グルーガンのおすすめ5選!手芸・DIY・小学生の工作にも

グルーガンのおすすめ5選!手芸・DIY・小学生の工作にも

金属やゴムなどを接着でき、手芸やDIYで大活躍する「グルーガン」は、キャンドゥなどの100均でも販売されています。長く使い続けるのなら、こだわって選んだ製品が良いですよね。今回はグルーガンの特徴や選び方、おすすめの商品をご紹介します。耐久性に優れプロも愛用する「TACKLIFE」や、安いと評判の「THREE AXIS」、温度が低く小学生の工作や子供用としても最適な商品など、様々なメーカーの商品をまとめました。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

布や木材を簡単に接着したい

布や木材を簡単に接着したい

出典:Amazon.co.jp

グルーガンは、布や木材を簡単に接着することができるので、DIYや手芸、アクセサリーづくりが趣味の方なら、1つは持っておきたいアイテムです。100均でも販売されていますが、長く使いたいのなら、やはり良い商品を選びたいですよね。何に使いたいのか、どういった場所で使いたいのかによって最適なグルーガンが変わるので、自分に合ったものを選びましょう。

グルーガンとは

素材を接着することができる

素材を接着することができる

出典:Amazon.co.jp

グルーガンとは、手芸や裁縫、DIYなどで使われる、素材と素材を接着することができるアイテムです。「ホットボンド」や「ホットメルト」ともよばれ、グルースティックと言う樹脂製のスティックをセットして使用します。ピストルのような形状で、トリガーと呼ばれる引き金を引くことで、接着剤となる溶けたグルーを出すことができます。

用途は多岐にわたる

用途は多岐にわたる

出典:Amazon.co.jp

グルーガンは様々な素材に使用することができるので、用途は多岐にわたります。例えば布に使用する場合は、ボトムスやカーテンの裾上げをしたり、ブラウスにビジューやビーズをつけたりすることもできます。ミシンが無くても簡単に裾上げができるので、手芸が苦手な方や、ミシンを持っていない方にも重宝されています。この他にも、アクセサリーのパーツをつけたり、DIYに活用したりと、様々な用途で活用できます。

様々な素材に使える

様々な素材に使える

出典:Amazon.co.jp

グルーガンは、布・木材・革・紙などの素材はもちろん、ガラス・プラスチック・金属・ゴムも接着することができます。ただし、グルーガンのタイプによっては苦手な素材もあるので、購入する際は、何をくっつけたいのかを明確にしておきましょう。

グルーガンの選び方

出力温度で選ぶ

グルーガンやグルースティックは、高温タイプと低温タイプの2種類があります。グルースティックが高温タイプの場合、使用するグルーガンによっては、温度が足りず溶けないこともあるので、注意しましょう。

高温タイプは強度が高い

高温タイプは、160~200℃で溶けるグルースティックを使用します。接着強度が高まるため、ある程度重量のあるものや、表面が平らでツルツルしている素材の接着にも使用できます。ガラスやプラスチック、金属などを接着したい場合は、高温タイプを選ぶと良いでしょう。ただし高温タイプは、触れたときに火傷のリスクが高くなるので、使用中は充分に注意してください。

低温タイプは火傷のリスクが少ない

低温タイプは、120~135℃で溶けるグルースティックを使用します。アクセサリーパーツなどの軽いものや、布・紙などの接着しやすい素材に適しています。また、高温タイプと比べると、火傷のリスクを減らすことができます。子どもの工作などには、低温タイプのグルーガンがおすすめです。

高温・低温が切り替え可能なタイプもある

グルーガンによっては、ひとつの製品で高温・低温の切り替えができるタイプもあります。材質によって高温か低温かを選べるので、使用頻度が高い方は、切り替え可能なグルーガンもおすすめです。

ノズルの太さで選ぶ

グルーが出てくるノズルの太さは、作業のしやすさや作業効率に関わります。例えば、ビーズをつけたりパーツをつけたりする繊細な作業では、ノズルが細い方が作業しやすくなります。また、グルーがはみ出すことがないので、きれいに仕上げることができます。反対に、裾上げや木材を接着するなど、広範囲にしっかりとグルーをつけたい場合は、ノズルが太い方が作業効率が良くなります。細いノズルで大量のグルーを一気に出そうとすると、ノズルに圧がかかって外れるなどの不具合が生じる可能性があるので、気をつけましょう。

電源スイッチの有無で選ぶ

グルーガンには、電源スイッチがあるタイプとないタイプがあります。電源スイッチがあるタイプは、コンセントを挿しても、電源を入れるまでグルーが溶けることはありません。そのため、落ち着いてゆっくりと作業をすることができます。電源スイッチがないタイプは、コンセントを挿すと同時にグルーが溶け出すので、効率よく作業を進める必要があります。グルーを出すまでに時間がかかると、必要分以上にグルーが溶けて無駄になってしまうこともあるので、作業内容によって電源スイッチの有無を選びましょう。

コードのタイプで選ぶ

電池切れや充電の必要がないコードタイプ

電池切れや充電の必要がないコードタイプ

出典:Amazon.co.jp

コードタイプのグルーガンを選ぶ場合は、コードの長さが1.5mほどあると作業がしやすいでしょう。コードが短すぎると、使用場所が限られたり、コードが絡まったりして、使い勝手が悪くなります。コードタイプのメリットは、電池切れや充電切れの心配が無く、コンセントのある場所ならいつでも使用できることです。

場所を選ばず作業できるコードレスタイプ

場所を選ばず作業できるコードレスタイプ

出典:Amazon.co.jp

コードレスタイプは使用場所を選ばないので、屋外でのDIYや、高い場所での作業でも使用できます。ただし、電池を用意したり充電したりする必要があるので、いざ使おうと思ったときに、電池切れや充電切れが起こらないとも限りません。電池や充電の残量をこまめに確認する必要があります。

自立するかどうかも要チェック!

自立するかどうかも要チェック!

出典:Amazon.co.jp

購入時には見落としやすいポイントですが、グルーガンが自立するかどうかも重要なポイントとなります。いざ作業を始めてみると、作業中にグルーガンを置けないことに、ストレスを感じる方も多いようです。適当に置くと、溶けたグルーが机などに付着して汚れたり、剥がれなくなったりする可能性もあります。自立できるタイプのグルーガンなら、作業途中で手を放したいときでも、安心して机に置くことができます。

グルーガンの使い方

グルーガンは慣れれば簡単に使うことができます。使用方法を確認しておきましょう。

STEP1:グルーガンにグルースティックをセットする

STEP1:グルーガンにグルースティックをセットする

出典:Amazon.co.jp

グルーガンの後部から、グルースティックを押し込むように挿し込んでセットします。

STEP2:プラグをコンセントに挿す

コードタイプの場合は、プラグをコンセントに挿します。電源スイッチがついていない製品は、この時点からグルーが溶け出すので、素早く作業を進めましょう。

STEP3:電源スイッチを入れる

電源スイッチがついているタイプは、グルーガンの電源スイッチを入れて加熱します。

STEP4:トリガーを引いてグルーを出す

グルーガンが温まり、グルースティックが溶けたら、トリガーを引いてグルーを出します。使用中にグルースティックがなくなった場合は、新しいグルースティックをセットして使用します。中に溶けたグルーが残ったまま、新しいグルーをセットしても大丈夫です。

STEP5:接着したい部分につける

STEP5:接着したい部分につける

出典:Amazon.co.jp

グルーを接着したい場所に塗布します。10秒以内に接着したいものを重ねて、10~30秒ほど手で押さえつけて固定します。1分程度でグルーが固まって接着します。

STEP6:完全に冷ましてから片づける

使用後は、グルーガンが完全に冷めてから片づけましょう。このとき、グルースティックは挿したまま片づけます。使用途中のグルースティックを後ろから引き抜くと、冷え固まったグルーが原因で、新しいグルースティックが入らなくなる可能性があるので、気を付けてください。

グルーガンを使うときの注意点

グルーガンは、低温タイプでも130度ほどと、高温になっています。ノズルに触れないことはもちろん、溶けたグルーで火傷をすることがないよう、充分に注意して使用しましょう。

グルーガンのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値466円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,438円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,375円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,014円(税込)

この商品の特徴

乾電池式のグルーガンです。市販の単3形アルカリ乾電池4本で稼働するコードレス仕様で、どこにでも持ち運んで使えます。木・紙・革・布などの接着やフラワーアレンジメントなど、室内での仕様のほか、屋外での作業にも役立ちます。電池寿命の目安は連続使用時間約45分です。3本のグルースティックが付属します。工作やプラモデル作り、木工など、物作りを趣味にしている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

乾電池式のグルーガンです。市販の単3形アルカリ乾電池4本で稼働するコードレス仕様で、どこにでも持ち運んで使えます。木・紙・革・布などの接着やフラワーアレンジメントなど、室内での仕様のほか、屋外での作業にも役立ちます。電池寿命の目安は連続使用時間約45分です。3本のグルースティックが付属します。工作やプラモデル作り、木工など、物作りを趣味にしている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値4,578円(税込)

この商品の特徴

リチウムイオンバッテリー搭載のコードレスグルーガンです。約4時間でフル充電が完了し、わずか15秒程度の予熱時間で使用できます。100gと軽くてコンパクトなペンタイプのデザインは細かい作業の時にも使いやすく、思い通りの接着ができます。先端部には過度な高温下を防止するシリコンカバーと液だれ防止機能も搭載し、安全・安心の機能性です。外出先での作業に扱いやすいグルーガンをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

リチウムイオンバッテリー搭載のコードレスグルーガンです。約4時間でフル充電が完了し、わずか15秒程度の予熱時間で使用できます。100gと軽くてコンパクトなペンタイプのデザインは細かい作業の時にも使いやすく、思い通りの接着ができます。先端部には過度な高温下を防止するシリコンカバーと液だれ防止機能も搭載し、安全・安心の機能性です。外出先での作業に扱いやすいグルーガンをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー