いでしょう。

ヘキサタープの人気メーカー

モンベル(montbell)

モンベル(montbell)

出典:Amazon.co.jp

日本国内のアウトドア用品メーカーとして人気の「モンベル」のヘキサタープは、高品質、高性能なことで有名です。化学繊維に難燃加工が施してあるので、たき火の近くで使いたい場合におすすめです。

スノーピーク(snow peak)

スノーピーク(snow peak)

出典:Amazon.co.jp

日本の気候に合った高品質なタープを製造している「スノーピーク」のタープは、高温多湿な気候でも快適に過ごせる工夫が施されています。

コールマン(Coleman)

コールマン(Coleman)

出典:Amazon.co.jp

「コールマン」のヘキサタープは、あらゆるニーズに応えるラインナップの豊富さで人気です。設営しやすく、耐久性の高いアイテムが魅力のメーカーです。

ロゴス(LOGOS)

ロゴス(LOGOS)

出典:Amazon.co.jp

老舗アウトドアメーカーとして有名な「ロゴス」のタープは、高品質な上に、デザインの豊富さで人気です。多彩な形のタープから最適なものを選ぶことができます。

ヘキサタープの張り方

正しい設置方法

STEP1:設営する場所を選ぶ

ヘキサタープを設置するときは、最適な設営場所を見つけましょう。設置する場所に石や岩などがないか、斜面になっていないか、日差しの方向や風向きなどとあわせて確認することが重要です。増水する可能性のある川や、危険の多い崖下などは避けて設置しましょう。設置場所を見つけたら、大体のレイアウトを考えてから実際に張っていきましょう。

STEP2:メインポールにかかるロープをペグで地面に固定

まず、ポールやシートを広げて、レイアウト通りに地面にポールを並べておきます。このとき、シートの全ての角に、ポールに対して45°の角度でロープを結んでおくようにしましょう。次に、メインポールにかかったロープを、ペグ打ちして地面に固定していきます。ロープはキツめに張らず、余裕を残しておくようにしてください。ロープを固定したら、メインポールをシートに通して立ち上げます。

STEP3:サイドのロープをペグで地面に固定

もう一方のメインポールと、サブポールを立てたら、サイドのロープをペグで地面に固定していきます。ロープはたるまないように、しっかり引っ張って固定していきます。

STEP4:タープ全体を調整

しっかりとタープが自立したら、シートを広げて全体を調整していきます。シワのないように、少しずつテンションをかけていきましょう。プラスチック製のペグであれば、風が吹くと抜けてしまう可能性があるため、張り終わった後に、ペグが抜けていないかどうか確認することが重要です。

テントを連結する小川張りも

「小川張り」とは、テントとヘキサタープの境目をなくした設営方法です。スペースを有効活用できて、雨に濡れることなくテントから出入りできるというメリットがあります。小川張りをするには、左右非対称なヘキサタープだと、テントと連結しやすいのでおすすめです。

ヘキサタープのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

4~6人用のスタンダードなヘキサタープです。紫外線を95%カットするコーティング生地を採用し、強い日差しを緩和してくれます。縫い目からの雨の侵入を防いでくれるシームレス加工を施しています。別売のポールを付け足して、張り方のバリエーションを増やすことができます。携帯に便利なキャリーバッグ付きです。

4~6人用のスタンダードなヘキサタープです。紫外線を95%カットするコーティング生地を採用し、強い日差しを緩和してくれます。縫い目からの雨の侵入を防いでくれるシームレス加工を施しています。別売のポールを付け足して、張り方のバリエーションを増やすことができます。携帯に便利なキャリーバッグ付きです。

出典:Amazon.co.jp

キャンパーズコレクションのヘキサゴンタープです。UVコーティング生地を採用し、強い陽射しでもダメージを受けにくい仕様です。スチールポールにはパウダーコーティング加工が施され、ハト目は丈夫な二重縫製仕様です。夜にランタンなどをかけて使用できるマルチフックがついています。サイズは幅440cm×奥行425cm×高さ230cmで、専用バッグが付属します。UVカットの日除けをお探しの方におすすめです。

キャンパーズコレクションのヘキサゴンタープです。UVコーティング生地を採用し、強い陽射しでもダメージを受けにくい仕様です。スチールポールにはパウダーコーティング加工が施され、ハト目は丈夫な二重縫製仕様です。夜にランタンなどをかけて使用できるマルチフックがついています。サイズは幅440cm×奥行425cm×高さ230cmで、専用バッグが付属します。UVカットの日除けをお探しの方におすすめです。

ビーズムゲンタープ
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

DODのタープです。タープ各所に合計12箇所のグロメットを配置しているため、目的に応じた色々なスタイルで設置できます。さらにファスナー連結で3枚まで繋げられるので、1~2人用のコンパクトサイズから大人数用の大きめサイズまで活用の幅が広がります。濃い影を作り出すポリコットン生地は火にも強く、収納しやすいキャリーバッグが付属します。マルチに使えるタープをお求めの方におすすめです。

DODのタープです。タープ各所に合計12箇所のグロメットを配置しているため、目的に応じた色々なスタイルで設置できます。さらにファスナー連結で3枚まで繋げられるので、1~2人用のコンパクトサイズから大人数用の大きめサイズまで活用の幅が広がります。濃い影を作り出すポリコットン生地は火にも強く、収納しやすいキャリーバッグが付属します。マルチに使えるタープをお求めの方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

フレーム部分がスチール素材のため運搬時の重さはたった4kgほどの運びやすいタープです。幅は全長4mと万が一4脚のチェアとテーブルでのキャンプ時に小雨や木陰で雫が落ちてくるときの対策にも使用できます。折りたたんだサイズは長さ67cm、幅16cmと小さめなサイズのため車のトランクへ常備していても邪魔になるサイズではないので気軽に使用できる逸品です。

フレーム部分がスチール素材のため運搬時の重さはたった4kgほどの運びやすいタープです。幅は全長4mと万が一4脚のチェアとテーブルでのキャンプ時に小雨や木陰で雫が落ちてくるときの対策にも使用できます。折りたたんだサイズは長さ67cm、幅16cmと小さめなサイズのため車のトランクへ常備していても邪魔になるサイズではないので気軽に使用できる逸品です。

出典:Amazon.co.jp

素材がコットン混紡生地(TC) となっていて撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)なのでアウトドアにて火を扱う場所の近くでも安心してご利用いただけます。サイズは1人用から2人と小柄ではありますがフレームの角度を自由に調整できるので雨避け以外にも風避けにも使いまわしのできる便利な商品です。重量も2kgなのでツーリングのお供にも最適です。

素材がコットン混紡生地(TC) となっていて撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)なのでアウトドアにて火を扱う場所の近くでも安心してご利用いただけます。サイズは1人用から2人と小柄ではありますがフレームの角度を自由に調整できるので雨避け以外にも風避けにも使いまわしのできる便利な商品です。重量も2kgなのでツーリングのお供にも最適です。

出典:Amazon.co.jp

コールマンのヘキサタープです。クロスポールなので、初めての方でも簡単に設置することができます。リフレクター機能のついた、ロープがついています。オールマンのオリジナル柄になります。耐水圧は約1500㎜です。重量は約7.6kgです。オリジナルの収納袋がついているので、コンパクトに収納することができます。簡単に設置できるおしゃれなヘキサタープを求めている方におすすめです。

コールマンのヘキサタープです。クロスポールなので、初めての方でも簡単に設置することができます。リフレクター機能のついた、ロープがついています。オールマンのオリジナル柄になります。耐水圧は約1500㎜です。重量は約7.6kgです。オリジナルの収納袋がついているので、コンパクトに収納することができます。簡単に設置できるおしゃれなヘキサタープを求めている方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

初めてキャンプデビューするという初心者の方にも最適なスノーピーク(snow peak)のアメニティタープです。スチール製のポールとペグがセットになっているエントリーモデルなので、すぐにご使用可能です。5~6人でのご使用でも、十分に日差しや雨、風をしのぐことができます。アメニティドームシリーズとセットでのご使用がおすすめです。

初めてキャンプデビューするという初心者の方にも最適なスノーピーク(snow peak)のアメニティタープです。スチール製のポールとペグがセットになっているエントリーモデルなので、すぐにご使用可能です。5~6人でのご使用でも、十分に日差しや雨、風をしのぐことができます。アメニティドームシリーズとセットでのご使用がおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

焚き火やバーベキューを楽しみたい方には最適なタープです。火の粉に強いコットン製大型タープなので、ピンホールを開ける心配は不要です。別売りの難燃シートを取り付ければ、さらに安心です。雨天時にもゆっくりと焚き火キャンプを楽しむことができます。抜群の遮光性がありますので、真夏のキャンプ場でも快適にお過ごしいただけます。

焚き火やバーベキューを楽しみたい方には最適なタープです。火の粉に強いコットン製大型タープなので、ピンホールを開ける心配は不要です。別売りの難燃シートを取り付ければ、さらに安心です。雨天時にもゆっくりと焚き火キャンプを楽しむことができます。抜群の遮光性がありますので、真夏のキャンプ場でも快適にお過ごしいただけます。

自分に合ったタープはどう選ぶ?

タープは、ヘキサタープ以外にもいろいろな種類があります。それぞれ使い方や、人数などによって選ぶことが大切です。ヘキサタープ以外のタイプとも比較しながら選んでみてはいかがでしょうか?

ヘキサタープのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー